2016年03月08日

1 はじめに
先日,「論ナビの使い方を教えてほしい」というメールをいただいた。

論ナビとは,伊藤塾の教材・論文ナビゲートテキストのことである。
論文ナビゲートテキストとは,まあ,伊藤塾版の趣旨規範ハンドブックの様なものである。

もともとレジュメ式の基礎マスターテキストを更に圧縮し,コンパクトなB6に。
ただし,論証は論証の形で載っている。
論証は,若干長めだが,別教材である「論証パターン集」に載っている論証からリニューアルされている。


公法,特に憲法はまるで使えないので再生紙送りだが,全体的に予備校まとめ本の中ではクオリティが高いものだろう。スペースの都合上,判例の引用部分が短すぎたり,追加したい論証があるにはあるが,まあ,それは加工で対応できるのは言うまでもない。

俺は,司法試験会場に論ナビを持っていった「最初の人」だと思われる。
というのは,論ナビが生まれたのは,伊藤塾の講座で教材として配られるようになったのは2年半年前ぐらいであり,当時講座をとっていた人間が,予備試験は兎も角として,半年前の司法試験合格まで行っているとは考えにくいからである。

ではお前は何なんだと言えば,俺は,ロー2年の頃に論ナビという教材だけを「買った」人間である。確か一冊千なんぼだったかな。比較的厚い民法商法あたりはもう少し高いかもしれないが…。


当時(今も?)論ナビテキスト自体の認知は低く,当時講座を受け終わりローまで行っていた人間の中で,「論ナビテキスト」の存在を知っていた者はほぼ皆無と言ってよかろう。
俺は,予備校オタだから知っていたのである。俺より司法試験予備校オタクっておる?

そして,仮に論ナビテキストの存在を知っていたとしても,ローまできて,伊藤塾の論証系教材を買おうとする酔狂な人間も殆ど居ないと思われる。その結果,俺が「初代論ナビ合格者」として唯一無二の存在として爆誕したわけである。


2,一般論
論文ナビテキストは,所謂「まとめ用ノート」である。
勉強の成果を一冊に蓄積した脳のバックアップ。
忘れても,その一冊を読めば「今までの勉強成果全てを身に着けた状態」に戻せる外付けメモリー。


今書いたことは,よく言われていることを言っているに過ぎないが…一つ指摘すると,
論ナビテキストが「勉強成果を蓄積する先」ということは,論ナビで新しいことを身に着けていったりするわけではないということだ。

論ナビのような箇条書きのテキストで理解が深まったりすることなどまずあり得ない。

「一度ちゃんと理解したこと」だから,論ナビの様な簡素な記述で思い出せる。
論ナビをめくる勉強とは結局,「はいそうだね,そうだね,そうだね,そうそう,うんうん,あ,そういえばそうだった,そうだね,そうだね。」程度のものであるべきだ。これは論ナビに限らず,「まとめノート」という性質を持つもの全てに言えることだと思っている。
論ナビの簡素な記述を見れば,分厚い基本書や,調査官解説とたわむれた日々が思いだせる…そういうもの。


3,加工
(1)色塗り
  宗教上の理由により,項目と重要部分に色塗りをしなければならない。
  定義・要件等も割と細かく書いてあるので,定義の色を使ったり要件は四角でまとめて囲ったり。

(2)論証加工
 論証の補足,あてはめの考慮要素等の書き出し等。
 載ってないけど載せたい論証があれば大付箋などを使って追加。

(3)判例加工
  載ってないけど必要な判例があれば縮小印刷して貼り付け。
  重要判例などについては射程論等書き込み。

(4)図表の挿入
  論ナビテキストには図表は殆ど入っていないが,必要とあらば挿入


4,基本的にいつも持ち歩いている。授業中やゼミの間もいつも開いている。で,載ってないもので,かつ,必要なもので,かつ,書き込む必要があるものは書き込んでいく。

「必要なもの」かどうかは,過去問検討により把握されたし。

論ナビを自分なりに完璧なものにするために,本や判例(判例評釈)は結構読んだ。

余白は少ないわけでは無いが,別紙を糊で貼ったり,付箋を使うことは少なくないと思われる。
とはいえ,色々読んだ「成果」だけを論ナビにまとめていき,論ナビにあまり長文を乗せるべきでない。論ナビ一冊を読み返すのに必要な時間は,短くあるべきだ。もし読んだものをしっかり理解しているのなら,短く要点を書けるはず。
そして,短く要点だけを論ナビに書くことを意識するからこそ,理解も進みやすいとも言えよう。

試験直前期,論ナビ1冊を読み返すのにかかる時間は15分程度だった。
(なお,試験当日は出題趣旨採点実感のまとめしか読んでないので,試験会場では開いていない)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ヤンバルクイナ   2016年03月09日 12:01
丁重なリプライありがとうございます。
宗教上の理由にしびれました。
2. Posted by kou   2016年04月30日 20:46
そのテキストだけ購入できるのですか?
講座も受講しないといけないのですか?

コメントする

名前
 
  絵文字