神尾道場(極真会館 本部直轄 浅草・柏・神田・松戸・三郷・草加・船堀道場ブログ)

日々の道場の活動内容やニュースをお知らせしてまいります。

こちらは極真会館 本部直轄 浅草・柏・神田・松戸・三郷・草加・船堀道場のブログです。 師範はじめ各指導員が道場の日々の活動内容やニュースをお知らせしてまいります。

2017年04月

2017年4月 まとめ画像

IMG_2482_R
IMG_2486_R
IMG_2601_R
IMG_2603_R
IMG_2613_R
IMG_2625_R
IMG_2626_R
IMG_2629_R
IMG_2638_R
IMG_2670_R
IMG_2674_R
IMG_2678_R
IMG_2630_R
IMG_2688_R
IMG_2691_R
IMG_2697_R
IMG_2703_R
IMG_2708_R
IMG_2922_R
IMG_2927_R
IMG_2940_R
IMG_2952_R
IMG_2954_R
IMG_2958_R
IMG_2960_R
IMG_2981_R
IMG_2986_R
IMG_2999_R
IMG_3002_R
IMG_3006_R
IMG_3011_R
IMG_3014_R
IMG_3129_R
IMG_3141_R
IMG_3171_R
IMG_3180_R
IMG_3186_R
IMG_3270_R
IMG_3277_R
IMG_3280_R
IMG_3285_R
IMG_3289_R
IMG_3290_R
IMG_3292_R
IMG_3296_R
IMG_3299_R
IMG_3301_R
IMG_3305_R
IMG_3309_R
IMG_3310_R
IMG_3312_R
IMG_3313_R
IMG_3319_R
IMG_3329_R
IMG_3343_R
IMG_3349_R
IMG_3354_R
IMG_3355_R
IMG_3358_R
IMG_3365_R
IMG_3367_R
IMG_3380_R
IMG_3384_R
IMG_3388_R
IMG_3391_R
IMG_3392_R
IMG_3394_R
IMG_3396_R
IMG_3401_R
IMG_3407_R

本日、合気道

本日4/30(日)、浅草道場にて合気道講習会(10:00〜12:00予定)が行われます。

久々の講習会ですが、楽しみながらいきましょう。

もちろん初めての方も参加可能となっております。

押忍。


(※本日、浅草以外の道場は休館となっております。)

プロレスリングノア花束贈呈

先日、4月14日にプロレスリングノアの興行が行われました。そこで当道場の神尾師範と本とさやの三浦社長(浅草道場所属)ドンキホーテの創業者であり初代会長のアベニール山田会長(神尾道場後援会長)が、GHCヘビー級王者の中嶋選手、丸藤選手、斎藤選手への花束贈呈を致しました!
この日の応援には、築地すし鮮築地すし1番グループ青山社長や浅草十和田川村社長、元新日本プロレスの小原道由さん(草加道場所属)も駆けつけてくれました。


神尾師範は、丸藤選手や中嶋選手に直伝の技を伝授し、実際に両選手は試合中その技で相手選手を倒したりもしています。
試合後は浅草本とさやにて、丸藤選手や斎藤選手、中嶋選手も駆けつけて盛大な打ち上げを、行いました。

これも、神尾師範のカリスマあってのことだと思います。これからも、様々な団体と親交を深めていき、極真空手の発展に繋げていきたいと思います!

第6回全世界ウェイト制大会/2017全世界女子ウェイト制大会 結果

お疲れ様です。

4月15日(土)は「2017国際親善空手道選手権大会 」

16日(日)は「第6回全世界ウェイト制大会」「2017全世界女子ウェイト制大会」 が

東京体育館にて行われました。

16日(日)は 「第6回全世界ウェイト制大会」に福井裕樹 指導員が軽量級日本代表として出場。

「2017全世界女子ウェイト制大会」 に島田慧巳弐段が初日の予選を突破し、決勝日を戦いました。

 二人の選手とも全力を尽くし

福井指導員が4位入賞

島田弐段が準優勝となりました。


【第6回全世界ウェイト制大会 結果】


●軽量級 

【優 勝】 与座優貴 (日本/茨城県常総支部)

【準優勝】 アリム・ユヌソフ (ロシア)

【第三位】 イリヤス・アスタミロフ (ロシア)

【第四位】 福井裕樹 (日本/本部直轄浅草道場)


 IMG_3094_R

IMG_3090_R



●中量級 
 

【優 勝】 大澤佳心 (日本/城西世田谷東支部) 

