2016年05月27日

日本宝石協会の理事会

194a495e.jpg日本宝石協会の定例理事会です。

6月の総会が近いのでそれに向けての審議内容が主ですが、いつもどおり、活発な意見が交わされ、理事会は今回も熱くなりました。

でも理事の皆さんは紳士ですから熱いものは熱く、親しいとことは温厚にと順調に中身濃く進行します。

私は監事を拝命しておりますので、理事会が終わってから銀行残高を確認させて頂き資産内容をチェックさせて頂きました。

ネット環境等を使って外部に対して広報活動を活発にしようということになりましたのでこれから各所で日本宝石協会の名前に接するではないかと存じますので是非この機会にご入会下さいませ、お役に立つこと必定です。




kamome111 at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジュエリーコーディネーター | リ・ジュエリー・アドバイザー

2016年05月26日

やさしい結晶学5

a739cb18.jpg品質判定講座サファイヤ編を4時に終了し7時から秋葉原で開催されたGem−Aのセミナー「やさしい結晶学5」に出席しました。

内容はだんだんと佳境に入ってきたと言いますか、今日のこのために前段としての4回があったと言えましょう。

長年のもやもやが少し解消しました。

結晶系は結晶軸で定義できない。

回転軸は見えるが、結晶軸は目に見えない。

ということでやっとC軸の決め方の手順が腑に落ちたのでした。

惜しくもここで時間満了。

もっとお聞きしたいことがあるのですが、次のセミナーがあるとすれば企画してもらえるかもしれません。

kamome111 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジュエリーコーディネーター | リ・ジュエリー・アドバイザー

宝石品質判定講座サファイヤ編

069165ca.jpg昨日に続いて今日はサファイヤです。

受講者多くの方が二日連続受講でした。

熱心さが伝わってきます。

ルビーよりサファイヤのほうが判定にてこずるようでした。

こればかりは慣れと数見ることが唯一無二の上達法で宝石品質判定に王道無しです。

写真は私が勉強していた時に使っていたサファイヤのクオリティスケールで、後ろは日本宝飾クラフト学院さんのHPです。


kamome111 at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジュエリーコーディネーター | リ・ジュエリー・アドバイザー

2016年05月25日

宝石品質判定講座ルビー編

6d88d1e9.jpg今日は品質判定講座ルビー編です。

朝11時から午後4時までの研修で講師は諏訪恭一先生。

(私は長らくご教授頂いているので諏訪会長とお呼びしているので)、会長の豊富な経験と研究から紬出された、宝石全景を俯瞰的に捉えるメッソドですから「宝石」を学ぶには最適な講座です。

で今日はルビー。

7X5=35マスの表のどこにサンプル石が位置するか判定してゆきます。

理論と実習を通して皆さん実力UPできたことと存じます。

私もアシスタントとして得るところ大でした。

写真は私が勉強していた時に使っていたルビーのクオリティスケールで、後ろは日本宝飾クラフト学院さんのHPです。

kamome111 at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジュエリーコーディネーター | リ・ジュエリー・アドバイザー

2016年05月19日

やさしい結晶学4

7c659ab3.jpgGem−A主催のセミナー「やさしい結晶学」の四日目です。

Gem−AというよりもFGAといったほうがご存知の方が多いかもしれませんが。

英国ロンドンに本部を置き、世界的に宝石の研究・教育を行っている歴史と伝統のある機関Gem−A(英国宝石学協会)の試験にパスしてここの会員になった人をFGAと呼んでいます。

その日本アンバサダー内藤氏が立案する様々な企画の一つがこのセミナーなのです。

さて今日は今まで聞いたことのない内容で「ふむふむ、それでこうなっているのか」という対称の決まり事や書き方、例えばですね、2/mmはmmmであるとか、62は622であるとか、回反(回転+反転)とか、「えっ!どういうこと?」と戸惑いながらも時間があっという間に過ぎたセミナーでした。

kamome111 at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジュエリーコーディネーター 

2016年05月18日

品質判定講座シリーズ 入門講座 始まる 

7473cf42.jpg今日はジュエリーと宝石の総合学園「日本宝飾クラフト学院」にて今春から開設された宝石品質判定講座シリーズの入門講座の開催日です。

私もアシスタントとしてお手伝いするために早めに会場入りしました。

講座で使用するテキストは講師である諏訪恭一氏の著わした「決定版宝石」と「価値がわかる宝石図鑑」。

受講者の皆さんは宝石の品質と価値の着きかたを勉強したいという熱心な方々です。

今日は入門編ですからまず石を見てそれが何という宝石かという石当てクイズをやりましたが皆さんほとんどお分かりになられたのでかなりのプロの方々とお見受けしました。

11時から昼食をはさんで4時までという短い時間でかなりの内容でしたからもっと時間が欲しい所です。

kamome111 at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジュエリーコーディネーター | リ・ジュエリー・アドバイザー

