神々からのメッセージ

宇宙の根源より地上へ降ろされる神々からの御言葉。人々への深い愛のメッセージ。

カテゴリ : 瀬織津姫

2012年10月7日

【瀬織津姫(せおりつひめ) ※】
※祓神(はらえどのかみ)や水神として知られ、また瀧の神・河の神でもある。伊勢神宮内宮の別宮(荒祭宮)で天照大神の荒御魂として祀られている。

(「人々へのメッセージは何かありますか?」)

「神の世界に大変革が起きるとき、例外なくそなたたちの世界も変わる。これまで数々の神の系譜がもはや解きほどくことができぬほどに並び立ち、また後の世の(地上の)者たちによってその謂われ(神々の誕生や互いの関係)が付加され続けたが、ようやくその真相、神の世界の究極の姿がここに解き明かされていくであろう。」

「これまで長き時代(とき)を経て、その神性たる根源の魂が、様々な要素によって生み出されし日本古来の神々によって代々受け継がれてきた。この地上に降り立つ者たちは、魂にてこれら神々に畏敬(の念)を感じ、我こそは、これらまっとうな神の子孫であることを固く信じ、そして後世如何なる難局があろうとも、頑なに引き継がせようとした。未だこの国に残る(神事にまつわる)儀礼(形式)は、先人たちによる、自らの一族が神から繋がりし正統なるものであることを、自他ともに明示する緻密なる業なり。」

「しかるに、そなたたちよ。この地上において如何なる血統があろうとも、または種族の違いが見られようとも、ただ究極は、何人(なんぴと)も変わらぬ、大元の神より分かつ、その珠玉の魂。見えぬか?各々の姿にその黄金に輝く光が。いずれの民も、高低・尊非は微塵もなく、ただあるのは、自らに背負いしその神子としての役目(使命)。その役目をまっとうせんがため、自らが望みし、巧みなる縁と境遇に彩られし、数々の学びが存在するのみ。魂は不変なりて、しかもその成長は留まるところを知らず、(輪廻)転生のたびに自らの魂はこれら学びによりて一層の高みに上る。」

「神々の世界には争いごとはない。無論、神世の創成期、はたまたこの国の成立にまつわる如何なる局面でさえ、それ(争い)は許されまじき禁事なり。この国に在る数多の神は自らの素質・役割、そして己の力量を他と比較することなく、ただひたすらに自らを省みることにて己を“知る”のみ。そして、他を見渡し、各々の能力にて補い合い、この国を治めなんとす。」

「神の世界とは、光と闇の“和合”によって成り立ち、それは互いを一層生かす相乗となる。原始的なるその様相は、いずれもそなたたちのこの地上に降り立つ、至極の魂の船出そのもので、これぞまさに神々の喜び事となる。」

「よいか、そなたたちよ。様々に絡み合うこの地上で起こりし事象は、そなたたちのその清らかまっとうなる魂を通して、今後はより簡素となりてゆかねばならぬ。幾重にも重なりしその表(おもて)は、そなたたちの透き輝く魂と深淵なる愛によって、(真相が)解き放たれることを、いずれも長きにわたり待ち侘びておるのだ。目に見える物事は複雑なれど、しかし魂に映すその奥事は、いかに明快なるか、この地に降り立った者として全霊を懸け、これから明かしていくがよい。」

以上。

***
※応援して下さる方は、下の2箇所のクリックをしていただけますと、
大変励みになります。

精神世界ランキング
人気ブログランキング

***

皆様

いつもありがとうございます。
梅雨の時季、時折の晴れ間もありつつ、まだしばらくは、この国ならではの“雨天”の日々が続きます。わたくしたちの生活が、この“雨”の降る程度・量によっても様々な意味で影響を受ける、まさに切っても切れない関係です。

今回は、“水”にちなみ、瀧の神・河の神として全国の神社に祀られる、瀬織津姫(せおりつひめ)より、“幸せとは”について、御言葉を頂戴しております。

瀬織津姫には、わたくし自身、とくに京都や京都などの神社へ伺う際に、啓示を頂くことが多くございます。わたくしの霊道を御導きいただいたと申しても過言ではないほど、瀬織津姫に教え授かった物事はとても多く、今なお、姫の御前に伺いますと、これまでの人生の大切な岐路に、深く関わってくださった奇跡を思い、これからのわたくしなりの歩み方について、身を引き締める、ありがたい神様です。

