December 2004

December 29, 2004

男祭り試合カード出揃い試合順決定!!

大晦日の風物詩になろうとしている格闘技
ノゲイラ−ヒョードルなどで注目されるPRIDE男祭りの変更カード&試合順が発表された
桜庭の欠場で空位となったシウバの相手は元K−1チャンピオンのマーク・ハントになった
このカードはハントがトップ中のトップ相手にどこまで戦えるかとシウバがヘビー級相手にどこまで戦えるかの羅針盤になるであろうカードだろう
どれも興味深いカードであるが中でも楽しみなのは近藤有己−ダン・ヘンダーソン
シウバへの挑戦権が賭けられるであろうこのカード
ミドル級で世界のトップクラスのダンと日本を代表するファイターである“不動心”近藤
近藤はスタンディングに持ち込んで得意のプルート、裏プルート、飛び膝蹴りに持ち込みたい所だろう、ダンはグラウンドに持ち込んでレスリングテクニックでネチネチとやりたいだろう
考えるだけでも興奮してくる
他には高田−ヒクソンの代理戦争と言われる安生−ハイアンには裏側でのドラマに期待したい
過去に道場破りをしてヒクソンの逆鱗に触れ高田をヒクソンと戦わせるきっかけを作ってしまった安生
ここで安生がハイアンと正式な形で戦う
これは安生にとってこれ以上ない“SADAME”だろう
一世代前のMMAの様な戦いになるだろうがクラシカルな戦いに期待したい
あわよくば前田を襲撃した男の意地を見たい

kamome_3ya at 19:32|PermalinkComments(0)TrackBack(1) プロレス・格闘技 

唖然ボー然ジャイアンツ新応援歌

一言で言って驚いた!!
何て言う応援歌なんだ!!
ユニフォームに続いてネタを提供してくれるジャイアンツ
新応援歌の曲名は“ファインプレーを君と一緒に〜Go!Go!ジャイアンツ〜”
作詞は前もって公募で13歳の中学生の作品が当選
ファンが作る新しいジャイアンツと言うイメージで好意的に感じていた
が、作曲船村徹さん(72歳)歌うは大御所五木ひろし(56歳)
歌詞は良い
が、なんやねん
モロ演歌調のダサダサっぷり
挙句の果てに五木ひろしは何時ものようにこぶしを振り上げる!!
何でも「今こそ握りこぶしは必要」
・・・
けれどジャイアンツのファン層を考えれば別に問題はないのか?
東京ドームをぐるりと握りこぶしを握るジャイアンツファンが・・・となると相手チームに変なプレッシャーを与えられるでしょう
ゴールデンファンがマンパワーを連呼するのと一緒で(笑)
ジャイアンツって変わろうとしたってヘンテコな方にしか変われないんでしょうか?
70周年を迎え新しいジャイアンツを打ち出すのではなかったのではなかろうか?
最後に一茂球団代表特別補佐のコメントを
「デモテープを聴いて、とても元気が出る、みんなで一緒に歌える曲だと思った。来シーズン、新しい応援歌がグラウンドに響き渡り、ファンの皆さんが大きな声で歌ってくれるシーンを思い描いている」
わたしはファンの皆さんが大きな声で歌ってくれるシーンを思い描けません

kamome_3ya at 09:25|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 野球 

December 28, 2004

ジャイアンツ新ユニフォームからYOMIURIロゴ消える

これで醜悪なユニフォームを目にする機会もなくなると喜ぶも一転新デザインを見ると・・・
胸のYGマークがなんかしっくりこない
デザインとかよりもバランスが悪いというか・・・
こういうユニフォームもライト層ファンを獲得する貯めには大事なファクターの一つだと思うんです
が、あのユニフォームで喜ぶのは中年の方々ではなかろうか
セカンドユニフォームの胸のジャイアンツロゴは凄いデザイン的にも好感を持っているだけに期待したが伝統と格式の球団か・・・

kamome_3ya at 19:10|PermalinkComments(1)TrackBack(1) 野球 

December 27, 2004

必死のマリーンズ

サンスポの報道によるとちばテレビとの放送契約交渉が難航している模様だ
他球団では地域局との放映権料は1試合600万〜800万円、ちばテレビは15万円
今期は全主催試合の半分にも満たない20試合
夕刊フジによるとマリーンズは交流試合での放映権料の“恩恵”を受けられない模様
これについては球団・選手が共に対策を練ってもらいたい