2016年05月17日

山下公園のローズ・ガーデンが・・・

8363821f.jpg3469947f.jpg0b15cd2b.jpg

今年の山下公園のバラの咲き具合やいかにと思い見に行きました。

観光客や修学旅行の生徒が散見される、小雨に煙る静かな今日の公園。

30522ae7.jpg「あれあれ?」景色が変わっています。

2015.05・07の風景はこちら⇒

ローズ・ガーデンがフラワー・ガーデンに様変わり。

イングリッシュ・ガーデン風の設えになっているではありませんか。

植栽中の看板が所々に見え、ガーデナーさんたちがお仕事中です。

なるほど、バラだけではなく一年間をとおして花の溢れる公園にしようとの試みなのでしょう。

それの方が観光都市港都横浜の顔となる山下公園にとってはベターな選択かもしれません。

右の写真の奥に写っているのが大桟橋に停泊中の飛鳥です。

昼食は久しぶりに大桟橋入り口となる交差点に面した小さな洋食屋さん「ポモドーロ」にて摂りました。

食後店を出ると、目の前を飛鳥兇任海譴らクルーズするお客さん達がキャリーバッグを引きながら船に向かっていく光景が。

いいですね〜、クルージング、また行きたくなりました。

kamome111 at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然 

2016年05月16日

横浜イングリッシュガーデン バラ真っ盛り

5461414b.jpg47b47210.jpg84b05fc3.jpg

f61a6d00.jpg82cde212.jpg78cfb20a.jpg

横浜駅西口から出でいる無料送迎バスに乗り10分、横浜イングリッシュガーデンにバラを見に来ました。

昨日、ここのバラが満開だとお聞きしたので早速出かけてきたのです。

まさしく絶好機、言葉は無用、写真をご覧ください。

0eb9e732.jpg1600品種、2000本以上のバラが園内にあるそうな。

「見事!」の一言です。

満足満足、一日中いても飽きない景色でした。

d10bf85c.jpgちなみに私が先日購入した「ブルームーン」は左の写真のバラです。

新苗の小さな小さな苗。

今朝これも含めて、家のバラとクレマチスに殺菌殺虫剤を散布しました。

バラって結構手がかかるんです。

「 バラの花  花見るときは  影の人 」

この手の結婚祝いのスピーチを何回か聞いたことを思い出しました。

kamome111 at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然 

2016年05月13日

バラ真っ盛り

0bc9498e.jpg庭に咲くバラの花が真っ盛り。

摘んできてテーブルに飾りました。

あと、3種ありますがまだ開花過程で、来週位になりましょうか。


ところで先日、ハウステンボスで見かけたブルームーン、近所の園芸センターで新苗を見つけ買って来ました。

今年は株に力を付けさせますから、来年の花を期待いたしましょう。

kamome111 at 11:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然 

2016年05月12日

Gem−A やさしい結晶学講座3 

770a2223.jpgGem−Aの講座で今日は3回目です。

4月28日の2回目は旅行に出るのでやむなく欠席。

1回目の終了時に内藤アンバサダーに2回目を欠席する旨をお伝えし、もし配布物が在ったら1部とっておいてくださいとお願いしてありました。

で昨日の読書会で内藤さんが手渡して下さったのが写真の模型を印刷したA4の厚い型紙11枚。

「次回、使うから立体模型に組み立ててきてください」との宿題が前回、先生から出ましたとのことです。

「って!明日?」と私。

午後11時に帰宅して眠気に勝てず。

今朝6時起床してひたすら作ったのが写真の模型です。

何とか形にして別用があるので昼には家をでて東京へ。

で、午後7時から講座が始まりました。

各自各模型を見ながら鏡映面、対称軸、対称心を見つける練習です。

これら模型がなかったらまるで勉強になりませんでした。

ということでめでたしめでたし。





kamome111 at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジュエリーコーディネーター | リ・ジュエリー・アドバイザー

