2006年12月

2006年12月31日

大晦日なので

帰省します。ええ、本当はもっとずっと冬祭りの戦利品を読みあさっていたかったのですが悲しいかなまさかジジババの家に薄っぺらい本を持っていくわけにもいかず。出掛ける10分前まで読み込んで目に焼き付けてきました。年の瀬に毎年やっていることです。
今回は車でなくて新幹線で帰るのですが。時間帯が4時とタイムリーなこともあって、3日目組と頻繁に駅でスレ違いました。大きなリュックと萌え絵の紙袋が目印☆ わかりやすくていいです、アレ。もっとも私も大きなトランクを抱えて(中味は衣類だけど)オタクくさい格好をしていたのであちらにも怪しまれたかもしれませんが。出発時刻を確認していた時に隣にいたのがそれはそれは萌えな紙袋を大事そうに抱えている男の子たち三人組で。ええ、中高生らしき男の子三人組が新幹線乗り場にたむろしていまして。こんなに若いのに大晦日に萌えのためにわざわざ新幹線にまで乗ってやってきたのだろうかと思うとその見上げたオタク根性に感動の涙を禁じ得ませんでした。しかも会話を聞いていて、「〜でしたよハッハッハ」とか喋り方がもろオタク丸出しで、オタクに年齢など関係ないのだと大いに感じ入りました(コミケ初来場が10才の私はそこんとこ人のこと言えないが)。「今日はお疲れ様でした、今年は3日目が大晦日開催で大変でしたね。企業ブースは人がいっぱいいたと思いますけれど、お目当てのものは買えました?」とか声をかければ良かったかしら。

ちなみに、今も隣に丸めたポスターを紙袋に差している男性が並んでいます(人はそれを類が友を呼ぶという)。戦利品を抱えた皆様、来年もオタクな良いお年を!


kamosuzume at 17:28|PermalinkComments(0) オタクライフ 

俺達の冬が終わった……(昨日の戦利品は10冊)

ってことで冬の陣2日目行ってきました〜。昨日は芸能オタのフレンド庵原と一般参加。8時半頃に会場に着いて並んだんですが、会場入りしたのがなんと10時10分。はえーな! 徹夜組の存在意義がますますもってわからなくなりました。10分程度しか変わらないじゃない。君達何をそんなに必死になっているの。コミケスタッフもますますもって進化を重ねているようです。
赤マフラー巻いて行った銀魂スペは盛況でしたなあ、土沖ゾーン。と、遠くから見守って言うつもりだったんですが、銀魂健全ギャグスペースを配置図にチェックしたつもりが一列ズレて土沖ゾーンにチェックを入れていたため自ら人混みの中に突っ込む羽目になりました。何やってんの私ィィィ地雷を回避するためにチェック入れてんのになんで自ら地雷の中に踏み込むようなトラップを仕掛けてるのォォォ! 過去の私にジャスタウェイを投下したい衝動に駆られました。いや、おかしいなとは思ったんだよギャグでこんなに人多いんださすが銀魂だなとか思って人かき分けてサークルの前に行ったらなんかえらい可愛い沖田が並んでたんだよ、私の警戒センサーがそのとき初めてピコンピコン鳴り始めたんだよ。まだ普通の表紙を見ただけで済んで良かったけれどそこでCPを記載した値札がなければ中味確認して眉間に皺を寄せそうになった表情をなんとか崩さないようにしてそっと本を置いていたところですよ。コミケは魔窟だからな! 気をつけようぜ!
ま、他にはね、とっつあん+真選組のコスプレイヤーさん達に抱きつきかけつつも(あの人達に捕まりたかった←しかし実際は警備員に連行されます)、問題なく楽しめましたよ。自分の買い物はもう11時前には終わっていたので、そこからはお使いモードに。リボもやはり盛況でしたね。見かけたコスプレはリボが一番多かった気が。風紀委員長のコスをした売り子さんに笑顔で本を渡してもらったり。委員長いいんスかこんなことしててこの風紀の乱れきった会場を正さなくていいんスか委員長。2日目は元ネタがわかるコスプレが多くて楽しかったです。デスノもいたなあ。しかしデスノは横にLがいなければライトはわからないという罠(ミサも、あそこじゃゴシックパンクが珍しくないから目立たない)。そんなこんなで楽しかったですよええ!
振り返ってみると今回は時の流れを感じさせるコミケでした。初めてハマったキャラクターを扱うサークルさんでは10週年を祝っていて、もうそんなに経つのかと驚いたものです。通い詰めていた合体サークルさんたちがジャンル移動するから別れますと宣言して最後の本を出していたり。変わらないようで変わっていく流れの原動力は時間。米ヤンを奪っていったのも時間。3年間連絡を取っていなかった庵原と会えたのも時間が経ったから。なんだかおセンチにさせるのも時間。そんな時間の流れるコミケという場所にまた戻ってこようと思ったのでした、まる(アレ作文?)