こういう現実があるのだから契約更改で保留しているF投手やM外野手は再度考えて欲しい

kamome_3ya at 22:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0) マリーンズ 

紳介年明け復帰へ

本日島田紳介司会者の芸能活動復帰の目処が立った
おおよそ2ヶ月の謹慎処分であったが、被害女性とは和解に至っていない模様
それについての説明が欲しい所
復帰に当たっては会見をするだろうがそれを待ちたい

しかしこの問題以降これまでの通り勢いのある司会振りが発揮されるのか?
それはフタを開けなければ解らない

kamome_3ya at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(2) 文学・音楽・芸能 

December 26, 2004

ユースイレブン試合後のコメントを見て

正直言って嬉しかった
俊介の「もうどこにも負けたくない。トップでこの悔しさをはらしたい。トップでもどこにも負けたくない。」
桑田の「とにかく悔しかったので、メダルは首から外した。」
トップチームに昇格する彼らにこの敗北の悔しさをトップチームでも見せて欲しい
化学反応させてほしい
今度、寿人や昇平が移籍で来ます
彼らと勝利への執着心が強烈なユース昇格組がより一層争いを激化させて欲しい
そして2年生、1年生には3年生が達成出来なかった大目標を達成させる事を目標にして一つでも二つでもレベルアップしてほしいです

kamome_3ya at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(1) サンフレ 

よくやった

苦しい戦いだったけれどよくやったな・・・というのが今の心境です
最後の最後までよく戦ったな・・・という
この悔しさをプロに進む選手は忘れず、2年生と1年生は来年からの戦いに

昭大も森脇も大輔も槙野も翼も一誠も柏木も桑田も木原も平繁も俊介も・・・

特に森脇は手首を痛めても最後の最後までよく戦い続けてくれたよ

最後に2004年度のサンフレユースは今日のゲームで終わりだけれど最高のチームだったよ!!
森山サンフレ!!

kamome_3ya at 17:16|PermalinkComments(0)TrackBack(2) サンフレ 

December 25, 2004

明日決勝

この日がとうとう来た
ユース3冠が懸かったそしてこのチームで最後のゲーム
最高のチームで最高のハッピーエンドを見届ける為にも声援で後押ししましょう!!

kamome_3ya at 21:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サンフレ 

December 24, 2004

池田期限付き移籍でサンフレ入り

寿人移籍に続いて立て続けに移籍が発表された
清水エスパルス、池田昇平の期限付き移籍での獲得だ(契約期間2005年2月1日〜2006年1月31日)
今シーズンケガもありそれまでの様にプレーできなかったが、ユース代表の時に高評価した小野監督の下再起を目指す方針だ
池田のコメント「広島のために死に物狂いで、すべてを出し切るつもりでがんばりたいと思います。ワールドユースの時にいい結果が残せなかったので、広島で優勝して、その時の恩返しをしたいと思います。」
広島で優勝して・・・
この言葉にプライドがヒシヒシと伝わってくる気がします
寿人も池田もカズと浩司と同い年
彼らの世代を中心に来年戦う集団へと生まれ変わる事を切に願います

kamome_3ya at 20:58|PermalinkComments(4)TrackBack(1) サンフレ 

佐藤寿人完全移籍が正式に発表される

ここ数日一部メディア?を騒がせていたベガルタ仙台佐藤寿人の完全移籍が正式に発表された
ベガルタ公式サイトが24日発表したソースによると完全移籍
寿人はベガルタサポーターへのコメントで『2年間熱い応援ありがとうございました。たくさんのサポーターの前でプレーできたことはとても幸せでした。J1復帰という結果を残すことができず、非常に心残りではありますが、広島からベガルタの活躍を祈っています。成長する姿を見せられるよう頑張ります。』としている
出場成績(合計)はJ1、52試合11得点 J2,57試合22得点 カップ戦、13試合7得点 天皇杯、10試合3得点
代表歴は1999〜2003 年齢別代表

