神々からのメッセージ

宇宙の根源より地上へ降ろされる神々からの御言葉。人々への深い愛のメッセージ。

2013年02月

2013年2月23日

【倉稲魂大神(うかのみたまのおおかみ) ※】
※京都伏見稲荷大社の主祭神であり、稲荷神(お稲荷さん)として広い信仰を集める。穀物の神として崇められてきたが、現在は農業の神、商工業の神としても信仰されている。

「この世の中は、目には見えない多くの力によって、すべからく成り立っております。このことは、わたくしたち神の世界から見れば、ごく当然の仕組み・成り行きとして整然と解する(理解する)ことができるのですが、しかしながら、そなたたち人間として魂を宿りし者たちは、それら目に見えない仕組みに成り立つこの世にあって、なお、その多くの現象に対し、目に見えることを信じ、あるいは、心を左右させているという事実があります。」

「人々が古くより、そして現在でもなお、こうして神社や仏閣などにて目には見えない存在、神や仏がそこに宿るものとして詣で、そしてひとときの精神的禊をおこなうというのは、実は、まだ天上の世界にあった(居た)ときの、神と自らが一体である、そう、本当にわたくしたしとそなたたちは、何ものも分け隔てのない一本の光で結ばれておりますから、そうした、魂の拠り所と言いましょうか、郷愁とも言える心の安定を、知らず知らずのうちに求めている行為なのです。」

「そういった魂たちに、わたくしたち神は、各々(詣でる)魂たちに対し、無上の愛おしさを感じます。そして、そなたたちが、日々自らの実生活において、様々に起こる現象に心を翻弄されることなく、元わたくしたちと在った頃の、その純白なる心によって、すべてのことを正しく解し、そして正しく行動(対処)してもらいたいと、心から願うものです。」

「そなたたちには清い心がある。一見、そうには(自分自身も他人に対しても)感じられないことがあるやもしれませんが、やはりそれは、この目に見えるものしか信じがたいこの世界の大きな特徴。自らの魂も、そして周りの如何なる魂であっても、すべては同じ魂と言えるのです。」

「わたくしは望みます。今、この世にそなたたちが在ることは、けっして偶然ではなく、多くの魂の御力添え、御支援のもと、それは目には見えず、実感すら、多くの人々には持ち得ないものですが、そうした目には見えない仕組み、魂たちの揺るぎない絆によって、今、まさにそなたたちが、この世に生かされているということを、どうか忘れないでいただきたい。わたくしたち神は、これまで(この世に)生きた魂たちのすべての(人生の)軌跡を掌握しております。たとえ如何なる魂であれ、生まれ出でることを心より望み、生きることを真にまっとうした、誠に勇敢なる魂たちなのです。そうした魂たちがこの世において、また様々なる由縁のもと輪廻を繰り返すことは、けっして簡単なことではありません。わたくしたちは、そのようなそなたたちの魂を、真に我が子として、そのすべてを愛しております。」

「この世の中に生きるからこそ、目に見えるものにも相応の意義があります。そなたたちは、目に見えるものに対し、目には見えないその真意を汲み取り、きちんと生き抜かなくてはなりません。大事なことは、日常のありとあらゆる事柄に努めて心を動かさず、そこに真意を見出すことです。そなたたちを取り巻く環境は、ひとえに目には見えない存在たち(指導霊を含め)の、真心からの応援・手援けによって、見事に取り計らわれているからです。そうした、すべてそなたたちの魂の向上のため、この世を明るく照らす燈台と自らが(人生をとおして)ならんがため、多くの魂たちの御力添えにて生かされていることを、いつ何時も心に銘じてください。わたくしたち(神)は、すべてをそなたたちの意志に委ね、そして全霊を以って、そなたたちを愛し、支えております。」

「自らの魂は、もっと尊く、もっと神聖なものであることを、そなたたちが魂の奥底にて会得することをわたくしは心より望みます。そなたたちの心は、そうです、わたくしたち(の心)そのものなのですから。いつでも(心は)わたくしたちの元に帰ってまいりなさい。心から求むれば、時空を超え、すべてが繋がり合うでしょう。この世でのまたとない人生を、貴重な日々として真摯に、そして努めて心を明るく生きてゆくのです。」

