2017年2月24日

読者の皆様、

 2012年より5年間にもわたり、<神>と呼ばれる高次元の意識体からのメッセージを、このブログに載せる形で、読者の皆様へお伝えさせていただきました。今もこうして途切れることなく続けることができますのは、ひとえに、天上からの御導き、そして皆様の温かなお支えこそと、いつも心より感謝しております。

 現在わたくしは、霊視鑑定士として、霊視鑑定のご依頼者と実際に対面し、様々なご相談やお悩みを伺いつつ、その方とご縁の深い神や守護霊様などからのメッセージをお伝えするというお役目を、日々務めさせていただいております。

 その鑑定のなかで、ご依頼者の皆様から、「あのブログ(『神々からのメッセージ』)は、一体どうやって書いているのか。」や、「どういった経緯で、神や仏の言葉がわかるようになったのか。」、そして、「幼い頃から、霊能力があったのか。」といった、率直なご質問を多くいただくようになりました。
 
 この霊能力につきましては、わたくし自身、「霊能力を得たい」と望み、修行するというよりは、むしろ、この世に生を受けてから
人生を辿るなかで、ごく自然と身に着いた要素も多分にあったため、皆様からの素朴な疑問は、「あぁ、なるほど。」と、人の思考・心理を学ばせていただくという意味で、本当にありがたい機会でもありました。

 これまで、天之御中主神をはじめ、日本全国の、本当に霊験あらたかな神社の神々、そして、地球の意識体や自然物に至るまで、実に様々な存在と意識を通わせ、“日本語”という言霊(ことだま)にのせて、このブログにて公開させていただいたかと存じます。

 こうして、今、この世を懸命に生きる人々へ、神から<愛>の御言葉を伝えるということは、わたくしにとりましては、本当に身に余る大役であると同時に、自らがもつ“特有の感覚”を研ぎ澄ませ、目には視えない、高次元の意識体からの波動を、少しでも“純粋な”形で皆様にお伝えするという責務を常に背負っているものと、肝に銘じております。

 あくまでも、このブログにて、今後【霊視】というテーマにて、
わたくしがお伝えするのは、いわば、Rinokiaというひとりの人間が、この世に肉体をもって生きながら、それとはまた別の世界(次元)のエネルギーを敏感に感じ取り、独自の感性によって表現するものです。この世には、実に多くの、いわゆる、“霊能力”と呼ばれるお力をもつ方がおられるかと存じますが、おそらくは、人生の変遷にともない、本当に繊細なレベルで各々に独自の感覚がもたらされ、皆様が多彩な表現方法にて、その能力をこの世に表されていらっしゃるのだろうと感じております。

 この『神々からのメッセージ』というブログを通じて繋がってくださった全国の皆様が、「神と意識を通わせる際の“特有の感覚”」や、「“霊を視る”とは、一体どのようなことをするのか」などをご理解いただく、その一助となればと願い、今後、数回にわたり、ブログの筆者であり、霊視鑑定士であるRinokiaが、本当に思いつくままに、“霊視”という力に目覚めた経緯と、それに関する想い等々を、
素直に
記させていただきたいと思っております。どうか、しばらくの間お付き合いくださいませ。

 そして、いつもブログへコメントをお寄せいただく皆様、本当にありがとうございます。皆様からのお言葉の一つひとつを噛みしめ、何よりも励みとなっております。この場を借りて、厚く御礼申し上げます。

 今後、数回にわたってお伝えする、【“霊視”の道に至った理由】に書かれている内容につきましてご感想をいただけますと幸いです。また、ご質問や、もっとこんなことを知りたい、というご要望などもございましたら、どうぞ遠慮なくコメント欄にお寄せください。可能な限り、皆様の想いに応えてまいりたいと存じます。

 次回は、Rinokiaが幼少の頃より感じていた、現在の霊視に繋がる、「独特の世界観について」をお伝えいたします。


                          Rinokia