kamipack blog

日々の練習日記 マラソン、トライアスロン、ロードレースで上位入賞を目指します

2018 伊吹山ヒルクライム参戦記 男子E優勝

前日

朝にぶらっと三坂からのパン有本へ 軽めに48km
めっちゃ食べた。伊吹山の天気は最悪でちょっとぐらいの体重差なんて関係ないだろうと。それよりも風が強すぎて開催されるのかどうかってレベル

その後、整骨院でマッサージしてもらってからスイムへ
コースは1人。いい感じに泳げているので1500mTTをしてみることに

結果 27分27秒

ベストまであと1分ほどか、冬場まったく泳いでいなく、3カ月で数回程度。それでもここ2週間ほどかな?週2ぐらいで泳いでいると1500mで1分半も短縮できた。1ヵ月もあればベストが出せるぐらいにはなりそうな感じ。来月のトライアスロン初戦には間に合いそうだ
スイムはすぐ落ちるけどすぐ戻る。 あくまでも自分レベルで上級者は知らん。

あれこれ終わらせて18時就寝、0時起床
1時半ごろに出発して4時半着。あとで知ったんだけどP1って無料なんですね。知らんかった。P5はまだガラガラだったので先に確認しとけばよかった。1000円ケチって無料駐車場に停めました。

受付まで約1.2km 往復2.5kmをランでアップ
ローラーでアップとか嫌いなのでこれで十分

受付の6時〜7時は雨が降ってなかったけど、そこから本降りの雨に。スマホで天気予報の雨雲レーダーをチェックしてみるけど天候は悪化しそうで9時から11時はやみそうにない。
どうしようかと考えていたら車内に使い捨てのカッパがあったのでそれを羽織っていった。
手荷物は受け取り時に時間がかかりすぎるので預けない。そんな時間があるならそのまま下山する。念のため軽量のウインドブレーカーを背中のポケットにしのばせておいた。


男子E 1組でスタート
もたもたしていたせいか、並んだところが3組。慌てて前へ移動したけど1組の最後尾になった。人数少ないしどこでも同じかな、となりには播中でお話したCLOUD9の方とその横には大阪のティファニージャージの方
この選手は直感で要注意、要警戒人物に認定。
ティファニーは速い人ばかりというイメージ

プランとしては菰野と時と同じで序盤〜中盤は無理せず控えめに、後半上げていく感じで。

ところが、ティファニーの方が前に出てパワーも5倍超えてる。やっぱあかん人か、ドンパチしそうな気配。ちょっとペースが落ちたところで前に出る。後ろについている雰囲気はあったけどしばらくして後ろを振り向くと単独になっていた。

2kmか3kmぐらいかな?

もたもたして追いつかれるのもヤなので300w超えてるけどこのまま押し切ることにする。
伊吹山は緩斜面でスピードに乗るので下ハン多め。前回は半分ぐらい下ハン持ったけど、今回は単独になってからゴールまでずっと下ハン握りっぱなしでブラケットを持つことはなかった。なのでダンシングもなくオールシッティング。

風はいろんな方向から吹いてきて向かい風かと思ったら追い風になることもあり。全体的には向かい風だったような気がするんだけど。
まだstravaにデータがアップされていなく、アップされればウインドアプリで過去データも見れるので去年と今年で風の方向を比較してみたいと思います。

追記
アプリによると風向きはこんな感じ
FullSizeRender

ほぼ向かい風で悪条件だったかと思います。

300wの維持が辛く、295wまで落ちる。
それを維持するのも困難で290wまで落ちた。でも残り距離とタイムを考えるとそんなに悪いタイムでもなく。あとはメンタルもあるかな、このままいけば優勝はいけるだろうと思ったらいまいち気合が入らない。去年の伊吹山や今年の菰野はがむしゃらだった。

結果、32分ジャストで去年より39秒短縮

3組あるけど優勝は間違いないだろうと気分上々で下山。

あ、天候は回復し、スタートしてから雨は降らなかった。下山するときには路面も乾いてきておりまったく危険は感じず。にしても今回はDNS多かったですね。ざっくりE組で200人/500人中ぐらい。前日、当日朝の天気ではそういう判断になるのも仕方ないと思います。
予報では山の風速は10m/s以上でしたから。ときおり突風が吹いてはいたけどそこまで荒れているという感じはなかったです。

優勝を確信してリザルトをみると

キャプチャ4
2位
1位とは3分30秒差

血の気が引くってこういうことかと。
ショックでした。

って、どう考えても速すぎる。
エキスパートのタイムがこちら
キャプチャ3
優勝者より1分も早い。そんなわけないだろと。

すぐさま運営に確認にいく。エキスパートの上位メンバーは有名クライマー達。それよりも40代、かつ無名のおじさんが1分も早いなんてことはありえないと。無名かどうかはわかりませんが、名前でググっても成績を残しているレースはなかった。そんな選手がこんなタイムを出せるなんて考えられない。

しかし運営からは相手にしてもらえず、「こんなこともあるでしょう」 おわり

いや、ないでしょ

計測ミスか、もしくは何かを仕込んでいるか。
もし仮にモーターでも仕込んでいたとしたら計測ミスではなく調べるすべはない。

表彰式で入賞者が揃う。みんな一番に口にするのが1位のタイム
どう考えてもおかしい。そしてみんな名前を検索していて誰も知らない

1位が誰なのか注目していたが、やはりなと。 姿を現さず。

そのまま表彰式は終了。
キャプチャ1

どうしても納得いかず、再度運営に抗議にいく。やはりどう考えてもおかしいので調査お願いしますと。しばらく待たされたのち、計測ミスだったとわかった。

どうやら本人からタイムが違いすぎると申告があった模様。だからあれだけ説明したのに。もう入賞者はみんな帰ってしまった。もたされた景品はどうするのか、7位の人は本来であれば6位入賞で表彰台に立てていたはず。ミスで1位になった人もとんだとばっちりでしょう。いまだにホームページのリザルトでは総合でもぶっちぎり優勝のタイムになっていますから。