kamosuzume at 16:50|PermalinkComments(0) オタクライフ 

2006年12月30日

友達の母親の一言


「最近の若い人はみんな補聴器つけてるのねぇ」








それMP3。


kamosuzume at 20:01|PermalinkComments(0) 日常 

2006年12月29日

戦果29冊

冬の陣1日目しゅ〜りょ〜。毎回毎回言ってますがね、金がない。あと3万は欲しい勢いです。うああああ絶チルと結界師に投入しすぎた! 東ホールで使いすぎた! いっぱいサークルがあるからって調子こいて買い込んで、西ホールに行く時には残金2000円しかなかったというオチ。何を買えというの。FFを全部これで間に合わせろというの。もう少し計画性を持てというお話。ということを毎回繰り返しているというお話。アコムに計画性の何たるかを学びに行こうと思います。

貧乏バカ(その上多ジャンル)の成長しない行動は置いておいて。まあ金回しに多少の悔いはあれども楽しかったですよ! 一つにコスプレ。げんしけんのあの筆ヘアーの子がいて素で馴染みすぎていたのが笑えました。まんまやがな、いる場所も含めて。結界師の良守と時音が並んで歩いていたのにもハァハァしました。コミケデートはどうかと思うけどねぼかぁ(違います)。銀さんと新八が1日早く出現していたのにもほんわか。新八が先歩いててですね〜銀さんが新八の肘の下あたり掴みながらその後ろ歩いてんの。「ちょっオイ待てよ〜」「早く行きますよ銀さん!」的な。カ〜ワ〜ウィ〜ウィ〜! 他にも親友設定の2人が並んでスペースで売り子してたり。そんな仲良さげに話さないで! 心臓が保たないから!とまあ悶えてました。も一つにサークルさんとの触れ合い。いや触れ合いっつったって買い専の身ではそんな馴れ馴れしく話せるところなんていないんですけど。でもやっぱり大好きなサークルさんに一言、「これからも頑張ってください」って言うだけで違います。告白した充実感があります。本当は「(愛してます大好きです結婚してくださいでもそれは無理だとわかっているのでせめてずっと永遠に)これからも頑張ってください」って言いたいんですけどね! ストーカー条例に引っかかるから言わないけどね!(こんなんだからカモさん気持ち悪いとか言われるのかしら) 最後に売り子の楽しさ。笑顔で本を渡すのは楽しいことです。別に私が作った本ではないのだけれど。新刊だけ買ってくれる常連さんにもまとめて一気買いしてくれたご新規さんにもコミケの中心で愛を叫びたい。ありがとうございますこれからもよろしくー!!!

さて、明日は一般参加だ。ジャンルの数自体は2つだけだけれど、その2つが銀魂とネウロだから大変だ。恐怖のジャンプジャンル。膨大な数のあるジャンプジャンル。やおい地雷も極めて多いジャンプジャンル。ある意味明日が真の戦場です。ネウロはまだいいけど、銀魂が。けど負けません、負けませんよ。必ず生きて帰ります!!!!!(あ、なんか今足元でピッて言っt)


kamosuzume at 21:12|PermalinkComments(0) オタクライフ 

2006年12月28日

あああ緊張

サークルチェックも終わり、冬の陣が明日に迫りました。3日目に米沢代表への黙祷があるらしいですが、私は明日スペースの中で1人静かに黙祷しようと思います。カタログの追悼ページや追悼MRとか見てて悲しくなっちゃったよ……あののらりくらりとしたおっさん具合が好きでした。私にとってコミケとは私をこの世界に引き込んだ始まりで、私の人生を変えてくれたもので、なくてはならないお祭りでした(これからもそうだろうけど)。コミケのお金でなく人々の想いで動いているところが大好きで、ここに来ると辛いこともあったけどオタクで良かったなあと思えたものです。他人にも自分にも誇りを持てる素晴らしい場所だと私は感じています。そんな場所を提供してくれた、今のオタクカルチャーを作り出したA級戦犯張本人の逝去。私達は1人の偉大なオタクをなくしてしまったのだなあ……と改めて切なくなってしまいました。アンタ最高だったよ。直接顔を拝見するために一回ぐらい前日設営をすれば良かったな……との後悔もしたり。だけど救いはかの人がみんなの心に残ってくれたことですかね。カタログの1ホール分のサークルカットの下の漫画には変わらずいてくれて嬉しいよ。いわえもんと2人で天国で読み漁っているといいさ。静かに眠れ、ではなく、静かに読み漁れ。さらば米ヤン。


