ブログネタ
高校野球 に参加中!
 というわけで、第68回を迎えた仙台二高仙台一高硬式野球定期戦。
 試合前には、野次の先攻権を賭けた一高・二高によるアトラクションが行われ。

DSC_0765DSC_0768DSC_0769


 パンストダッシュ:二高勝利
 3m走     :一高勝利
 野球拳     :一高勝利 で、一高が勝利。

DSC_0766DSC_0767



左:二高団長 右:一高団長

DSC_0770DSC_0771 ちなみに野次で一番秀逸だったのは、一高のプラカードだが、
「○○(読めない)増えないアドレス帳」
「俺は止まないLINE通知」って。。。

 で、そのアトラクションが終わった時点で雨が降りだして。最初はボックスシートを抑えていたのだが、雨が降ってきたこともあり、最上段の雨のあたらない席へと移動。さらに、明日の仙台国際ハーフマラソンにエントリーしに来たソニー仙台サポ(高校の1年後輩)が確保していた最上段の席へと移動したら、その隣に高校の先輩が親子で来ていて。さらにはその先輩のラインで、応援団だった先輩とか、二つ下の応援団長とかきたりとか。(ちなみに今年は同期は発見できず)

 二高の張子はむすび丸(写真左)。一高のはようわからんが、ただ普段(イーグルス戦で)俺がいる場所に設置されてる(写真右)。
DSC_0772DSC_0773
DSC_0776DSC_0777 ただ、これは許せないのは、応援のタイミングとセレモニーのタイミングが合わず、一高の応援歌一番と、開会式での開会宣言が被ったことw

◎第68回仙台二高仙台一高野球定期戦 2013年5月11日(土)12時50分 県営宮城球場 雨 球審:佐藤 塁審:釘子、渡邊、野田 2500人(目測)

一高 004 260 8=20 H15 E1
二高 130 202 1= 9 H9 E4
(一高は2年連続30度目の優勝。通算優勝回数:一高30勝9分29敗。
 通算対戦成績:一高64勝69敗2分)
DSC_0774DSC_0775
【一高】大友[2]、阿部充[4 1/3]、−遠塚谷
【二高】畠山[4]、鈴木[1]、畠山[1 1/3]、澤田[2/3]−櫻庭
【本】木村1号3ラン(3回、畠山)
【勝利打点】遠塚谷(5回、勝ち越し押し出し四球)

【仙台二高】監督:佐藤 貴志      【仙台一高】監督:建部 淳
4 千田 昌太郎 4 3年 館 左打  8 山口 敦純 28 2年 七ヶ浜
5 楠田 雄飛  5 3年 岩切    5 村井 勇斗  5 3年 田子
8 丹野 和   8 3年 将監    4 菅原 悠斗  3 3年 八軒
6 太宰 拓真  6 3年 上杉山   9 木村 良太  9 3年 向陽台
3 香取 幹   3 2年 吉成    7 榊田 佳文  7 2年 みどり台
1 畠山 直人  1 3年 仙台一   3 作間 隆央 19 3年 五橋
2 櫻庭 隼人  2 3年 将監    2 遠塚谷 隆文 2 3年 柳生
7 八重樫太良 11 3年 しらかし台 1 大友 仁皓  3 3年 沖野
9 鈴木 啓士郎 9 3年 南中山   6 堤 栄太   6 3年 みどり台

DSC_0778DSC_0779
 この前の1−11があるので、立ち上がりに注目したのだが・・・

【1回表・一高】山口中飛 村井三ゴロ 菅原左飛

【1回裏・二高】千田死球。初球で二盗成功、1−1で牽制ひっかかったと思ったら三塁セーフ。ここでいきなりベニーランド投入!楠田は3−2から四球で無死一三塁、
 丹野左犠飛で二高先制!
 太宰四球で一死一二塁、香取三塁ライナーで2塁走者戻れず併殺。
(二高 1−0 一高)

【2回表・一高】木村空振三振 榊田四球 作間右飛 遠塚谷左飛
 二高応援団、珍しく試合中に野次る。・・・と思ったが、試合中に野次やったのはこの1回のみだった。

【2回裏・二高】畠山遊ゴロ、櫻庭・八重樫連続四球、鈴木一ゴロ、千田四球。ここで二死満塁。楠田今日初の安打はレフト前テキサスで二者生還!続く丹野もレフト破り追加点!
(二高4−0一高)

【3回表・一高】先発大友に代打佐藤大樹(2年・みどり台)。ストレート四球、堤送りバント、山口がKスタ名物エンタイトルツーベースで一点返す。代走赤間。
 ここで一高高山書店。
 菅原四球、木村右中間(E−ウイングではない)に同点3ラン!榊田一ゴロでチェンジ。
(二高 4−4 一高)

