こんにちは、店長です。
鴨川杯の翌日に東京で「第14回大喜利天下一武道会」という日本最大規模の大喜利トーナメントの本戦が開催されるのですが、
鴨川杯と天下一本戦のどちらにも出場されるとんでもない方がなんと6名もおられます!
今回はその6名のうち、前述のらんちゅうさん・概念覆す・たけのくちさんを除いた残りの3名をご紹介いたします。
第4回は予選Aから『ひらたい』さん、『番茶が飲みたい』さん、『鯖鯖鯖んな』さんです!


『ひらたい』
<出場予選>
Aブロック
<活動場所>
純豆腐の会・すり身会
<実績>
第3回鴨川杯本戦進出
オオギリダイバー4準優勝
オオギリダイバー5ベスト4
第14回大喜利天下一武道会本戦進出
「ぶっち喜利」2代目極悪人
<意気込み>
強い気持ち 強い愛


関西の大喜利界を代表する名物おじさん。「純豆腐の会」 という大喜利団体の会長をしている。
東は関東から西は九州まで、大喜利ある所にひらたいありと言えるほど様々な大会に顔を出している。
鴨川杯には第0回大会からご出場頂き、昨年の第3回大会では見事本戦進出を果たした。

ひらたいさんといえば、昨年のオオギリダイバー4から続くシンデレラストーリーは外せないだろう。
予選を突破した空気をそのままに、関東の強豪たちを押さえ見事準優勝。全国の大喜利ファンに衝撃を与えた。
さらにシード選手として出場したダイバー5でもベスト4入りし、前大会がブラフでない事を自ら証明。
さらにさらに先月の天下一でも予選を通過するなど、尋常じゃなくノッているひらたいさん。今回の鴨川杯でも波乱を巻き起こしてくれるだろう。



『番茶が飲みたい』
<出場予選>
Aブロック
<活動場所>
純豆腐の会・解の会・川柳と大喜利を楽しむ会等
<実績>
第1回鴨川タッグフェス優勝
第3回鴨川杯準優勝
オオギリダイバー5優勝
第十回転脳児杯優勝
第14回大喜利天下一武道会本戦進出
<意気込み>
Peace of cake.


週刊少年ジャンプなどへ投稿しているハガキ職人。
生大喜利歴は浅いものの、その独特なキャラとぶっ飛んだ回答はひと際異彩を放つ。
昨年の第1回鴨川タッグフェスでは村橋ステムさんとタッグを組み、見事優勝。第3回鴨川杯では敗者復活戦から勝ち上がり準優勝と、鴨川杯での実績はトップクラスである。

そして最近はぶっ飛んだ回答に加えて小道具まで使うようになり、ますます手が付けられなくなっている。
クラッカーを鳴らす・ぷっちょを並べる・目隠しをする・ミカンを食べる等々…マジメな方から怒られないかギリギリの所だ。
それでもダイバー5で優勝、天下一でも予選通過と他大会でも実績を残しているのが番茶さんの恐ろしい所だろう。
今大会屈指のクラッシャーである番茶さん、課題のスタミナ不足を乗り越えてタッグフェスに続く二冠を目指す。



『鯖鯖鯖んな』
<出場予選>
Aブロック
<活動場所>
重力、北京、ナポレオン
<実績>

第14回大喜利天下一武道会本戦進出
<意気込み>
ちんこマン


関東にお住まいで、生大喜利イベント「重力、北京、ナポレオン」の主催の1人。
鴨川杯のために関西に来て、その翌日には関東に戻って天下一に出場…と、らんちゅうさんに次ぐクレイジーな移動をする。
 生大喜利歴は番茶さんよりさらに浅いが、その急成長ぶりは関東では折り紙付きの実力者だ。

回答も受け手を選ぶようなクレイジーなものが目立つが、正統派としてもそのクオリティはかなりのもの。
さらに相当な高学歴だからか、常に会場の流れを読んで答え方を変えられるクレバーさを持っている。非常に総合力の高いプレイヤーといえる。
前回の第3回大会で優勝したぼく脳さんも同じく関東在住。今年も優勝を関東に持ち帰ることは出来るか。