今、サンフレのウィークポイントは一言で得点力不足
待望していたストライカー加入は大きなプラスになる
昨日ニッカンスポーツで掲載されたキム・ドフン(獲得の場合)をターゲットに見立ててバリエーションある攻撃をしてほしいです

kamome_3ya at 16:44|PermalinkComments(3)TrackBack(0) サンフレ 

おいおい一場・・・

お騒がせ男一場が昨日また球界を騒然とさせた
それは出来ちゃった婚
おいおい、3人のオーナーを辞めさせてからは何してたの?
呆れて物が言えん・・・

一場のお騒がせっぷりと言えばまずナベツネ・三山の首を飛ばした、あの久万の首を飛ばした、ベイのオーナーの首を飛ばした、のに自由枠でゴールデン、入団会見で3人のオーナーを辞めさせた発言&将来はメジャーへ行きたい発言
相手の方は来年夏ごろに出産と言う
“栄養費”で何をやっていたんだか?
一場がいない為に春秋連覇を達成できなかった明大ナイン
彼らを思うと悲しくなる

kamome_3ya at 07:44|PermalinkComments(0)TrackBack(7) 球界改革問題 

December 23, 2004

決勝の舞台へ・・・

ヴェルディユースとの準決勝を2−0と撃破
26日の決勝の舞台へと駒を進める事になった
それは開始早々だった
前半開始すぐに平繁のゴール!!
後半もフリーキックから森脇のヘッドで追加点でヴェルディユースに引導を渡し勝つ事が出来た
この厳しい日程の中で勝つ事が出来たのは大きいと思う
今日の試合で輝いていたのはやはり森脇と翼の両サイドバックだろう
準々決勝でディフェンスラインのズレが目立ってしまったが今日はそれが見られなかった
サイドのカバーリングが適切だった事が完封に繋がった印象
今日の試合は選手に疲労の色が見られた感じがする
だからこそ最後の戦いを悔いが残らない戦いにしてほしい
そしてそれを大声出してサポートしたい

kamome_3ya at 21:23|PermalinkComments(5)TrackBack(2) サンフレ 

December 22, 2004

辻本問題でSDタジタジ

昨日星野SDと“ヤンキー先生”として知られる義家弘介氏(北星学園余市高校教諭)と対談、そこで辻本問題で突っ込まれた
「野球だけではなく、人間的にも成長していかなければならない時期です。その覚悟はあるのか」と問われ「覚悟はない、というか・・・。でも、わたしは野球漬けにしてはダメと思っている。この世代は友達をつくる時期でもあるし、ただ野球だけを教えるだけではダメ。だから夜間高校へ行かせてはどうか、と思っているところ。とにかくわれわれも人間教育という面からやっていかないと、と思っている」と返答
そうなんです
昨日元ロッテの小川容疑者による悲しい事件が起きました
それについても正常な金銭感覚が備わっていたらどうだったのだろうか?
よく言われる野球バカという言葉があるが、人間教育と言う観点がこれからのスポーツ界の大いなる課題となるだろう
その為にゴールデンが提唱した夜間大学は名案に思う(それ以外は・・・だが)
引退後の第二の人生に備え何らかの措置も置くべきだろう
それこそJリーグが提唱しているセカンドキャリアを参考にしたらいいと思う
来年からプロ野球年金がなくなってしまう模様
だからこそ経営者も選手会もこの問題について考えていかねばならないのではないだろうか
この記事を目にして強く感じました

kamome_3ya at 19:46|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 野球 

岩隈ゴールデンへ金銭トレードで決着

とうとうこの“岩隈問題”にピリオドが打たれた
結末は金銭トレードだ
超法規的措置だが不信感を持つのには一つある
それは報知新聞が24日にゴールデンへの移籍を発表していたのだ
という事は一連の再編問題と同じ筋書きがあったのではないだろうか?
これが事実か否かは当事者のみが知るだが・・・
(追記)
小泉球団社長は「このまま双方で譲らなければ、球界やオリックス、岩隈の将来に大きな影響を及ぼしかねない。野球協約や統一契約書における選手の保有権は球団にとって非常に重要だが、現状にかんがみて超法規的判断をした」と閉めた

