ブログネタ
自分にとっての名曲とは? に参加中!
zentaiなかなかパソコンをいじる時間がなくて、
とーーっても遅くなってしまいましたが、
1/7の渋谷青い部屋のライブ、
来てくれた皆様、ありがとうございました
写真を撮ってくれてた方が居たので、
掲載させて頂きます〜
マリリンさん、yanmaさんありがとう

photo by yanma)

私は、コンタクトがまだ買えず(目の経過については別日記で今度報告!)
またもや、手塚治虫と言われながらもww、メガネで参戦。。

marirei-maririn(photo by Maririn)

神近まりDUOということで、
メンバーは、

神近まり/ボーカル、メロディオン、礒玲仁/ギター

4組出た中の、バンド編成の後の大トリw


2人だけで、時間もたせるのは厳しいよねーとか
話していながらも、、
アンコール入れて50分もやってたとか(爆)

mariphoto by yanma)

今回は、年明けのライブでしか出来ない名曲
ユーミンの「A Happy New Year」をカバー

そして、意外にもアンコールが来てしまい(盛り上げてくれた皆ありがとう
しかも、リクエストがブルースww

急遽、歌とピアニカと、ギター一本でスローブルースをやることに。

reiれいくんはギター一本と歌だけでブルースを演奏するのを、ライブでやったことなかったらしくて、
最初焦ってたんだけどww 、
やったら、やったでやっぱり全然出来る。
これがまたかっちょよかった さすが〜。
 
しかも、急に私がソロも振ってしまったもんだからw
焦りつつギターソロ、これもかっちょよいw!

私もピアニカでオブリやソロもやったし、ピアニカ一本でバッキングまでやってしまったよw

あーー焦った焦ったww

でも、なぜか盛り上がってたし、評判良かったので安心したー。

音源聞きなおしてみると、この最後のブルース、意外や意外に
空白を上手く使えてて、すごく良かったのだ

この日は珍しく、
お店のオーナーのシャンソン歌手の戸川昌子さんが居たのだけど、
ライブ後に、私の歌をすごく誉めて頂いて、感激でした

あー楽しかった


ずっと前までは、空白や「間(ま)」が怖くて、音や声で必死に埋めようとしてたんだけど、
最近は、空白の時間や、小さな音(声)を使うのが楽しくなってきたのです。


「間」をうまーく使って作られる、独特な緊張感や世界感。

バンドサウンドでも、もちろん必要だと思うし、
特にデュオだと、いかにこれを効果的に使えるかにかかってる気がする。

それを作るって、すごーく難しいんだけどね。 最近は、そこに挑戦するのが楽しいです。
まだまだだから、もっと挑戦してみたいな。

お菓子来てくれたボーカルの女の子に、
「声のピアニッシモの使い方が上手い!あと、間の使い方がエロいw」

と言われたよw これは嬉しいねww

お土産を色々頂いちゃいましたぁ

名産のお菓子、「はつせ」

これ、白あんの周りをホワイトチョコレートでコーティングしたお菓子 美味しい〜
あともう一つは、オレンジミントが入ったチョコレート

どちらも美味しく、あっという間に頂いちゃいました
Aさん、Oさん、ありがとうございます

セットリスト(*=オリジナル)

1.Time After Time (Jazz Standard)
2.A Happy New Year (松任谷由実)
3.自動人形 *
4.蒼い星の奇跡 *
5.Allelujah (Fairground Attruction)
6.雨〜傘をさして歩こう〜 *

encore:Mighty Tight Woman (Bonnie Raitt)


ユーミンの「A Happy New Year 」、ベイ・シューのカバーバージョンもかっこよいので、
Jazz風にアレンジしてやりました。

これ、素敵な曲だよね。 コードやメロもいいけど、歌詞がいい。


「今年も沢山いいことが あなたにあるように いつも いつも」

この一節が歌いたかったがために、これ選曲したの



この日のアルバムはこちら(photo by yanma)
090107神近まりDuo@渋谷青い部屋


来てくれた人も、来れなかった人もぽちっとクリックお願いします
人気BLOGランキング
にほんブログ村
ライブドアランキング!