皆様

いつもありがとうございます。
現在、日本に超大型の台風が北上し、まもなく本州へ上陸する見込みです。様々な状況にあるかとは存じますが、皆様どうかくれぐれも安全にお過ごしくださいませ。

本日、現在の台風にはじまる自然災害についての、わたくしたちが心得ておくべき事柄について神の御言葉をお伝えいたします。

Rinokia

***

「たった一粒の水が、大気の状態や風向き、それら(自然的な要因を含めた)
あらゆる事象を基(もと)に、ついには、渦を巻き、“台風”の目となって周囲を巻き込む猛威となります。

自然界は無論、たとえその度ごとに見える現象であっても、整然と(自然の)規則になぞらえ、一定の順序を巡ってまいります。

発端(原因)があり、結果が在るーーーその発端とは、たとえ些細なる物事でも、程度(の差)はあれども、しかるべく結果を導き出すのです。

万物は繋がり、何一つ(それから)逸脱するものはありません。繋がるゆえの良さも尊さも、あるいは、ひとかたならぬ(人間で言うところの)“労”(苦労・困難)もあるでしょう。

この度の台風に見る自然現象とは、人間もまた、大きな流れ(波)のなかのに生きゆくべき一つの生命体であり、何もかも、天を拝した大地に依拠し、人間の生活がおこなわれるなかでは、天の動向(※天候など)が、必ずやそなたたちの日常の欠かせぬ要素となるのです。

ひとえに、神も人も、大きな物事(=大局)のなかから、一つひとつの(細かな)事象を見てゆかなければなりません。“遠い存在”、“わが身に関わらぬ”、そういった安直な考えは、既に捨て去る時代(とき)が来ているでしょう。

一つの現象が、程度や遠近(距離)の如何はあれども(どうであれ)、そなたたち一人ひとりが、この国が今まさに迎える状況からは逸脱するものはないことを、どうか、近日にみる(台風などの自然災害
)現象を迎えるなかで、深く心を刻んでいただきたいのです。

けして恐れではなく、より細やかに、よりしなやかに、この世の現象を見て、感じ、そして行動する、その“躍動”をーーー

そして、けして諦めるのではなく、今日と、またこれより続く明日への、そなたたちの日々が、安心と希望の道程であるために“万策”を練り、行動せしめるのです。

生きる知恵と、生きていく(※生き延びる、という意味が強いです。)逞(たくま)しさが、年ごとにこの世へともたらされる自然の顕著なる現象にて、その“復活とさらなる向上”が求められているのです。」

以上。

***

※応援して下さる方は、下の2箇所のクリックをしていただけますと、
大変励みになります。

精神世界ランキング
人気ブログランキング

***