kamome_3ya at 19:05|PermalinkComments(0)TrackBack(17) 球界改革問題 

不可解な代表選考

昨日、カザフスタン・シリア戦直前合宿参加メンバーが選出されたが理解出来ない
それは腰痛でゲームに出ていない久保と最近ゲーム復帰したばかりの坪井の選出だ
彼らの実力にケチをつける気持ちは毛頭ないが怪我から復帰したばかりの選手を本当に計算出来るのだろうか?
Fマリノスクラブ関係者も「クラブで結果を残してから代表に選出されるのが妥当」と疑問を投げかける
ジーコはきっと固定したメンバーで戦いたいのだろうがこんなチームマネージメントで来年からのアジア最終予選を戦い抜けるのだろうか?
コンディションのいい選手をピックアップして選出するべきだろうが幾らコンディションが良くても代表慣れしていないと選出された時に即結果を出せるか?と問われればNo.だろう
例えば先のチャンピオンシップで闘志を見せて戦った闘莉王やJリーグ日本人得点王の大黒といった選手はチャンスすら与えられていない
来年はそんな暇もないだろうが去年の親善試合とかならばそういったチャンスはあったのではないだろうか?
それすらなくバカの一つ覚えで今のレギュラーメンバーが固定されている
万人が納得する事はありえないだろうが固定された闘争心の欠片も見えないレギュラー達に納得する事は自分は出来ない
その為にも形として見える競争が欲しい
これからも3バックだけなのか?
これからも高原、鈴木のツートップでスーパーサブ的役割で久保・玉田なのだろうか?
Jリーグなどで結果を残しているプレイヤーよりも固定された保守的なメンツ
決して僕はJFAも日本代表も嫌いだからこんな指摘をする訳じゃない
日本代表がワールドカップで戦う姿を見たいから、ただそれだけ

kamome_3ya at 15:54|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

December 21, 2004

またやった

水島新司先生がまたやってしまった・・・
1月5日号のビッグコミックスピリッツに掲載された“あぶさん”での話だ
過去にも分配ドラフト前後に掲載された話での岩隈と影虎(あぶさんの息子)の「俺達はプロテクトされるからいいけれどされない選手に悪いな」という感じの事を岩隈が影虎にしゃべるという節があった
キチンとスポーツ新聞を見ていたら岩隈がどういう心境で今シーズンを戦っていたのか?合併に対してどう考えているか?は解るハズ
なのにこういう節があった

これ以降改めて野球漫画を描くのかと思っていたが近作でその希望は脆くも崩れ去ってしまった・・・
というのも岩隈と影虎が大阪Dで遠投キャッチボールをし終わった後、岩隈が「オリックスを出る事は決まったがどこのチームでプレーするのかを言うと我侭になってしまう」の様な事を言い出した
まだ決まってへんやろ!!
今年2度もフライングしておいて(プロテクト問題とプレーオフ問題)またかよ・・・
本当に球界の明日を考えるならばあぶさんを最終回にして水島先生はプロ野球漫画から手を引いた方がいいのではないだろうか?
過去に伊集院光との対談で高校野球漫画をまたやりたいと語っていた
また新しい水島新司が描く高校野球のドラマを見たい

kamome_3ya at 19:23|PermalinkComments(2)TrackBack(1) 球界改革問題 

続THE マンパワー問題

混沌としてきたマンパワー問題
昨日会見を行ったがその記事をいくつか見たが呆れた・・・
戸叶が「高橋愛ちゃんもヨッシーもミキティーもみんな好き。優勝して合コンもいいですね」
これに対して三木谷オーナーも「優勝したら祝勝会にモー娘。を連れてくるのもいいね」と返答しもう優勝した気でいる
アホか・・・
戸叶ももうエエ歳やろ?
はよ籍入れろや
そして三木谷オーナー、まだ優勝は愚か1勝もしてへん
来年の事を話すと鬼が笑うって言うだろうに
ヘンテコな応援歌にキャバクラ・合コンとネタ球団へまっしぐら

