神々からのメッセージ

宇宙の根源より地上へ降ろされる神々からの御言葉。人々への深い愛のメッセージ。

2017年01月

2017年1月27日

(筆者が神に問いました。「近年、『無縁墓』 『荒れ墓』が話題となるように、先祖代々のお墓を守ること、また、お墓参りをすることさえ、様々な事情から困難な社会になっていると感じます。そもそも、この世を生きるわたくしたちが、祖先を祀る、あるいは故人(先人)を敬うということについて、その意味を御教えください。」)


「あなたがたは、今、現世にいながらにして、後の世(後世)について願うことは、平和であったり、また家族の幸せであったり、無論、(その想いは)かけがえのないものですが、どちらかと言えば捉えどころのない、漠然としたものであるかと思います。自らが生きながら、“後に展開する世”を考えるとき、それは、現実の世界に身をおく状態から見た、何か“別の次元”のような感覚であったりするものです。」

「勿論、それは、誤った感覚ではありません。“肉体をもつ”ということは、何より、この現象界においてこそ、自らの意識であったり、また、感情を根差していなくてはなりません。あなたがたが、肉体という器に則(のっと)り、この世を生きることは、何を差し置いても、それだけの“価値がある”ものだからです。」

「一方、すでにこの世を去った存在、言うなれば、あなたがたの祖先や先人たちの、後世のあなたがたに対する想いとは、果たしてどのようなものでしょう?人というのは、(人間という)生命体として生きる間に学ぶことは数限りなくありますが、肉体を離れ、霊魂となった際にもまた、地上で自らが歩んだ人生を思い返し、後に残した人々(家族)を想い、本当に言葉には尽くせぬほどに、“気付かされる”ものなのです。」

「人間という魂も、また自然という生命も、長い年月をかけ盛衰を繰り返し、しかしながら、“良き方向”へと向かうことを、魂の根源としています。一見、望ましからぬ道を辿っているとしても、また、改善(回復)の見通しが見えないものであっても、必ずや、何らかの“良き方向”へと、一歩一歩進んでいる。それは、後(後年)から当時を振り返り、経験や紆余曲折を経て、ようやく“実感”として得られることでもあるのです。」

「この“良き方向へ”という意味合いは、実に重大です。すなわち、肉体を離れたあなたがたの祖先そして先人たちもまた、(自らの)寿命というものが人生において終わりを告げはするものの、この“良き方向へ”という魂本来の“意志”は、肉体があろうとなかろうと、けして潰(つい)えることはありません。つまりは、“魂”が永遠であるならば、“良き方向へ”と向かう意志も、それこそ、“永遠”なのです。」

「祖先の想いとは、身近な範囲であれば、子孫の幸せや繁栄です。自らの血を受け継いだ存在が、また一人、この世に生まれ出でることは、祖先にとっては、まさに“心浮き立つ”ほどの大きな喜びです。そして、心から願うことは、ただ一つ、そういった大切な子孫たちが、家族皆で仲良く暮らすこと、そして喜びもまた悲しみも分かち合い、自分たち(祖先)の生きた時代より、少しでも良き時代を創り、大いに生きてもらうことです。」

「今より少しでも良い世に、今より少しでも良い人生に―――、あなたがたの祖先、そして、先人たちは、その望みを胸に、どの時代においても命を懸け生きてきました。そして、寿命を迎え、肉体を離れた今なお、霊魂として、その想いを持ち続けながら、今度は、今まさに肉体をもって懸命にこの世を生きるあなたがたへ、絶えなき願いを託しているのです。」

「あなたがたの祖先(そして先人たち)の想いとは、これが<真実>です。後悔や恨みの念で、後世の人々を責め立てることはけしてありません。むしろ、肉体をもち、人間として生きた、その経験があるからこそ、人生における痛みや苦しみ、人間の良きも悪しきも経験し、今この世を生きるあなたがたの、生きるという“現状”を理解しているのです。それこそ、あなたがたが惑い、人生に生きにくさを感じているその姿に、“どうか光(希望)を見出してほしい”という切実に願う気持ちのほうが勝っているでしょう。」

「あなたがたは、こうして、長い人類の歴史を経て獲得した“現代”に生きるなかで、今こそ、真に、先祖たちの想いを丁寧に汲んでいかなくてはなりません。それは、“このように(先祖を)供養しなくてはならない”、“これをしなくては先祖が浮かばれない”ということではありません。あなたがたは、すでに、沢山の“良き想い”を頂いて、今を生きることができる。先にもお伝えした、たとえ、今、人生が思うように運ばないと感じられても、それは、“良き方向へと向かう”、その過程において、大事な学びを得るための経験であり、何より、あなたという一人の存在には、それこそ数え切れないほどの先祖や先人たちの、あなたの幸せを想う心が込められているのです。」