2016年05月11日

Gem−Aの読書会

d9536649.jpg久しぶりに読書会です。

FGAやDGAの会員にイギリスの本部から送られてくる雑誌がThe Journal of Gemmology とGems & Jewellery 。

共に英文ですからパラパラ読みか積読派が主流になるのはやむを得ないこと。

それではもったいないとの内藤アンバサダーの呼びかけで始まったのがこの読書会。

私も筋金入りの積読派ですからこの機を逃すまじと参加させて頂いております。

毎回ネイティブの会員さんが読み上げて皆さんで和訳するのですが今日はネイティブ嬢が欠席。

でも、読める方も多く、かつ内容はプロの集まりですから何方かが深い意味を知っていて開陳、それについて色々情報を交換してと盛り上がりました。

ちなみに今日読んだのは写真のVolume34/No.8 p692~ の Age Determination of Zircon Inclusions in Faceted Sapphires と p702~ の Identification of a CVD Synthettic Diamond with a 'Tree Ring' Growth Pattern
です。

これらテクニカルターム満載の英文がスラスラ読めて理解できたらさぞかし気分がいいだろうと思うことしきりでした。

写真の表紙の石はモザンビーク産のガーネット5.86ct、GQクラスの実に美しい輝きをしています。


kamome111 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジュエリーコーディネーター 

2016年05月06日

スズメバチの巣

d8d1d1e6.jpga7a83e63.jpg生垣に咲いたクレマチスの花も先日の吹き降りで傷みも早く、今朝摘み取っていると脇からスズメバチが飛来して柘植の木に入りました。

