2017年8月15日

皆様

 終戦記念日を迎えました。戦後72年を経て、今わたくしたちが、先人たちから何を受け継いでいくべきなのか、神からの御言葉をお伝えいたします。

                          
Rinokia


***

「わたくしたち(神)が願うこと、それはすなわち、この世の総体的な
魂の(次元の)向上”です。かつて、あなたがたの祖先(先祖)たちは、厳しき“戦争”という時代を経て、自らこれに終止符を打ちました。無論、戦争はいつの時代も、ある環境下、人間というものの習性(価値観)により、絶えることなく繰り返されてきたものでもあります。

 それらの諍(いさか)いを繰り返し、悲しみ、苦しみ、そしてときに一筋の希望を見出し、なお人々はその先の未来へ向け、けして歩みを止めようとはいたしません。

 その(歩みを止めぬ)性質こそ、人間が神の光より別れし、その最たる証(あかし)でもあり、いかなる時代、いかなる状況にあってなお、人間とは、弛まぬ努力と、互いの結束(団結)により、次なる時代を切り拓くものなのです。

 今、この国においても、解決を探る道にあって途方もなきほどに、懸案とされる事柄を
数限りなく
抱えております。何かを見て悲嘆し、何かを耳にするたびに暗澹(あんたん)たる気持ちに苛(さいな)まれる、そういった状況にあることも、わたくしたちは重々承知をいたしております。

 ここで、あなたがたに一つ、お伝えしたいと思います。

 地球始まって以来、これまで数知れず、多くの御霊がこの地上に降ろされました。その御霊はまた順を追って各自(輪廻)転生を果たし、今この地上に生きるあなたがたもまた、古来、とある時代に生き、そして再び、人間として生きることを選んだ、実に果敢なる魂です。

 富裕の民、貧困の民、立場(環境)は違えども、これらは一つの人生における“設定”であり、いずれの民も、霊魂として、ついには同じ光に立ち戻ります。

 これまで誰一人として、生まれてから安楽のままに生き、何の困難もなく天に召された、そういった存在は、やはりありません。人間はそういった(安楽のみの人生の)設定は、自ら望まないのです。むしろ、過去世、一人の人物としてその時代の状況を全身で感じ、多くの縁をいただきながら人生を辿り、そしてついに天へと還るーーーその人生から学んだこと、そして次なる(人生の)課題は誰しも尽きることなく、“次こそは”として、神に新たな世への転生を希(こいねが)うのです。

 今、あなたがたの比較的近い存在、いわば、“ご先祖様”と呼ばれる御霊、そして、この国の先人たちもまた、たとえ困難極まる状況にあってもなお、ひたむきに生き続けてきたことでしょう。自らに負うその苦難の運命に、心を散らすというより、むしろ、命を絶えるその終(つい)の瞬間、未来を思い描き、そして何より、これより続く、子孫たち、後世に生きる人々への心からの幸せを、強く強く想い、安らかに昇天するのです。

 あなたがたは、今、その先人たち、そして縁深き先祖の願いの延長線上に、まさに人生を敷いています。先人たちが再びこの世に転生を遂げる、それは、今度は、あなたがたが天へ召された後の世において、です。すなわち、あなたがたが生前、そして命を絶えるその瞬間に想い描く、後世への願いの先に、晴れて(先人たちの転生が)成されゆくものなのです。

 少しでもより良き人生を送ろうとするのであれば、物事から安易に逃げてはなりません。今ある環境に目をそらし、暗に済ませようとする、それは、先人たちと、あなたがたのかけがえのなき先祖たちが、命を懸け、次世代につないだこの世の道程を、あなたは自ら離脱することに他なりません。

 今、あなたがたがおこなうことは、必ずや何らかの“結果(事象)”として、この世に表されます。あなたがたの人生一つひとつの重み、それはわたくしたち(神)にとって、また、人類にとっても他に替えるべくもなく、まさに、“次世代への布石”となって、この世に残されてゆくことでしょう。

 あなたがたが、かつての先人たち、そして先祖のお蔭をもって、この世を生きる、それであるならば、あなたがたは、次世代(=先人たちの転生の世)に、あなたがたならではの、生きる希望であったり、皆が本来の意味で、慕い、励まし、互いが敬意をもって、大切にこの世を生き合うことが叶うよう、あなた自身がもつ、沢山の良い部分、そうです、あなたに内在する性質や、ご先祖から引き継いだ、生きるに欠かせぬ物事などを、なお、この世においてまっとうしていかなくてならぬのです。

 “生きること”、これに勝る、魂の向上の手立てはありません。そして、あなたが現にこの世を生き、あなたが日々を幸せと感じること、それは、数多くの御霊たちの最たる願いなのです。先人たちの願った、“平和な御世(みよ)”というものを、あなたがたは、自分なりの感覚に従い感じ取り、希望を胸に、次なる世への良き“布石”を打ち進めていただければと切に願っております。」

以上。