「あなたがたは、これらの魂の想いを受け止め、先祖のためではなく、“自らのために”、良き方向へと向かう努力を惜しんではなりません。他人と比べるのではなく、あなたのなかで、日々自らが考え、様々な出逢いや気づきを得て生きることが、何より“幸せ”と感じること、そして、人に対しても、物に対しても、“感謝”の念が日常ごく自然と沸くことが、すなわち、先祖たちがもっとも喜ぶことであり、そういった縁深き存在の真の“安泰”となることでしょう。ですから、かけがえのないあなたという存在が、この地上で幸せに生きること、それ以上の先祖が望むことはけしてないのです。」

「先祖という、あなたに繋がる御霊に対し、何かできることはと願うのなら、まずは、自らの生活を“良き方向”へと向かわせることです。そして、『“お蔭様で”、毎日を幸せに生きています。』と、大切な先祖へ心静かに祈ることです。先祖とは、真実、あなたの“蔭”となって、あなたをいつも見守ってくださる、欠かせぬ存在なのですから。先祖と、そして数多くの先人たちの願いとともに、あなたが今、この世でこそ“より良き”人生を辿る、それが、何よりの<先祖供養>です。」 









 

(受験シーズンの到来です。受験生の皆様が、大事なこの時期を迎える上での心構えを、大宰府天満宮(福岡県太宰府市)に意識を合わせお伝えさせていただきます。受験生の皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。)

* * *
「物事を“極める”―――。それは、けして勉学のみに限らない。人生の時間は、儚(はかな)くも短く、日々の喧騒にわが身を浮き流すなかで、しかしながら、ある瞬間(とき)、ある場において、人は何に心打たれ、そして何を胸に秘め、自らを奮い立たせるか―――。」

「ここに、人生の“玉(ぎょく)”あり。それは、人が人たるがゆえに、天より与えられし、欠かせぬ<原動>―――。すなわち、『 この上なく生きる 』という、“熱情(熱意)”であり、身体において、生命の続くがごとく、その者の心内にある、何かへ向け、弛(たゆ)まず歩みを進めようとする力こそ、実に深淵であり、精妙であり、到底計り得るものではない。」

「“成し遂げたい”という思い。それは、他(他人)より強いる(強制される)ものではなく、また大なるも小なる(比べること)もない。ただ、その者のみが知る、いや、その者の、心の奥底から沸き起こる“生きる
力、それが、“極める”力なり―――。」 

「“極める”とは、神という<光>へと向かう、誠に真摯な歩みである。知力、体力、その全てを費やし神へ近づく、その<道程>こそが、各々の人には必ずや(人生のなかで)配されている。大切なるわが身の人生を諸共に懸けてこそ、“機(運気)”をも手中(味方)にするのである。

勉学に励むも良し、技能の研鑽(けんさん)もまた、賢き道であろう。何かを成し遂げる、その真っ只中にある者は、たとえ当人は惑い、困難のなかに在ろうとも、けして輝きを絶えるものではなく、その懸命なる姿に、神という超絶たる存在は、穏やかにその者の魂を救い抱き、微笑むのだ。」

「今在る自らのその身で、今出し得る至高(最高)の“力”を出す―――。それが、“極み”であり、人間のもっとも輝く姿となってこの世に刻まれるであろう。そして、その者にとって、以後、人生の欠かせぬ“玉(ぎょく)”、自らを芯より支える“御柱(みはしら)”となるのである。」

「そなたたちよ、誰一人として自らの力を限ってはならぬ。“望み”は高く持ち、それは“志(こころざし)”となり、人生を徒労(無駄)にせぬ心構えとなり、一度の人生にあらゆる“彩(いろどり)”を添えるものとなる。そなたたち一人ひとりの“可能性”とは、神のごとく、自然のごとく、まさに“限りなき”ものなのである―――。」

「移ろいゆく人生にあって、確かなる“原動”こそ、そなたがこの世を生きるうえで、真にたずさえるべきもの。それが、自ら志した道を成し遂げようと試みる強き想い、“極める”心意気なのである。」

以上

追伸:
本日(1/14)二回目の記事となります(一回目はこちらから)。
この機会をお与えくださいました大宰府天満宮に宿る神に、心から感謝いたします。


 



 