なんていうか、後味の悪い終わり方になってしまいました。


とまぁ、この件はこれぐらいにしといて


データはこちら
キャプチャ
体重59.0kg 4.9w/kg
去年はNP293wだったのでパワーはほぼ同じぐらいかな?体重が今回のが若干軽いのでPWRは今年のが上かもしれない。
今回はとにかく風が強かったのでパワーよりも空気抵抗を意識した。常に下ハンでエアロポジション。状態は常に低く保つ。DHバーを持ってTTしているイメージで。パワーは出しにくいけどスピードはには乗りやすい。菰野とは傾斜がまったく違うので乗り方も当然変わってくるかな

優勝の景品はこちら
キャプチャ2
使えそうなものがない... かな...
いろんな物くれるより、最新のヘルメット一つだけとかのほうが嬉しいんですけど。

来年は年代別には出ません。出るならエキスパートで。

もう伊吹山はいいかなと思っていたけどフルコースを走ったことがないので一回ぐらいは経験しておきたいなと思っています。


17:50帰宅 まだ明るいので片付け前にランへ
7km 4’19/km
ラスト3’40まであげておわり

バイク寄りの練習バランスになってはいるけど、ランもそんなに悪くなく。サブスリー程度の走力は保てていると思ってます。今後は平日夜練と週末でバイクパフォーマンスは維持しつつ、スイムとランに練習のウエイトを振りながらトライアスロンシーズンに向けて仕上げていきます。


で、


今日は岡山でレースがありました。

夜練に参加してくれているメンバーが4名入賞

180kmの部で1位は有名人 井上亮選手、2位と3位が顔なじみによるスプリントってマジかw


毎週夜練をするようになってから自分が急成長しているのがよくわかる。ほんといいメンバーに恵まれて感謝しかない。


以上、 レースレポでした。



次回は少しあいて、5/20 長良川トライアスロンミドルに参戦


ではまた


   

姫セン サイクルエンデューロ 2018

開園前の姫路セントラルパーク内を走るコース 1周約2km
7:15スタート 90分
リザルト:ロードソロ 6位

IMG_3909

IMG_3910

先週の菰野ヒルクライムが終わり、翌日には体重1kg増え、さらに少しずつ増えていき、昨日は昼間に法事で飲み、夜は会社の送別会で飲み、6時間ぐらい飲みっぱなし。
おかげで体重は2kg増え、先週の59kgから4kg増の63kg

大量に飲んだけどペパリーゼと寝る前に大量に水を飲んだおかげで二日酔いはほとんどなし。飲んだ翌日って意外とパワー出せてKOM連発できたりと不思議な力が出るので前日飲んでる影響はあまりない。結果的に何の問題もなかった。

ただ、寝坊して自走でレーススタート15分前に到着。あぶないあぶない

今日の注目選手は3名
菊池君、乗り気君、雑賀さん

予想通りというか、やっぱりなというか、しょっぱなからかなりの高強度。
スタートして15分ほどで先頭集団は10名以下に絞られる
この時点でNP298w
これ1時間ももたんやつやん

でもFTPからすれば1時間はもつと思う強度なので粘れるだけ頑張る

パーク内の急坂は5.5〜6倍ぐらい
駐車場横の坂は5〜5.5倍ぐらいって感じ

みんな真面目。誰も登りで手を抜かないのでめちゃくちゃキツい。

IMG_3957
L6以上の時間長すぎでしょ

誰かがアタックでもしてくれれば諦めて集団から降りるけど、一定強度で周回していくので自分から降りるわけにはいかず生かさず殺さず。早く時間が過ぎてくれと。

残り4周ほどで一人千切れ集団は6名になる。
残り2周の急坂で雑賀さんがペースアップ。さすがにそこは対応できず千切れた。でもその後ペースは上がらなかったようで次の登りでほぼ追いつく。しかしあと少しのところで集団には入れずラスト1周は単独走になりゴール前の坂で先頭がちらっと見える位置ぐらいでゴール。

前回のブログを見るとNP261wで後半足攣り。
今日はNP294wで最後まで足はしっかり動いた。
去年もここから調子が上がったので練習としては最高のレースです。
きついコースだけど この大会は外せないね。


先週の菰野でCP20更新し、今日はNP294で1時間半走れたことを思うとFTPは設定値よりもうちょい上かも。
去年の同時期よりもかなりパフォーマンスは向上してるのでこれからのレースが楽しみです。


レース後は彼女とTKGのHさんと合流し、ぶらっと花見ライドへ

IMG_3916

IMG_3958

IMG_3939
姫路城はめちゃくちゃ人多い。1年で一番人が多い日じゃないですかね

定番のランプでハンバーガー
ここでサトーさんと合流
IMG_3949


IMG_3961

IMG_3960
写真撮る人を撮ってる人を撮るw

IMG_3959

IMG_3953

楽しいライドでした。また一緒に走りましょー

72km 2時間44分 Av26.4km/h NP160w TSS89

食料買い出し行ってから時間があったのでランへ

10km 4’40/km

思ったより足は軽い。
ランの練習量は少ないけどこのペースなら余裕で走れる。
今のところランの不安は特にないけど、距離が走れていないのでロングのランがどうなるかってとこかな

今週はTSS869

そういや3月まとめ書いてない
キャプチャ7
スイム 7000m
バイク 1681km
ラン 112km

距離だけ。内容はめんどくさくなったのでもう書かないw

えと、バイクは雨続きの週があったので3ヶ月ぶりにローラーに2回乗ったけどやっぱ向いていないのでやめ。zwiftも無駄に課金してたけど解約。真冬の氷点下でも実走だけで月間1500kmは乗れる。

現時点でCTL122
このまま上げすぎず下げすぎずしばらくキープしたいけど どうなるかな


んで、伊吹山ヒルクライムまであと2週間
また体調を整えていかないといけないのでこの先の2週間は料理も気合入れる。
1週間のメニューを考えて食材選び。偏らずに必要な栄養素をバランスよく。強化したいところは多少お金がかかってもしっかりと。

こういうところはシングルパパの特権
自分で練習、休養、食事を管理できるのはいいもんです。


   

2018 第6回菰野ヒルクライム ロードD優勝

IMG_3857 (1)

IMG_3851

キャプチャ4


菰野ヒルクライムに初参戦
いろいろと書こうと考えてたんだけどビール飲んでたらめんどくさくなってきた(笑)

書かないよりましでしょう

1週間の振り返りとかスタート前とか減量やいろんなこと書くつもりだったけどざっくり全部割愛

また出会ったときにでも聞いてくださいなw
IMG_3831 (1)

