皆様

いつもありがとうございます。

11月の連休が明けて、8日には“立冬”を迎えます。暦の上では冬が到来し、気温の低下とともに冬支度が本格化いたします。

世の中に目を向けておりますと、様々な変化が見られ、ときに驚きとさらには考えさせられることもしばしばですが、自身の生活こそは、まずは日々恙(つつが)なく、心穏やかに過ごしてまいりたいですね。

さて、本日神よりの御言葉を頂きましたので、謹んでお伝えいたします。

Rinokia

***

「“前進的に”、物事を捉えることです。“前向き”という言葉で、考え方について、
あなたがたはときに用いることと思います。

人生は、必ずやある一定の方向に“進んで”おり、時間の経過、そして進行は留まることなく、人もまた刻一刻と命を遂げてまいります。

その意味では、一見何の進展や変化の乏しきほどに思えても、しかしながら、今迎えるその“一瞬”は、さらには“次”への導き(導線)として、いずれかの方向へと続く、そのひと時時とも申せるでしょう。

ですから、なにもかも“進みゆく”、その過渡期にあって、ときに困難もあり、あるいは耐え難き苦しみもあり、しかしながらそれらは必ずや何らかの“扉”―――人生においての欠かせぬ気づきや、以後の歩みの“基点”ともなり得ることを、今まさに迷い(惑い)の最中(さなか)に在る者たちは、なお一層、“前進”を心得ることの肝要(大切さ)を、どうか自らに言い聞かせてまいりなさい。

戸惑うなら、一つの“行動”を。

立ちすくむのなら、僅かでも勇気ある“一歩”を。

人類の歴史にあっては、果敢なる“前進”を胸にーーーひとえに“恐れ”という強大な観念に対しても、屈せず己の信念を据え、いまだ見ぬ明日(未来)に一筋の光あらん(ある)として挑み戦いしその気概こそが、種(しゅ)の生存、そして人類の発展をならしめたのです。

そして、“前進する意欲”は何より、あなたがたの見える世界、見渡す視界を広げ、次なる一手、人との出逢い、そしてこれまでにない世界観(出来事)を引き寄せていくものです。

これこそが、“前進力”―――

強く、明るく、そして、晴れ晴れと自ら常に振る舞うことを心得なさい。

これよりの(冬の)季節には、人各々に辿る“前進”こそが、ついには(果ては)大きな差異(違い)となると、わたくし(神)は、あなたがたの奥底にある力を信じ、今ここに強く伝えるのです。」

以上

***

追伸.

今月11月には、福岡および京都にて鑑定をさせていただきます。皆様にお逢いできることを心より楽しみにしております。

上記地域での次回の鑑定は、再来年2021年以降になる予定です。もしご希望がありましたら下記リンクより是非ご予約くださいますようお願い申し上げます。

Rinokia鑑定所HP:博多と京都の鑑定

***
※応援して下さる方は、下の2箇所のクリックをしていただけますと、大変励みになります。

精神世界ランキング
人気ブログランキング