無論、京都、奈良以外にも、全国の
瀬織津姫が祀られる神社には、時間の許す限り伺っておりまして、それらは、本殿のみならず、摂社としてひっそりと祀られていたり、または祓戸大神の一柱として、何等かの神社・本殿へとお参りするに先立ち、まずはお参りさせていただく形式などもあり、思わず、祓戸社を見つけますと、嬉しい驚きと、感動さえ覚えます。

いずれにせよ、
瀬織津姫には、わたくしなりに深い感謝の気持ちをお伝えし、また、神々が授けてくださったわたくし自身が辿る霊能の道について、初心を強く思い起こします。

2019年の前半を締めくくる6月に、皆様と共に歩める日々に感謝いたします。

Rinokia

***

「そなた(Rinokia)は、“幸せ”の字を、この国においては“仕合わせ”(
という字)に当てはめることをご存知でしょう(※「仕合わせ」とは、何か二つの物事が重なり合うことを指し、偶然に巡り合うことなどを、元来表していた言葉とされています)。

“合う”とは、和合なりて、人や事象の睦び(結び)であり、調(ととの)い和する(=調和)への欠かせぬ素因(※ある結果を生じるもと)。ゆえに、和合と離反は、エネルギーの対(つい:対極)を成し、この世は幾多の和合と離反が、ごく繊細なまでに関わっているのです。

幸せとは、“志合わせ”―――この“志”とは、“思”と捉えても良いでしょう。これらは、人の想念より生じ、または、心の意気(=向かうところ)でもあり、あるいは、そなたたち人間に備わる思考、感情とも密接に関連しております。

総じて、(これらは)何らかに“向かう”ための、いわば、“方向性”をもつエネルギーであり、これこそが、人間という生命が地上において進化し、種(しゅ)として生きることを叶えし、(現象界的には)“見えない風向き”(※風=“気(エネルギー)”と読み替えていただいても結構です。)とも申せましょう。

“水”の流れは、順じる(順当なる)が如く、誠に澄やかにして、(一定の)流れを伴い、なおかつ、(水の流れは)“風”をもたらすもの。

水のもつ性質、そしてそこから派生する“流れ”は、何よりも、この地球、そして生命の、“原点”ーーーありのまま、素の様相をたずさえ、ゆえにこそ、人間は、人類がいかなる過程(歴史)にあっても、この“水”を生命の根源とし、生きる(生活)の伴侶とするのです。

真の“幸せ”とは、“強いる”ものからはけして生じることはなく、頑なな観念、邪(よこしま※エネルギー的にはとても固く、重たいです。)な念は、(真の)幸せとはなり得ません。

人間として、何が真実(本当に)“心の向く”ものであるか、この世に見る“光”(※ここでは自然をはじめとして、地球の構成要素を指します。)は、幾重にも地上に現われ、そなたたちは、それを“感じ”、自らの観念を豊かに醸成し、そして身体にも包含(取り込む)することができるのです。

だからこそ、ごく自ずと(自然と)、心に沸き起こる細やかな感覚ーーー生きることへのつつましやかな(素朴な)観念が、ひいては、そなたの“志”(思い・願い)となり、それらが、この世に巡る“風向き”(=気運、良いエネルギー)に“合致”したときこそ、真実の“幸せ”(志合わせ)を感じることとなる。

この場において、われは伝えます。

そなたたちの“志”(思念)は、まず何より、“感じる”心ーーー物事を素直に感じ取ることのできる、柔たる(柔軟な)心根、そして、身体をもつ(保つ)ことです。

この国を見渡せば、今なお広がる“光”(自然)の恩恵は、尽きることなき神の“愛”にて、そなたの心身を再び“素”のままに、柔ならしめるでしょう。」

以上。

***

※応援して下さる方は、下の2箇所のクリックをしていただけますと、
大変励みになります。

精神世界ランキング
人気ブログランキング

***






2013年12月22日

【瀬織律姫 ※】

※祓戸四神の一柱で災厄抜除の女神。祓神や水神として知られるが、瀧の神・河の神でもある。

「あなたがたは清き魂をもってなお、この地上にて起こるありとあらゆる事象に、その魂を、そして肉体を翻弄されています。」

「この地上に降り立つとは、神よりこの地を治めること、そしてこの地を清らにすることを、まさしく完全なる信頼のもとに任されたことと同じ。あなたがたはその人生、一生をかけて縁ある地で寝食をはじめ、生活のすべてを大地、天、そして、すべてのものの根源である水とともに生きていくのです。」

