皆様

いつもありがとうございます。

8月に入りました。先頃より、にわかに暑さが増し、今年は、殊更“梅雨”を思わせる日々でしたため、この暑さへの変わり具合が、より一層
印象深いものになっているのではないでしょうか。

急激な気温の変化、どうか皆様におかれましても、お身体くれぐれもご自愛くださいませ。

本日は、8月の神の啓示を書かせていただきます。

皆様が、明るい希望とともに、益々充実した日々を過ごされますように。

Rinokia

***

「光まぶしき(8月の)時季は、単に、陽(太陽)の照る(照り付ける)その明るさのみならず、この国を満たす息吹(エネルギー)もまた、強烈なる要素を存分に含むこととなります。

それは、言い換えれば、息吹が巡り、人も、大地も、この国に在る(存在する)あらゆるものは、それら、強き息吹に触れ(晒(さら)され)ることにより、強き振動(=動き)を示し、あるいは、端を発する(何らかのきっかけとなる)ことを意味いたします。

いずれにせよ、日々、常より(普段以上に)、強く“揺り動かされる”ものと、あなたがたには心に据えて(覚悟して)いただきたいと、われら(神々)は願います。

日々、何事もなく穏やかに過ごすこと、恙(つつが)なく生きゆくこと、それも誠に良きものでありましょう。しかしながら、この世に生きる(人間をはじめとした)生命は、終始事なき(※ここでは、変化があまりないことも含みます。)にて一貫することはなく、必ずや、時期において、あるいは、人の一生のなかであっても、強き“変化”―――大きな出来事、あるいは出逢いなどを経て、己の既存の姿に大きな影響を及ぼしめることが待ち受けているものです。

神は、宇宙の流れの一環として、相応たる“変化”を、この世に求めます。大小数え切れぬほどの“循環”が(仕組として)敷かれ、ある場合には、強き初動、衝撃に打たれることにより、その循環は促進されます。さらには、留まることの叶わぬほどに“順繰りに”進みゆき、この世はしかるべく“巡る(循環する)”のです。

この、循環の仕組、殊更、日本においては“四季”の変化によって、(進行に)“弾み”(景気づけ)をもたらすことを、神々は古来より計らいました。

ですので、まさに、今、陽の高く昇り、燦燦(さんさん)と注がれる強き“光”のなかで、人は、新たなる出逢いや、あるいは、別れでさえも(※ここでは、次の出逢いのためのステップの意です。)強く促されることでしょう。

さらには、あなたがたには、是非、心に留めていただきたい(しっかりと覚えていていただきたい)。あなたがたの魂の深層ーーー何を求め、何を厭(いと)い、何を真に欲するのかーーーそれら、普段はふいに見え隠れする程度の、自らの本心ーー心模様(=心の変化)でさえも、あなたがたは、各々の気づきの程度(魂の学びの具合)によって、出逢いや出来事、あるいは、ほんの些細な物事を契機(=きっかけ)として、それこそ、“明るみ”に出されるのです。

まさに、“己を知る”時季が、これよりの(暑き)日々であり、それは紛れもなく、“天・地・人・霊”、互いに“近く”して(※お盆の時期を指します)、あなたがたはいずれも、自身と、そして、自らを取り巻く世界(環境・境遇)を、深く見つめていくことでしょう。

次より来たる(来月以降の)、“実り”をもたらす日々へ向け、この国の“躍動”は続きます。

進みゆくには、今まさに“生きている”ことの実感ーーーそれらがたとえ、苦しみや悲しみでさえも大いに味わい、咀嚼(そしゃく)し、そして自らの“糧”として昇華していく、その“気概”を、是非お持ちなさい。

神もまた、あなたがたと同じくして進みゆきます。この世における、様々な“躍動”――― あなたがたが(この世で)創り出す出来事や紡ぎ出される感情、あらゆる息吹(エネルギー)を、わが胎内に収めーーー果断なるままに、われらは歩みをまた一つ、進めゆくでしょう。」

以上。

***

※応援して下さる方は、下の2箇所のクリックをしていただけますと、
大変励みになります。

精神世界ランキング
人気ブログランキング

***