【3回裏・二高】一高投手阿部充晃(背番号11・2年・八木山)、センター赤間和史(背番号8・3年・多賀城)。
 香取、畠山連続安打も櫻庭、八重樫、鈴木三者連続三振。

【4回表・一高】遠塚谷三失、阿部充レフト破りさらに送球逸れ一高勝ち越し。さらに赤間中犠飛。
(二高 4−6 一高)

【4回裏・二高】二死二三塁から、香取が同点タイムリー。
(二高 6−6 一高)

【5回表・一高】二高はライトの鈴木が投手に、投手の畠山がライトに。
 先頭の菅原左前安打、木村の打球はフライだが、セカンドとライトお見合い安打で無死一三塁。榊田空振り三振、代打の今野寛也(背番号4・3年・宮教大附)四球。
 一死満塁で、遠塚谷押し出し四球。(二高 6−7 一高)
 阿部充遊ゴロ、本塁封殺。一塁に送球も送球が逸れてアウト取れず。
 二塁走者本塁突入、タイミングアウトも球審の判定は・・・走塁妨害?スコアボードには「2」が。
 しかし、場内アナウンスでは「打撃妨害」との説明。タッチプレー云々は関係なく、打者・阿部充が一塁へ。押し出しで1点入った、ということらしい。一死満塁で試合再開。(二高 6−8 一高)
 さらに続く堤は左中間へ、走者一掃三塁打。続く赤間中犠飛でこの回6点。
(二高 6−12 一高)

【5回裏】一高・代打今野はそのまま一塁へ。
 4者凡退。雨はますます激しくなる。

【6回表】二高は再び畠山がマウンドへ。鈴木が投手へ。
 無死満塁のピンチも、併殺とかで切り抜ける。

【6回裏】一死満塁から、ワイルドピッチと八重樫の三ゴロで二高2点返す。
(二高 8−12 一高)

【7回表】一高は一死一塁から、村井が左中間越え三塁打、菅原左前タイムリー。木村タイムリー。ここで一高応援席ではウェーブが。榊田二塁打、外野が打球処理誤り一点追加。さらに今野が二塁打で追加点。阿部充のレフト前のテキサス安打、これをレフトがバンザイアタックで後逸し追加点。(二高 8−19 一高)
 ここで二高はマウンドに澤田舜樹(背番号10・3年・鶴ケ谷。登録はLF)。畠山はレフトへ。
 さらに一高は1点追加し攻撃終了。(二高 8−20 一高)
 この時点で午後4時。午後1時に利府で始まったイースタンリーグも、午後2時に仙台スタジアムで始まったベガルタ戦も終わっているのに、まだ7回表。嗚呼馬鹿試合。。。
 このままいけば、通常の高校野球なら点差によるコールドのはずだが、確か定期戦ってコールドゲームはないよな・・・(確か俺が高校3年のときは12−2、14−6と連敗したけど、9回までやったし)

【7回裏・二高】一死一二塁のチャンス。ここで一高は投手木村瞭(背番号10・3年・台原)。一死満塁から香取が三遊間に、これをショート弾き内野安打で一点返す。
 続く畠山三塁ゴロ、5−2−3で併殺。
(二高 9−20 一高)

 って思ったら、一高野球部が飛び出してきたってことは、点差でのコールドゲーム?をいをい、そんな話聞いてないぞ・・・
 けど、この点差だし、この雨だし、長時間試合でも照明はつかないし(第二試合として、ナイターで野球部の一二高OB戦が企画されていた)、ま、コールドもやむを得ない、か・・・。試合終了16時20分。
(降雨コールドという説も一部であるのだが、だとしたら7回終了時点で一高野球部が飛び出してきたのはなんで?ということになる。もしかすると、予め7回まで、ということで決められていたんじゃないの、と思うけど)
DSC_0780DSC_0782 というわけで、参加された皆様、その後イーグルスネストで開催された、二高の準優勝祝賀会(二高同窓会・応援団幹部OB会主催)に参加された皆様、お疲れ様でした。

 二高に関しては・・・結局、投手が他にいないのよ・・・。
 プログラム見ても、「P」とついてるのがエースの畠山しかいないし。一年生に期待するしかないのかね?

人気blogランキングへの投票お願いします。5/11現在72位。週間IN16 週間OUT42(−4) 月間IN86(−2)
livedoor blog:高校野球
にほんブログ村:春季高校野球
にほんブログ村:高校野球
トラックバックピープル:高校野球
地域生活ブログ村:杜の都仙台

<追記>
 TBCテレビのニュースとか、河北新報で「降雨コールド」と書かれていたところを見ると、やはり降雨コールドだったのだろう(予め主審が「7回で終わる」とでも伝えていたっぽい)。

togetterまとめ