「まずい、スズメバチだ」とたじろぎながら見てみるとそこには作り始めた巣があるではありませんか!。

離れて観察するに、女王蜂が一匹で我が帝国を建設せんと奮戦中。

玄関先でもあり通学路でもあり、巣を早々に撤去せねば大事になります。

それにしてもアシナガバチの巣は子供の頃から見慣れ撤去しなれているのですがスズメバチの巣は始めて、刺されたら大変です。

幸いまだ女王蜂一匹の様子なのでホームセンターに行って射程距離の長い噴霧殺虫剤を買って来て夜を待たずに決行しました。

仕損じると危険なので車に乗り近づき窓を少し開け、そこから噴射し難なく駆除。

そうは申せどお母さん蜂も一つの命、産み付けられた卵は五つ、短い命でした。

巣の在った柘植の根元に小さな穴を掘り丁重に葬ってあげました。

kamome111 at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然 

2016年05月05日

ミュージカル スウィーニー・トッド

e760dfb0.jpg3663e51f.jpg5fcf6f22.jpg

池袋・東京芸術劇場にミュージカル スウィーニー・トッドを見に行きました。

ミュージカルには縁どおい私ですがたまたまお誘いがあっての観劇です。

内容はご存知の方も多いでしょう。

ポスターにあるとおり最恐にして最高のミュージカルでした。

五時半からの開演なのですこし早く行き、母校立教大学に寄ることに。

キャンパスに踏み入ると目も心も学生時代のそれに瞬時に代わり、今まさに立教生。

奥の第一学食まで行って、370円のカツカレーを食しました。

徒歩7分で劇場に戻ってシートに腰を下ろせばそこはもう恐怖の館。

脚本、演出、キャスティングすべてが融合して観客をストーリーに引き込みます。

怖くも悲しいミュージカルでした。




kamome111 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然 

2016年04月30日

クルーズ六日目 下船

43581450.jpg楽しかった船旅も今日下船の日です。

朝6時横浜港に入港。

早めの朝食をとり8時チェックアウトして後は船内で下船手続きの順番が来るまでのんびりコーヒータイムです。

手続きを済ませて大桟橋に降りるとロビーはこれから乗り込むお客さんたちでごった返していました。

写真は着岸寸前の船から眺めた大桟橋です。



kamome111 at 22:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然 

2016年04月29日

クルーズ五日目 航行

04fd32ee.jpg昨日午後5時長崎を出港今日はひたすら横浜に向かって航行です。

天気晴朗なれども波高し。

実によく揺れます。

プールの水が前に後ろにと波打っていました。

写真はメーンシアターでのショーのフィナーレ。

これ!よかったですよ〜、今宵が初演のエンターテインメントとのこと、観客は総立ちスタンディングオベーションの嵐でした。

ショーの後、先日偶然出会ったO君と待ち合わせ、彼の部屋で飲むことになり伺うと、なんと一番いい部屋にご滞在、これにはビックリ。

図らずも見学させて頂いたという次第です。

しばし歓談の後、お別れして当方はダンスフロアーに、最後の夜をほどほどに踊り楽しみました。

kamome111 at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然 

2016年04月28日

クルーズ四日目 長崎

b153f228.jpg朝八時長崎港に入港。

ハウステンボスに行くことにしました。

バス数台に乗り込み出発。

雨が上がったので園内散策はラッキーでした。

バラはもうすこし経たないとだめですが園内は花豊か、よく手入れされていて癒されます。

平日でもありのんびり散策出来ました。

写真はにぎやかに通って行く園内パレードです。

収穫が一つ。

ブルームーンという藤色のバラが咲いていてなんと香しい。

気に入りました、これ横浜に帰ったら探して買います。





kamome111 at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然 

2016年04月27日

クルーズ三日目 釜山

5dab5335.jpg15b7dc91.jpg午後2時に釜山港に入港、上陸、あいにくの雨と風。

いくつかのオプションがある中から、梵魚寺に行くことにしました。

山に囲まれた立派なお寺です。

晴れていたらどんなに素晴らしい眺めでしょうか。

それでも車中でガイドさんが自虐ネタで結構笑わせてくれましたから楽しく過ごせました。

楽しいことがもう一つ。

船内で大学のクラブの後輩、二期下のO君ご夫妻に偶然お会いしたのです。

何年振りでしょうか、しかし弟夫婦との食事時間が迫っていたので二言三言言葉を交わしただけで急ぎ別れました。



kamome111 at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然 

2016年04月26日

クルーズ二日目 航行

7e16dd75.jpg55a4b2f3.jpg今日は海の上を釜山に向けひた走りです。

写真は朝の甲板、乗客の多くは日本人ですからスクリーンではラジオ体操第一が映し出されていました。

クルーズをとおして船内ではいろいろなところでエンターテイメントやイベントが企画されています。

それらを見に船内を探訪いたしましょう。

右の写真はイギリス人の女性落語家ダイアン吉日さんの落語、想像以上に上手でした。

7060af60.jpg左の写真は5F6F7Fと吹き抜けのアトリウム、船の真ん中、人の集まる中央広場のようなエリアです。

ここで船内に店を構える画廊が絵画のオークションを開催しているところ、皆さん結構落札購入しておられました。

さて我々にとりまして、この旅行は船内での社交ダンスが主な目的の一つです。

義姉夫婦は大のクルーズ好き、かつて船内でのダンスシーンを見て一念発起して習い始めました。

弟夫婦はダンスの競技選手、そして我々は下手な横好き夫婦と三者三様のダンスファンなのです。

ということで早速くり出しました。

ところで今夜のドレスコードはフォーマル、女性客の皆さんは目が覚めるほどにドレスアップ、お美しくなられてのご登場。

時間が遅くなっても皆さん船内を優雅にエレガントに散策されていてそれはそれは目くるめく世界でありました。

思い思いにフォーマルナイトを堪能されておられるご様子で、実に楽しい夜であります。




kamome111 at 21:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然 

2016年04月25日

クルーズ一日目 出港

ae3f0fdb.jpg今日から30日までダイヤモンド・プリンセスに乗船してクルーズを楽しんできます。

横浜港・大桟橋より乗り込み午後5時出港しました。

今回は義姉夫婦と弟夫婦そして我々と6人での船旅。

我が家には3匹の猫がいますからそう気軽には旅行に出れないのですが今回は別の義姉に留守をお願いしましたので安心して出かけられます。

写真は大桟橋を離れたところです。

kamome111 at 20:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然 

2016年04月23日

納品と野毛大道芸

a1f474b2.jpga7e697cc.jpg先日色石ロングネックレスの組み換えをご依頼下さったお客様に納品するために中区関内のセルテで10時前に待ち合わせを致しました。

多少手間のかかる組み換えでしたがきれいにできてご満足頂けました。

リタイアした私ですがお得意様がこうしてあてにして下さるのはありがたいことです。

日ノ出町駅までの帰り道、野毛通りを行くと、今日はイベント野毛大道芸の日。

スタッフ、パフォーマーの方々が準備の真っ最中です。

時間があればゆっくり大道芸を見物したかったのですが当方も用事満載ですから帰宅することに。

これからゴールデンウィークにかけてこの中区界隈はジャズフェスティバルあり港まつり仮装パレードありとイベントが盛りだくさんですから多くの観光客の方々で大賑わいになることでありましょう。