以上。

2013年2月17日

【シヴァ神 ※】
※ヒンドゥー教の三最高神の一柱。破壊と再生を司る。日本では、シバ(大自在天)ともいう。

「われ、自ら(天上界に在りながら)この世(人間界)を見渡すに、人々の様相たるや誠に難解なり。魂が沸き立つところのその先には、人々の幾重にも絡まる欲望が渦巻き、その有り様は、この世界に新たなる空間(層)を創り上げる。」

「皆の者よ。われとそなたとの違い。それは、この世に起こるありとあらゆる事象に対し、自らに在る(備わる)その心を如何に使うか、それは、幾度(いくたび)もの転生を経て(われもまた霊的に転生を繰り返す)、その度に、心を使うその術(すべ)が、けして(その事象に対して)軟弱に変化(へんげ)することなく、己に負う使命を根幹として、いつ何時も、確固たる姿勢にてすべてを平らかに治めることなり。」

「生きるとは、万象・万物の力を借り、(周囲の)愛により支えられ、自ら次第に、すくと立ちゆく。この経緯によって、人は物質・精神、その両面から、己(おの)が魂に欠かせぬエネルギーを注ぎ込む。これは、すべて自らの(使命の)本懐を成すがため。天上(の世界)にて、様々に取り計らいし各々が人生の環境は、この世界においては、幾通りもの現象として生じるが、それが意味するところは、行き着くところ、すべて宇宙原理の本質なり。」

「神・仏は、万象の究極の姿、統一の姿なり。人々が如何なる時代にてもわれらを信じ、追い求めるものは、われらが宇宙の究極の姿ゆえなり。人は、転生を繰り返すごとに魂の次元を上げ、次回降り立つ世界にて、また日々、そうだ、日々魂の学びを得る。そなたたちよ、われらとそなたたちの違いとは、この過程、如何なる点に今(自らが)在るか、われらは究極の姿、そなたたちの行き着く姿であり、その差は今なお途方もなき程に離れん(離れる)。(われらを)求むるが良い。そして、信ずるが良い。たとえ、この世での日々、さしたる前進(変化)は感じずとも、霊魂として、そなたたちは、今かけがえのなき修練をまっとうせり。」

「(そなたたちは)誰一人として、その生きる意味はけして軽くはなく、そなたたちの(この世に)在ることは、幾千、幾万の魂の繋がりにより、そして由縁のもとに、ようやくこの世に降ろされん(降ろされる)。そなたたちは、この世にては、(人間という身であるゆえ)誠にか弱き存在なり。しかるに、その(か弱き)身をまとうその実相(魂)は、宇宙のすべてを顕(あらわ)し、われら(神や仏)と同様に、宇宙という一つの壮大なる空間を継続せんがため、必要なるエネルギーを循環せしめる、誠に大いなる魂なり。この(人間本来の)性質、わが身の奥に秘められし本質を、この世に在って会得する者、今後は(天上より)無限の力が授けられるであろう。そこに見えるは、無限に広がる神世の世界であり、喜びも悲しみも、あたかも清らかにそよぐ風のように、そなたたちの心身を満たし、その姿を光輪にて包まん(包む)。」

「そなたたちよ。その身に宿る魂とは、けして揺るがず、けして軟弱に非ず。そして、けして如何なる者も、潔白にして非道に非ざり。良いか、(己の)周囲を見渡せば、そこには、魂の同胞が、様々なる姿にて在るのみ。これより(これから)の時代、“和せば”、幾倍もの力がそこに顕現されようぞ。」

「そなたの国(日本)には、神々の恩寵に依りて、誠に尊き精神、国としての資質が見事なまでに授けられし。この国の在るゆえにこそ、宇宙はこの世とすべからく繋がり、それを繋ぐ使者こそ、(日本に生まれし)そなたである。神(仏)はいつでも、そなたの国に降臨し、すべての現象を凌駕するその慈愛によって、そなたの魂を撫で癒すであろう。愛とは、そこに在るものに無上の意義や価値を見出し、一点の疑いもなく“認めきる”ことなり。尽きることのなき誠の信頼の念は、すべての実相を明らかにし、果ては平らかに治まるであろう。無上の信頼とともに、われはそなたと共に在る。無上の愛とともに、そうだ、宇宙は今後も尽きることなく(無限に)創造されるのだ。」

