2011年05月25日

突然のメール、」< 略さずに書くと…(3)>VOL.1495

今週は、省略する前の文・後の文を比較します。
◆─────────────────────────────────◆
 仕 事 美 人 の メ ー ル 作 法      < 略さずに書くと…(3)
◆─────────────────────────────────◆
                        「突然のメール、」


 「突然のメール、失礼いたします」

 ファーストコンタクトの際のメールの書き出しの一文です。
 上記でも意味は通じますが、もう少しきちんと書くとしたら…

 「突然メールをお送りして、失礼いたします」
 「メールにて失礼いたします。突然で恐縮ですが…」

 といったところでしょうか。

 「突然のメール、申し訳ありません」
 は、表現が大げさなわりに、言葉足らず。

 「突然、メールをお送りする失礼をお許しください」
 も仰々しい感じはしますが、上記の文例よりは改まった書き方ではあります。


 「メール」を「連絡」とした場合は、次のようになります。

 「突然ではございますが、ご連絡申しあげます」
 「急ぎの連絡(用件)につき、失礼いたします」
 「ご連絡したいことがあり、急ぎお伝えいたします」

 または、用件を先に述べ、結びの文で次のように締めくくることも
 できます。

 「突然のご連絡となりますが、どうぞよろしくお願い申しあげます」

 いずれにせよ「突然のメール、」「突然の連絡、」のように
 読点で切ってしまうと、唐突で言葉足らずの一文になりがちです。
 省かれた部分の言葉を書き添え、恐縮する気持ちが伝わる丁寧な表現を
 意識してみましょう。



◆─────────────────────────────────◆
 【しごび】 の お 知 ら せ
◆─────────────────────────────────◆

 『半額キャンペーン』5月末日まで!

 --------------------------------------------------
  ★iPhone、iPad アプリ【ビジネスメール文例辞典】★
 --------------------------------------------------

 iPhone、iPad アプリ【ビジネスメール文例辞典】の
 ☆フレッシュマン応援☆半額キャンペーンも5月31日(火)まで!

 入社後、ビジネスメールに戸惑っている
 新入社員のみなさんのお役にたつ
 アプリです。

 お得なキャンペーン期間中に、ぜひご購入ください!

 ★詳細はこちら
 




kamigaki2005 at 09:30│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernoteメール作法 | ビジネスメールの心得

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字