街を歩くにはいい季節になってまいりました、さあ私も日の出町駅まで急ぐことにいたしましょう。

5eaf822a.jpgちなみに本日開いたクレマチスです。



kamome111 at 12:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然 | リ・ジュエリー・アドバイザー

2016年04月22日

クレマチスが咲き始めました

ee99c415.jpg8001f235.jpg3cd1d16c.jpg

庭とフェンスのクレマチスが咲き始めました。

数種類のクレマチス(   )、何年か前に名前を皆調べたのですがわかるのもあったりなかったり。

でもそれぞれに可憐に咲いてくれるのです。

写真はその一部、これからどんどん咲いてきますから遅咲きの種が開くまで約一か月楽しめます。

その頃にはバラ

薬を噴霧したり施肥をしたりと手をかけるほどに美しく答えてくれますからそれがまたうれしいのです。





kamome111 at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然 

2016年04月21日

ジュエリーを手に取る会 四回目

3a97ac14.jpgジュエリーを手に取る会 四回目です。

今日もアシスタントで入らせて頂きました。

サンプルジュエリーを皆さんどのように判定されるのでしょうか。

短い時間に多くのジュエリーを見ていくのですから、皆さん集中力を維持するのは大変なようでした。

宝飾業界の方々ばかりですがステージが違うので判定のコメントに微妙なニュアンスあります。

それがまた参加者の皆さんの見方の幅を広げるのに役立つのでした。

こうして、手に取る会すべての日程が完了です。



kamome111 at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジュエリーコーディネーター | リ・ジュエリー・アドバイザー

2016年04月20日

ジュエリーを手に取る会 三回目

3a97ac14.jpg一回目に参加者として出席させて頂きました。

今日はアシスタントでの参加です。

実物を手に取り、肌で感じ取ることがどれほど重要かを体感しそして宝石・構想・作りの3要素でジュエリーを見ることの重要性を実感して頂きました。

宝石・構想・作りの3要素はジュエリー販売時やリ・ジュエリーの仕分けアドバイス時にお客様にご説明するには欠かせない見方だと思います。

それにしても、皆さん長時間、集中して取り組まれていて敬服いたしました。

kamome111 at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジュエリーコーディネーター | リ・ジュエリー・アドバイザー

2016年04月18日

横浜公園のチューリップ

d0147c68.jpgネックレスの形状変更のお話しをするためにお客様と関内にある珈琲館ルノアールにて待ち合わせをいたしました。

関内は元店舗があった所ですからお客様にとっても買い物エリアとして共に便利な地域なのです。

さらに、ルノアールはゆったりとした設えですからジュエリーのお話をするには最適です。

今回は簡単な内容でしたからすぐに決まり後は雑談、昔話に花が咲きました。

お別れをしてから、近くの横浜公園にチューリップを見に寄ることに。

現役時代は昼食に出るたびにごとに見に来ていたチューリップ、満開期を過ぎてはいましたが圧巻の花景色でみとれることしばしでした。

kamome111 at 14:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然 

2016年04月15日

ミネラルフェスタ in 横浜赤レンガ倉庫 Vol.11

73301e50.jpg123401c5.jpg2c41026d.jpg

春の人出で賑わう横浜赤レンガ倉庫で始まったミネラルフェスタに来ました。 

広場ではフードフェスティバル真っ最中、美味しそうな食べ物屋さんのテントが並んでいるのを横目で見ながらミネラルフェスタ会場に。

会場内は見慣れた風景、それでも目新しい物があるか、心動かすものはあるか、と見て回りました。

毎回思うのですが、これらの美しい種々の鉱物が大地の中から出てくるのですから不思議なことです。

回って見て気付くのはお客さんに若い方、とりわけ女性の多いこと。

ミネラル好きの女子で、さしずめミネ女とでもいうのでしょうか。

この方々の熱気が宝石の世界につながるといいのですがいかなるすべがあるのでしょう。

kamome111 at 20:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジュエリーコーディネーター | リ・ジュエリー・アドバイザー

