2012年1月30日

【地球からのメッセージ】
 
(いつもとは違う存在。大地を守る存在?男性的な方。)

(祈りを始めた途端、額全体と頬が何かに覆われる感じ。そして頭の左後方もむず痒いような感覚。)

「大地の御霊は、古来より脈々と息づいている。神の御意思のもとに授けられたこの御霊は、強大なるエネルギーをもって、この大地を作り上げているのだ。そなたたち人間がこの地球上でいかなる(物質的な)行いをしても到底及ぶものではない。」

「大地の声を聞くがよい。古来、そなたたちは大地の声を聞くことのできた魂たちだ。今もまた、その魂で感じ取れるはずである。神の息吹が宿るこの大地が望まんとしているところを、この大地に生きるそなたたちが聞き取るのだ。人間のあるべき姿がおのずと見えてくるだろう。」

 「これからこの地上にいかなる変異が起きても怖れることはない。すべては大いなる意思によって決められたことだ。唯一そなたたちにできることは、自らの心を見つめ続けるのみ。」

 「自らの心が大地とつながり、そして天とつながることができたとき、奇跡は起きるだろう。」


 
「大地の神々がこれから次々と動き出す。途方もなく大きな規模だ。この大地に生きるそなたたちがこの現実を目の当たりにし、大地の神々の真意を感じ取るがよい。そして自らも省みることになるのだ。」

 以上。


***

※応援して下さる方は、下の2箇所のクリックをしていただけますと、
大変励みになります。

精神世界ランキング
人気ブログランキング

***