【準優勝】 アンドレイ・ズボレフ (ロシア)

【第三位】 アショット・ザリヤン (ロシア)

【第四位】 山田拓馬 (日本/大阪なみはや支部)



●軽重量級
 

【優 勝】 アンドレイ・ルジン (ロシア)

【準優勝】 盒桐ぢ (日本/東京城北支部)

【第三位】 上田幹雄 (日本/横浜北支部)

【第四位】 ソウタ・ナカノ (アメリカ)



●重量級


【優 勝】 鎌田翔平 (日本/東京城西支部)


【準優勝】 オレクサンダー・イエロメンコ (ロシア)

【第三位】 荒田昇毅 (日本/千葉県中央支部)

【第四位】 ルーカス・マクキノン (ニュージーランド)




【2017世界女子ウェイト制空手道選手権大会 結果】


●軽量級 

【優 勝】 
田崎佑麻 (日本/広島県支部)

【準優勝】 島田慧巳 (日本/本部直轄浅草道場)

IMG_3107_R
IMG_3102_R


【第三位】 安藤真奈美 (日本/東京城東支部)

【第四位】 
本村愛花 (日本/東京城東支部)



●中量級 

【優 勝】 
アナスタシア・クリプノワ (ロシア)

【準優勝】 
アレクサンドラ・マティシアク (ポーランド)

【第三位】 
ダリア・ラキモワ (ロシア)

【第四位】 
アレクサンドラ・ラズニコワ (ロシア)


●重量級 

【優 勝】 
ウリアナ・グレベンシコワ (ロシア)

【準優勝】 
エリザベータ・イバノワ (ロシア)

【第三位】 
マリア・ジャスコ (ポーランド)

【第四位】 
エカテリーナ・シュシェルコワ (ロシア)


選手の皆様、入賞おめでとうございます。


福井指導員、島田選手


大変お疲れ様でした!




【選手の影に スタッフあり】

IMG_3050_R
IMG_3057_R

IMG_3079_R
IMG_3082_R

今回は初日に国際親善大会。二日目に世界大会と非常に大変なスケジュールでの大会でした。

無事大会が終了出来たのも、ひとえにスタッフの皆様のおかげです。

誠にありがとうございました!

押忍!



国際交流‼️

4月15日・16日に国際親善大会と世界ウエイト制大会が開催され、無事に大成功で幕を閉じました。世界各国から極真の道場生が集まり、大規模に開かれただけあり、世界の観光地である「浅草」に来る道場生が多数、我が浅草道場を訪問してくれました❗️

4月10日(月)  船堀道場に中国・上海支部のリュウ先生たちが稽古に来ました!

翌11日(火)の朝と夜もリュウ先生たちが稽古に来られました。
なんとついでに、私の誕生日もお祝いしてくれました!


夜は、みんなで乾杯‼️
親睦を深めました。
リュウ先生たちは、木曜日も浅草道場に稽古しに来ました。本場日本から学ぼうとする姿勢が素晴らしいです!

同じく13日(木) 草加道場に、同じく上海のワン先生が試合に出る生徒(女の子)を連れて、稽古しに来ました!

14日(金)は、ニュージーランドから世界ウエイト制大会を控えた「ルーカス選手」が、大会前の調整で稽古しに来ました。そして、そのルーカス選手、重量級に出場し、大活躍❗️  見事に第4位に入賞しました‼️

そして、本日19日(水)の少年部の稽古前に、ポーランドチームが見学に来られ、子供たちと写真を撮ってくれました。

明日も明後日も、まだまだ訪問がありそうです❗️
これも、日本の誇る浅草ならではです!
極真カラテは、国際交流というすばらしい側面があります。国家や宗教・思想を超えて、相手を認めるというところに世界の平和が生まれます。
明日からも楽しみです‼️ 

