前回強化したメタルマル28でGTらしきものが嬉しまずいことにかかってしまったんですが、スプリットリングから全て吹っ飛んでしまったのが始まりでした

しかしスプリットリングが吹っ飛ばないようにドラグを使えば、この魚はとまらないので根ズレで終了。
しかしメタルマルで釣りたいし、そこの魚はメタルマルに食ってくる。マッチザベイトなのです。


どうしようか、、、
GTチューンとして作ってみました。
スプリットリングも45〜70キロでハリはタマン針の20号

これは食ったら勝ちでしょ!!




早速現場に到着…
キャストする…
ゴン!!きた!鬼フッキング3回!!

PE3号リーダー40lb
根ズレされないようにゴリ巻き

絶対取れる!!これに食ったんだから!w




いぇい!
本当に来た、足が震えました。


爆笑!釣りって楽しいな


このメタルマルGTチューンではフロントフックにつけていますが
これだとただ巻きしかできないので
アイにつけてゴムで軽く固定したほうがいいかも


一応メタルマルはあくまでライトゲームの範囲のものです、なのでこんなバカな真似はしないようにw

だから本当はこの魚はライトタックルで
フックが伸びないように時間をかけて楽しみながらキャッチしたかったのですよ?本来メタルマルってそうなんですよ
しかし、ここの場所でそんなことしてたらアウト、一発で根ズレ、終了。


①メタルマルにしか食ってこないような場所
②地形がゴリ抜きしかできない場所
③なおかつ相手がでかすぎる

この三つの条件が整った時にこっそりやるんですよ?


おまけ。

先日のボーゲーにて

BG72ultradeep
PE1.2号
リーダー6号
メタルマル28ノーマル

45cmのシロブチハタ
フックを伸ばさずキャッチ。

ここがポイントです。
地形と場所と条件によって
強化したりしなかったりしましょうってことです。


この夏もっと楽しみましょう。








チヌを探してランガンしてきました。


水深10cmのところまで入ってくるチヌを狙います。
できればトップで出したかったのですが今回のチヌはずっと下目線でテーリング中なのかトップを通しても逃げてしまう…ビーローチでズル引きしようもんならラインがPEの2号なので飛距離が出ず、かと言って重たいジグヘッドは車に忘れてしまいました。


なのでシンキングペンシルをまさかのズル引き…




40チヌ


2匹目♪




どうやらひとつの群れで1匹までのようでした。

あんなに背びれ出して群れで浅瀬まだやってきてるのを見るとかなり興奮します笑



ビーバイブやビースウェイも効きそうな感じ、

今度試してみよう。



最近打ち込みづくしです笑
その合間にライトゲームで暇つぶし。これいいです←笑

まずは打ち込みに使ったタックル紹介

打ち込みタックル1
ロッド:SWG-BG72ultradeep(ブリーデン)
ライン:アップグレードPE1.5号(よつあみ)
ハリス:14号 3/0フック

打ち込みタックル2
ロッド:グリッサンド77(ツララ)
ライン:PE2号(よつあみ)
ハリス:14号 3/0フック

打ち込みタックル3
ロッド:沖釣り用グルクン竿
ライン:PE4号
ハリス:ワイヤーにガーラ針30号

打ち込みタックル3に関しては本気の大物狙いこれだけはルアー竿じゃないです



エサは全てイカです



これらを全て投げてピトンはダンプを使いますw



まってる間にライトタックルで遊びます

ライトタックル1
ロッド:GRF-TX63M(ブリーデン)
ライン:WX8リアルデシテックス0.5号(よつあみ)
リーダー2号


キラーダート3gにネジネジのワインドダートの谷間にヒット!!
いいよ!いいよ!

様子はこんな感じ


そうして遊んでいる間に
打ち込み竿にヒッート!!


ユダヤーミーバイ

マングローブジャック

推定5kg?!指6本の巨大海のギャングw



合計4日目にして最後の日に打ち込みにこんだけ一気にきましたよ。


毎日大きなアタリはあったのだが載せきれず、試行錯誤の結果がこれである。

なんにせよ釣りというものは楽しい。
ルアーフィッシングに学ぶもの、フカセに、打ち込みに、フライフィッシングに学ぶもの、これらの釣りは共通点があり、それぞれの釣り方に学ぶものはたくさんあります。釣れなくても楽しい!それに至る過程を楽しむ。雰囲気を楽しむ。
期待に胸を膨らませ、友達と純粋に釣りを楽しむ。


今回打ち込み釣りを久々にして学んだことです。











ラストは5.5キロのエイwww





さて、この漁港にこんな魚がいたのか!!新たな発見がありましたよ!うち込みのおかげで…ムフフ
この時間帯この場所にあんなこんなルアーを通せば…




↑このページのトップヘ