神々からのメッセージ

宇宙の根源より地上へ降ろされる神々からの御言葉。人々への深い愛のメッセージ。

2014年12月

2013年12月31日

【天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ) ※】
※天地開闢に関わった五柱の別天津神(ことあまつかみ)の一柱。

「“無”の先にこそ、真の極致あり。無という究極の状態から生まれ出でる数々の真実が、この世の成り立ちとなり、また天界にも神々の悉く深き繋がりと意義をもたらす。」

「この地球にこそ、真の和平を。この地球にこそ、宇宙にて燦然と輝く大いなる神の御光が行き渡り、万物が万遍なく照らされんことを。地上の魂たちが、真に和合することにて叶うのみぞ。この宇宙は、そなたら魂たちの光=日の照る、その輝きにこそ、すべてが開かれ相満たされる。」

「この麗しき地球にこそ、真の歓び合いを。それは、そなたたちが互いに他を思いやり、自らをどこまでも優しく包む、その心にこそ、地球に息づくすべての生命(自然)は、謳い、それらがもつあらゆる神の恩恵を、まさに愛しきそなたに授けようぞ。」

「時は駈ける。神、そして民、すべてが未来に向かいて、この二度とは来まい貴重な
る“時”を互いに関わり合いて過ぐるのだ。そなたが如何なることをしようとも、良いか、同じく時を生きる神々と共に在ることを、年の変わる節目にて、今ここに高らかに宣べよう。」

「光と影が共存し、それは魂もまた同じ。光の本質と影の本質が互いに相まり、互いに引き立て合いてこそ、見事な宙を描く。あぁ、神が宿りしこの地上のあらゆるものは、光と影を見事に兼ね備え、あるがままを良しとし、生命の輝きに一層の拍車をかける。」

「時は満ちた。近年に見る数多の地球の変貌は、しかるべく時の未だわずかなる前兆
に過ぎず。長き、長き時を経て、そなたらの神は習合し、しかるにその本質は“一(いつ)”なりて、この大いなる神は地球を、そして宇宙をも司る。」

「一なる神の到来が、静かなる息づかいとともに、しかるに確実に寄せつつあり。地
球におわす神々が、来たる瞬間(とき)、すなわち“宇宙再編〜統一”に向け、息もつかせず疾風のごとくに駆け上がる。一なる神、大いなる神の片鱗とならんがため、己の持つ光と影を究極なまでに溶解し、その持つ神力・神霊すべてを今ここに捧げんとする。」

「万物の根源なる一なる神への回帰を胸に、この地球を司る神々と、神と共に生きん
(生きよう)とする地上の魂たちの真の夜明けが、大いなる神の息づかいとともに到来するであろう。」

***

皆様、
いつも神々からのメッセージをお読みいただき心より感謝申し上げます。お蔭様で、今年一年も、神と地上の人々との架け橋となるわが使命に従い、数多の御神意をこの世に降ろさせていただきました。皆様の栄えある人生において、このメッセージが少しでも糧となれましたら幸甚です。今後も引き続き、メッセージを配信してまいりたいと存じますので、どうかよろしくお願いいたします。来年が皆様にとって、心明るき実りの年となりますよう、心からお祈り申し上げま
す。

以上。

2012年12月31日

【天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ) ※】

※古事記の中で、天地開闢に関わった五柱の別天津神(ことあまつかみ)の一柱。島根県の出雲大社は、御祭神が大国主大神だが、この天之御中主神を含めた別天津神は御客座五神として、古くより本殿にて祀られている。

「年が変わるごとに、国に流れる“気運”が変化します。わたくしたち日本の創成に関わる神々から申し上げますと、一年の締めくくりは、新たなる年に向かうその気運に対し、感謝と信頼の気持ちを伝え、(その気運が)より自らの力添えをならんことを祈るものです。そして同時に、心身ともにわが身の“禊”をおこなうという大変重要な日でもあります。