kamosuzume at 20:58|PermalinkComments(0) オタクライフ 

ちょっとイラっとする程度の高いテンションでお送りします

9e6dd1a3.jpg来ちゃったァァァ憂鬱な朝に悩める乙女の必需品んんんんん!!! 「似てる二人は喧嘩する」銀時VS土方時計!!!! 3パターンの目覚ましを早速聞きましたヨ!!

銀さん単体ボイス「はーい! 万事屋でーす。ご依頼ありました通り起こしに来ましたよー! ほら、ほら、ほら! …起きろって言ってんだろーがァァァァ!!」
依頼してくれれば起こしに来てくれるなら毎日依頼しますよー! そしてなかなか起きないフリをして銀さんをなるべく長く留まらせますよー!

土方単体ボイス「真選組だ! 御用改めである! 予想通りまだ布団の中にいやがったな。早く起きろ! 時間がねーぞ! いい加減に、起・き・ろって言ってんだろーがァァァァ!!」
最後の叫んでるところ聞くと沖田の気持ちになれる。うるせぇなあ、死ねよ土方。

銀さん「やっぱり朝食には糖分だろう。オイ、そこのアンタどう思う?」
土方「はァ? 何言ってんだ、朝はマヨネご飯に決まってんだろーが。お前はどう思うんだ?」
銀さん&土方「はっきりしねぇなあ。とりあえずとっとと起きて、喰ってみろ!!」
お前らは朝だけじゃなくていつでもそれだろーが成人病予備軍共が! でも最後の2人で一緒に言うところ、やっぱり息が合ってない。だがそれがいい。

母と一緒に聞いてたんですが。銀時VS土方時計を頼んでおきながら、2人とも「……やっぱり銀さん単体が一番いいね」って結論に落ち着きました。ウチでの土方の存在価値の低さが露呈した!! しょうがないから次の時計は万事屋でお願いします(むしろ銀さんを土方と合わせるよりこっちの方が先だと思うんだぼかぁ)。どうしても商業的理由で土方を出したいなら近藤さんと土方のセットでお願いします(私はゴリラを諦めない!!)。これで次は土方と山崎です☆とか来たらジャスタウェイ積んだトラックで突っ込みに行きますよコノヤロー!!


kamosuzume at 13:41|PermalinkComments(0) オタクライフ 

2006年12月27日

空知自体は今は束の間のお休み?

母親の冬コミ用の原稿がようやく終わって製本出来ました。スゲー俺!っていうかスゲーバカ!をナチュラルに実行する人です。よく間に合ったよあんた………。散々横で急かしたかいがありました。原稿が出来なくて苛々する大西の気持ちが少しわかった気がする。ちょっと大西に優しくなろう、そう思った年の暮れ。


kamosuzume at 23:43|PermalinkComments(0) オタクライフ 

ラブラッブァー

夜の街を歩いている時、携帯で話している青年とすれ違い様に彼の声が聞こえました。


「お前の風邪なら移ってもいいよ」


漫画以外でそんなセリフ吐いてる人初めて見た!(*´Д`) これから風邪っぴき彼女のところにお見舞いに行くのかしら。ほんわかした一時でした。


kamosuzume at 12:10|PermalinkComments(0) 日常 

2006年12月26日

「何を求めてここに来た……強さか? それとも栄光か?」だったっけ

エヌオー討伐&新ジョブ『ネクロマンサー』ゲット!!
というわけで、エクスデスを超えるボス・エヌオーを倒しました。直前でアビリティをボス用に変えようとしたんですが、最初うっかりそのまま突撃したんですね。あーやっちゃったなおい〜と思いつつ、まあ適当にやって感触を掴んでから2回目挑もうとしたんですよ。

