2016年03月13日

かつて俺は,このブログで,「ロースクールエピソード」という,バカ大面目な創作物を投下していた。
今では一般的に使われている(誇張)「学圧」という言葉も,ここ発信である。

そして,その後の話として,「司法修習物語」も頭の中にはある。
この司法修習物語については,信じられないかもしれないが,「楽しみにしています」という声がある。


では何故書かないのか?
そもそも,何故日記すらあまり書かないのか?


それは,読者様も既に理解っておられる通り,「守秘義務」の壁があるからである。


俺は,「職務上知り得た秘密」のラインをわかっているつもりである。
そこを踏み越えないで自分をコントロールする自信がある。

だからこそ,Twitterも,修習生には比較的珍しい強気の「鍵無し」である。


それでも司法修習物語を書けないのは―――「秘密」以外にも研修所は目を光らせているからである。


修習生がブログで日記を書いたことが守秘義務違反,というのはありがちなネタである。
しかし,ブログの内容を見ると,俺には守秘義務違反には思われないものがそれなりにある。

具体例を見ていただこう。

今日,はじめて取調べをやりました。
相手は80歳のばあちゃん。
最初はいろいろ話を聞いてたけど,途中から説教しまくり。おばあちゃん泣きまくり。
おばあちゃん,涙は出て無かったけど。
けど,なんで20代の若造が80代のばあちゃんに説教してるのか。
それに対してなんで80歳のばあちゃんが泣いて謝ってるのか。
なんとなく,権力というか自分の力じゃない力を自分の背後に感じた。


「このレベル」の書き込みが,産経の記事で「守秘義務違反の疑い」と書かれているのだ。
実際処分が下されたかは記事からでは明らかでは無かったが……しかし,記事にされたということは,研修所が全く動かなかったわけではないのだろう。

そして,処分の有無とかかわりなく,研修所が動くこと自体が,修習生にとっては,大変な脅威だ。

見てわかると思うが,上の書き込みを守秘義務違反として何らかの制裁を科すのは無理だろう。
流石に,実際に何か処分がされたとは俺は思わない。

・・・・・・が,「こういう記事を積み重ねていつかやらかしかねない」と研修所が考え,注意をするぐらいはしたかもしれない。


司法修習生という立場が,もっと強いものであれば,注意は注意として聞いた上で,守秘義務違反しなければOKだろと強気な態度で出ることもできる。が,司法修習生という立場は,まさに現代の特別権力関係。弱い,不安定な立場である。「給料は出ないが『休暇』の概念はありません」というのが通用してしまう立場である。

そんな修習生としては,当然,リスクを取れないから,萎縮せざるを得ない。
注意だけでも,事実上どんな不利益が来るのか予想がし難いから,萎縮せざるを得ない。


俺は,「秘密」を漏らさない自信はある。
その程度の,多くの修習生が持っている思慮深さぐらいは持っている。
その程度の思慮深さはあるからこそ,逆に,書けないのだ。


修習生の皆様は,「秘密」というのを何だと考え,
「どこまで」話してよいとお考えだろうか?


「どういう事件か」程度のことは,実務家はよく授業や講演などで話しているから,話しても守秘義務には反しないのだろう。
が,修習生としてはやはり話すことに恐怖を覚えるのではないか?


公開の法廷に出ていることは,どう考えても「秘密」にはなり得ない。
が,公開の法廷に出ていたとしても,具体的情報を話すことには恐怖を覚えるのではないか?


秘密でなくとも話せない。

俺が自分を納得させている,そして自分の中でラインを引くための理屈はこうだ。

事件の概要や,公開の法廷に出ていることを話すのは,守秘義務違反にはならない。
しかし,そういったことを話していると,「秘密を漏らしてしまっているのではないか」と疑われる。
真実,秘密を漏らしているかどうかは別として,「秘密を漏らしてしまっているのではないか」と疑われること自体が,修習生に対する国民の信頼を損なう。

そのため,守秘義務には反しないが,修習生の「品位保持義務」に反する恐れがある

品位保持義務を持ち出すのであれば,研修所があの程度のブログの記事に反応したのはわからないではない。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

この記事へのコメント

1. Posted by ますじろう   2016年03月14日 18:00
69期です。
すごくよく分かります。
2. Posted by もん   2016年03月14日 19:37
当人が真綿にくるんだにしても、同じような経験をした人や、逆側の人には、他人事に思えぬリアリティがあるでしょう。
自分のことを書かれたと思う人や、違うんだけど自分のことかなと考える人が通報や相談すると、ブログのチェックはもちろん、他所で秘密を漏らしてないか、身上を調査する職場もあるみたいです。
御記事の例がそれかはわかりませんが、線引きはある日突然変わりますので、日頃からご注意はされてた方が無難、かもしれません。
3. Posted by 弥月   2016年03月14日 23:14
確か、長崎の修習生のブログは、この人に対する取調べだったか、違う人の取調べだったかで、「是非、前科○○犯を目指してほしいと思います」などというアホな投稿をしたことが一番問題にされたんだったと思います。さすがにそれは修習生というか人としての品位が下がるものなので、研修所も容認できなかったのではないでしょうか。

まぁ、守秘義務や品位等はブログを書く人は中々気になると思います。
難しいですよね。
4. Posted by みにーまん   2019年02月26日 11:14
わたしの父は刑事だった。
でも 主さんの発する 守秘義務が当然あり
事件があったら 招集がかかり
夜中に家に連絡が来て出て行く事が多かった

当然、守秘義務があり、事件の事は家族にも
話せない、話さない。

だから父は刑事だという事は小さな頃から
わかっているが、守秘義務がある為どんな仕事を
していたかは未だに知らない。

コメントする

名前
 
  絵文字