「天上よりこの地上に降り立つ人間の数は、天上にてすでに決まっています。それは、あなたがたの生きる生命エネルギーがまぎれもなく、この地上のみならず他のすべての星々、宇宙にまで影響する誠に重要なる要素であるからです。」

「わたくしども神は、あなたがたをこの地上にて苦しめたりはしない。この生命力溢れる類い稀な地球において、あなたがたがどうか、その魂と肉体を使い、縁ある者たち、そして魂の兄弟たちとかけがえのない日々を送ってほしい・・・その魂から発せられる喜びが光となって、この地上を救い、宇宙全体を優しく包み込むでしょう。」

「わたくしの古来よりの願いは、あなたがたが、神というものを心に据えることにより、あなたのもつすべての霊性が如何なるときも平静であること。これに勝る、神との繋がりはありません。あなたがたは皆、もれなく高き霊性をもち、こうして静かにわたくしの息吹を感じることができるのです。」

「あなたがた人間の歴史は、様々な魂が関わり合い念を発しながら生きることにより、古来より少しずつ、少しずつ神というものの対象が広がりを見せています。とりわけ、この日本にてはそういった八百万の神々がこの国を守るという観念があなたがたの深い信念となっています。」

「この地上にあるもの、そう、本当にすべてのものに魂が宿りますので、こういった“神が宿る”という考えはあなたがたの生きるうえでもはや外すことの出来ない大切な観念でありましょう。」

「もし神がこの地上のすべてに宿るなら、あなたがたは生きるあらゆる場面において神と共に生きることになる。しかるに、日常、あなたがたは如何なる状況においても神を感じ、神に心を寄せているでしょうか?」

「あなたがたが欲すれば、神はいつでもあなたの傍にあらゆる形で顕現し、その息吹を感じられることになるでしょう。あなたを支え、生きる気力を促すものすべてが、神の計らいによるものと感じられるとき、わたくしはもとより、この地上に在るすべての神々が真の御光となってこの地上に解き放たれるのです。」

「あなたがたの誠の気づき、神と共に自らが在ることの意義を、この大切な時期、静かに心に描いてください。神の真心を感じられたとき、はじめて、あなた自身の大切さが、真に会得できるでしょう。」

「あなたという一個の魂と、わたくしの神の魂が折り重なるとき、わたくしは真に目覚めます。あなたという、宇宙すべてが紡ぎ出した希望の光が、またこの地上にて清らかに花開くのです。」

以上。

復習シリーズです。

2012年10月7日【瀬織津姫(せおりつひめ) ※】
※祓神(はらえどのかみ)や水神として知られ、また瀧の神・河の神でもある。伊勢神宮内宮の別宮(荒祭宮)で天照大神の荒御魂として祀られている。

(「人々へのメッセージは何かありますか?」)

「神の世界に大変革が起きるとき、例外なくそなたたちの世界も変わる。これまで数々の神の系譜がもはや解きほどくことができぬほどに並び立ち、また後の世の(地上の)者たちによってその謂われ(神々の誕生や互いの関係)が付加され続けたが、ようやくその真相、神の世界の究極の姿がここに解き明かされていくであろう。」

「これまで長き時代(とき)を経て、その神性たる根源の魂が、様々な要素によって生み出されし日本古来の神々によって代々受け継がれてきた。この地上に降り立つ者たちは、魂にてこれら神々に畏敬(の念)を感じ、我こそは、これらまっとうな神の子孫であることを固く信じ、そして後世如何なる難局があろうとも、頑なに引き継がせようとした。未だこの国に残る(神事にまつわる)儀礼(形式)は、先人たちによる、自らの一族が神から繋がりし正統なるものであることを、自他ともに明示する緻密なる業なり。」