ありがとうございました

お疲れ様です。福井です。

一昨日の全世界ウェイト制での大声援、とても感謝しております。ありがとうございました。

結果は残念ながら自分の思い描いていた通りにはなりませんでしたが、十分すぎるほどやり切った感はあります。

一回戦はウクライナのオレクサンダー・ハルシェンコ選手。長身から繰り出す技もさることながら手数が凄かったです。自分のペースに持ち込むことも出来ずに本戦・延長・再延長と引き分け続きの体力勝負となってしまいました。本戦では副審の旗が相手に二本上がっていたので主審の判定次第で負けもあったのですが、何とか首の皮一枚で生き残れました。再延長戦はもうなりふり構わずでした。あのようなスタミナ勝負的な試合展開にならないように日頃の稽古を重ねてきたつもりが、実際はやはり難しかったです。今後の稽古課題にしたいと思いました。
そして、試割りでの勝敗決戦。あの時、自分に『元気』を分けて頂いた皆様、ありがとうございました。本来なら『オラに元気をわけてくれ‼︎」と孫悟空(ドラゴンボール)ばりに叫ぶべきでしたが、羞恥心や時間制限がありましたのであのような中途半端な所作になってしまいました。しかし、勘の鋭い皆様からの反応にすぐに『元気玉』を作ることが出来ました。あとは、3分・2分・2分と戦い切ってヘロヘロ状態な自分でも板の真ん中に手刀を軽く振り下ろすだけで割れる事は確信出来ました。案の定でした。やはり人は一人では生きていけない、と感じた次第です。

二回戦はアリム・ユヌソフ選手。
若手選手の台頭が著しいロシアにあって、なお健在なベテラン選手。突きも蹴りも威力がありました。しかし自分もベテラン中のベテランです。いや、ロートルと言うべきか…。自分は一回戦の反省をもって、少し組手を変えて挑みました。間合いを詰めたリキみガチガチな状態にならないように、少し距離をとって技のやり取りやタイミングの駆け引きができるような距離を心掛けました。そのお陰で一回戦よりは消耗戦にならずに済んだし、相手の息を見ることも試合中にたまに出来たりしました。でも、自分の距離を保つ為とはいえジリジリ後ろに下がっていたのは印象良くないだろうな、とも感じてはいました。また、後半になると相手も勝負をかけてきて、結局、泥んこ試合になってしまいました。結果、延長での0-3の判定負け。
ク〜〜〜〜〜〜‼︎って、感じでしたが、やるべきことは、自分の中では精一杯やったと思っています。


3位決定戦はイリヤス・アスタミロフ選手。ロシア代表選手ですが、母国はチェチェン共和国と本人から試合後に教えてもらいました。
準決で負けてしまったのに、三決とはいえ、もう一度試合が出来ることは本当に嬉しかったです。既に二試合を体力勝負でやってしまっていたので、無駄打ちによる打撲や体への疲労はいつも以上にあったのですが、それ以上に試合の出来る喜びや応援して頂いている皆さんの期待に応えられる嬉しさがありました。
また、この試合をもって現役最後の試合にできる。悔いのないようにしよう、と思えました。もう負ける気なんて全くしないし、勝ちしかねーし、とは三決前に思っていたことです。
そして、3位決定戦の太鼓が鳴らされました。
ファーストコンタクト。
うん、いけるかどうか分からないけど、まずまずな気がする。自分自身の反応はさっきの試合と変わらずそこまで良くはないけど、それよりこっちの技をもらってくれるぞ、うんうん。とか感じながら序盤は戦っていました。無意識にリキみ出したと思ったら、お〜、これこれ、このリキみがいかんのだ、少し冷静になって肩の力を抜いて技をテンポ良く出せるようにしよう。あ、そういえば、三決前に全空連の型全日本チャンピオンの演武カッコ良かったけど、何となくこんな構えをしたらそれっぽいかな?と、拳を顔面ガードの位置から大きく引いて引き手の位置にもっていってみたり。うーん、そういえば、最近の試合では前蹴りを使えてないよなぁ〜。そうだ今出しちゃえ。と出してみたり。
そんな感じで前半は楽しく試合をしていました。もちろん、勝つことを意識しながら。
しかしながら試合が経過するにつれて徐々に自分の技より相手の技の返しが早くなっていきました。自分の技が相手に響いていない証拠ですね。残念ながら、その時点で自分の組手は出来なくなり、いつもの負けパターンにはまっていきます。それはさせじと自分も最後の底上げをして応じるつもりでしたが、後手後手に回ってしまいました。本戦、辛くも0-2引き分け。延長に入り少しガス欠気味ではありましたが、自分から前に出ることだけは心掛けました。思うように手足は動いてくれなかったのですが、仕方ないその時その場のやれるベストを尽くそう。せっかくここまで頑張ってきたのだし、支えていただいた皆さんに最後の頑張りは観ていただきたい。あとは、きちんと相手と組手をしよう。こんなガチガチの、虚実のない、実だけの組手しか出来なかったけど、最後ぐらい意地は見せたいな。うん、セコンドの声もいつもより聞こえている。体は重いけど、頭はクリアーだ。うん、うん、セコンドも良いこと言ってくれているぞ。なるほど、その技があったか。よし、と出してみるが、うん、なんて下手くそなんだ、俺。こんなんじゃ相手に効果ないじゃん。それを察知したセコンド陣からの新たな指示。なるほど、ナイス、チョイス。俺、それやるわ。とラスト何秒かはもがいて頑張りました。
『ドーン‼︎』太鼓の音が鳴り響いて試合終了。
判定を聞くまでもなく、分が悪かっただろうなと薄々感じてはおりましたので、結果はその通りに。