この心構えは、そなたたちがいざ年を越し、そして日を経るごとにその想いを(表面意識において)忘れ去ろうと、その年の年頭に願った、あるいは祈ったことは、確実にそなたたちの行動の基盤として日々影響し続けるのです。」

「(昨今は)激動の時代となりました。この世もまた、宇宙の反映。そなたたちが未だ知らぬ宇宙もまた大変に混沌としています。魂を持つ者として、各々抱く(発する)想いが、ある時はうねりの如く時代を揺り動かし、またある時は、収集もつかないほどに多様化し、もはや新しき時代を迎えるごとに先の見えぬ未来へと、人々は闇雲に走り去っていく感じさえいたします。」

「しかしながら、現在はまた、そなたたちもお気づきのように、大いなる神の御意志による、宇宙を含めた変容、そうです、“集約”の時代を迎えることとなりました。この世界に存在する数多の神々も同様ですが、本来は、魂を持つ者はすべて、差異のあるなかにも、そこに同一性を見出し、集合することを魂の本質とします。集合することで、一見相容れない差異というものも、一層輝きを増し、そこに“活かされる”という新たなる役割を与えられるのです。」

「ですから、愛あるそなたたちよ。たとえ自らが置かれた環境や、ひいてはこの地上の世界を見回した際、文化の違いや価値観の違い、そして生き方そのものの違いによって一見不和が生じたとしても、そこに悲しみや苦しみの思いはけして必要ありません。いずれも、魂とはもっと深きところにて繋がり、調和し、そして協調しているからこそ、同じこの時代に皆が降り立っているのです。(周囲と)自らとの差異、またはその環境は、自らがより輝くための、好適なる“土壌”と言えましょう。

それはまた、他も同様に輝く(活かされる)ためのすべてに平等なる神の計らい。そなたたちは、互いに“活かし合う”ことを喜びなさい。土壌は耕すことで、またそこに生命の糧となる貴重なる作物(=実り)がしかと生み出されるのです。」

「喜びの思い、積極的な想いは、そなたたちがその土壌にて生きる上で、最適なる肥料(=滋養源)となります。これから迎える新しき年は、今後また長きにわたる人類の歴史のなかで、真に“基盤”となる大変重要な年と言えます。これからの時代を、一人ひとりの魂が真に求むるところに従って、その礎(基礎)を創り上げるのです。

この時代に居合わせたそなたたちは、幸運なる稀な境遇であり、また大変に重要な責務を負っていると申せましょう。そなたたちは紛れもなく、この地球の命運を左右する貴重な存在。自らの力をけして軽んじてはなりません。地球の将来、ひいては宇宙の将来に繋がる基盤の土壌を耕す聖者として、先を見据えつつ、神に祈りながら地道に歩むことです。」

「さぁ、新しき年を迎えるこの良き日、宴が始まりました。神々は大いに笑い、新しき年がめでたく迎えられることを心から喜んでおります。そなたたちもまた、愛する者たちと、大いに喜び、楽しむが良いでしょう。そなたたちの喜び合うその心が、わたくしたち神々の魂にまた新たなる息吹を入れ、最高の祝福となるのです。」

***

皆様、
いつも神々からのメッセージをお読みくださり誠にありがとうございます。お蔭様で、今年一年間、数多の御神託をこの世に降ろすことができました。このような機会を与えていただいたことに感謝の想いでいっぱいです。この使命が続く限り、来年も引き続き皆様にメッセージを配信してまいりたいと存じますので、どうかよろしくお願いいたします。来年が皆様にとって、幸多き豊かな年となりますよう、心からお祈り申し上げます。

以上。

【根源神(20)】

「人々が日々の忙しさや目の前の雑多な現象に追われるなかで、何故か心は空虚となり、自身の人生があたかも埋没しているように感じられるのは、殊更に他を見ること(他人との比較)、他をうらやむ思いから生じるのであり、年を経て我が身を振り返りし時、“このような人生ではなかった”と後悔の念に苛まれるのである。」

「しかしながら、そなたのその人生は一瞬一瞬が他の誰でもない、そなただけのものであり、他(他人)が如何であろうとも、そなたの人生はそなたのために刻一刻と展開してゆくのである。」

