2009年03月

2009年03月29日

一日が終わって

私の携帯のデータフォルダがシャングリラ(楽園)。

コスプレイベントは楽園やんなあ!やんなあ!ホンット楽しかった。ウハウハしながら撮ってきた。あんまりニヨニヨしすぎたからほっぺたの筋肉が痛い。お世話になった二人に改めて感謝です。私本当にこの時期に産まれて良かった。またデートしてあげてください。















ただ、蛍光真緑のケーキは正直もういいです。
482c1188.jpg綺麗な色だろ…ケーキなんだぜこれ…


kamosuzume at 23:15|PermalinkComments(0) オタクライフ 

本日豊島園行きの電車の中で

前に大荷物持った女の子二人がプレゼント交換しながら
「世界会議の時に使います〜」



ハイ5秒でジャンル特定。


kamosuzume at 11:00|PermalinkComments(0) オタクライフ 

2009年03月27日

皆様にご報告

6c5ce64a.jpg銀魂のネーム進まないんでオリジナルなんちゃって三國志パロのネームやっていいですか

キャラクターはもう20人以上出来上がってるのに誰一人として名前が決まってないこの状況、私はゴッドファーザーにはなれやしない


kamosuzume at 21:35|PermalinkComments(0) オタクライフ 

2009年03月11日

人体ってこうもなるのか

dc8fd660.jpg血豆が出来て潰れるまで何かを頑張るとか多分この先一生ない、というか一生やりたくないので記念撮影。
もう二度とやらんぞ!
でもなんだかんだ言って楽しかったのも事実なので、いざもうやらないとなるとちょっと寂しい。
部活ってこういうものですかねえ。


kamosuzume at 22:25|PermalinkComments(0) 日常 

2009年03月03日

悠久の風を確かに感じた

FF3プレイ記その10

・ラストダンジョン終盤、グリーンドラゴンにぬっ殺されかけて涙目でテレポ退却。あれ普通に無理なんですけどラスボスあれより強いんですか大丈夫なんですか私。
・その後また入りなおし、いくらか熟練度を上げるために戦闘を重ねる。ルーネス忍者46、アルクゥ賢者41、レフィア空手家44。あとイングズは赤魔に戻しました。ケアルダかけられる人二人欲しいなって。熟練度も90でほぼマックスだしクリスタル系防具装備出来るし。赤魔最後まで使えるなあ。レベルは63で、恐らく最後のセーブ。
デッシュー!!
・信じてたよお前は生きてるって…あんなフリがあったからには生きてるはずだって…。
・5つの光の一番最後は正直予想外だった。じーさん…だと…!?
・ザンデえらい弱いなと思ったらまだダンジョンあったんかい!いやザンデの次に黒幕が来るだろうとは思ってたけど…まだまだボス戦が控えてるとは…。MPは回復してもかめのこうらとバッカスのさけは戻ってこない。これが最後だと思ってみんなでアイテム使ったターンの最後にはどうほうで戦闘終了された悲しさよ。
・闇の世界でリボン4つ取れるんですね。FF3だとリボンは計5つあるのか。FF1の世界に1つ送ってあげたい。
・闇のクリスタルに打ち勝ち、いよいよ最終決戦。殴って投げて回復して素早さ上げての繰り返しで何とか勝利しました。これでEDです!
・光と闇のお話。初期FFのこういう創世記好きです。今回の『希望』の捉え方はまた一味違っていいですね。光と闇を分かつもの。無との対照に位置する、変化と言ってもいいかもしれない。
・世界を救った直後のみんなが帰っていくエピソードって何気に他にあまりない気がする。いいなあ晴れやかな気持ちになるEDだ。終わったんだなあ、としみじみ感じます。
・画面にFinの字が出た時に感じるこの充足感がたまらない。クリアした時に胸にしみわたるこの感情が、FF3がいいゲームだということの証です。





