口腔関連症候群研究会

顎口腔と全身の関連性を追求し、医科歯科連携の実践を趣旨とする口腔関連症候群研究会。

顎口腔系の疾患、異常が糖尿病、関節リウマチ、認知症、皮膚疾患、関節痛しびれ、
IgA腎症等慢性免疫疾患、運動器の痛み、口腔異常感症、睡眠時無呼吸症等
様々に関連することが各研究機関、臨床現場からの研究報告で判ってきています。

また顎口腔系の疾患異常を改善することで、これらの疾患の改善効果が
認められることも多く報告されるようになってきました。
当研究会は医科歯科連携の実践により
この分野を充実させていくことを目的としております。

講演会のお知らせです


10/28(水) 9:30~11:30 野田市北部公民館

11/4(水) 9:30~11:30  野田市北部公民館


2週連続、野田市北部公民館で、
認知症について、講演致します。



参加無料です。
多くの皆様のご参加をお待ちしております

 下記の内容で講演をしてまいりました。(5/29付・NDM 講演会)
医科医師の皆様に大変好評をいただき、
来年も続編講演のオファーを受けました。

演目
「顎口腔系と全身疾患との関連。この分野での医科歯科連携」
1 認知症と歯科領域

2 高齢者ケア・在宅医療での医科歯科連携
3 リウマチと医科歯科連携
4 糖尿病、動脈硬化と歯科
5 腎疾患と歯科
6 睡眠時無呼吸症候群と歯科
7 リハビリテーションと歯科
8 整形外科疾患と医科歯科連携
9 皮膚科疾患での医科歯科連携


 この分野(顎・口腔系と全身)はここ数年マスコミでの露出が急増し、患者さんの認知度も高くなっています。
「歯科ことはよく知らない、知らなくて
もよい」
「歯は食べるだけの機能でしょ?!」
ではすまなくなってきています。

 
 歯科領域疾患で通院している患者は大変多く、これからは顎口腔歯科疾患との関連も説明・相談できるドクターやナースがより患者さんの信頼を得ることと考えます。
 医科医師、看護師、理学療法士等医療従事者向けの

「顎・口腔系と全身疾患の関連性と医科歯科連携治療」
の内容で講演依頼の募集をしています。
どんな小さな研究会、勉強会でも結構です。また貴会の予算に応じお受けします。
(当方営利目的の講演屋ではなく、上記テーマの啓蒙が目的です)
また遠方の方でも結構です。

 ご相談はさかい歯科医院ホームページ(http://www.sakai-shika.net/) よりご連絡ください。

講演会ポスター
 

 

 

 

5月27日(火)にレンブラントホテル大分にて
さかい歯科医院の院長 
酒井先生による講演会が行われました。

テーマは
『顎・口腔系と全身疾患との関連。
この分野での医科歯科連携』

内科医 大嶋和海先生の研究会NDMで内科やペインクリニックなどの各診療科のドクター向けの講演会でした。

顎・口腔系の異常が体の色々な病気に及ぼす影響を多くの症例を基に解説しました。

参加したドクターからは
「目からウロコ
「こんなに色々体に関係しているとは知らなかった!
と多くの質問をいただきました
講演会ポスター


このページのトップヘ