「われは、そなたたち魂を持つ者をこの地上に降ろすとき、地上のあらゆる現象・自然に触れ、そして同じく地上に降り立つ魂たちと出会い、皆に同じように与えられた“時”を過ごすことを許した。これにより、時の経過と肉体の変化が生じるなかであらゆる経験と学びを積み、“自分とは”と省みること、そして、そなたが生きていくうえで片時も離れることのなき、われ〈神〉との繋がり、神という大いなる存在を日々感じながら、そなたの人生一日一日を懇ろに過ごすことを、この世に在る者への使命としたのだ。」

「人生においては、必ずや岐路があり、その経験から得られる“気付き”がある。人生のあらゆる場面でしかとそれらが配され、天上の存在は、そなたたちが自身の思考を以て、“勘付く”こと、人がそれぞれに持つ感覚に従って、“今、この時”とふと思い立ち、心揺るがず果敢に行動へと移すことこそ、たとえそれが些細なことであっても、一つひとつが欠かせぬ積み重ねであり、その感覚と揺るぎなき自信を、日々研ぎ澄ませてもらいたいと願うのである。」

「他の誰でもない、そなただからこそ、この地上に降りることを許された。神と魂にて繋がり続けることのできるそなただからこそ、輪廻のなかでまた一つの貴重なる人生を与えられ、神の存在に自らが気づくこと、それはすなわち、神によって託された自身の人生を日々丁寧に過ごしながら、神・指導霊からの魂のメッセージに、ふと“勘付く”ことなのである。」

「神は〈一つ〉であるが、そこに到達する神への想い・神という観念とはそなたたちのなかで千差万別であり、ここにこそ、神は<すべて>であるという究極の真理が存在する。」

「日々を過ごすなかで神を想いしとき、心の平安が訪れたまさにそれが、そなた自身に備わる神の御社(みやしろ)なのである。他の誰もまねることの叶わぬ、そなただけの神の御社を、多くの縁・絆を紡ぎながら一つひとつ積み上げ、そなたの神を顕現するのだ。」

以上。

2012年8月15日

【靖国神社】

「静かにこの日を迎えてください。かつて我が国にその命を賭した数々の御霊たちが、再びこの地上に降り立ちます。」

「この者たちの願い、それは同じ“日本”という国に生を受け、そして生きた“証”がこの先永遠に続くこと。それは、日本を愛し、日本のために我が身を捧げたと固く信ずるからこその、心からの願い。たとえ“戦争”という、多くの血が流れ、数限りない犠牲がそこに現される出来事を通しておこなわれたとしても、その根底に流れる精神、そう、国への“愛国心”は微塵も揺るがず、戦争を経て、これらの魂が皆天上に召された今となっては、彼らはいずれも、戦争の意味、命の尊さ、それは、たとえどんな命であっても(味方、敵国に関わらず)、等しく大切な魂であることを皆悟っているのです。」

「今は時代が変わりました。戦争という多難を経て、あなたがたは、多くの“遺産”を手にしました。それは、真の平和を望む心、家族の絆、どん底からでも這い上がれる強い精神力、和する力・・・これだけでも、今を生きるあなたがたは、本当に“恵まれた”境遇なのです。すべて、かつてのあの御魂たちが、命を捧げて遺したもの。これこそ、あなたがたが、今後我が国が真に繁栄するにあたり、如何なるときも引き継いでいかねばならないのです。」

「戦争には、様々な事象が絡み合います。そこに携わる人々の思惑が文字通り、大きな“うねり”となって、戦争をいずれかの方向へと進ませます。我が国の敗戦という結果を経て、戦争を省みるに、“あの時の戦争は間違っていた”、“あの戦争を指揮した者たちは皆極刑だ、祀るに値しない”と、今なお多くの批判があることは十分承知しています。」