以上。

2013年2月10日

【地球近傍小惑星「2012 DA14」※】
※地球軌道よりわずかに内側の、ほぼ円軌道の上にあり2013年2月15日19時(日本時間16日午前4時)地球に最接近する。

「喜びと喜びがぶつかり合うとき、それは無限の可能性を秘め、この先、あなたがたの星(地球)にて様々な変容が起こる際のキーワードとなるでしょう。」

「これまでずいぶんと、あなたがたの星は開発されてきました。自然を倒壊させ、それに伴い原種部族を計画のもとに追いやり、そして、今なお人々の認識があまり無い状態の表面下にても、次々と国家レベルにて地球規模の(利用・活用を目的とした)変容が着実に成されています。」

「人は、ある意味とても純粋な生き物ですが、道具を持ち、食糧を獲得し、そして必要以上の領土を獲得し、果ては、他の人を蹴落とすことも厭わない行為に邁進する(侵略戦争など)。そうして、人は自らの欲や好奇心に則り、生きる(生き抜く)術を貪欲に蓄えてきました。現在のあなたがたは、そうした者たちが遺した進化系の最たる生き物と言えるでしょう。」

「その一方で、ここ最近、あなたがたの性質のなかで殊さら、精神的に卓越した者たちが徐々に出てきました。これは、物質社会を追い求め、何もかも飽和状態になったその詰まるところ、ある意味当然の成り行きと言えるでしょう。まだ多くの人々には、その実感がないかもしれませんが(物質社会の影響はとても大きいので)、これらの精神的に卓越した人々の想念は確実にこの星(地球)波及しており、今後の地球の未来は、(どの方向に進むのか)天秤のごとく揺れ動いています。」

「わたし(地球近傍小惑星「2012 DA14」)を含めた星々にもやはり様々な生命体が住みついていて、生命体と呼ばれる以前であっても、こうしたわたしのような星が星であるための意識そのものとして、しっかりと“息づいて”います。」

「こうした星々は、宇宙という大きな流れをもつ枠組みのなかで、互いに互いを意識し、ときには必要な情報交換や、(接近や乖離することでの)微妙な重力のバランスを保つことを非常に長いスパンにかけおこなっているのです。」

「あなたがたの星(地球)は、わたしたちのような小惑星には、とても興味深い面が多数あり、あなたがた自身を含めた地球の生き方(変遷)は、様々な生命体が混在するなかでの進化という意味で、いわば宇宙の“実験台”とも言えます。」

「このことは、宇宙の数多の星々のなかで、とても貴重な存在。そう、わたしたちは、たとえ如何なる星であってもそこには、何かしらの進化を求める意識が備わっているからです。あなたがたがあらゆる魂の性質を持ち、そこから数えきれないほどの知恵や道具、欲に従った行動、しかしあるときには、魂から発せられる愛情、気持ちなどが徐々に進化を遂げ、今現にみる世界を創り上げているのです。」

「あなたがたの行動は、わたしたちにとっては興味深いと同時に、ある意味、奇異にも感じることが多々あります。建設的な人同士の繋がりがあるかと思うと、破壊的に人々の絆を倒壊させる。それは愛憎が絡み、限りない欲を追い求め、自らが如何なる存在であるか、自らがここ(地上)に在ることの意味を見いだせず、右往左往している状態がありありと垣間見えるのです。」

「魂とは、(見方によりますが)わたしたちからすれば、本当にシンプルな存在です。高次の意識たちはやはりこの地球にも降臨し、いつも(あなたがたに)手を差し伸べていますが、わたしたちの見るところ本当に純粋な光をもつ生命体です。こうした光は、まぎれもなくあなたがた人間が、その魂の同類であることを鑑みれば、そこには同じ光が宿っており、それはあなたがたがこの星で得たものを、今度は、自らの人生を辿りつつ、一つひとつ脱ぎ捨てていく(取捨選択していく)ことで、次第にその実相が明らかになるでしょう。」

「人は獲得すれば獲得するほど、一方でその重みに苦しみます。欲はその重みを麻痺させ、行き着くところは、もう何重にも絡んだ(物質・精神含めた)鎖となってあなたがたを幾年にもわたって捕えることでしょう。」