仙台のプロ野球チームを渇望していた人の心を傷つけたら、ホンマに東北地方での野球人気はお終いやで

kamome_3ya at 15:06|PermalinkComments(0)TrackBack(5) 球界改革問題 

December 20, 2004

モーニング娘。ゴールデン応援歌披露

今日正式にゴールデンの応援歌「THE マンパワー!!!」のお披露目会見を行い、三木谷オーナー、選手4名らが参加した
しかしウリが“ノリの良い同曲を腰を激しく動かすセクシーで元気のあるダンス”とある
アホ臭・・・
別に応援歌があると言った模様だが「そんなの当然!!」だろう
大体、初恋のスイートメモリ無我夢中って何じゃ?
他の歌詞からも野球のイメージはされない
これで仙台に新しいチームが出来るというパフォーマンスになったのだろうか?
寧ろライブドアのイベントの方に野球への愛情を感じた
個人的に試合前・イニング間などに様々なエンターテイメント的思考のショーなり、みんなで参加出来るゲームをやるのは大歓迎
反対なのは野球とは一切関係ないショー
これは後者に当てはまるのではないだろうか?
もうネタチームとして活動してくださいとしか言えないし、仙台のプロ野球チームを渇望してこられた方々にどう顔向けするのだろうか?

kamome_3ya at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 球界改革問題 

December 19, 2004

地獄のアングルを読んで

分厚い本であったがスッと読める本だった
内容は一言でWJの一年を振り返るというもの
どの様な過程でWJが立ち上がり終焉を迎えたのか、が非常に興味深かった
感想は一言でゴマ塩は人情味がありプロレスを愛している人なのだろうな、と言う事とWJの真実(著者曰く)はネット上で描かれていた以上にドロドロしていたのだなという事

一番興味深かったのは新日を離れるまでの件
詳しく書くとネタバレになるので書きませんが

ただ報道された様な暴露本と言う類のものではなく、ノンフィクションドキュメンタリーとして読めました
これからもネット上で色々言われるのでしょうが

kamome_3ya at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) プロレス・格闘技 

サンフレユース、準決勝へ・・・

本当に見事な試合だった
トップに出場したり代表に招集されたりと疲労が溜まっているマエシュンは試合前にマッサージを受けていたようだが素晴らしいツーゴールだった

試合の方は前半はジェフユースに攻め込まれる苦しい時間帯が長かったがそれをよく耐えたと思う
最後の方は徐々にペースを掴めていたのも良かった
後半は開始早々、CKのチャンスを得て森脇がヘッドでゴール
その後相手のパスミスをマエシュンがカットし独走、そのままゴールへ!!
疲労で攻撃に専念するように言われていたが、よくあれだけの長距離を走りきりキチンとゴールをゲットできたのは大気の片鱗を見せ付けてくれました
その後ジェフユースに1点返されて、もしトップだったら(以下略)
が、その不安は一掃される!!
マエシュンが冷静にゲット!!
その後も疲労が目立っている選手は交代させながらも積極的に攻撃を仕掛けていくもそのまま終了
選手がサポーターへ挨拶に!!
サンフレッチェコールにゴリさん(森山監督)応える!!
中山がコールを要求!!
ナ・カ・ヤ・マコールに合わせてポーズをとるも途中からお調子者コールに(笑)
素晴らしいムードの試合でした

苦しいゲームでしたが、ゴール前でチャンスがあればマエシュンや平繁はいくら苦しい体勢であろうともシュートを狙っていた
いくらゴールが入らなくても入れてやるんだ!!という強い気持ちが感じ取れました
特にマエシュンはジェフユースが3人がかりで止めようとするもドリブルでバトルを仕掛けていた
こういう姿勢でプレーするタイプのプレイヤーは日本には中々いないので順調に成長して欲しいです
最後にジェフユースは凄い強いチームでした

