2007年10月29日

相手の都合を尋ねる< 感じのよい言葉遣い >VOL.687

今週は、好印象を残す文章の書き方についてです。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法   < 感じのよい言葉遣い
◆─────────────────────────────────◆
                        相手の都合を尋ねる

 「文は人なり」という言葉があるように、文章には人柄が表れます。
 その時々の自分や相手を取り巻く状況に合わせた適切な言葉遣いが
 できれば、あなた自身の好感度があがり、しいてはあなたの会社の
 印象も良くなります。

 今週は、書き言葉ならではの感じのよい表現を身につける練習をして
 みましょう。


 打ち合わせで相手の会社を訪問する際、都合のよい時間を尋ねるときの
 一文です。

   何時ごろなら都合がいいですか。

 なんだかちょっとぶっきらぼうですね。
 上記の一文、あなたならどのように書きますか?

 → 何時ごろがご都合がよろしいでしょうか。
 → 何時ごろでしたら、お手すきでしょうか。

 相手の都合を尋ねる場合、「ご都合」とするほうが丁寧です。
 「〜ですか」でもいいのですが「〜でしょうか」と書くと
 文章が丁寧でやわらかい印象になります。

「何時ごろ」というのを次の言葉に置き換えることもできます。

 → いつごろ伺えば、よろしいでしょうか。
 → ○○様のご都合のよい時間をお知らせいただけないでしょうか。



kamigaki2005 at 09:36│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernoteメール作法 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字