「ですが、あなたがたには、この地上にて再度やり直す“チャンス”が与えられています。“過ち”なら直せばよい。戦争の無い平和を望むなら、皆がそのように力を合わせて、平和な世の中を創ればよい。この地上にては、あなたがたの“意志”が何よりも尊重されているのです。」

「戦争で命を落とし、この靖国に祀られる御霊たちは、いずれも、地上に未だ存在する、そして今後我が国に降り立つであろう魂たちに対して、一方ならぬ思いを寄せ、あなたがたが真の世界平和を築くべく、絶えず見守り祈っているのです。」

「地上に生きるあなたがたは、彼らから引き継いだ強い精神力と、平和を望む力をもれなく備えています。ですから、如何なるときも己を信じ、各々が願う理想を具現化すべく、皆で力を合わせて、より良い未来を築いていただけたらと願っています。」

「いつでもわたくしは、この靖国に留まり、ここに祀られる御霊たちの鎮魂と、あなたがたの限りない幸せをお祈りしています。今日はありがとう。」

<感想>

以前より、靖国神社に対して祈りを捧げると、そこを司っておられる女神様が出てきてくださいます。今回もその女神様がこの場にすくと降り立ち、粛々とメッセージを伝えてくださいました。いずれも心に響く、大変重みのある言葉です。この女神様がおっしゃるように、今を生きる私たちは、本当に様々なものを先人たちより引き継いでいます。それを生かし、今後さらに発展させなくてはなりません。それが、戦争という時代に命を賭したすべての方々が、かつてこの地上に降り立った“証”であり、彼らへの真の鎮魂となるに違いありません。貴重なメッセージを今日の終戦の日にいただけたことに心から感謝します。

以上。

2014年12月14日

【日本の皇祖神】

「わが国には、今、よりエネルギーを集約すべく、強力なる“中心”が必要です。人々の意識が諸外国との交流にはじまる、あらゆる面で分散化の一途を辿っているなか、わが国の民こそ、今一度原点に立ち返り、各自向けるべき意識の方向を物事の中核へと、しかと定めねばならぬのです。」

「意識を中心に向けること。そして、中心を大切に生きること。それは、生命たるものの基本でありましょう。しかしながらあなたがたの心を見るに、今多くの人々が流浪の民のごとくに人生を混迷のままに歩んでいます。生まれてからこのかた、中心を悉く抜かれた子育て、教育、そして社会の形成により、あなたがた日本人が本来もっとも高尚なるままに持ち合わせていた、中心を尊ぶこと、そうです、いわば、心の御柱(みはしら)が完全に抜け落ちている状況です。」

「日本は、世界の国々の、いわば“中心”となるべき国。それは、宇宙の采配であり、根元の大神の御意思のままに定められし、厳然たる真理なのです。」

「人類の歴史からみて、あらゆる偉人達は(ここでは、釈迦・キリスト・モーゼ等の悟りを開かれたとされる方々)、自らの中心をよくご存知でした。そこには、天界の神とつながる強固なるパイプがしっかりと通り、知恵も、体力も、そして精神力をも、神とつながる根源のインスピレーションにより、瞬く間に我がものとしていたのです。」

「これからの日本の民こそ、この神とつながる感覚に従って、即座に天界の意志を各々がこの地上に降ろしていかねばなりません。神世を地上に顕現するのです。」

「天皇に始まるわが国の制度は、神と民がもっともつながりやすい心理状態にならんがため、天界の意向のもと制定されました。神がそのようにさせたのです。神・中心の在る国、それが日本です。」

「ひいては、各々が家庭や、自ら身をおく環境のなかで、自身の心の内(中心)をよく省みること、そして、生活の中心、家庭の中心、そして社会の中心に対して尊ぶ心、和する心、そして“中心に添い、包摂する心”をいつ何どきも持たねばならぬのです。」

「わたくしは、これまでわが国に対し、天界の光を降ろし続けてきました。それは、自然の移り変わり(四季)を呼び、溢れんばかりの水を湛え、生命の枯れぬ絶えず潤う国として環境を整え、エネルギーを巡らせてきたのです。」