IMG_3832
前日にジムで測定
体重58.8kg 体脂肪率5.5%
出発前は59kg

ヒルクライムは軽さが正義といわてるし、筋肉を落としてでも軽さ優先と聞く。でも自分はヒルクライムメインではないしトライアスロンするには筋肉が必要だと思うので必要以上の減量はしない。

と書いてみるけど

さーせん  減量が嫌いなだけw

でも正月の菖蒲谷の時は62.5kgだったので3.5kg軽量化できた


ではレースレポ

アップはラン2km キロ4ぐらいで
ローラー台持っていくのが面倒なのでこれで十分。毎回こんな感じ

15人毎のウェーブスタート
早く終わらせたかったので先頭に並ぶ

レースプランとしてはFTPを基準として中盤まで上げすぎず下げすぎずイーブンで。その後様子をみて上げれそうならあげていく。厳しそうならそのまま粘る

スタートと同時に1人飛び出し前をひく。その後ろに1名つき自分は3番手。
1列で進んでいく

かなりいい感じのペース配分で5倍 300wぐらい

この強度がかなり楽に感じるので今日は調子がいいんだろう。斜度はほぼ一定だけど多少緩斜面になるところでパワーが落ちる。こういうところでタイムを稼ぎたいんだけど今はまだ我慢のとき。前に出たい気持ちを抑えて後ろで足を休める。

前の人が辛そうになってきてる。最後まではもたんかな

先頭を引く人も少しずつペースが落ちてきて13分頃で295wまで落ちてきた。295wが自分の最低ラインと思っていたのでここから個人TT開始。トンネルの少し手前ぐらい

後ろに付かれては厄介なのでやや強めに抜いていき一気に引き離す。しばくらして後ろを振り返ると追ってくる様子はないのであとは強度を落とさず走りきるだけ。

もうここからは選手もタイムも関係なくパワーメーターとにらめっこ。295wだったのがすぐに300wまで戻り302wまであがる。前回のFTP測定では20分300wだったけど疲労溜まり気味のときだし登りではないし。ここのところバイクの調子がかなり上がっているので最後まで300w維持は可能と判断。

このまま落とすことなく一定のパワーで出し切ってゴール

序盤の14分が290w 後半13分は311w
IMG_3849
心拍もこんな感じで
最初から突っ込んだら最後まではもたんかったかな

今日は暖かくてゴール後も寒くない。荷物は預けずに軽量ウインドブレーカーを後ろのポケットに入れてたけど、下りでそれもいらないぐらい。

27分台目標のところ26分台が出せて優勝の手ごたえあり。しかしリザルトを見るまでわからない。一つ下のカテゴリが貼りだされたときは上位3人が25分台。今年は条件がよくてタイムが速いのか...

結果 優勝/151名

ほっとしました。

2位とのタイム差は29秒

去年の伊吹山優勝したときは32分 295w
今回の菰野は26分 302w
あと6分なら298w以上は可能だと思うので去年よりは強くなってる。去年の調子であれば優勝は微妙な感じだったかもですね。


キャプチャ6
おまけ
表彰式まで早く終わりまだ11時

ぶらっと旅ライドに出かけたんだけど足の調子が絶好調
46km Av34km/h NP231w

8kmの平地でKOM獲得してました。なんていうか、今日はバイクに乗った感じがすごくよかった。体と一体になって吸い付くような感じ。説明しにくい。とにかく気持ちがいい。

キャプチャ5

去年のクリスマスに納車して今で4500kmぐらい
なんの不満もない。最高のバイクです。

3時間かけて帰宅

まだハイテンションが継続しているのでジョグへ
7km 4’51/km


今日は1日中調子がよかった

調整して疲労抜けばこれだけ動ける。毎日こんな調子ならいいんだけどそうもいかんよね


とりまこんな感じで


書きたいことの半分も書けてないけどレースレポでした。


次は来週に姫センエンデューロに出場


頑張ります


   

2018チャレンジロード in 播磨中央公園

150km ソロ マスターの部
優勝/17人 総合3位

キャプチャ

キャプチャ1


長丁場なので試走はしない。
朝は10度ぐらいで肌寒い。日中も15度まで上がらなさそうなので長袖にベスト着用
でもこれが暑かった。走り出して5分で後悔する。

補給は700mlにBCAA入り、500mlに粉飴、塩、蜂蜜、グレープフルーツ割り。
固型はスポーツ羊羹を4つと2RUN

ゴールしたときはボトルがどちらも1/3ぐらい残って羊羹は2つ食べた。足攣りの予兆がなかったので2RUNは服用せず。

39960528675_cf6ef46372_z
最前列でスタート
60kmの部が同時スタートなので最初の1時間半ぐらいはハイペースを予想していたけどサイクリングペースで進む

しばらくして数名の逃げができる。
あとで写真を見ると6名
150km 4名と60km 2名かな

1分ぐらいならすぐ追いつくだろうと思っていたのに差はどんどん広がり1時間半経過するころには2分差になった。第2集団には優勝候補の菊池君と乗り気君がいるので本気で追えば追いつけるとは思っていたけど、彼らが本気を出すとツキイチでも千切れる。

なので少しでも差を縮めておこうと登りでペースアップを試みるが集団はついてこず、下りでタイム短縮を狙うがそこも空振りで一人だけポツンと走ることになる。

無駄足使ってばかりだなと思ったので前に出ることはせず集団の流れに身を任せることにした。

差はさらに広がり最大で4分
60kmの部がゴールしても縮まるどころか広がっていく。

60kmの部はジュニアの本田君が一人単独逃げでメイン集団をラップしてぶっちぎり優勝。
先週は夜練にも参加してくれて引きずり回されました。
未来のトライアスロン五輪最有力選手 楽しみです。

60km 1時間45分 NP235w
サイクリングペースだと思っていたけどそれなりの強度で走っていたみたい。


さて、タイムギャップ4分にもなったところでかなり焦りだす。1周5分ぐらいなのでラップされれば引き離すことは困難。オープンの選手だけなら気にしなくてもいいんだけど、マスターのライバル選手が逃げに入っているので放置することはできない。

ここでAVANZAREの選手だったと思うんだけどこのままでは追いつけないからペースアップが必要だと言われていた。それに菊池君が反応して一気に集団が活性化。
ここまで2時間、70kmぐらいかな、大きかった集団は2周ほどで散り散りになり第2集団は7名ぐらいに絞られる。