23日の準決勝はヴェルディユース!!
決勝までこの素晴らしいチームでサッカーをしてほしいです続きを読む

kamome_3ya at 17:06|PermalinkComments(3)TrackBack(2) サンフレ 

December 18, 2004

サンフレユース明日準々決勝

明日長居第2でサンフレユース−ジェフユース戦が行われます
昨年の決勝戦のリベンジで臨むジェフユースは1回戦で大量得点を上げて勢いに乗っています
対するサンフレユースは1回戦で平繁が2ゴール、木原が1ゴールという結果だった
苦しい戦いになるであろうが長居陸上の地で戦うためにも負けられない
そしてこの最高のチームで戦うためにも・・・

kamome_3ya at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サンフレ 

December 17, 2004

“ヒットマン”安生−ハイアン

大晦日の男祭りに“ヒットマン”安生が戻ってきた!!
安生にとって念願だったであろうグレイシー狩りのチャンスがやってきた
過去にヒクソン襲撃を試みた事もあったが・・・
今となってはアンジョー司令長官として高田モンスター軍で活躍
大晦日にはヒットマン(byゴマシオ)としてハイアンを300%デストローイしてほしい

kamome_3ya at 21:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0) プロレス・格闘技 

サンフレッチェ・・・激動の3年から来年へ・・・

この3年間サンフレは激動の3年間であったと言えると思います
一昨年、屈辱的なJ2降格
あの11月30日、札幌ドームあの日を忘れてはこれからの進歩も何もないはずだから
昨年、第1クール・・・川崎F戦でJ2の厳しさを感じるも、その後連勝、が主導権を握ったゲームが出来ない苦い展開だった
第2クール・・・相手に研究され始めて苦戦するといったパターンであった、広島包囲網を打ち破るかが課題だった
第3クール・・・暑く厳しいゲームが続いたが真中・井川をレンタルで獲得して、チームのカンフル剤として活躍してくれた。が、コマが左膝十字靭帯損傷でチームから離脱したり殻を破れないもどかしいゲームが続き昇格圏内から行ったり来たりばかりしていた
第4クール・・・苦しい戦いの連続だったがようやく歓喜の日がやってきた
11月15日・・・この日は11月30日と並んで忘れられない日になった
この歓喜をJ1でも味わいたい・・・


そして今年
理想と現実の狭間で苦しんだシーズンだった
特に開幕して8節のC大阪戦まで勝ちをもぎ取る事が出来なかった
あの長居でのゲームでの試合前練習でサポーターグループがコールをせずに“普段と違う環境を作る”事に成功し、終了間際に同点にされるも最後の最後ロスタイムに浩司がゴールで復帰後初勝利!!あの試合でサポーターに挨拶に来た小野監督のガッツポーズが忘れられません
結局、サンフレはJリーグ引き分け記録を更新してしまった
要は勝ちきれなかった
来年こそは優勝争い出来る事を信じて・・・

kamome_3ya at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サンフレ 

続岩隈問題

今日、岩隈が来年どの様な立場でプレーをしたいのかの指針を会見で発表
予想通り「オリックス入り拒否 今後は選手会に一任」となった
会見の中で「この6ヶ月間野球をやってきてつらかった。オリックスではできませんと伝えました」と話した。小泉社長からは「楽天には今すぐには出せない。宮内オーナーや小池会長と相談して考える。年内には決めたい。」と返答があったという

この一連の騒動において本来ならばコミッショナーが適切な決断をしなければならないのに・・・
こういう問題があろうとも決断を下せないコミッショナー、中途半端な両リーグ会長、協約にのっとって等と言うも、はや協約違反の合併をしたオリックス小泉社長
これでは球界、どうにもならんです

kamome_3ya at 20:33|PermalinkComments(3)TrackBack(4) 球界改革問題 

東北○○ゴールデンイーグルス応援歌モーニング娘。に

ネタ系チームの地位を築きつつある東北ゴールデンイーグルスではあるが、また我々にネタを提供してくれました
それがモーニング娘。です
曲を聴いたが応援歌ではないだろう
今年一気に勢いがなくなり来年解散か?とまで言われているモーニング娘。にオファーを出した三木谷オーナー
週明け20日には球団フロント、選手、モーニング娘。が会見を行う模様
何でモーニング娘。なのか?その必要性があるのかが理解出来ない
過去に三木谷オーナーの人となりを紹介する番組で好きなアイドルが松浦亜弥のファンだと言っていた(ヴィッセルの開幕戦でゲストに呼んだ位だから)
まさか最近話題にも上らないモーニング娘。の行く末を案じて応援歌を歌ってもらおうとしているのだろうか?
そうではない事を祈りたい

kamome_3ya at 08:59|PermalinkComments(2)TrackBack(10) 球界改革問題 

December 16, 2004

日本−ドイツ

ショッキングな試合だった
確かに前半は良かった
が、稲本のファウルの後、FKのこぼれをクローゼがゴール
誰も反応していなかった
こういう時こそ集中して守る必要があったのに・・・