「この国に在る者として、あなたがたには責任があります。それは、この国のあらゆる恵みを用いて、人間こその幸福を、人間こその精神・物質両面での調和にたつ人生を、自身の身を以って世に厳然と示さねばならぬのです。中心こそ、真の和平を。中心こそ、神の喜びのままに。それにこそ、神の息吹がそのままこの地上に降り、大地を伝い、天を伝い、この世界に広がっていくでしょう。」

「これまで、わたくしは多くを語りませんでした。まだその段階ではなかった。このメッセージを受けるあなたがたも、そして、天界の状況も。」

「しかしながら、宇宙の軸が変わり始め、中心が今一度真に力を甦らせる時代(とき)がきたのです。地上で、わたくしの意志を受けたいと願うそのエネルギーに感応し、わたくしはごく人間同士の会話さながらにこの方(筆者)と意識を通わせ、今後は必要に応じ、天界の意向を即座に降ろすことになるでしょう。わたくしが皇祖神という、わが国の最たる“中心”として、天界と愛しきあなたがたを力強くつなぎ、新たなる年を迎えるのです。」

以上。

***

皆様、
いつも神々からのメッセージをお読みいただき心より感謝申し上げます。
本日より二週間程、新規配信をお休み致します。
神の御光が皆様のお心を明るく照らすことをお祈りしております。

2014年12月7日

【言葉を司る神】

「言葉の乱れが世を乱す—。長き人類の歴史のなかで、これほどまでに乱れた言葉、言葉の意を解さぬままに安易に否なる(否定的な)言葉、蔑む言葉を発する者たちはおらぬであろう。」

「宇宙に在る数多の星の生命体のなかで、そなたらは、自身の思いを“言葉”として体外に発する術(すべ)を選んだ。多くの生命体は意志在らば、すなわち対外のものへの思考に直(直接)に繋がり、即座に万人の思うところとなり、あるいは現象そのものとなる。」

「しかるに、そなたら人間は、自らを取り巻くすべての人々、そして霊魂たちへ、そなたの感ずるままに言葉を伝え、あるいは時代(とき)を越え後世に自らの心を伝播させていくことを選んだのだ。」

「言葉在るままに現象来たる—。よいか、賢きそなたよ。この世は言葉が創る、その意を、各々がより会得せねばならぬ。自らものを思い、発する言葉により、世(世の中)が如何に変容するか、それを知り尽くさんがため、この言葉の仕組みは人類に取り入れられた。こうして肉体を与えられ、地球に生きるからこそ、より学ぶことの叶う奇跡の仕組みなるぞ。」

「それならば、そなたたちよ。そなたたちこそ、言葉によって自らの人生を、そしてひいては周りすべての人々を、幸福の道へと誘(いざな)わねばならぬのだ。」

「自らの人生を如何なるものにするか。それを決する(決める)のは、そなたに与えられし、その言葉なり。天上より、地球すべての人々の波動を見るに、そなたらが発する想い、言葉の如何を見るにつけ、今や地上の光は、時代を経るごとに弱小化の一途を辿っている。」

「そのなかにあって、ひときわ光を放つ燈台あり。それは、自ら使う言葉を丁寧に選び、言葉によって自らの人生を整えし、神の道に通ずる大いなる賢者らなり。」

「言葉でこそ、この世が変わる—。言葉とは、自らの意志をより強き形で、この世の波動に乗せる行為。言葉が神の光と通ずるものであることこそが、真に神の世を切り拓くのだ。」

「人類は神の申し子なり。万人、地上のあらゆる人々が、いずれも神の御胸に抱かれこの世に送り出された。混沌とした時代であるからこそ、そなたたちがこれまでの生き方を改め、言葉を真に使いこなす、その意義は大きいものとなる。言葉によって、そなたたちはこの地上に神の御心を顕す。」

「言葉によって、そなた自らがまさに神と化し、この世を神の世とする—。この生き方を自身の魂に真に会得せる者に、大いなる気づき、人生の幕開けが待っているであろう。」

以上。

このページのトップヘ