2005年12月13日

ダイヤモンドリングのリフォーム

515cf558.jpgずっと昔にお母様に頂いたダイヤモンドリングでしたが石位置が高く引っかかるのでしまったままにしておられました。

普段使いのパベセッティングのリングをお探しになられていらしたのですがせっかくだから眠っているリングをリフォームしたほうがいいかも・・・とご相談におこし下さいました。

メレーダイヤが8ピース付いているのでどのように使用するか色々とデザインを提案させて頂き最終的にキャストメーカーのオリジナルカタログから柔らかいイメージのデザインをお選び下さいました。

今までの枠に付いているメレーダイヤをどのように配するか、3ピースX2にするか2ピースX2にするか、豪華になっては普段使いに適しませんしと、ご検討されて2ピースでお造りすることに、そしてメレーダイヤの配置はフレームの流れにそってカーブするようにとご指示下さいました。

カジュアルな中にもエレガントなイメージのリングをお造りさせて頂くことができました。

お客様にお付け頂くとジャストフィットです。流れるラインの柔らかさがセンスのよいエレガントなお客様の雰囲気とあいまってキャラアップのダイヤがいっそうまぶしく輝いております。

早速パーティーにお付け頂く事になりました。ご依頼ありがとうございました。
(写真をクリックすると拡大いたします。)

42759a0f.gif
ブログランキングに登録しておりますので是非あなた様の1票を
ここを投票のワンクリックお願いいたします。
ありがとうございます。


kamome111 at 00:29│Comments(3)リモデル-S 

この記事へのコメント

3. Posted by キシモト   2007年11月09日 13:57
地金はプラチナ900でお願いする場合の見積もりを教えてください。よろしくお願いします、
2. Posted by カモメ   2005年12月13日 18:22
Reeさん今晩は。そうなんです、お客様のお母様が昔中国でお造りになられたそうです。センターストーンを高く造るトレンドが最高時の時のデザインだと感じました。
1. Posted by Ree   2005年12月13日 18:06
beforeのリングの斬新なデザインは衝撃的でした。
キャスト量産枠ではなく、1点作りに違いないですね。
このままオブジェとして飾ったらどんなに素敵でしょう!!

でも日常使いには絶対に不向きですものね・・・。
しまいこんでしまうのなら新しく付けやすいように
姿を変えてあげるのがダイヤに対しての礼儀でしょうか・・。
素敵に生まれ変わって、きっとお客様も嬉しかったことでしょう。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。