皆様

Rinokiaです。
いつも『神々からのメッセージ』をご覧いただき、誠にありがとうございます。

2017年が幕を開けました。皆様各々に今年の抱負を胸に、日々新鮮なお気持ちで過ごされていることと存じます。

さて、来たる3月下旬に、近畿・中部へお伺いします。

19日、20日の神戸をかわきりに、24日、25日京都、そして、26日には浜松で鑑定をさせていただきます。
鑑定をご希望される方は、是非この機会にご予約いただけますと幸いです。

【開催場所・日程】

・神戸/三宮駅周辺:3月19日(日)
・神戸/三宮駅周辺:3月20日(月・祝)
・京都/京都駅周辺:3月24日(金)
・京都/京都駅周辺:3月25日(土)
・浜松/浜松駅周辺:3月26日(日)

※詳細は以下のURLよりご確認ください。

https://www.rinokia.com/%E5%90%84%E5%9C%B0%E3%81%A7%E3%81%AE%E9%91%91%E5%AE%9A/

2017年は殊更(ことさら)、地のエネルギーが強く、世界的にも権力の形勢が次々と変化し、また、一人ひとりの人生の方向も、この一年をかけて形作られていくこととなるでしょう。その意味でも、春にかけてこの時期をどう過ごすかが本当に大切です。

皆様のお幸せと、日々がより充実したものとなりますよう、心よりお祈り申し上げます。   
                                 Rinokia





2017年1月7日

(筆者が神に問いました。この世には、「現世利益」という考え方があります。自分がおこなったこと(欲したこと)について、より一層良い結果・恵みが得られるために、日々心がけることをお教えください。)

「新しい年(2017年)が幕を明けました。年の変わり目というものは、新しい年を迎える直前(年の瀬)はもとより、年が明けた瞬間から、人は、何か“神妙なるエネルギー”を感じ取ります。それは、人によっては、“新鮮さ”であったり、(新しい年への)“意気込み”が、2016年という一年間を乗り越えたゆえにこそ得ることのできる、一つまた高みへと上るための“気概”であったりするのでしょう。」

「人は、自分のおこないについて、もしそれが本当に、心も身体も熱心に費やされたものであるならば、当然のごとくに“結果”を欲します。願いは、言い換えれば“祈り”であり、この祈りは、より詳細に言うならば、その人の“想い(考え)”なのです。

実際にとる行動は、何らかの想い、つまり、その人の価値観をもとにした考えから発せられたものですが、その意味では、願いであれ、想いであれ、祈りというものは、行動は切り離すこののできない、両者が織り交ぜられた、“糾(あざな)える縄のごとし”とも言えるでしょう。」

「現世とは、人間界の“目に見える”事象を大きな要素として成り立つ、いわば、感性(感覚)に依るところの映像世界です。“視覚”とは実に重要な意味をもち、多くの人の認識をも、(その現象によって)一定のものに列することができるほど、時に強烈な影響を及ぼします。」

「これまで申し上げたように、祈り(想い)だけでは、この現象界には不十分です。ちょうど、二つの調和する“勾玉(まがたま)”が、円を描くことなく、一方大きく欠けるが如くに均衡を失うのです。」

「現世にての“恵み”とは、あなたがたは、一体何を指し示しているのでしょうか。わたくしたち神はあえて問いたい。あなたがたが今、この世に自ら在ることこそ、最大の“恵み”であり、それは、宇宙の真理を引き合いに出してなお、異議の唱える余地はありません。

神の織り成す奇跡であり、魂たちの希望の光であるあなたがたこそ、この世にての究極の“利益”にもかかわらず、当のあなたがたは、まだこれでは(結果・恵みに)足りぬ、まだ満たされぬと、あえぐその心が、この世を暗澹(あんたん)とさせ、世界全体が苦しむ方向へとひた走る、それは、神に対する冒涜(ぼうとく)以外にありましょうか?」

「自らの心に、まずは、生きること自体の“満足感”を覚え、あなたが関わる人、物事(物)が今、自身の目前に現わされていることに“感謝の念”が沸き起らなくては、(あなたが思い描くような)恵み(利益・結果)はけして得られるものではありません。日常の細かな一つ、家族とのやりとり、基本的な生活をないがしろにして、人間たる根元的“恵み”以上の、現象界における、さらなる“恵み(利益)”は無いものとお思いなさい。」

「逆を返せば、あなたは、この“本来の”“恵まれた自分”、というものに気付くだけで良いのです。“恵み”とは、あなたにとっての神から与えられた奇跡でもあり、それと同様に、あなたにつながる(縁のある)多くの魂の、かけがえのない“望み(希望)”でもあることを、けして忘れてはなりません。」
 
