ヨイ豊 (講談社文庫)
梶 よう子
2017-12-15



内容紹介

元治2年(1865)如月、清太郎の師匠で、義父でもある三代豊国の七七日法要が営まれる。三代は当代きっての花形絵師。歌川広重、歌川国芳と並んで「歌川の三羽烏」と呼ばれた。すでに広重、国芳を亡くし、歌川の大看板・豊国が亡くなったいま、誰が歌川を率いるのか。版元や絵師、公演者たちなど集まった弔問客たちの関心はそのことに集中した。清太郎には義弟の久太郎と、弟弟子の八十八がいた。久太郎は清太郎と同じく、門人から婿養子なった弟弟子。そして八十八は、清太郎より歳が一回りも下の弟弟子。粗野で童のような男だが、才能にあふれている。八十八が弟子入りしてすぐに三代はその才能を認め、挿絵を大抜擢で任せたりしたものだ。かたや清太郎が三代に褒められたのは、生真面目さしか覚えがない。その上、版元たちからは、三代の通り名「大坊主」を文字って、「小坊主」と呼ばれる始末。いったい、誰が「豊国」を継げようものか。清太郎は、苦い振る舞い酒を口へ運んだ──黒船騒ぎから12年が経ち、京の都には尊王攘夷の嵐。将軍さまは京に行ったきりと、徳川の世は翳りはじめていた。時代のうねりの中で、絵師たちは何を見、何を描き、何を残そうとしたのか!

内容(「BOOK」データベースより)

黒船来航から十二年、江戸亀戸村で三代豊国の法要が営まれる。広重、国芳と並んで「歌川の三羽烏」と呼ばれた大看板が亡くなったいま、歌川を誰が率いるのか。娘婿ながら慎重派の清太郎と、粗野だが才能あふれる八十八。兄弟弟子の二人が、尊王攘夷の波が押し寄せる江戸で、一門と浮世絵を守り抜こうとする。


江戸から東京に移り変わる頃……。
時代の流れに抗うように、意地を張って生きる浮世絵師たちの物語です。


江戸時代ならでは、なんですが、
昔の男の人ってたくさん名前を持ってるんですよね。
あるいは、人生で4回名前が変わるとか。
(幼名、元服したときの名前、先祖代々当主が受け継ぐ名前、引退後の名前など)


人によっては雅号やら何やら持っていることもあるので、
しかもその名を受け継ぐこともあるので、
小説だと誰の話をしているか、混乱してしまうんです。

漫画やドラマだと、顔を出せるのですが。
なので、誰が誰やら、ちとわかりにくかったです。

江戸時代の人も、名前で混乱してたのかな?

人物の特徴や動きで、見分けがつくと良かったな〜と。


ストーリーはとてもヨイです笑
変えられない時代の流れ、それに抗うように意地を見せる。
しかし、風情と人情と粋だけじゃ生きていけない。世界中にばら撒かれた浮世絵のように、紙になって飛んでいく……。


燃え尽きようとも魂をぶつける、
浮世絵師たちの思いが熱くて良かったです。


熱いものもあるんだけど、
諦念みたいなものもどこかであって、
想いだけが幻のように残っている。


時代劇に出てくる江戸ではなく、
生活している人の息づかいが聞こえてくるような、
市井の人たちが時代に飲み込まれつつも、
いつもと変わらず、人によっては服を着替えるように生活を変えてみて、
これからの日常を送ろうとしている、
そんなリアルな時代小説です。


ヨイ豊 (講談社文庫)
梶 よう子
2017-12-15





このブログは一応書評ブログということになってまして、
時に映画やアニメなども記録していく、備忘録のような闇鍋ブログです。

そこにますます闇鍋感を増すようなことをするのですが、
わたくしマネーリテラシーに興味がありまして、
勉強しつつこれも記録していこうと思っております。

お金のことは個人差があるし、
なんの参考にもならないと思いますが、
まぁこんなケースもあるのね、くらいにみてもらえれば。


というわけで、いきなりですが、
ロボアドバイザー「ウェルスナビ」を申し込みました。

↓ウェルスナビ公式



WealthNaviは
世界水準の金融アルゴリズムを提供するロボアドバイザーです。

平たく言うと、
お金を預けておくと、ロボットがうまい具合に投資しておいてくれる
ということです(めちゃざっくり)。


もちろんそのロボットというのも、
ノーベル賞を受賞した金融アルゴリズムを実装しており、
しかも人間と違って感情や心がないので、
何があっても冷静に淡々と資産運用をするのです。


