Sさんとは、10数年のおつきあいになります。

 
 初診時は30代、年齢にしては歯槽骨の吸収が
 進んでいたので、定期的に歯周病ケアが必要
 な事を説明し、Sさんもよく理解してくださり
 通院してくださっていました。

 
 状態は安定していた口腔内でしたが、ここ最近
 仕事が忙しいらしく、お顔をみないなと思って
 いました...

 
 あっという間に2年、久しぶりの来院、
 再会はSさんの〝 ごめんなさい 〟から
 始まりました。

 ??と思いながら、口腔内を診てビックリ
 
 
 左奥歯がグラグラ、他の奥歯の歯周ポケットも
 かなり深くなってしまってました。

 
 Sさんもかなりショックの様でしたが
 その思いは私も同じ


 さすがに〝 何でこんな事に 〟と心の声が
 出てしまいました。


 忙しさにかまけ、歯周病のケアを後回しにして
 しまった事が原因と、Sさんも後悔の言葉を
 言ってました。

 
 二人してショックを語っても2年前の状態に
 戻れる事ではないのでこれからどう治療して
 いくかと考えましょうと.....


 反省をバネに再起に向けてやれる事を
 ひとつずつSさんと私のふんばり所です


 口腔状態の安定している時こそ、油断せず
 定期ケアを受けてください