2006年02月22日

『魔法先生ネギま!』126時間目・モーレツ!物欲アタックv

はぁ!この展開!
アニメ版XX4時間目のラストのように修羅場化するんでしょうかっ?(わくわく)

夕映の感情を見抜いたパル、それに驚く木乃香。
なによりも一番驚きを隠せなかったのどか。
ネギを巡っての三角関係勃発なるか?


・・・と、前フリしましたが順番にいきます(笑)。

まず扉ページ。
図書館組の組み合わせですが、彼女たちの洋服がモノトーンで決まっててカッコイイですね。
表情も、特に夕映っちのアンニュイな感じが出てて凄く良い表情です。


ぢゃ、内容入りましょうw
「亜子編」で活躍した面々は仲良く食事へ行くようです。
今後、まぁ、小太郎は別として茶々丸と千雨のコンビは色々と活躍してくれそうな感じ、というかしてほしいです。サイバー戦はこの2人が組めば怖いもの無しかと。

さて。
魔法のことが一番バレてはいけないパルに伝わってしまいました。
隠してもしょうがないので、木乃香と夕映が初歩魔法「火よ灯れ(アールデスカツト)」を披露しましたが、木乃香はまだしも、元から魔法世界に関わりのない一般人の夕映がここまで普通に出せるのは驚きです。
そりゃ、学園内は世界樹の魔力の影響がありますけども、それでも自然と魔法行使出来るのですから、並々ならぬ努力があったと伺える描写です。

あとサラッと木乃香がアーティファクト出しましたけど、ちゃんとした能力設定が出ました。
3分以内、とやはり制限が掛かっていますけども、以前エヴァやヘルマン(←第7巻参照)が言ったように、修練次第では凄腕の治癒術師になれるだろうから、この制限も無くなりそうな気もしないでもないですね。


んで。
仮契約のことを2つばかり。

まず1つ。
パルがもし仮契約したら。
アニメ版のパルのアーティファクトは自分の創作したキャラを具現化させていました。
今後の原作の展開ではどうなるかまだ判りませんけど、原作でもアニメ版のアーティファクトの設定を生かしてくるのでしょうか?
アニメ版を見る限りでは、パルの生み出すキャラの強さの制約が無いですから、もし仮契約したとなったら、ある意味ぶっ飛んだアーティファクトかと。
敵より強い、という設定のキャラを創作してしまえばそれでOKですからねぇ(笑)。
パルも今のところ一般人ですし、魔法関係者ではないと推測されますから仮契約しても制約が掛かるのは間違いないでしょう。

2つ目。
仮契約する=キスをする。
この行為に関して、夕映の反応を敏感に察知したパル。
夕映自身、87時間目(←第10巻参照)で「ネギのことが好き」と自覚してしまいましたが、今回のパルの追及で決定的になりました。
パルもパルで、のどかと夕映のことを良く見ているなぁ、と。
漫画を描いているだけあるので、人一倍観察眼や洞察力に長けていると言えますね。

閑話休題。
原作の夕映はアニメ版のようにまだ積極的にはなれていない。
親友ののどかと幸せになって欲しい、と思っている一方でネギへの気持ちにも嘘は付けなくなってしまっている。
今回のラストで2人の親友であるパルが夕映の気持ちを引き出した。
その気持ちを知ってしまったのどか(と木乃香)。

2人はネギへどう接するのか、非常に楽しみになってきましたね。

人気blogランキングへブログランキング

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 126時間目「モーレツ! 物欲アタック」感想  [ 欲望のままに生きた痕 ]   2006年02月22日 23:51
魔法先生ネギまの感想です。 マガジン感想は別なところにあるので、そちらも見てやってください。 ↓からどうぞ
2. ネギま!126時間目の感想と感想リンク集  [ hakuro.info blog ]   2006年02月23日 00:49
【感想リンク集付き】「週刊少年マガジン」購入者限定イベント開催が決定!!
3. 魔法先生ネギま!126時間目感想  [ URA-CH@OS ]   2006年02月23日 01:16
さあ、皆様ご一緒に! (=゚□゚)ハルナかよ!!! 赤松先生の日記によると >今度スポットが当たるのは、何と驚きの、あのクラスメート。(初めてのようでいて、全然初めてじゃな
4. 126時間目の感想  [ Verba volant, Scripta manent. ]   2006年02月23日 10:05
朝までカラオケにして、一眠りしてからのマガジン感想……こういう何でもできる時間も残り少ないんだなあ。 OverDrive、巻頭カラーと言うから期待していたのに表紙だけですかそうです??
5. ネギま!126時間目の感想  [ うわっつらな進化する日々 ]   2006年02月23日 20:50
ライブも終えて解散する一同...と思ったらネギ以外は食事に向かう模様。 なんだかんだ云いつつも千雨がまたいずれ巻きこまれつつ、なし崩し的に首を突っ込んでいく光景が想像できたり〈

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
トラックバックありがとう御座います♪
アマゾン
Profile
訪問者数

訪問者数