その後も1人ずつツキイチになり千切れていき、30分ほど経過したときには4名になっていた。

菊池君、乗り気君、自分、チームの選手

7人でローテしていた時は下りでついていけない人がいたり前に出たときにペースが落ちたりでうまくローテが機能しなかったけど、4人になってから一定のペースでうまく回りだした。
タイムギャップはみるみる縮まり1分差

チームの方が抜けて3人で追走

もうすぐ逃げ集団に追いつけそうなところでマスターのライバル選手が落ちてきた。
追走グループに付かれては厄介なので下りでペースを上げて一気に抜き去る。

残り10周、120kmでついに逃げ集団に追いつく。4人のうち2名が脱落し2名で逃げていた。
強い

次の周の登りで菊池君がペースアップ。今度は逃げに出た
すでに逃げの選手で残っているのは1名でその選手ももう限界っぽい

菊池君と乗り気君の2名はまだ足が残っているのは分かっているし、マスターの選手はかなり差がつきマスター優勝はほぼ確定。オープン3位の選手と回していけばいいだろうと無理して追うことをやめた。
全力でツキイチしたとしてもどこかで千切れるのは目に見えてるし。

3人〜4人で追走していたときは60km 1時間45分 256w

2人で回すといっても3位の方ももう限界っぽく。
自分のほうがまだ足が残っていそうだったので8割ぐらい前でひく。

40149421374_1b8552dd3d_k
ラスト9周 27km 223w

へろへろで一気にパワーダウン
ラスト2周でマスター2位の選手をラップできた

一緒に走っていた選手はクラスが違うので最後はスプリントせずそのまま3着でゴール

39048701930_26355e3edb_k


キャプチャ2

IMG_3744
L4以上の時間が2時間近く
そりゃきついわな

いい練習になりました。

39048562360_ebbd063ce0_k
強すぎる2名  かっこよすぎ

スプリントしなかったのは密談が交わされていたようです

先々週から平日夜練再開したんだけど、参加者のレベルが高くていい練習になってる。これ続けていればもうちょい強くなれそうな気がします。


   

2018 スプリングエンデューロinはりちゅう

ども 2か月ぶりの更新です。
書かないようになるとあれですね。もうレースレポだけでいいかなってなる。

最近はブログやfacebookの投稿がほとんどなくなってtwitterばかりになってます。
ブログ書いても読み返すことなんてほぼないし、気が向いたときにちょこちょこっと日常を書くのにtwitterは楽。情報収集にも役立ってる。

レースレポの前にここ最近のことを

正月明けはだらだら過ごしてたけど月半ばからやる気になり2月は頑張った。
バイク1523km ラン166km 計74時間 TSS3639

FTP測定の結果、去年の絶好調の時と同じ数値の20分 300w
体重が1kg軽くなっていたのでPWRは向上した。
CTLは117まで上がったけど少し下がって今は110ぐらいで落ち着いてきた感じです。

ここから上げるにはかなり大変なので今の状態をしばらくキープして負荷に体を慣らせていければいいかなと考えています。


ではレースレポ
参加したのは午前中のスポーツ2と午後の2時間エンデューロ
なぜスポ2なんだと会う人みんなに言われましたよ。去年4位だったし、表彰台にあがっていないのでまだスポ2でいいでしょと。
あとは、午後のエンデューロを頑張りたかったので距離、強度ともに低めがよかったから。午後のレースまで時間もあくので回復もできる。

結果
スポ2 3位/45人 入賞
午後エンデューロ DNS リザルト残ってれば7位/104人
まさかの計測タグ付け忘れ


試走でアップをする
今週は足が重かったけどうまく調整できたようで体調は万全
3周 9km 16分 Av34.5km/h NP279w HR155bpm MAX169bpm
体はよく動くのでレースが楽しみ

今回動画を撮るつもりでバイクにセットしていたらブラケットのネジがなめてしまい取り付けできなくなってしまった。データを見たり動画を見返して反省したりするのが楽しみなのに。残念

序盤は大きな動きがなく淡々と進む

やはりマトの選手が前をひくのでスポ2でも強度は高い。後ろにいるとインターバルがかかるのでできるだけ前へ

初出場の去年は後ろで千切れかけ無駄足を使ったけど今回は下りでも足はまったく使わなかったし、位置取りよくレース運びができた思う。

ラスト2周の3回目の登りで一人が単独アタックで逃げに出た。

足はまだあるので追撃するか泳がすかで悩んだ結果、見送ることに

キリPさんのブログで、逃げてもマトが後続を引き連れて無駄足を使ったという記事を思い出す。ラスト1周単独で逃げることは難しいだろうと

が、下りは全力で引く人がいなく、マトさんは誰も前に出ない。後は選手に任せようといった感じ。思惑通りにはいかず前との差はかなり広がり逃げ切り濃厚になってきた

下りの途中から自分が先頭になったので登りで全力出し切り単独2位を狙うことにした。
キャプチャ

しかし1分 7倍の420w出してるのに2名に抜かれる

まじかよ

何人残ってたのかな、人数は絞られている様子

あとはスプリントに備え下りはお見合い

ゴールスプリント
いつもゴール前で抜かれるので今回はギリギリまで後ろで待機して手前で飛び出してみた。
結果、前にいる選手はギリギリさせたけど反対側からきた選手が抜け出して3位でフィニッシュ

075ce0bb-e754-4928-98e9-f5593f7c9067

優勝狙ってたんだけどな。
不本意ではありますが3位入賞だったのでスポ2卒業して次回よりスポ1で頑張ります。

キャプチャ2


午後のエンデューロ

計測タグが午前、午後ともに共通だったのに、午前が終わって外してしまった。それに気づかずスタートし、ゴールしてからタグがないことに気付くという大失態。
最終ラップまで先頭集団に残っていたのにリザルトではDNS 悔しすぎる