終わっちまった…。

若い頃におぼろげながら想像していた未来の自分。そんな未来の自分になれていない自分に試合場で出会えましたが、後悔はないです。試合に出続けていたからこそ気付ける、ありがたい事実です。理想の自分とは程遠い自分になっていてもそれもまた自分です。まだ自分が10代の頃、達人志向があったので、40過ぎたらそこそこいけているのでは?とその頃は夢想していましたが、30代半ばで理解していました、自分がその体を育てていなくて逆に硬くしてきていることを。
まぁ、全ては性格によるものですが、こればかりは生まれつきでどうしようもないのでそこを踏まえて今後は上手く稽古をしていきたいと思います。



最後になりますが、酒席ではすぐ泣いてしまう弱虫な心を持っている反面、壊れにくい丈夫な体に産んでくれた両親に感謝します。ありがとうございました。

地元を離れて20年以上、色々な経験をさせて頂き、成長の糧を与えて頂いた極真空手には心から感謝いたします。ありがとうございました。

総本部で4年間、その後、神尾師範の元に移り18年間。問題の多い門下生だったと思いますが、温かい心で見守って頂けた事に感謝いたします。ありがとうございました。

神尾道場生皆さん、熱い声援、本当にありがとうございました。自分の持っている全ての実力を出し切った上での結果ですので、勝てなかった事、お許し下さい。これからは自分の経験してきた事を少しでもお伝え出来ればと思っております。またご一緒に切磋琢磨していきましょう。ありがとうございました。

選手を続けていくにあたり、ないがしろにしている部分もありました。これからは少しでも協力していかねばと思っております。家族の皆んなへ、今までありがとう。これからもよろしくね。



試合への出場はもうないとは思いますが、強くなりたいと言う思いだけは未だに健在ですので、稽古場では今後ともよろしくお願い致します。

IMG_9273



今まで本当に本当にありがとうございました。
押忍。

福井裕樹

明日が本番です

押忍。福井です。

ついに明日が試合当日となりました。
今から心臓バクバクですが、頑張ります。
色々と思って、あれこれと考えて、未だに迷ってばかりですが、明日の自分は頑張ります。
今まで自分勝手な事ばかりやってきましたが、少しでも恩返しができれば、と思っております。
頑張ります。

そして、明日はフェスです。
フェスティバル‼︎
様々な空手家が試合場でしのぎを削り合います。
観戦していただく皆様にはぜひ楽しんでいただきたいです。
もちろん、自分も楽しみます。



人生は長くもあり短くもあり。
せめて同じ空気を吸える場にいる瞬間だけは大事にしたいです。

関わって頂けた皆さんには感謝しかないです。

明日は盛り上がって行きましょう。

押忍。

組手結果



10歳 女子 -35kg級


冨山 浬 選手


第3位!!!


おめでとうございます!!
















押忍。

組手結果 速報



11歳 男子-40kg級

志村 秀真 選手

序盤で上段をもらってしまい、技ありを取られる苦しい展開に。
が、そこから秀真選手のエンジンがかかり得意の下段で攻め立てます。

途中、秀真選手の上段がかすりましたが取られず。

その後も攻め立てますが、序盤の技ありが響き優勢負けとなってしまいました。

しかし、全体を通して秀真くんの持ち味が出たいい試合だったと思います。

この悔しさを次の試合で晴らして欲しいと思います。

お疲れ様でした。







13歳 14歳 男子+55kg級

鈴木 燎真 選手

相手の反則で失格。
その結果、燎真選手の勝利となりました。

程よく動けたので、次の2回戦で大暴れしてくれると思います。



押忍。


型クラス



先程、全型クラスが終了しました。


井上恵水 選手

田中美奈子 選手


が惜しくも入賞とはなりませんでしたが、4位と大健闘致しました。


夏に行われる極真祭では今回の雪辱を晴らして欲しいです。



これから組手クラスが始まります。


引き続き熱い応援、宜しくお願い致します!!




、、写真は撮り忘れてしまいました…。


押忍。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

kamiodojo

タグクラウド
月別アーカイブ
QRコード
QRコード