で、適当にやってたら勝っちゃった

なんつうか……感慨というものが………………………orz いや、確かにみんなリボン・エルメスの靴装備でね、3人が『みだれうち』つけた上で『しろまほう』と『しょうかん』と『あおまほう』もセットしてましたけど。でもさあ、みだれうち適当にやって適当に回復してたらいつの間にか勝ってました……みたいな。私2回目挑戦するつもりだったから、戦う前のエヌオーの口上真剣に聞いてなかったよ…すごいかっこつけた感じだったことしか覚えてないよ、印象薄いよラストボス。そんないい加減な気持ちで手に入れた勝利の味は例えて言うならガバ茶のような味がしました。要は、微妙。あんまりアレイズとかもしなかったしなあ、ただHP高かっただけの気が。まあオメガ改や神竜改には遠く及ばなかったですね〜。当然かもしれないけど。
過程はともかく、漸く手に入れましたネクロマンサー。長かったよ、ここまでの道のり。その究極のジョブの使い勝手ですが。

こっちも微妙………………

いや、使う前から微妙な感じだろうなあとは思っていたけれども、やっぱり微妙。大体私はボーンメイルとか絶対使わない人ですからね、呪い装備絶対お断りですからね。ジョブ特性アンデッドはある意味バーサクよりタチが悪いのではなかろうかと思いました。戦闘中ケアルガを受けたらダメージなのにメニュー画面で使えば回復するって絶対何かおかしいと思う。物理攻撃もね、基本魔道士だからクソ弱いしね。うんせっかくだから『あんこく』使うかあ、と思って指定された敵を殺して回っていざ!とABP稼ぎに使うも、強いんだが、MP食い過ぎ。ABP稼ぎの戦闘に毎回使ってたらそらあっという間にMP尽きるわな。MP使うのが嫌だから『よびだす』をつけて節約しようとするも、出てきたフェニックスがアレイズを律儀に生きているメンバーにも使ってくれて見事に瀕死状態になるというこの間の悪さ。仕方ないからMP尽きたキャラには『りゅうけん』をつけて回復を図るもアンデッドモンスターに『りゅうけん』を使ったら通常通りあっちに吸い取られて余計に悪化。なんだよこっちがアンデッドでもダメなのかよ! でも『あんこく』の「ドレインタッチ」はアンデッドモンスターに使ってもちゃんとこっちが回復するんだよね。もう何が回復するのか何でダメージを受けるのか見極めるのが大変で、てんやわんやしているうちになんとかマスターしたといった感じです。あー大変だった。
文句を垂れつつも、ついにジョブチェンジメニューですっぴんの上にもマスターの証が輝くようになったこと自体は非常に嬉しいものです。残すは亡者の洞窟だけですね。この時点でLVが80を超えているので、せっかくだから97まで上げてから挑もうと思います(99だとレベル3フレアくらうからなあ……本当は上げきってしまいたいんだけど)。強さを極めるぜ! 宝箱回収率は極められなかったけど!!






…………………99%………どこで見落とした私ィィィィィィィィィィィィィ_| ̄|○


kamosuzume at 18:23|PermalinkComments(1) ゲーム・GBAFF5プレイ記 

タッチタイピング

私、キーボードの使い方はまず学校でなくて母親から教わったんですよ(ほら、年がら年中パソコンの前に座ってるような母親だから……)。で、基本位置が左手はFに人差し指を置いてそのまま一列で横に指4本、それは世間と一緒なんですが、右手の基本位置がちょっと違いましてね。右手の人差し指はJに置くところは一緒なんですが、中指からはJの段より一列上げてI・O・Pに置けって教わったんです。左右非対称でおかしいなあということは子供心にもわかったので「本当にこれでいいの?」と何度も聞いたんですがその度にそれでいいとの一点張り。故にそのままずっと打ってきて今に至ります。で、最近気づいたんですが、右手のこの形って母音のI・Oの上に位置しているから日本語を打つ時にはこっちの方が都合がいいんですよね。母音は2回に1回は打ちますしね。でも全部上段に置くと1番下の段にあるキーがわかりづらくなるから、人差し指だけ基点としてJに置いておく。いい案じゃないか。数年前の母親の深い考えに今更思い当たった自分を恥じながら、やっと理解出来たよと報告しました。
お母様はこうのたまいました。


「え? そんな変なの教えてないけど?」







このアマ適当に教えてやがったな


汚された元・美しい思い出を胸に抱きつつ、今も私は変則打法でチャットしています(悲しいことに早いんだこれが)。


kamosuzume at 11:58|PermalinkComments(0) 日常