全体として

やっていてしょっちゅう思ったことは「5みたい」やら「5と同じだ」でした。闇の戦士とかモロに暁の戦士じゃねーか、みたいな。間違いなく3は5の祖先ですな。5をもうちょっとシンプルにした感じだ。FFシリーズ奇数偶数の法則の通り、4よりもむしろ5の方が3の特色を受け継いでいるという。ジョブチェンジシステムからしてそうだろうけど。5信者の私が何故今までこれをやっていなかったのか不思議だ。7はちょっと異色だけど、それ以外の現行のFFシリーズ奇数番は一貫して、地平線まで広がる草原を吹き抜ける風とそこに立つプレイヤーキャラの後ろ姿が鮮やかに思い描けるところが共通していると思います。ゲームシステムとシナリオはそれぞれ違うけど、根底の部分にあるイメージを共有している、と私だけでも勝手に思っておく。3はそんな私の思う奇数FFのイメージ通りでした。こういう世界観好きやねん、大好きやねん。メンバー内の恋愛がないのも昔らしくていいなあ。純粋な『仲間』という名の絆が好きなんだ。人と人との関係性を表す言葉は山ほどあるけど、その中でも一番『仲間』という言葉が許容性豊かで個性に溢れる響きがす
る。今でもこんなゲーム出てるんだったらやりたい。シンプルだけど綺麗な世界観を膨らませるいいシナリオだったと思います。

システム面はもうジョブチェンジ大好きな私のことですから大絶賛です。あと2周はやりたいもの。5はアビリティの付け替えが可能だったのに比べ、3はそれがないからよりジョブごとの特徴が強く出ましたね。5はジョブの自由度がかなり高かったのですが、3は細かく特定のジョブに応じたダンジョンや装備や敵を配置していて、どっちもいいと思いますがミニマムの活かし方なんかは3の方が気に入ったかもしれません。5はミニマムとトードの区別ほとんど意味なかったし。小人化のおかげで脳筋の私が魔法を使う楽しさを知りました。今までのFFシリーズの中で一番魔法を積極的に使った気がします。熟練度システムも面白かった。赤魔は中途半端、なイメージが強かったけど熟練度上げれば並の戦士と同等の物理攻撃してくれたし。色々な着せ替えも楽しかったが、極めるのも楽しかった。属性攻撃が結構使えるのも良かったな。メンバー構成を考えるのがアホみたいに面白かった。ああもう小学生みたいな感想しか出てこないけどホント良かったです。


さて、これから攻略本買ってきて、2周目と行きますかね!


kamosuzume at 10:26|PermalinkComments(0) ゲーム・DSFF3プレイ記 

2009年03月02日

生け贄の儀式は神話のように世界中で共通のところがあるんだろうか

FF3プレイ記その9

・マップの南東に位置する島の地下にある海底洞窟に出発。そうだよなーマップの隅っこにある小島には絶対何かあると思ってたんだよ。ここは宝箱しかないのかな?装備いっぱいもらって帰りました。ベヒーモスナイフとエアナイフでシーフ最強伝説。剣系はナイトと赤魔がいるから強いのを1人が独占出来ないので攻撃力がバラけるんですよねー。なので地上に帰ってからルーネスを竜騎士にして攻撃力アップ。竜騎士ならダイヤ系装備もつけられるし。
・レベル46、竜騎士赤魔シーフ白魔、熟練度は22、18、24、19でいざ行かんウネのほこら。ウネばあさんは思ってたよりエネルギッシュだったなw
・昔は苦戦した古代遺跡のモンスターどもをやすやすとなぎ倒していき、古代船インビンシブルを手に入れました。これで山も易々と越えられる本当の飛空艇ゲットだぜー!…と思ってたら一部の低い山しか越えられないんだな(´・ω・`) がっかりだよ! っていうか絶対海に潜れるようにするより高く飛べるようにする方が開発楽だろう! なんで海に潜れて山越えられないんだよ!
・航空力はともかく、インビンシブルの中はかなり快適です。買い物もできます。調子こいて高レベル魔法買い占めたらあってまにお金がなくなり装備が買えなくなりました。20万貯めたのに…。
・微妙な性能の飛空艇でも、魔剣士の村ファルガバードに到着できました。魔剣士激烈プッシュだったので、ここは素直にルーネスを魔剣士にチェンジ。装備揃えたら本当にすっからかんになったけどな。
・で、装備揃えて町の中の洞窟入ったら魔剣士用の装備が宝箱の中にありったけ入ってました。前にもあったなあこんな展開!金を返せと叫びたい。
・今更ですがダルグ大陸の村に行き忘れていたのでノーチラスに乗り換えて行ってきました。まー今までの魔法がまとめて売ってるだけだったからあんまり意味なかったけど。
・さて、お金もないので、装備に金がかからないモンクにレフィアを変えて、魔剣士赤魔モンク白魔、熟練度は5、23、32、25のレベルは48のメンバーでちょっと浮遊大陸戻ってみます。確か山に囲まれて行けない場所があったはず。
・入った瞬間『バハムートの洞窟』と出て引き返しかけました。そういうことか!ここはそういうことか!
・メガフレアに一瞬冷や汗をかいたものの、ヘイストイングズで素早く回復。ルーネスとレフィアでひたすら物理攻撃のごり押しで勝利しました。ライブラで弱点風だって知ったターンでお亡くなりになったよ。これでバハムートが使えるようになりました。
・よっしゃーこの調子で行ったるぞー!次は何故か海でなく湖にいるリバイアサンや!
・リバイアサンにぶつかったらいきなりバトルかと思ったら洞窟に入りました。いつも思うけど、水の下の洞窟とか構造どうなってるんでしょう。
・そこまで苦戦することもなく、リバイアサンクリア!これで召喚獣全部揃いました。
・全体攻撃は『あんこく』でかなりカバー出来るので、黒魔法はいらないかなー、ということで赤魔アルクゥを幻術師にチェンジ。せっかく召喚獣揃えたし。魔剣士幻術師モンク白魔、熟練度は17、2、43、33、レベルは52で暗黒の洞窟へ。色々寄り道してたらレベルが結構なことになってしまった。
・唯一召喚の残念なところはシヴァのデザインだと思うのだが。あとオーディーンも若干残念かな…。
・隠し通路がやけに多いから暗黒の洞窟か。納得。
・封印の洞窟のボスのデザインに思わず笑ってしまった。お前のムキムキ破壊してやんよ!召喚獣たちに比べれば屁でもない強さでした。
・バハムートの時も思ったけど、レフィアモンクは飛んでる敵に異様な強さを発揮する気がする。9999ダメとか出すし。なんだろう、装備の関係かしら。メタルナックルか?それともモンクがそういう特質なのか?
・外に出て、召喚獣がレベル高くないとほぼ使えないことが判明したので、アルクゥを風水師に変えてみました。何気に風水師初起用。これも後方支援組かと思ってたら普通にルーンのベルでボッコボコに出来るんですね。ちけいの意味がn(ry
・ドーガの館に向かい、洞窟を抜けてドーガとウネの元へ。


