「しかるに、そなたたちよ。この地上において如何なる血統があろうとも、または種族の違いが見られようとも、ただ究極は、何人(なんぴと)も変わらぬ、大元の神より分かつ、その珠玉の魂。見えぬか?各々の姿にその黄金に輝く光が。いずれの民も、高低・尊非は微塵もなく、ただあるのは、自らに背負いしその神子としての役目(使命)。その役目をまっとうせんがため、自らが望みし、巧みなる縁と境遇に彩られし、数々の学びが存在するのみ。魂は不変なりて、しかもその成長は留まるところを知らず、(輪廻)転生のたびに自らの魂はこれら学びによりて一層の高みに上る。」

「神々の世界には争いごとはない。無論、神世の創成期、はたまたこの国の成立にまつわる如何なる局面でさえ、それ(争い)は許されまじき禁事なり。この国に在る数多の神は自らの素質・役割、そして己の力量を他と比較することなく、ただひたすらに自らを省みることにて己を“知る”のみ。そして、他を見渡し、各々の能力にて補い合い、この国を治めなんとす。」

「神の世界とは、光と闇の“和合”によって成り立ち、それは互いを一層生かす相乗となる。原始的なるその様相は、いずれもそなたたちのこの地上に降り立つ、至極の魂の船出そのもので、これぞまさに神々の喜び事となる。」

「よいか、そなたたちよ。様々に絡み合うこの地上で起こりし事象は、そなたたちのその清らかまっとうなる魂を通して、今後はより簡素となりてゆかねばならぬ。幾重にも重なりしその表(おもて)は、そなたたちの透き輝く魂と深淵なる愛によって、(真相が)解き放たれることを、いずれも長きにわたり待ち侘びておるのだ。目に見える物事は複雑なれど、しかし魂に映すその奥事は、いかに明快なるか、この地に降り立った者として全霊を懸け、これから明かしていくがよい。」

以上。

2013年4月6日

【瀬織津姫(せおりつひめ) ※】
※祓戸(はらえど)四神の一柱で、災厄抜除の女神とされる。祓神や水神として知られるが、瀧の神・河の神でもある。その信仰は古来より全国に広がる。

「人ひとりが、この世にて“清らかに”生きることは、誠に難き業(わざ)でありましょうや?この世に光の分子として閃光のごとく降り立ち、(魂的に)真に縁の深き父、そして母のもとに育てられ、自ら置かれた環境や立場のなかで、相対的に人はみな、己というものを決定づけます。」

「誰しも心の奥底では、自らが如何に大事な存在であるか、もうすでに(分かり過ぎるほど)お分かりのはずです。そう、そなたたち一人ひとりは、幾千万もの魂の束が折り重なっても、なお余りあるほどに大事な、煌(きら)めくがごとくの光そのものであり、それは誰しもが必ずや当てはまるのです。」

「われら日本の始祖の神は、各々その想いを以って、そなたたちを静観します。わたくしたちが唯一、心に願うことは、そなたたちの心がいつ何どきも、そよ風に吹かれた浮き羽のごとくに真に軽やかであること。それは神の世界において、見事な様相を呈します。そういった心模様を、時代(とき)行くほどに、また、またとない(魂の修練の)機会とも言える、この世での人生を、軽やかなまでに心を安らかに治め、清らかに生きていただきたいと願うものです。」

「その心持ちこそ、果てはこの世界全体を救うことでありましょう。この世は、紛れもなくそなたたちや、これまでにこの世に生きた魂たちの想いから、すべてが成り立っております。そこには、ありとあらゆる人々が、(一見)困難とも言える状況のなかで悩み抜き、ときには、神の世界には存在しえない想念なども、地球というある種、特殊な環境にて創り上げたという事実があります。」

「一つひとつ、地球を取り巻くこの(人々の)想念の“重み”を解くには、やはり、神の秀逸の賜物であるそなたたちが、そう、今この世に生きる機会を得た、愛しきそなたたちこそが、この真実に気づき、そして自らの心を清める行為、“禊”をおこなわなくてはならないのです。」

