左上奥歯がグラグラして、
他院に行った所、抜歯と言われ、
何とかならないものかと
いろいろ調べて来院しましたと言うSさん。

確かに、動揺大

レントゲンを診ると、歯槽骨の吸収が進み、
抜歯宣告されてもしかたないのかな?と…

他の歯にも歯周病の症状
(歯槽骨吸収 ポケットの深さ)
出ている事を説明。


Sさんは、

「何でもっと早くに
 歯周病の診断、治療を
受けなかったのだろう

と、とても後悔されてました。


Sさんの治療は、奥歯を中心に麻酔をして、
SRP、前歯は表面麻酔で
スケーリングと歯周病の基礎治療
プラス院長の噛み合わせ調整を重ねてきました。

Sさんが必死に奥歯を残そうと治療に耳を傾け
お家でのプラークコントロールも頑張ってくれたおかげで
左上の奥歯の”グラグラ”はだいぶ改善され、
Sさんも動揺が止まってきた事を実感してくださり、

「グラグラが止まってきました

と、喜んでくれました。
もちろん、私も嬉しい



Sさんは常に、

「歯周病は自覚症状が出てきてからでは遅いんですよねネ」

と話してくださってます!

「友人、知人にも、
 早めに歯科医院に行くように勧めてます

との事。


「歯を失って高いインプラントを勧められるなら、
 歯周病の治療、予防で通院する方がどれだけいいか!
 
 結果、自分の歯がたくさん残せれば、
 認知症の予防にもなるのだから…」
 
と話しているそうです

ブラボーすごいです


身をもって経験されたSさんの言葉には、
何よりも説得力があります

皆さんも、Sさんのような意見に耳を傾け、
早めに受診してくださいネ