・テンションだだ下がりだよ…

・自分の手で殺すとかないわ。相手に殺させるとかどんだけ鬼畜なのかと。自分のせいで死ぬのと自分が殺すのと、やっぱり意思の問題でさ、違うよね。うん。あーなんか一番落ち込むイベントだったわ…。
・レフィアをモンクからバイキングに変えたところで、次の場所へ行こうとしてふと気づく。
…エウレカのカギってどこで使うんだ?
・エウレカの地がどーのこーの行ってた気がするけど、ヤベッ話聞いてなかった。と、とりあえず塔に向かっちゃっていいのかな…。魔剣士風水師バイキング白魔、熟練度は25、5、14、40、レベルは54で行ってみます。
・かつては見事私を死にいたらしめてくれた巨人像ですが、キバのおかげで通れるようになりました。けどどうせなら飛空艇のまんまで通れる方が良かったのに。
・塔に入ろうとしたらまず迷宮に入りました。ここで土のクリスタルから称号を獲得。あれ?お前一回割れたんじゃなかったっけ?あのクリスタルは偽物だったのか?
・バイキングがえらい遅くて使えないので、ちょうどいいからジョブを変えましょう。ルーネス→忍者、アルクゥ→賢者、レフィア→空手家、イングズ→ナイト。みんな0からの出発です。もう残り少ないしラスボスまでこれで行こう。配役は完璧にイメージで決めた。レフィアの似合いっぷりは異常。
・至極どうでもいいことだが、グレートデーモンが持ってる武器が色合いのせいでどう見てもネギにしか見えない。
・エウレカの鍵は塔内部で使うんですね。では最強武器取りに出発。
・3はボスが終わったら全回復だからいいですねー。これ回復しなかったらいちいち飛空艇まで戻らなきゃでしたよ。
・マサムネが女(くのいち)だったとは…。ちょっとときめいた。
・なんでエクスカリバーがデス使ってくるんだ。ホーリーとかならわかるのに、それはおもっきし暗黒系じゃないスか。
・伝説の武器シリーズラストのラグナロクの2発でレフィアとアルクゥが混乱し、あ、これ死ぬかな、とうっすら覚悟したターンで最後にイングズがトドメをさしてくれました。あぶねぇぇぇここで死んだら初めから終わりまで全部やり直しだったよ!
・エウレカ最後のエリアでレベル8魔法売ってるんですね。召喚のオーディーンとリバイアサンとバハムートまで売られてるのを見た日にはちょっと切なくなりましたが。有り余ったお金は全額しゅりけんに投入。一投げ6万5千円でミスると軽く殺意がわきますね^^
・エウレカクリアしてから一回外に出てセーブ。忍者賢者空手家ナイト、熟練度は18、19、20、14。レベル58。MP足りなくなって途中でまた戻ってくる予感がしますけど、とりあえずこの状態でラストダンジョン突入。
・そして予想通りちょっとMPが危うくなってきたので一回インビンシブルに戻ってセーブ。エリクサーという手もあるけど、勿体ないし、熟練度も上げたいのでなるべく無駄な道のりを行く。ラスボスまでに熟練度50までは育てたいんだが、いくら私が見えない道対策に全ての壁に突撃しながら歩くタイプとはいえ特別なレベル上げもなしにそれは無理ですかねえ。まあ次回クリアかな!