「そして、他の人と比べる必要はありません。それは、各々に魂の段階をもち、学ぶべき事柄も、またその方法も、すべて、“各自”が、“独自”に設定しているものだからです。その意味で、この世に生きるすべての人が、すでに“究極”の、“唯一無二”の存在であり、<現世利益>とは、各自、他に比べるべくもない、神の愛する存在である<あなた>に対し、神からの、この世をより謳歌(充実)させる上での、“追い風”と位置付けるべきものなのです。」

「これから、あなたがた人間は、現象界での生活とともに、より一層の、“魂のつながり”を体感してゆくこととなるでしょう。これまでに類を見ないほどの速さで、魂同士の結びつき、そして、ある場合には“分離(離別)”をも間の当たりにし、この世の不思議であったり、神妙なる力の偉大さであったり、そういったことを、肉体をもちつつ、いいえ、肉体があるからこそ、つぶさに感じ、魂に刻み込でゆくのです。」

「先ほど申し上げた、“現世利益”という考え方。それは、言葉上では、これまで人類が味わってきた苦しみであったり、生きること自体が実に困難であった時代に、神仏にその救いを求めたゆえの、まさに“希望を追い求める”考え方であったことでしょう。そこから今、あながたがたは、もう一歩前へ進み出て、この言葉を、“恵まれた(望まれた)自分”を大前提とし、今後生きるうえでの、歓迎すべき“追い風”として考えていただきたい。

“救済”という意味ではなく、むしろ、あなたが、この2017年という“躍動の年”に、より一層の出逢いであったり、学びであったり、人生における次なる展開にとって、必要な神の支え(援け)をいただく意味として捉え、真摯に、そして実直に日々を歩んでいただければと切に願っております。」 


 

 

 

2015年10月24日


「ある
時間とき、ある場で、如何なる者と出会うか、何が身の回りで起こり、そなたは如何なる立場に立たされるか―――。」

「この世の出来事は、偶然ではなく“必然”なり。今まさに木の葉落つる一瞬ときでさえ、それまでの(木の)成長の様相により結果、生み出されし然るべき光景。」

「日常、あらゆる出来事が起こる。楽しきも辛きも、皆返す返すそなたの身に起こり、そなたは自ら心に何を想うか―――。」

「人間の感情が地上に渦を成し、幾層にも取り巻いてゆく。ある時代とき、ある場で、ある人物が、一体何を想うたか―――。」

「この想いの層に生きるのが、そなたたち人間。現象というフィルターを通し、そこから見出される人間の心。心模様が重なり現象化し、そして現在いまがあるのだ。」

「人間はあらゆる感情をもつ。それは神とて同じ。木に宿る精霊も、止めどなく流れゆく、生命の根元なる水の精霊もまた、同じ。」

「しかるに、そなたよ。神も木も、水でさえ、自らの“宿命さだめ”を心得て、結果湧き出る感情さえも凌駕するものぞ。」

「“宿命さだめ”とは、その存在の命、すなわち魂が真に“宿る”場(位置)。他ではない、その存在ゆえの本分(領分)が定まりて、各々がただひたすらに、実直に、自らに授かりし役目をまっとうせん(しよう)とするのだ。」


「そなたたちよ。あらゆる現象の起こる地上にあって、そなたの真の
どころ何処いずこか?身に起こる出来事に悲嘆し、人に会いては、他(他人)をおとしめ、ねたみ・そねみの言葉をまき散らす、それが、そなたの貴重なる地上にての本分か?」

「幾度も、幾度も、われはそなたに、現象とは夢幻の舞台なりて、その時間とき、その場のそなたの“想い(心)”こそ、すべてと、申したはずである。」

「人間たるものの真の領分、それは、ひとつの現象を、そなた自身の魂に透過させ、そなたは心(想い)を、再び地上(現象の世界)に投影するものぞ。」

「一つの出来事が起こり、そなたはまた一つ心に想う。そして再び、心に誘引されし出来事が、目の前に展開する―――。」

「この心が、実直な、清らかなるもの、たとえ目の前の出来事は悲惨なりても、この瞬間とき、この場で、そなたはその出来事に、自らの想い(心)にて、えて“光”を授けるのである。」

「夢幻の現象は、そなたの想い(心)によりてこそ、真価・真意が見出され、その役目終わりとて(として)、然るべく昇華せるであろう。」

「そうして、地上の現象を一つまたひとつと、そなたこそが、その心で浄化(昇華)させてゆくのである」

「今まさに、そなたの魂(心)は何処いずこに在るか。自らの魂(命)が真に宿るべき場 ―宿命― に心を定め、人間しか叶わぬ、“心にて”の、地上あらゆる浄化を成してゆく、それが、そなたの“本分”なり。」

 

 
 

このページのトップヘ