2006年01月25日

『魔法先生ネギま!』123時間目・本番直前大騒動!!

ょぅι゛ょになったちうのコスが可愛いです♪
是非ちうの妹として売り出して下さい。
っつーか、反則的にヤバイです(ぉ

それはさておき、
英国紳士らしからぬ「失態」を犯してしまったネギだが・・・。


って、前回のラストのネギの後ろに居たのは、ょぅι゛ょになったちうだったんですね。
それら一連のフォローが今回だったわけで、何故デカくなった小太郎がいるのも疑問だったんですが、謎が解けました。
っつーか、小太郎、ちづ姉とはまだ何も話してないっぽいですねぇ。マスコミから逃げ回ってたようですし。そこんとこのフォローも欲しいですね。何気にちづ姉×小太郎のカップリング好きなものですから(笑)。

で、前回のラストに繋がる、と。
ノックしたまでは良いですが、返事も待たずにドアを開けてしまい、上半身ハダカの亜子と鉢合わせてしまった。
コレは非常にマズイですよね。
更にくぎみーの早とちりも手伝って、亜子は控え室を飛び出していってしまう。
くぎみーも亜子のことを思っての行動でしたが、結局逆効果。
「し、しまった・・・。」は折角来てくれたナギ(この場合ネギ)を引っ叩いてしまったことに対してのことか、ケンカが嫌いな亜子の目の前で修羅場ってしまったことのどちらかかな?

そして改めて亜子の傷に関して千雨が語ります。
赤松御大の日記でも触れていますが(キャラ設定段階からあったコンセプトである)、1巻の5時間目にも描かれているようにクラスメイトの前で亜子は気兼ねなく着替えていますね。ここはさすがというべきか、亜子への接し方が分け隔てなく外見的なもので判断しない、ということが伺えた瞬間でもあります。


そして亜子は夢で観た噴水広場へと・・・。
自分の額から流れ出た血を見てしまい気絶してしまう亜子。
気づいたらすでにライブも終わってしまっている時間。ナギ(ネギ)に傷を見られ嫌われたと思い込み、バンドメンバーにもバッくれてしまった罪悪感から自分を責める。
その時ナギ(ネギ)が現れる。
「僕が・・・魔法をかけてさしあげます。」と。


初めて非魔法生徒に対してカシオペアを発動させるということなのでしょう。
そこで傷のことも明かされるのでしょうかね?

カシオペア使ったことは実は夢でした、ってことになりそうな予感もしますが、そのほうが亜子にとって綺麗な思い出ということのほうが良いのかもしれません。
魔法世界に関わらせないようにする為に。



人気blogランキングへブログランキング

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ネギま!123時間目の感想と感想リンク集  [ hakuro.info blog ]   2006年01月25日 23:08
【感想リンク集付き】「僕が…あなたに魔法をかけてさしあげます」来週どうなる?
2. 123時間目の感想  [ Verba volant, Scripta manent. ]   2006年01月25日 23:13
魂が抜けても……マガジンの感想だけは……くっ……! ジゴロ次五郎は長かったニカ編が終了。よくまとまった話でした。 アヒルの空……なんだかなあ…… OverDriveはいい感じに次につ 
3. ネギま!123時間目の感想  [ うわっつらな進化する日々 ]   2006年01月26日 00:27
冒頭は先回のシーンから、直ぐに数時間前に飛ぶのですね。 千雨の"仕様"はツッコミどころなのでしょうが、矢張り損してますね〜^^; 期せずしてネギとコタローは再会ですか。確か〈
4. 魔法先生ネギま! 123時間目「本番直前大騒動!!」  [ 初音島情報局 ]   2006年01月26日 01:10
魔法先生ネギま! 123時間目「本番直前大騒動!!」 なっ・・・ちょっ・・・千雨・・・っ!(悶) 控え室で着替えていた亜子の背中の傷を見てしまったネギ。 それは今から数時間前のこ??pe,@

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
トラックバックありがとう御座います♪
アマゾン
Profile
訪問者数

訪問者数