スポ2からエンデューロまでは3時間近くあり、午前中の強度は高めではあったけど時間が短かったので足の疲労は思ったよりはまし。

しかしメンツがヤバい。PやE1がゴロゴロいて豪華すぎる顔ぶれ。

有名人の方々がブログ書いてるので参考にどうぞ
キリPさん
ヒム69さん
乗り気君

序盤が勝負と思っていたのに予想は外れて大きな動きがない。
キリPさんが登りでアタックしているのを何回も目撃したけど逃げる様子もなく集団のペースは安定していた。

スタートして1時間でNP255w 4倍強 まぁこれぐらいであれば大丈夫

ここで大きな中切れ発生 全力出さないと追いつかないぐらい。
ここが一番危なかったかも

ここから徐々にキツくなってきてインターバルがかかるような走り方をしているのはわかる。少しずつNPは上昇していき足が削られていく。

10分ごとに千切れそうになるようなピンチがくる

何回も集団から下りようかとも考えたけど、単独走になるともっとしんどいので粘れるところまで粘ろうと必死にしがみつく。前に上がることもできたけど足は終わりかけなので自分が中切れを発生させて後ろに迷惑をかけるのも申し訳ないので一番最後尾でくらいつく。

残り3周ぐらいだろうか、3回目の登りでペースアップしたところで前のマトさんが横にスライド。

そして自分だけがポツーン

ちょw

これあかんやつやん

下りに入りきるまでに追いつかないと下り全力で踏んでも追いつけない。自分なりの限界ギリギリのコーナーリングで自分なりの限界ギリギリでペダルヒットしないぐらいで踏み始め、スプリントしてなんとか集団に追いつけた

ラスト2周でペースダウン

みんな足を休めだしたのか

登りでスルスルっと先頭にあがり乗り気君と少し会話

後ろから見ててもまだまだ余裕ありそうな感じ。実は他の有名人を抑えて優勝するのではないかと思っていた。結果的にスプリントで負けて5位だったようですが。やらないことはできませんね。

ブルべやヒルクライムメインの選手がスプリントで勝つのは難しい。

来週ラップ

ここまできたら満足。目標達成

全員すごい勢いで坂を上っていくけど当然ついていけるわけがなく。

途中、足が攣ったと戦線離脱したmousoukaさんが復帰して前をひいてくれた。が、それもペースが速すぎてついていけん。下りは前にでて絶妙のペースで引いてくれたものの、ゴール手前のスプリントで一人さされてゴール。

ゴール後にタグがないことを知りがっかりしたわけですが、動画を見ると先頭集団から遅れること約15秒 この間に選手がいないのでチームか周回遅れの選手だったのかもしれない。

先頭集団に残っていたのはわずか7人でこの面子の中で残れたことは自信になった。着に絡めるほどの実力はありませんけどね。

名前はないけどリザルトです
324458e0-8094-469d-944a-562b358a0f9a


キャプチャ3


頑張った結果が残らず悔しいですが、いい練習ができたのでよしとしましょう


   

シクロ希望ヶ丘とか鈴鹿ウインターエンデューロとか

書くこと多すぎ

鈴鹿から無事帰ってきたけど、すでにちょいと酔ってる

溜めすぎると書かなくなるから一気に書いておこう


えと、1/2の菖蒲谷から

1/3 スノボ
1/4 ラン21km キロ5 バイク110km
1/5 休
1/6 休
1/7 シクロ#7 希望ヶ丘
1/8 鈴鹿ウインターエンデューロ 3×3

スノボー
中3の次男が急成長して親子3人同じ身長になった。なので次男のスノボ用品も一式そろえてシーズン1本目
IMG_2852
久しぶりに滑るけど特に違和感なく。でもグーフィーはイマイチうまく滑れない。180とかは普通にできるし楽しくすべる分には十分。子供たちも普通に滑れるし楽しい1日だった。

翌日
筋肉痛になるかと思ってたのに特になし
朝走って 午後からバイク
ご近所の同級生のおじさんと走ったけど、かなり速くなってた。
stravaのセグメントのタイムも変わらんし、そろそろレース出てみたら?マスターなら入賞できる実力あると思うけどな。

1/5、6は仕事
疲労もたまってそうだったので何もせず

1/7のシクロ 滋賀 希望ヶ丘
くじ運悪く50番台からのスタート
今日はスタートを頑張ると決めていたのにダッシュが決めれず。自分より後ろにいた代表は開幕スプリントであっという間に消えていった。
開始早々後ろをみると誰もいなく最後尾に。

この差なんだよな
今のままではいつまで経っても上には上がれない。

IMG_2934

IMG_2936

IMG_2937
某総帥 写真あざっす

登りが長かったのでそこで上がれた。テクニカルなポイントがなくなりパワーコースになったみたいだけど、ビリスタートでは先頭まで上がれるはずもなく
IMG_2924

真ん中よりちょい下でゴール

昼の試走時間に練習
3枚目の写真の段差、C1の人はほとんどが乗車で乗り越えていく。見よう見まねでチャレンジしたらやっぱりコケた。足首負傷 軽症だけど
階段も乗車で乗り越えていくしスピード感も全く違う。stravaのタイムをみて更に実力の違いを見せつけられる。

シクロうまくなりたいな オフロード速い人はかっこいいわ


かなり酔いがまわってきたけど頑張って書こう


翌日は鈴鹿でレースがあるので鈴鹿のホテルで一泊
安い綺麗で朝食も美味しかった。

第2回スズカウインターエンデューロ
スリーバイスリーのチーム戦で参加
3人チームでの周回数、タイムで競う

soleilから3チーム参戦 自分はBチーム
Aチームは優勝が狙える実力者たち

まず冬の雨なんて走ったことないしどんなウェアリングをしていいのかわからない。
上からパールのウォームキャップ これはよかった
長袖ジャージの下にゴミ袋を入れておく。これもいい ベストも着た
下半身は特に対策せず
グローブの中にゴム手袋を入れておく。浸水することはないだろうと思ってたのに1時間が経つと中に水が入ってきた。
シューズは靴下の上からナイロン袋を履き輪ゴム。その上からさらにVelotoze
これも完璧だろうと思ってたのに1時間ほどで浸水してきた。
でも2時間程度であればこれでなんとかなったのでいい経験にはなったな
背中の補給はとれないだろうと思ってボトルに粉飴、BCAA、蜂蜜を入れておき、それだけにした。