アナウンサーは収穫なんて叫んでいたが、収穫はあった
それはサポーターがブーイングを選手に浴びせた事
1次予選のシンガポール戦の時に不甲斐ない試合だったはずなのに全くブーイングは起こらなかった
そういう意味では収穫だったのではないだろうか
にしても、どうするのだろうか
本当にドイツへ行く気があるのだろうか?
最後に締めくくりとして
“戦え!!ニッポン”

kamome_3ya at 22:17|PermalinkComments(6)TrackBack(5)

Jリーグ、トライアウトを実施

今日、Jリーグのトライアウトが柏で実施された
主な参加選手は元日本代表・サンフレの上村健一(うえみー)や加藤望(元柏レイソル)
サンフレは前回のトライアウトで小村と契約するに至り今シーズンディフェンスの軸として活躍しました
選手協会のサイトで去年、一昨年のトライアウト参加選手の感想が掲載されていますが、一人でも多くの選手がチャンスを掴んで欲しいと一サッカー好きとして願っています

kamome_3ya at 19:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカー 

リカルド期限付き移籍正式発表に

良かったです
来年もリカルドがプレーする姿を観に行けるのは良かった
前にも書きましたが是非ともサンガをJ1に昇格させて欲しい

kamome_3ya at 19:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サンフレ 

野球離れ深刻・・・

野村総研がインターネットで調査した所、プロ野球への関心が低下した、と答えた人が27.8%にのぼった。その内46.6%が「不祥事や再編騒動で興味がそがれた」と回答・・・
今回の一連の騒動の残した傷跡は余りにも深刻だった
今のままではこれ以上、プロ野球から離れていくであろう
その為にもこれで終わりではなく継続して問題に向き合っていかなければならないだろう
それが試されるのが今回の岩隈問題であると思う
ここで真摯に考えて、その場しのぎでない決断を出さないとこれからの球界の発展は愚か、衰退の一途を加速させるばかりだと思うんです
これまでプロ野球を好きだった人たちもNOを突きつけているのに気が付かなければならないでしょう
そしてこれからのビジョンを!!

kamome_3ya at 19:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 球界改革問題 

December 15, 2004

欽ちゃん球団誕生

なんと欽ちゃん事、萩本欽一氏がクラブチームを設立し、社会人野球に参入する事が発表された
なんと欽ちゃんが監督をし、ヘッドコーチを前ジャイアンツヘッドコーチ鹿取氏、GMにコピーライターの糸井重里氏が就任する模様
1月にトライアウトを実施し、約20人を採用
欽ちゃんは「『ありがとう』を伝えるパフォーマンスを演技指導したい。試合中は、キャッチャーならベンチに引き揚げる前に1度スタンドに顔を向けるとか、凡退した打者も下を向くのではなく、上を向いて帰るとか、お客さんにお尻ばかり向けないようにしたいね。」とエンターテイナーとしての部分を選手に伝える様子
ゆくゆくは試合前の練習で1時間ギャグのパフォーマンスをやったり、試合後にクラシックの演奏会を開く事も検討しているという。

今のプロ野球に最も不足していると思うのはエンターテイメントの部分だと思うんです
本来ならば、こういう素晴らしい動きをプロ野球チームがやってほしかった
今年のシーズンでファンに最も印象に残った選手も、CM出演でみんなが知っている選手も同じでSHINJO
彼は天賦の才のエンターテイナーなのでマネするのはムリだろうが、直行(M)や阿部慎之介(G)の様に意識してやろうとしている選手も増えていますが、みんなが頭の片隅に入れて欲しいと思うんです
野球に興味がないライト層に対して見に来てもらう事が最も大事だと思うんです
このままでは本当にプロ野球が廃れてしまうのではと警鐘を鳴らしたいです

kamome_3ya at 17:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 球界改革問題 
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
Recent Comments
QR Code
QRコード