「本来、人は、心において何ものにも左右されません。心というものは、唯々“光”なのです。様々なる感情は、心そのものではなく、その心を取り巻く成層圏とも申せましょう。この光(=心)をより一層輝かせるには、無論この感情(=成層圏)が、心という光にとって万事健やかなるものであることが最も望ましいのです。喜び、愛情、感謝の念…これらは挙げれば限りはありませんが、そう、すでにそなたたちは、自らの心にとって、日々如何に思う(=感情を発する)ことが望ましいか、魂の奥底にて会得しているのです。」

「その気づきに対し、どうかそなたたちよ、もっと素直におなりなさい。怖れるものは何もありません。心を晴れやかに、我が想いに忠実になるとき、人生というものは、いとも簡単に軽やかに展開し、そなたが見るもの聞くもの、すべてが一転、輝きに満ち溢れるでしょう。そういった心模様から生じる現実の変化が、ひいては、この世界に光明をもたらします。」

「これから何処どこまでも続く、人類の長き道のり、わたくしたち(神々)は、いつもそなたたちの心を想い、そして心を抱き寄せます。愛しきそなたたちが、長く続くこの魂の連鎖に、殊更に強力なる“導き人(みちびきびと)”として、真に強く、そして(輪廻を含め)これまでに培った限りなき叡智を以って、果敢なまでに、すべての魂の向上に努めていただければと願っております。そなたたちは、それほどまでに勇敢なる心を持つ、まさに選ばれし光の天子なのですから。」

以上。

2013年4月6日

【瀬織津姫(せおりつひめ) ※】
※祓戸(はらえど)四神の一柱で、災厄抜除の女神とされる。祓神や水神として知られるが、瀧の神・河の神でもある。その信仰は古来より全国に広がる。

「人ひとりが、この世にて“清らかに”生きることは、誠に難き業(わざ)でありましょうや?この世に光の分子として閃光のごとく降り立ち、(魂的に)真に縁の深き父、そして母のもとに育てられ、自ら置かれた環境や立場のなかで、相対的に人はみな、己というものを決定づけます。」

「誰しも心の奥底では、自らが如何に大事な存在であるか、もうすでに(分かり過ぎるほど)お分かりのはずです。そう、そなたたち一人ひとりは、幾千万もの魂の束が折り重なっても、なお余りあるほどに大事な、煌(きら)めくがごとくの光そのものであり、それは誰しもが必ずや当てはまるのです。」

「われら日本の始祖の神は、各々その想いを以って、そなたたちを静観します。わたくしたちが唯一、心に願うことは、そなたたちの心がいつ何どきも、そよ風に吹かれた浮き羽のごとくに真に軽やかであること。それは神の世界において、見事な様相を呈します。そういった心模様を、時代(とき)行くほどに、また、またとない(魂の修練の)機会とも言える、この世での人生を、軽やかなまでに心を安らかに治め、清らかに生きていただきたいと願うものです。」

「その心持ちこそ、果てはこの世界全体を救うことでありましょう。この世は、紛れもなくそなたたちや、これまでにこの世に生きた魂たちの想いから、すべてが成り立っております。そこには、ありとあらゆる人々が、(一見)困難とも言える状況のなかで悩み抜き、ときには、神の世界には存在しえない想念なども、地球というある種、特殊な環境にて創り上げたという事実があります。」

「一つひとつ、地球を取り巻くこの(人々の)想念の“重み”を解くには、やはり、神の秀逸の賜物であるそなたたちが、そう、今この世に生きる機会を得た、愛しきそなたたちこそが、この真実に気づき、そして自らの心を清める行為、“禊”をおこなわなくてはならないのです。」

「本来、人は、心において何ものにも左右されません。心というものは、唯々“光”なのです。様々なる感情は、心そのものではなく、その心を取り巻く成層圏とも申せましょう。この光(=心)をより一層輝かせるには、無論この感情(=成層圏)が、心という光にとって万事健やかなるものであることが最も望ましいのです。喜び、愛情、感謝の念…これらは挙げれば限りはありませんが、そう、すでにそなたたちは、自らの心にとって、日々如何に思う(=感情を発する)ことが望ましいか、魂の奥底にて会得しているのです。」

「その気づきに対し、どうかそなたたちよ、もっと素直におなりなさい。怖れるものは何もありません。心を晴れやかに、我が想いに忠実になるとき、人生というものは、いとも簡単に軽やかに展開し、そなたが見るもの聞くもの、すべてが一転、輝きに満ち溢れるでしょう。そういった心模様から生じる現実の変化が、ひいては、この世界に光明をもたらします。」