悪天候により3時間から2時間に変更

運営GJ 3時間とか無理です。

スタート前のサイコンの気温表示は0.7℃ 打ち付ける雨 寒すぎる

プラン
とにかく安全第一 足を使ってでも前で展開する。集団の中には極力入らず逃げれるようにしておく。

雨なのでやはりコーナーのペースはかなり遅い。この速度であれば落車することはまずないだろう。最後まで落車は一度も見ませんでした。

ただ、プロのサポート選手が多いし逃げれそうな有力選手も多数参加しているのでできるだけ前にいるようにする。いつ中切れしてもおかしくない。

1時間までは大きな動きがなくペースもたんたんと。

そこからホームストレートの登り?で一気に加速
6番手にいたけどツキギレしそうになり必死にブリッジ
後ろがどうなってるかわからないけど中切れしてもおかしくない強度だった

1時間半経過

このあたりでエースの逃げを確認する

前にマトのサポート選手 逃げは3人ほどか かなりの差があいている

残り30分しかないし2時間でエースが垂れるわけがないので逃げ切り濃厚

となればBチームの自分としてはAチームの優勝に貢献できるような動きをとらねば

逃げがあるのは数人わかってそうだったけど知らない人もいる。うちのAチーム2名もエースが逃げているのを知らなかった。エースが逃げていること、集団ゴールできれば優勝できると2名に伝える。

あとは吸収されないようにしなければと集団の先頭に出てしれっとペースを落とす。すぐに追い抜いていかれるけど時間かせぎにはなる。わざと中切れを起こさせたり。チーム戦なのでね。そういうのもありでしょう

何度か前に出ようと思ってたけど先頭がマトのサポート選手
そんな人の前に出てペースを落とそうとしたら怒られそうだし、そこまでする勇気はなかった。

残り15分で逃げとの差は1分 Aチームの2名は先頭集団にいる
勝ち確と思った

あとでエースに聞くと、マトの佐野さんと学生、56さんとエースの4人で逃げ。
佐野さんは腰が痛いとかで後ろの集団に戻り、56さんは付き位置で一度も前にでなかったとか。サポートで着に関係ないしそういうものか
2名でローテして逃げ切りだったそうな

残り15分 Aチームの優勝はほぼ決定
ホッキーもすぐ近くにいるしBチームの入賞も狙えるか! と思って後ろを振り返ると誰もいない。みっちゃんおらんやん

集団に残っていると思っていたのに想定外だった。

推定1500Wを超えるスプリンター ホッキーに集団の1着をとるように話をする

着には絡めなくてもできるだけ上の順位へ

あと2周ほどだろうけど思ったほどペースは上がらず

最終ストレートで一気に前の方でスプリントがはじまった。あと1周じゃないの?後方でうろちょろしてて隣にホッキーおるし。どちらもあと1周あると思ってた。

そのままスプリントすることなく惰性でゴール

結果
Aチーム 優勝
Bチーム 4位
Cチーム 9位

要注意だった大阪のどすこいチーム
パドックで隣でしたよ。みんな3本ローラーでアップしてるのにうちのチームは誰一人アップしない(笑) この差がおもしろかった

そして結果としては、エースの逃げのおかげで優勝
第2集団の2、3、4着はどすこいチーム
うちのチームは8位、9位、10位、11位

これってさ、逃げが決まってなければ負けてたね。エースの力は偉大だ
IMG_2954
チャンピオンジャージいいですねー
Aチームが羨ましい
僕は今の実力ではAチームには入れませんので。仕方ないです。
今日のレースでもチームで5着ですからね。

鈴鹿のデータ
IMG_2976


IMG_2973
4位でも賞状と副賞いただきました。

IMG_2967
リザルト


最後に

ほんま寒かったです。

3時間とか無理 1時間で手の感覚なくなってきたし
1時間半で意識もうろうとしてきたし。

落車せず無事帰宅できたのがなによりですね。



読み返すの面倒なのでそのまま投稿

誤字脱字は勘弁してね

お疲れ様でした

image
   

菖蒲谷ヒルクライム2018

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

元旦は恒例の善防山へ初日の出を見にいく。今年は彼女と一緒に
IMG_2750
数日前まで曇りの予報だったのが少し雲がある程度でほどよく見れました。

初詣はもう行かなくなりましたね。お守りも買わないし。

なんていうか、神様なんて信じてないしお守り買ったところで効果があるとも思ってないし無駄なお金と時間だなと考えてたりします。

次男は今年受験だけど合格祈願なんてのはいきません。神様にお願いしたら全員合格するんですか?
なわけねーだろと。

姉は子供が受験だから「滑る」って理由でスノボーに行かないって言うし。

やれやれ この考え方理解できませんわ


そういえば去年が厄年だったのかな?
まーったく気にしてないので知らないうちに終わってたみたい。
厄年が人生最高の年になりましたけどね。そんなもんでしょう

ついでに、年賀状も送らなくなりました。
数年合っていない人やしょっちゅう合う人や、送る意味に疑問を感じたので。


脱線しました


その後サイクリングへ

カサイチって知ってますか? 加西市1周サイクリングコース 63kmあるんですって

IMG_2793

IMG_2800
初めて走ってみたけどコースややこしすぎ。
でも走ったことがないところが多くて新鮮で楽しかった。

アワイチの疲労が残っていたので大晦日はオフにしたはずなのにまったく回復しておらず。明日の菖蒲谷はヤバそうだと感じながら走っていました。


菖蒲谷ヒルクライム

去年は2本合計 28分54秒で3位

今年は疲労が残っているし、どうやら速い人がかなり多そうで着には絡めそうにない。

1本目
びっくりするぐらいパワーがでない。
序盤で270Wとか。数日前の夜練だと300W 7分 5本できていたのに。
なにもできずに終わり

15分03秒 250W NP256W 161/172(bpm)

2本目
15分21秒 246W NP252W 161/174(bpm)

IMG_2808
 2本合計30分24秒 11位
去年より1分半ほど遅い。

去年は2本とも300W出ていた。伊吹山も32分 292W

疲労が溜まっていても本番になればどうにかなるだろうと考えていたけど、動かない足はどうやっても動かなかった。

練習レースという位置付けだったのでレース前に高強度淡路練にいったわけだけど、実力が出し切れないとやっぱり悔しい。でも練習しないと速くなれないし。


彼女は女子5人中3位入賞
1位と2位は中高生で次男のトライアスロン大会でよくご一緒していたよく知ってる子。
4位は速い人だったっぽい
Team Green Roadって兼松さんとこのチームで、この方 乗鞍でも上位だ
よく勝てたな

