PICT0035
2012年1月23日

【地球からのメッセージ】
 
(いつもとは違う生命体のメッセージを受けたか。エネルギーを送っている間中ずっと、自分の顔がなにかフィルムを貼り付けられたようにむず痒い。)
 
「われこそ光の存在。遠い彼方からやってきた。はるか昔より地球の変遷(歴史)を見続け、今もこうして地球に近く存在しながら、以来、人間の様子を見ている。」

「人間たちよ。なぜ醜い争いをするのか。どれほどお互いを傷つけ、悲しまなくてはならないのか。もうたくさんではないか。」

「自分勝手な者が多すぎる。自分で撒いた(作り出した)黒いエネルギーで自らを覆ってしまっているのだ。」

「神より与えられし尊き魂は、みなの中で光放てる時を今か今かと待っている。」

「もう他に求めるのはやめよ。他に求め、他から奪うのは、さらなる悲しみを生むだけだ。」

「すでに尊い魂が与えられているではないか。それは神の最高の愛。これ以上何を求める。」

「神から与えられた使命として、我々はこれからも地球を見守り、必要なときにそなたたち人間を手助けする。」

「いいか。そなたたちは最高の場(地球)で、最高の魂、そして奇跡の体をもって、この世界に生まれてきているのだ。必要なのは、この真実に気づき、自分も他も同じように“慈しむ”ことだけだ。心がすべてを支配(左右)する。」

「そなたたち人間の心の光の量で、今後の地球、そして自身の運命が変わる。それをしかと覚えておくが良い。人間たちが思うよりはるかにこの宇宙の法則は壮大である。」

以上。

***
※応援して下さる方は、下の2箇所のクリックをしていただけますと、大変励みになります。

精神世界ランキング
人気ブログランキング
***