「これから何処どこまでも続く、人類の長き道のり、わたくしたち(神々)は、いつもそなたたちの心を想い、そして心を抱き寄せます。愛しきそなたたちが、長く続くこの魂の連鎖に、殊更に強力なる“導き人(みちびきびと)”として、真に強く、そして(輪廻を含め)これまでに培った限りなき叡智を以って、果敢なまでに、すべての魂の向上に努めていただければと願っております。あなたたちは、それほどまでに勇敢なる心を持つ、まさに選ばれし光の天子なのですから。」

以上。





2012年12月25日

【瀬織津姫(せおりつひめ) ※】
※祓戸(はらえど)四神の一柱で、災厄抜除の女神とされる。祓神や水神として知られるが、瀧の神・河の神でもある。その信仰は古来より全国に広がる。

「ある魂がその土地に生まれ出でるというのは、誠に意味のあることであり、その魂を取り巻く環境は、天上にてすべて取り計らったうえでの緻密な計画によってです。そなたたちがその場に降りることは、(けして大袈裟ではなく)イメージとして、神が人々のなかに降臨したかのごとく、誠に神秘的なことであり、また重要な意味合いをもつものなのです。」

「そなたたちを迎え入れる環境は、エネルギーという意味で、その全霊を以ってそなたたちを生かそうとします。これは、実は“相互関係”に基づくものでなくてはならない。なぜならば、そなたたちは、紛れもなくわたくしたち神の化身。古来より、そなたたちの祖先は、自らの中に神性を見出し、そして様々なる手法にて神と一体化したのであり、自らが神そのものとなり、その地を“清める(=浄化する)”という行為を事あるごとにおこなっていたのです。」

「そなたたちもまた、今この時代に降り立つというのは本当に意味のあることで、この地球の創成以来、はたまたわが日本、すなわち神の国が大いなる神の御意思によって創られて以来、人々の様々なる生き方とそれに付随する想念、そして互いの関わり方によってあらゆる歴史が作られました。そなたたちはいずれも、今日在る我が国が、一方(ひとかた)ならぬ時代を辿ってきたのであり、そこには多くの魂の犠牲が伴ってきたことをすでにご承知でしょう。

歴史というものは、一見途切れることなく脈々と続くように思われますが、その大きな流れのなかには、実は、誠に多くの人々の生きざまが、生じては消され、あるいは残されることを許されず、つまり歴史のなかに葬り去られてきたということもけして忘れてはなりません。」

「その歴史に埋もれた人々の生きざまは、すなわち、多くの魂にとって真の浄化が未だ済まされていないという現象を引き起こします。つまり、それは、その魂が過去に存在していた(縁のある)土地にも根強く残り、ひいては我が国の(エネルギー的な)重みとなって、必ずや存続するのです。」

「そなたたちがこの地上に降りるとは、すなわち、すべてを浄化しうる神となり、自ら縁のある土地を“清めきる”ことです。魂がその地に降ろされるごとに、その地にすでに留まる魂たちは、自らが真に救われん(救われる)ことを希(こいねが)います。互いに縁ある魂だからこそ、この(魂の)救済は成し得るのであり、それを以って、そなたたちのこの地上での大きな役目が成就すると申せましょう。」

「すべてが新しくなりました。そう、そなたたちは魂レベルでも生まれ変わったのです。それは、同時にそなたたちを取り巻く環境も一新しなくてはならず、今後、新時代が展開するにあたって、繰り越すことは許されません。ですから、過去のそういった(浮かばれない魂の)重みは、真の意味で浄化せねばなりません。そなたたちには、もっと大きな視点で、我が国を見、そして世界全体を見回していただきたいと願っております。

今自分が(この地上に)在るからこそ、我が国、そして世界が存在する。この国だからこそ、(本当に必要があって)今自分が在る。その“相互”の想いが、いずれは、わが身が在ることへの感謝、ひいてはすべてが在ることへの感謝の念を抱かせ、そして、その想いに神々が感応し、これからの将来を見据えた深い思慮が、しかとそなたに与えられることでしょう。