おまけで菖蒲谷HCの女子QOM獲得


その後

時間があるだろうということで万葉岬までサイクリングへ
帰りにまた菖蒲谷へ登って3本目 計54km

自分もヘロヘロになったけど、彼女は朝からちいさなレーズンパンを食べただけでその後何も食べていなく。
菖蒲谷2本登ってその後2時間半も走ればエネルギー切れるわなと

ハンガーノックのようになってしまった。
アワイチでも同じようなことしてたし。

小食なのは分かるけどレースや練習のときはしっかり食べましょう


新年1発目のレース


惨敗なのはわかってたけど やっぱ悔しい


本気レースはちゃんと調整して挑むぞ


   

2017年練習まとめ 月と週も

今週
IMG_2644
内容は昨日書いたので割愛
ランは少しだけ走ってほとんどバイク

12月まとめ
IMG_2647

IMG_2646

IMG_2645

IMG_2643

IMG_2642

IMG_2641

マラソンシーズンだけど、今はマラソンのタイムよりもバイクで勝ちたい方が強いのでバイク練多め。
1/8の鈴鹿は3×3のチーム戦なので足をひっぱるわけにはいかないしね。
今週はFestive500があったのでいつも以上にバイク寄りになった。


2017年まとめ
IMG_2650
2017年合計

IMG_2651
スイム

IMG_2652
バイク

IMG_2653
ラン

バイクは1カ月平均1000kmは乗れているからよく乗れている気もするけど、速い人は年間20000km超えてるからもっと乗らなくてはとも思ったりする。

ランは少ないけどこんなもんでいいかなと。

トライアスロンでも速い竹谷さん(通称TKさん)は年間1200km 月平均100kmでコナ3時間半で走っている。
FBでのコメント
「時間、回復、関節などを大事にしつつ、取り組みたいですよね〜(^。^)」
同感です。

月間100kmでググってみると3カ月で100kmしか走っていないのに2時間49分で走っている人がいたり。ランは怪我しやすいので無理せずほどほどに取り組んでいきたいと思います。


IMG_2654
年間CTLの推移

IMG_2655
年間週別TSS

昨年の12月はなぜか絶好調で毎週TSS800以上できていたのでCTLは120まで上がっていた。
ランの調子もよくて3’50/kmのペース走とかもさほど疲れることなく走れていたし。

で、2月末の姫路マラソン前にピークがきたのか本番前に調子が落ちてきて、マラソンのダメージが大きすぎて練習がほとんどできなくなりCTLは急降下

3月は回復期という感じで4月から練習再開
4月は週末のレースが高強度だったので一気にバイクが速くなり伊吹山と5月の美山でエイジ優勝することができた。
長良川の河川敷80km ノードラフティングでAv39km/h バイクラップ5位
これも自信になった。

メインは7月の皆生
週CTL4上昇ぐらいを目標に練習を積み上げ、4月に90ぐらいまで落ちたCTLを120まで上げることができた。
皆生はスイムが思ったより調子よく、バイクはほぼ予想通りのタイムでバイクラップ3位、ランで熱中症の症状がでて失速したけど目標のエイジ入賞は達成。

また皆生後に調子を崩し、CTLは急降下
夏以降はTSSを積み上げることができず90台で落ち着いてはいるけど、スイムの練習が減っているだけでバイクのCTLはほとんど変わっていない。
なのでトライアスロンであればワークアウトすべてのCTLを見ればいいけど、ツールドおきなわが目標の時のようにバイクメインであればバイクのCTLを確認すればいいかなと。

来年も後半は沖縄がメインになるだろうからトライアスロンは早めに終わらせて今年以上にバイクを強化していきたいなと考えています。


てな感じで2017年の練習まとめでした。


過去最高に練習できた年で、それに結果もついてきた。


なにより、怪我なく、病気なく、故障もせず、年間通して練習できたのがよかった。


2018年も特に落車には気をつけて頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。


IMG_2612

   

夜練とかアワイチとか

火曜日 夜練友の会 広峰山参加

広峰4本 増位1本(自主練)
IMG_2583
当日の体重は60kgで5本全部300W
久しぶりに5倍で5本登れた

今はベストの6分台が出せる気がしないけど春ごろにはそれぐらいまでもっていきたいな

58km TSS186


水曜日
午後休で明石のバイクフィットへ
以前のデータが残っているので過去データと基準値とのすり合わせ
サドルが前に14mm、上に3mm移動した。
どうも違和感があったのがしっくりくるようになった。ポジションは大事だ

この日は風が強すぎて横風が怖かった 78km


木曜夜連
三坂〜加西SA〜姫セン坂 KOM2つ
前日の疲労感たっぷり 基本のんびりライドだったけど疲れた
festive500があるので距離は伸ばしておく 69km


金曜日
5時出発で彼女と岩谷峠へ
火曜日の疲労が抜けていないし前日の夜練から6時間ほどしか経っていないのでこの日もかなりの疲労感。朝から足が重いので岩谷ベストは難しいと思った

予想通り 11分40秒でベストより30秒近く遅い。260Wぐらいしか出せず。

86km


土曜日
チームのアワイチ練 いつもどおりのヤバいメンツ
IMG_2624

距離稼ぎのため自宅から40km自走でいく

このときからどうもおかしいとは思っていた。

下りでギアが回ってしまう。インナーに落とした覚えはないけど。見るとインナーに落ちているので上げようとしたけど上がらない。di2のジャンクションが抜けたかな?と。信号待ちで入れなしてみるけどやっぱり動かない。

まさかの、、、 

di2充電切れ 赤ランプ点滅

多分スタートしてからずっとだし、下手すりゃ自走のときから充電がない状態だったかも。セイドーさんからフロントが変速しなくなればリアもあっという間に動かなくなるよと言われ焦る。まだスタートして20kmほどなんですけど。

バッテリーは時間でなく回数のはずなのでできるだけ変速しないようにするしかない。

平地はハイケイデンスで回せば40km/h巡航程度なら問題ない。小さな登りも変速せずダンシングで乗り切る

水仙郷登り4つほど下げて3枚残しぐらい。アップダウン区間もシフトチェンジは一切せずハイケイデンス&SFRで千切れることなくやり遂げた。

平地はトップ1〜2枚残しぐらいでよほどのことがない限り変速せず、灘の激坂もリア3枚残しで全力ダンシング。福良手前も同じく。多分福良までで20回も変速していないはず。

