2017年11月15日

1 出題パターン
 ⑴ 主張分析
 ⑵ 争点把握
 ⑶ 釈明事項
 ⑷ 事実認定
 ⑸ 手続問題

2 総論
 ⑴ 問題文の指定に従う
   ・最も設問の注文が細かい科目。注文事項に沿った答案構成
 ⑵ 指定枚数は「目安に過ぎない」
   ・オーバーしても減点なし。量で勝負するタイプの人は無理してページを抑えない。
   (20枚指定の起案で38枚書いて提出
             →教官コメント「充実した内容です!」A評価)
 ⑶ 独特の用語
  ・「意味合い」:推認過程
  ・「重み」:推認力
 
 ⑷ 無罪起案もあり得る(検察起案ほど有罪起案必須ではない)

3 争点整理(主張分析・争点把握)問題のチェックポイント

  争点の共有→争点に関する証拠関係の確認

 ⑴ 手続に沿った検討を求められている。
   ・記録を見れば証拠もあるが,証拠は見てない前提。
   ・「重み」(推認力)を問われた場合にも,解答としては「現時点では不明である」が正解の出題あり。
 ⑵ 当事者意識を意識する(重要)
   ・要証事実・証拠構造は証明予定事実and予定主張書面から把握する。
   ・当事者主張とは別ルートの推認過程を思いついても,まずは当事者の主張・意図に従う。
     ①Pの主張把握(証予。間接事実型なら証拠構造型証予があるのが通常)
     ②Bの主張把握(予定主張)
     ③争点確認(まずは主要事実から)
          ・事実を争う→事実の有無
          ・推認力を争う→反対仮説が立つか?
     ④当事者は争点につきいかなる証拠・間接事実により立証するか?
     ⑤間接事実の意味合い・重みの確認

4 釈明・証拠整理問題のチェックポイント
 ・要証事実の把握と,要証事実に対応した証拠構造の把握。
  その過程でよくわからないところがでてきたら釈明。
 ・証拠整理では,立証対象そのものの重み(間接証拠の場合),当事者の争いの有無・証拠意見をチェック

5 事実認定のチェックポイント
 ⑴ NG
  ・証拠に基づかない認定はNG
  ・「争いがない」から認定はNG
  ・「不利益陳述だから信用できる」もほぼNG
  ・「少なくとも」認定は逃げ,点数は伸びない
  ・都合の良い証拠・事実だけ拾うのはNG
  ・結論を決め打ちしない。

 ⑵ 争点整理の結果を踏まえる
  ・設問で要求される認定対象は絞られている

 ⑶ 認定の順序は積極→消極
   ・立証責任を負うPの立証が足りなければ,消極を検討するまでもない
   ・当たり前なはずだが,稀に消極から検討する者がいる(教官)

 ⑷ ①証拠→②事実→③意味合い→④反対仮説検証→⑤重みづけ→⑥認定
   ・これをループ。認定されたのが(再)間接事実の場合等は統合していく。
   ・③意味合いでは経験則を丁寧に示す。
    当たり前の経験則も素朴に示すことが求められている(教官)
    ・反対仮説が想定しがたい→強い推認力
 
 ⑸ 故意が問題となる場合の注意点
   ・確定的故意認定は難しいが未必の故意認定が正解筋の出題過去にあり。
   ・ただし,確定的故意認定ができる問題で未必の故意に逃げれば当然点数下がる(量刑に影響大)

6 起案形式例
 第1 争点
 第2 争点についての判断
  1 積極方向に働く間接事実
   ⑴ 間接事実1
    ア 認定事実
    イ 意味合い・重み
   ⑵ 間接事実2
   ⑶ 小括
  2 消極方向に働く間接事実
  3 総括










  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

この記事へのコメント

1. Posted by 71期   2017年12月17日 23:58
71期の者です。
大変参考になります。
よかったら、他の科目についてもお願いします!

コメントする

名前
 
  絵文字