2016年04月14日

やさしい結晶学

6195f715.jpgGem-A主催の勉強会です。

今までに基礎から「結晶学」なるものを一度も学んだことがなく、常々いつか学ぼうと思っていたのでこれはラッキー。

勿論FGAですから結晶系は勉強しておりますが、もっとそれ以前の「そもそも対称とは」という基礎の基礎から勉強したかったのです。

講師は宮田先生、五回シリーズの今日は一回目。

期待したとおり、講義内容はまず概要や予備知識からのスタート、俄然楽しくなってまいりました。

しかし、しかしです、二回目の日は都合で出席できないのです、残念!。

kamome111 at 21:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジュエリーコーディネーター 

デジカメの修理

164c9a44.jpgジュエリーの写真撮影に愛用しているコンパクトデジタルカメラのピント合わせ機能が調子悪く、この際新品に買い替えようかとメーカー「リコー」のページを検索、なんと今使っているカメラの後継機種が生産無しと知り他社を検索するも気に入る物が無くてさて困ったと思案していたところ即日修理が出来ると知り早速、浮間舟渡のサービスセンターに持ち込み只今二時間待っている処です。

使いなれたシリーズ機種だけにベストコンディションに直ってもらいたいものです。

写真は受付カウンターの隣の部屋に設けてある新発売の高級品「K−1」のタッチ&トライ コーナーを撮りました。

モニターにはプロカメラマン講師による新製品「K−1」紹介セミナーのDVDが流れていてしばし見ているとそのすごい機能とコスパの良さが素人の私にも伝わってきます。

ご趣味のある方には絶対買い替えたくなるカメラですね。

ちなみに私の愛機はデジカメのCX6、宝石を接写で撮るのに便利この上なく重宝してきました。

かくなる上は交換部品のある間はきっちり直して使うことに致します。

kamome111 at 14:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然 

2016年04月04日

大岡川の桜

8b3407b1.jpg中区にある父の代からの顧問税理士事務所に行った帰りに日ノ出町駅から電車に乗ることにしました。

桜並木で有名な大岡川にかかる橋をわたり駅に行くルートは現役時代の通勤路。

満開の日には電車に乗らず上大岡方面に何駅か川に沿って夜桜を愛でながら歩いて帰ったものでした。

その桜、今日はちょうどタイミングよく見応えがあります。

でも用事がおしているので歩くのはやめ、川沿いに高架で走る京急電車の窓から眺めつつ帰ることにいたしましょう。

kamome111 at 14:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然 

2016年04月02日

思い出のリモデル  リングをペンダントに

e14e034f.jpga3a5b492.jpgb9f43aae.jpg

昔の写真ファイルを何気なく見ておりましたら懐かしい写真を見つけました。

我が店がそれまで余り力を入れていなかったリモデル部門強化へ大きく切り替えた平成10年、日本宝飾クラフト学院卒のデザイナーさんを初めて迎え入れました。

この方がとても優秀で存分に力を発揮して下さったのです。

写真の作品はその一つ。

お客様がお持ちのジュエリーを一つにまとめてペンダントを・・というご要望に何点かデザインをご提案してお作りさせて頂いたのが下の写真です。

各パーツを上手くまとめて構成することにより旧枠の石座を有効に生かすことができ、その分、費用も抑えることができたのでした。

お客様にとてもお喜び頂くことができましたので私の記憶にもありがたくもまた嬉しい思い出となったのであります。

38e99d26.jpg 前 ⇒  ⇒ 後 81ba08da.jpg

それ以降、日本宝飾クラフト学院さんから何人かデザイナーさんを紹介して頂きましたが皆さん優秀で人柄もよく素直な方々ばかりでございました。

この写真を見ていると、現役時代のことが懐かしく次から次へと思い出されてくるのです。

いいスタッフに恵まれ、多くのお客様にご贔屓頂き、毎日毎日を楽しく仕事ができましたことは本当にありがたいことでございました。

kamome111 at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)リ・ジュエリー・アドバイザー | ジュエリーコーディネーター

2016年04月01日

宝石品質判定講座今春開講

7473cf42.jpgジュエリーと宝石の総合学園「日本宝飾クラフト学院」にて今春から宝石品質判定講座が始まります。

使用するテキストは諏訪恭一氏の名著二冊。

不詳、私も講師としてお手伝いさせて頂くことになりました。

7X5=35マスですべての宝石の品質を表示して品質の上中下を判定するというものですから画期的なメソッドなのです。

そもそも宝石って何?から始まってダイヤモンド、ルビー、サファイヤ、エメラルドの4大宝石の品質の見方と価値のつき方を学べるのですから宝石好きの方には受講必須の講座となりました。

kamome111 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ジュエリーコーディネーター | リ・ジュエリー・アドバイザー