足を使ってでもバッテリーは使わない。

その後も同じようになんとか千切れずにほぼ固定ギアで必死に走る。残り20kmぐらいで足が完全に売り切れツキイチ。エースが強いのは当たり前だけど今日はmousoukaさんが強すぎた。40台なのに後半の向かい風で35km/hオーバーで鬼引きとかね。

結果 4時間18分 Av33.9km/h
今日はちょっと控えめなタイム。4時間10分切る強度だと付き切れするし
IMG_2626
ここんとこ疲労たまりすぎてたのでこれぐらいでよかった
どうにかこうにか完走

帰りも変速はできるだけしないように帰ったけど自宅手前3kmの登りでRDも動かなくなった。やはり最後はギアの真ん中あたりで動かしておく方がいいな。インナーローで固定されると帰るのにどれだけ時間がかかるのか

225km 7時間28分 TSS345

で、

Festive500 達成

IMG_2625

5日で536km


明日は次男のスノボー一式買いにいってから大掃除だな


   

2017年参加大会まとめ

2017年 参加大会まとめ

IMG_2612

1月
菖蒲谷ヒルクライム ロードA 3位 入賞
播磨町ロードレース10km エイジ5位 入賞

2月
姫路城マラソン 2時間59分20秒

3月
スプリングエンデューロ inはりちゅう スポ供4位 入賞
六甲全縦キャノンボールラン knight speed 4位

4月
姫セン エンデューロ 4位
伊吹山ヒルクライム カテゴリE 優勝
岡国エンデューロ男女混合4時間 3位 入賞

5月
長良川トライアスロン ミドル 総合7位 エイジ優勝
美山ロードレース2周 総合6位 U44優勝

7月
サマーエンデューロ スポ機5位 入賞 午後チーム優勝
皆生トライアスロン 総合19位 エイジ3位 入賞 チーム2位入賞
播中早朝版 マスターの部 優勝
播中バトルラン(飛び込み参加) 4位

8月
珠洲トライアスロン 総合15位 エイジ優勝

9月
加西トライアスロン 総合3位 入賞
播中2時間エンデューロ マスターの部 3位 入賞

10月
ラブトラ カップルの部 2位 入賞
北播磨サイクルエンデューロ 3時間ソロ 2位 入賞 男女混合チーム 優勝
関西シクロ#1りんくう C4 9位

11月
ツールドおきなわ 100kmオーバー40 2位 入賞
関西シクロ#3 マキノ C4 2位 入賞

12月
播中エンデューロ 時計周り マスター 優勝 反時計周り マスター8位
関西シクロ#4 美山 C3 44位
関西シクロ#5 マイアミ C3 31位 
関西シクロ#6 烏丸 C3 55位


参加大会29 / 入賞(優勝)21


加西トライアスロンのメダル間違えた これ去年のだ


今年もよく頑張りました。


2018年の目標も決めているので気持ちを切らさずやっていこう


   
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ページビュー
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

profile

kamipack

練習、レース等の
記録用ホームページ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Archives
Recent Comments
ブログ内検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
過去の大会成績
2011年
佐渡トライアスロン
11時間37分
総合54位 エイジ4位

2012年
第1回UTMF
35時間05分 総合133位

ITUトライアスロン 世界選手権 スペイン・ビトリア大会
7時間39分
64位

2013年
第2回UTMF
31時間52分 総合133位

佐渡トライアスロン
総合24位 エイジ3位

2016年戦績
8月
珠洲トライアスロン
5時間45分
総合8位 エイジ1位

9月
加西トライアスロン
2時間16分
総合4位 エイジ1位

10月
岡山国際エンデューロ3h
11位

11月
北播磨エンデューロ3h
5位

もみじの里ハーフマラソン
1時間17分44秒
総合22位

黒井城トレイル
総合9位 エイジ1位

Fun Trails 100k
17時間50分
総合17位 エイジ5位

播中ロードレース2h
午前チーム 1位
午後チーム 4位
2017年戦績
1月
菖蒲谷HCロードA
総合3位入賞

播磨町ロードレース10km
36分00秒 エイジ5位入賞

2月
姫路マラソン
2時間59分29秒 249位

3月
播中スポーツ供。完

六甲全縦キャノンボールラン
Night Speed
6時間02分 4位

4月
姫セン エンデューロ 4位

伊吹山HC(ショート)
32分39分 カテゴリE優勝

岡山国際4時間ペア
男女混合3位入賞

5月
長良川トライアスロン
4時間18分 総合7位 エイジ優勝

美山ロードレース2周
総合6位 U44優勝

7月
播中 スポ
5位 午後チーム優勝

皆生トライアスロン
総合19位 エイジ3位

播中2時間エンデューロ
マスター優勝

8月
珠洲トライアスロン
総合15位 エイジ優勝

9月
加西トライアスロン
総合3位

播中2時間ED
マスターの部 3位

10月
ラブトライアスロン
カップルの部 2位

北播磨ED
3時間ソロ 2位
男女混合2時間 優勝

関西シクロ#1
りんくう C4B 9位

11月
ツールド沖縄
100km オーバー40 2位

関西シクロ#3
マキノ C4B 2位

12月
播中エンデューロ2時間
時計周り マスター優勝

播中エンデューロ2時間
半時計周り マスター8位

関西シクロ#4
マイアミ C3 31位

関西シクロ#5
烏丸 C3 55位

ギャラリー
  • 2018 伊吹山ヒルクライム参戦記 男子E優勝
  • 2018 伊吹山ヒルクライム参戦記 男子E優勝
  • 2018 伊吹山ヒルクライム参戦記 男子E優勝
  • 2018 伊吹山ヒルクライム参戦記 男子E優勝
  • 2018 伊吹山ヒルクライム参戦記 男子E優勝
  • 2018 伊吹山ヒルクライム参戦記 男子E優勝
  • 姫セン サイクルエンデューロ 2018
  • 姫セン サイクルエンデューロ 2018
  • 姫セン サイクルエンデューロ 2018
  • 姫セン サイクルエンデューロ 2018
  • ライブドアブログ