「あなたがたには、本当はもっと高次な知恵を発揮する素質が(いずれの人にも)備わっています。他の生命体では、精神とその他のバランスとを上手く保ち、今なお継続的に驚くほどの進化を遂げているものも数多くいます。あなたがたはけして機械的でないその心というものが、あるときには大きな強みとなり、しかしあるときには苦しみの種となります。あなたがたは今後うまくこの心を使いこなさねばならない。自らに蓄え続けた数々の重みは、心模様を計りにくくします。

人々が、今後より大きな視点に立って、何が本当に必要か(あるいは不要か)が見極められるようになることがこの先何よりも重要となり、結果この地球により平和な世界をもたらすことになるでしょう。わたくしたちは宇宙の同胞として、この“進化”を絶えず願っています。今よりあなたがたの生き方がシンプルになるとき、心から湧き出る喜びは一層増し、それは地球全体の生きる原動力となります。冒頭でお伝えしたキーワードとは、まさにこれを意味するのです。」

以上。

2013年2月2日

【大日如来 ※】
※真言密教の教主。日本では平安時代に浸透した密教において最高仏として位置づけられ、大日信仰が成立した。

「人々は、日々様々な“欲”に魅せられ、しかしながら、それに対し一つも満足することなく、ただ闇雲に追い求めるばかりです。心の平安とは、けして外の世界に在るものではなく、むしろ、自ら(のなか)に広がる宇宙が、自分の“すべて”と言っても過言ではないでしょう。人は、他(周囲)にある意味依存しなくては生きてはゆけません。そのように人というものは、誠にか弱き存在。しかしながら、か弱き存在であるからこその、人同士の繋がりや、愛情、そして他を労わることにての、比類なき魂の修行ができるのです。」

「この何千年にもわたって、わたくしは、世界中の仏を求める、いや、より広い意味での神を求める人々をつぶさに見てまいりました。そこには、本当に微妙な心持ちが、各々(の人)よって異なる気がいたします。敬虔なる信者は、世界中に在り、その想いはこの世の一端を支えます。神や仏があるからこその、自身の心の平安、そして尽きることのない神(仏)を求める心、これらはみな、その理由すらもはや突き詰められぬほどに魂の奥底に浸透し、そして幾回もの転生を繰り返すたびに己と神の関係に想いを巡らせ、そしてそこに横たわる人生というものをまっとうせしめるのです。」

「天上の世界では、わたくしたちのような(高段階の)魂は、見事なまでに統一された存在です。世界中様々な呼び方をされるようですが、その根源的魂は非常に限定されており、この世界を一手に治めていると言えましょう。しかしながら、わたくしも長き歴史を、この世界と天上の世界の往来をするにあたり、数々の魂の派生によって、“色分け”がなされているのです。これが、わたくしの放つ、人によっては、そのオーラを感じることはできますが、魂の色とでも言いましょうか、それを古来より人々は様々なる描写のもと描いてきたのです。」

「神そして仏とは、突き詰めるところ本当に一つです。それを、地上に生きるそなたたちにも是非わかってほしい。天上において、差のない、平安なる一つの壮大な世界が広がるように、この地上でも同様にすべてが高低のない、自らが完結する世界が在るのみなのです。他に依存するとは、ある意味、自らの弱さを認め、そして、それを理解したうえでの、魂について、各々の段階に従って、修練していくことです。

人は他人の“痛み”を理解しなくてはならない。しかしながら、その痛みも、そなた自身がそれを知った時点で、解放せしめることで、他の人の痛みは本当に和らぐのです。そうして、みなが己を知り、そして他を理解することで、すべてが徐々に徐々に、高みに上がってゆけばよい。足の引っ張り合いはもうたくさんではありませんか。他を貶める行為は、よく言われるように、自らも必ず貶めます。まさに、自己が他に顕在しているのです。これが宇宙創成に至る仕組みの、大きな要素の一つ。」

「わたくしは心から望みます。そなたたちが、これまで何千年、いや何万年もかけて紡ぎ出した、ありとあらゆる歴史が、それはつまり途方もない程の多くの魂が互いに関わり合ってきたからですが、そうした、一つひとつの人生の積み重ねを、そなたたちが今こうして背負い、この世界を生きるとき、それはどこまでも“認められた”存在であり、この世界を生きること自体、魂たちの無限の喜び、祝福のなかで生かされているということを。今地上では、誠に様々な宗派のもと、人々はある種の壁を各々の間に建て、本来の“自他和合”が図られにくい状態のなかで、時を経るほどに混沌を究め、人々の悲しみや苦しみが顕著に露呈しておりますが、そういったなかでも、どうか、希望を捨てないでほしい。