そなたたちは、願えば必ずや成就します。新しき時代、それは殊更強さを増し、自らが積極的な想いで生きることが、すなわち(自身を取り巻く)すべてを突き動かすことでありましょう。そなたたち(一人ひとりが)この地上に今在ることが、わたくしは何よりも嬉しい。なぜならば、そなたたちはいずれもわたくしたちと同様、神であり、わたくしたちの“同胞”なのです。

わたくしたち(神の)願いは、これまでこの地上に降りたすべての魂が、真に光の存在となって、すべて良きに天上に召され、そして、新たなる段階に進むこと。魂の向上は留まることを知りません。皆がそれを魂の奥底から求めているのです。そなたたちは、それを手援ける真の救世主として、今この地上に降り立っているということを、いつ何時も忘れてはなりません。

これからの新時代、すべての速度が速まります。自らがこれまで脈々と続く大きな流れ(歴史)の結果、必要があって今ここに存在すること、そして、その流れを真に“清める”大いなる魂であることを肝に銘じてください。正しく真摯に、そして“大胆に”祈ることこそ、神の姿であり、本懐なのです。」

以上。

2012年10月7日

【瀬織津姫(せおりつひめ) ※】
※祓神(はらえどのかみ)や水神として知られ、また瀧の神・河の神でもある。伊勢神宮内宮の別宮(荒祭宮)で天照大神の荒御魂として祀られている。

(「人々へのメッセージは何かありますか?」)

「神の世界に大変革が起きるとき、例外なくそなたたちの世界も変わる。これまで数々の神の系譜がもはや解きほどくことができぬほどに並び立ち、また後の世の(地上の)者たちによってその謂われ(神々の誕生や互いの関係)が付加され続けたが、ようやくその真相、神の世界の究極の姿がここに解き明かされていくであろう。」

「これまで長き時代(とき)を経て、その神性たる根源の魂が、様々な要素によって生み出されし日本古来の神々によって代々受け継がれてきた。この地上に降り立つ者たちは、魂にてこれら神々に畏敬(の念)を感じ、我こそは、これらまっとうな神の子孫であることを固く信じ、そして後世如何なる難局があろうとも、頑なに引き継がせようとした。未だこの国に残る(神事にまつわる)儀礼(形式)は、先人たちによる、自らの一族が神から繋がりし正統なるものであることを、自他ともに明示する緻密なる業なり。」

「しかるに、そなたたちよ。この地上において如何なる血統があろうとも、または種族の違いが見られようとも、ただ究極は、何人(なんぴと)も変わらぬ、大元の神より分かつ、その珠玉の魂。見えぬか?各々の姿にその黄金に輝く光が。いずれの民も、高低・尊非は微塵もなく、ただあるのは、自らに背負いしその神子としての役目(使命)。その役目をまっとうせんがため、自らが望みし、巧みなる縁と境遇に彩られし、数々の学びが存在するのみ。魂は不変なりて、しかもその成長は留まるところを知らず、(輪廻)転生のたびに自らの魂はこれら学びによりて一層の高みに上る。」

「神々の世界には争いごとはない。無論、神世の創成期、はたまたこの国の成立にまつわる如何なる局面でさえ、それ(争い)は許されまじき禁事なり。この国に在る数多の神は自らの素質・役割、そして己の力量を他と比較することなく、ただひたすらに自らを省みることにて己を“知る”のみ。そして、他を見渡し、各々の能力にて補い合い、この国を治めなんとす。」

「神の世界とは、光と闇の“和合”によって成り立ち、それは互いを一層生かす相乗となる。原始的なるその様相は、いずれもそなたたちのこの地上に降り立つ、至極の魂の船出そのもので、これぞまさに神々の喜び事となる。」

「よいか、そなたたちよ。様々に絡み合うこの地上で起こりし事象は、そなたたちのその清らかまっとうなる魂を通して、今後はより簡素となりてゆかねばならぬ。幾重にも重なりしその表(おもて)は、そなたたちの透き輝く魂と深淵なる愛によって、(真相が)解き放たれることを、いずれも長きにわたり待ち侘びておるのだ。目に見える物事は複雑なれど、しかし魂に映すその奥事は、いかに明快なるか、この地に降り立った者として全霊を懸け、これから明かしていくがよい。」

以上。

このページのトップヘ