2015年12月08日

司法研修所。
入り口には,「The Legal Training and Researching Institute」と書かれている。

修習開始前日。今日は,司法研修所の寮の「入寮日」である。

獅子原「ここがあずみ寮か・・・・・・・」


あずみ寮。

司法研修所内にある寮である。

修習生採用願いを出す際,一緒に,「入寮希望」を出すことが出来る。
そして,入寮許可がされた者は,「あずみ寮」「やみ寮」「税務大学校」のどれかの寮に入る。

「あずみ寮」は,A棟とB棟に分かれており,B棟は「喫煙者棟」である。とはいえ,B棟が全て喫煙者で埋まるということは無いため,B棟にも非喫煙者が入るフロアはある。

「やみ寮」は,元々教官がいる寮である。が,導入修習という制度が復活し,1800人が一斉に和光に集まるようになったのを受けて,やみ寮も50人ほど受け入れるようになっている。部屋は多少あずみ寮より広い。

「税務大学校」は,修習生の間で「税務大監獄」といわれる場所である。何故なら・・・・



女修習生「あ,そういえば鏡も必要だよねー。」

女修習生2「私も持ってき忘れてたー。」

男修習生「あ,スリッパもある。」

男修習生「いや待て。誰が履いてたかわからんスリッパだぞ?」


獅子原は考え事を中断した。

ここはあずみ寮の入り口である。

入寮日,入り口には先人が置いていったアイテムがフリーマーケットのように置かれている。大量のハンガー,トイレットペーパー,洗剤,傘,食器,洗濯バサミ,シャンプー,スリッパ・・・・

獅子原(あちゃー・・・トイレットペーパー,あるんだな。かさばるのにわざわざ持ってくる必要なかった。)


入寮手続が済むと,獅子原は靴を割り当てられた下駄箱に入れ,エスカレーターに乗った。

あずみ寮は全7階の建物である。
獅子原の部屋は7階だった。

あずみ寮は,4,5階が女子だけの階である。もっとも,別に男子立ち入り禁止というわけではない。


獅子原(A777・・・777・・・ここか。)

獅子原爽也。部屋の前には,自分の名前の表示があった。

ガチャリ。鍵を開けて,獅子原は自分の寮室に入った。
















  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字