前回① からの続きです。)

〈神〉は、“霊魂”を基幹とするわたくしたちに対し、“人間こそ”の、実に面白いことをお定めになられました。

それは、わたくしたちが今実際に、“地球”という
舞台に生きるなかで、各々の素質(特質)によって何等かの現象をもたらすならば、その“結果”が(現実として)幾通りにもなり得る、という非常にバラエティー豊かな仕組みです。

だからこそ、わたくしたちの人生は、千差万別――本当にあらゆる生き方があり、こうして別々の姿をもって自分なりの人生を辿る者同士、ときには協力し、また時には切磋琢磨し、人類の長い歴史は作られ、わたくしたちはなお進化し続けているのです。

では、わたくしが普段、霊視鑑定において、どんなことを大切に(基本に)して、ご依頼者のご相談をお受けしているのか、この場を借りてお話しさせていただきます。

もちろん、ご依頼者の皆様は、性別や年代、あるいは境遇(環境下)などあらゆる要素を含んだ上でのご相談をなさいますので、必然的にわたくしがお答えさせていただくことは皆様に対して異なります。ですので、これからお話しすることすべてが、わたくしの霊視鑑定とというものをすべて言い切れるものではございません。

ある意味、現代の世においても、“霊能”に関しては様々な考え方(捉え方)があるなかで、目に見えない世界からの助言を受ける、いわば“霊視”によるアドバイスは、“特異な
”分野であるとも申せましょう。

にもかかわらず、そういった、霊視に一縷(いちる)の望みや解決策等を見い出そうとされる方に対しては、わたくしといたしまして、今後、目に見えない世界と“共に”、あるいはそれを“追い風”として、人生をより良く歩んでいただきたいと常々思っております。

次回③ に続きます。)

***
※応援して下さる方は、下の2箇所のクリックをしていただけますと、
大変励みになります。

精神世界ランキング
人気ブログランキング

***