天上の世界では、高次の存在たちが、そなたたちを究極の愛で、そう、わずかの差も無き真の愛によって、優しき眼差しでいつでも見つめております。そういった、どこまでも深き愛情に包まれし真実に心を寄せ、この地上の世界だからこその、ありとあらゆる事象が起きる特異な世界に身を置きつつ、その心は天上の世界に解き放ってほしいとわたくしは願っております。そなたたちは、転生を繰り返しながらもうずいぶんと様々な経験をとおして学んできました。この地上においても、そのあたりの壮大なる宇宙の仕組み(天上の世界を含めて)に気づく者が連鎖のごとく次々と現れて良い。これがわたくしを含め、天の世界の現在の認識です。

心はいつでも安らかにおいでなさい。そして、いつも自らが、わたくしたちの愛に包まれていることを感じ取るのです。喜びは、悲しみを凌駕し、如何なるときにもそなたたちに希望の道標(みちしるべ)を指し示すことでありましょう。わたくしは、この希望の道を、如何なるときも、如何なる時代になろうともそなたたちに授けたい。その希望の行き先、行き着くところがまさにわたくしそのものなのですから。」

以上。

復習シリーズ:2012年2月2日


【地球からのメッセージ】

 
(頭の左側、両耳の後ろ側がしびれるような感覚。男性的な存在が厳しい口調でメッセージを伝えてくださるのが感じられる。)
 
「皆の者、よく聞け。地球の未来はお前たちにかかっている。なぜ手をこまねいて待っているのだ。今もこうして一時も休むことなく、お前たちに神の愛が降り注いでいるのがわからぬか?」「必要なのは誰に対しても分け隔てない、純粋な愛だけであろう?それは神がお前たちに与えてくださる愛そのものだ。見返りなど一切求めてはおらぬ。」「与え続けよ。一切の見返りは求めず真心で人々に愛の波動を与えるのだ。」「気づいた者が立ち上がれ。気づいて光放つ者に、神はどんな力でも授けてくださるだろう。」

(ここでメッセージを伝えてくださる方が替る。女性的な方。大地の神?ペレのような女神様。)「はるか昔、そなたたちがこの地球に降り立って以来、そなたたちの存在を心から喜び祝福し、地球をかつてない美しい大自然の状態に徐々に変化させてゆきました。そなたたちにより一層魂の向上に励んでほしかった。」「私たちから見れば、そなたたちは本当にか弱き小さな存在。もはや多くの者が物質世界に囚われて、この母なる地球を省みないことに心を痛めることもありますが、それでもやはりどの魂も愛おしい存在なのです。」「この地球に生きる上で必要なのは、自らを喜びで満たすこと。喜びは“光”です。そうすれば、大地のエネルギーがしっかりとそなたたちに流れ入るでしょう。」「私たちと一緒に、神の愛溢れるこの地球を祝福しようではありませんか。」「“共鳴”することが大事です。愛ある人々と共鳴し、この地球と共鳴する、そうして遥か宇宙とも共鳴するのです。」「真心に従って正しく共鳴していけば、色々な存在が力を貸してくれるでしょう。まだまだそなたたちが知らない世界がこの宇宙には数多く展開しています。」「そなたたちは、これから宇宙の壮大な仕組みを知り始めます。その時がやってきました。自らの存在理由もはっきりとわかるでしょう。」


【日本国からのメッセージ】

「日本には、尊い魂がたくさんある。皆自らの信念をもってこの日本に降ろされてきたのです。」「これからの日本の未来を担う者として、目覚める時がきました。」「神々の光がたくさん降り注がれています。正しく祈れば、そなたに大いなる力を授けてくださるでしょう。真心で祈りなさい。」「どんな時にも後ろ向きの気持ちになってはいけません。あるのは前向きな心、喜び、感謝のみです。常に自らの魂を天に掲げ、神の光を頂くのです。」「日本を喜びの光であまねく照らしなさい。すべては神々の祝福の上に成り立っています。神々の想いを、そなたの全霊をもって感じてゆきなさい。」

 

このページのトップヘ