皆様

いつもありがとうございます。

9月に入り、以前よりずっと過ごしやすい季節を肌で感じつつ、心機一転、また一ヶ月、わたくしなりに頑張ってまいります。

本日のブログでは、9月をどう過ごしていくべきか、神から降ろしていただいた啓示をお伝えいたします。

皆様の日々に希望の光がいつも照らされますよう、心よりお祈り申し上げます。

Rinokia

***

「日々の積み重ねは、たとえ同じような繰り返しと思えども、その積み重ねこそが、各人を創り成します。日一日の、その地道なる歩みは、何人(なんぴと)にも(時の経過として)平等に与えられ、その一瞬をどう過ごすか、これらは、いずれの人へ任されているものです。

人生の大切な“一片(ひとひら)”は僅かなりとも、しかしながら、その人の中に“生き続ける”―――人ひとりの中には、数多くの“生”―――生きた証がここかしこに内在し、それらをもって、なお人は、明日への道程に向かい、その歩みを進めてまいるのです。

年の後半になりますと、あなたがたの、それまでの生き様(ざま)が、いずれの形であれ“結果”として、さらには、そこからのまた道筋―――課題や、成すべきことが発露されてまいります。

たとえ、目に見える成果や結果が、目下、実感として得られずとも、天はなお、あなたがたが、新しき年を迎えてより
年明け)、どのように心持ちで、万事に対し、いかに対応せしめたかをつぶさに見、そして、一年の計(=年末)へ向け、ある一定の(各々人に)定められし“領域”に至らしめるべく(※ここでは成果や、また必要な経験自体も含みます)、ある場合には(物事の起こりの)速度を上げ、またある場合には、様々な出会いを促進せしめることにより、一人ひとりの覚醒について、天ならではの調整を図ってまいります。

わが国(日本)でいうところの“秋”とは、年の終わり(=年末)の、ちょうど数ヶ月(3~4
月)前に当たり、“実りの秋”として据えられました。“実り”とは“結実”―――あなたがたもご存じのとおり、これまでの成長が成果(結果)として、一つの集大成を見る、あるいは、学びが着実に“実(実力)”となるような高みに至る時季であることを示します。

それこそが、天の配慮ーーー

あなたがたには、その“実り”の程度を自らに省みて、そして(年の瀬までの)
数ヶ月にわたり、さらに、自らの姿を律し、調(ととの)え、志高く生きることが叶う、その猶予を与えられているのです。

ですから、あなたがたには、今後(この一ヶ月)について、あなた自身の今の状態、あるいは生活の程度であったり、人間関係、さらには、元より目指している物事からの程度(※実現の程度)を、今少し厳しき視点にて見定めていく、高みへの“序章”として(9月を)据えていただければと思います。それはある意味での“覚悟”をもつことになり、あなたは、自らの魂の、そして人格的、肉体的な、各段の“飛躍”を辿ることになるでしょう。

ゆえこそ、神は求めます。

先ずは、あなたがたの伸びゆく(成長する)その“気概(心意気)”を。そして、神々は、いずれも真摯なる心映えにより、あなたがたの魂の求め(※ここでは使命や生きる真の目的などです。)に呼応し、あなたのその目前に、他ではない、無二の出来事を、彩る(様々な類いの)人との出逢いを織り交ぜ、この(秋という)“深まる”時期、熟する季節のなかで、あなたがたの未来への、欠かせぬ“土壌”となるように。

求めるならば(=願いを叶えたいと思うならば)、その心意気を高らかに宣(の)べるのです。天へ向け、自らの人生を大いに生きる、その誠(
誠実)なる想いを、真っ直ぐ掲げ、神の世界へ大きく解き放ちなさい。」

以上。

***

※応援して下さる方は、下の2箇所のクリックをしていただけますと、
大変励みになります。

精神世界ランキング
人気ブログランキング

***