kamosuzume at 08:05|PermalinkComments(0) ゲーム・DSFF3プレイ記 

2009年03月01日

オーディーンゲットだぜ!

FFプレイ記その8

・魔方陣の洞窟があっけなく終わったので(勝手にドーガさんだけで封印の洞窟行ってくれるんですね)お金もたまらなかった。仕方ないから洞窟内部で金稼ぎです。アルクゥを黒魔にしたり、レフィアを幻術師にしたり。召喚もなかなか面白いですね。そんなこんなでレベル6の魔法を買い揃えたのはいいものの結局みんなのジョブは竜騎士学者狩人赤魔にしました。レベル6意味ない。次の神殿クリアしたらジョブ一新しようと思います。熟練度は19、57、20、88。レベルはみんな40です。
・時の神殿はボスはいないのですが、ザコ敵として普通にエンカウントするベヒーモスとドラゴンがボスクラスの強さです。1回目は真面目に戦いましたが余りにも消耗が激しいので、2回目以降からは秘技ジョースター家伝統の戦法を用いました。逃げるんだよォォー!
・神殿をクリアしてからサロニアで一休みし、それからジョブを4人とも変更。ルーネス→ナイト、アルクゥ→赤魔、レフィア→シーフ、イングズ→白魔。ルーネス以外みんな熟練度1からのスタートです。時の神殿の中で拾った戦士用防具+ディフェンダー+ベヒーモスナイフを使いたかった結果です。ケアルだけは有り余るパーティー編成。
・移行期間解除ついでに何回か戦闘をこなし、アルクゥ赤魔の物理攻撃の弱さにポカーン。普通に『たたかう』要員の一員だったイングズと比べると差が歴然。これが熟練度の差ってヤツか…!
・ストーリーに沿うとこのままウネのほこら行きなんですが、海底でサイトロを使ってみると他にも行けそうなところが地図に表示されたので先にちょっとそっちにも行ってみることに。まずはサロニアの地下迷宮です。熟練度の低さは武器で補って進んでいって、アイテムいっぱいだわーいと喜んでいたら途中から迷宮が城内のようなグラフィックに変わり。はて何かなと思って階段を上がったらなんか見慣れた騎士がそこにいたので寸前でおじゃましましたーと言って帰ってきました。オーディーンゾーンだったのかよあれ!てっきり例の古代遺跡がオーディーンかと思ってたよ!
・一度外に出て宿屋で回復し、ありったけのMPを持っていざオーディーンバトル。今までで一番白熱したバトルになりました。斬鉄剣の威力がとにかく絶大で(5みたいに一撃で全滅するよりかはマシかもしれんが)、前列にいる人がHPマックスの状態から一気に黄色になってね。その直後瀕死のレフィアをルーネスがかばって死んだ時は思わずルーネスゥゥゥ!と叫びました。もちろん即フェニックスの尾。このパーティーの持久力なめんなよこちとら回復手段は有り余ってんだよ。惜しみなくケアルダを使いまくってなんとか勝利をおさめ、オーディーンをゲットいたしました。
・迷宮でうろちょろしまくった結果、突入前レベル41だったのが43に、ルーネス以外は熟練度が10上がりました。この調子で次行ってみよう。


kamosuzume at 07:07|PermalinkComments(0) ゲーム・DSFF3プレイ記