人間で、ノーベル賞級の金融マンもいますが、
感情的になって失敗することもあるし、
企業に属しているならば、自社に有利な商品を勧めてくるので、
実を言うとフェアじゃない笑

ウェルスナビCEOの柴山和久氏は、
「人間は資産運用に向いてない!」
言っているようです。


あ、ちなみにこのCEOの方も、
大変苦労されていて、インタビューも面白いので、
お時間あるならぜひに。

INTERVIEW
財務省、マッキンゼーを経て起業 千差万別の金銭感覚からわかったこと

ロボアドバイザーが日本人の資産運用を変える




たしかに、
AIの登場によって奪われる仕事のなかに、
金融系はチラホラ……。

オックスフォード大学が認定 あと10年で「消える職業」「なくなる仕事」




もう、人間に資産運用を任せる時代じゃないんですね。


んで、本題。
なんで急に投資することにしたのか?


私も典型的な日本人でして、

不労所得は金持ちじゃないと手に入らない!
積立貯金が何より大好き❤️
銀行の残高を見てうっとりする…
投資?よくわかんない。。。
一度始めたら気になってしょっちゅう見てなきゃいけない。

という、
投資には全く縁のない人だったんです。


しかし。
世の中マイナス金利。
定期預金をつくっても、全然増えない。
普通預金の金利もほぼゼロ。
ただ銀行に置いてあるだけ……。


そこで!
現在の貯金額を見直して、
余裕資金であれば投資に回そう
と決意いたしました。

投資は元金が多ければ多いほど有利です。
10万円から1万円を生み出すより、
100万円から1万円を生み出す方が簡単なんです。
そういう意味では、富裕層は有利です。

しかしそれは、
資産のない人が資産運用しても意味ないということではありません。
少額でも、低金利の銀行に置きっぱにしておくよりは、
資産運用に回したほうがよっぽどいい。


とは言うものの、
投資をするにはそれなりに勉強しなくちゃいけません。
それに、理屈だけじゃなく経験や勘も必要です。
日本じゃ学校でマネーリテラシーなんて教わらないし、
日常でお金の話って全然しないので、
まったく教養が深まらない。


その点、ウェルスナビならば、
投資初心者でも安心の設計になっています。

本当なら、
この資産をこれくらい買って、あとはこれとこれを買って、こうなったら売って……
というのをやらねばならないのですが、
ぜ〜んぶロボットにおまかせなのです!

なぜ10万円でも最適なポートフォリオを組めるのか?


一度投資をしたら、
しょっちゅう見てなきゃいけないイメージもありますが、
ウェルスナビなら基本的に放置でOKです。

というか、
短期で利益を得るものではないので、
毎日チェックする意味があまりないんです。

あくまで、
銀行に遊ばせとくなら、こっちの方がマシ
という仕組みですな。

長期にわたって運用することも考えると、
今すぐにでもやった方がよさそうだ、
と思い立ち、
講座開設を申し込みました。


IMG_0455


申し込みは簡単で、
まずメールアドレスを登録し、
認証コードを送ってもらう。
(すぐ届きます)

ログインしたら、
免許証やマイナンバーの写真をあげて、
情報を入力する。

簡易書留が届くのを待つ……


と、申し込みはそれだけです。
スマホでできちゃいます。

あ、マイナンバーを奥底にしまい込んでいる人は、
それを探す方が時間かかるかも笑

それくらい、手続きは簡単です。
注:マイナンバー探すのに時間かかった人は、まず片付けしてください。


簡易書留は2〜3日で届くらしいが…。
どうなることやら、ドキドキ。


講座を開設しても、
入金しなければ投資は始まらないので、
直前でビビっても大丈夫!
深呼吸して、決心してから入金してください笑


また進展ありしだい、
当ブログに書き込みます。





現代ソマリランドと室町日本は驚くほど似ていた! 
世界観がばんばん覆される快感が味わえる、人気ノンフィクション作家と歴史家による"超時空"対談。 
世界の辺境を知れば日本史の謎が、日本史を知れば世界の辺境の謎が解けてくる。 

中島京子さん推薦 
「脳天にハンマー直撃。目から鱗ボロボロ。」 

【小見出しより】 
外国人がイスラム過激派に狙われる本当の理由 / ソマリアの内戦と応仁の乱 / 未来に向かってバックせよ! / 信長とイスラム主義 / 伊達政宗のイタい恋 / 江戸の茶屋の娘も、ミャンマーのスイカ売りの少女も本が好き / 独裁者は平和がお好き / 妖怪はウォッチできない / アフリカで日本の中古車が売れる知られざる理由 / 今生きている社会がすべてではない 


タイトルはどこかで聞いたことがある笑
いやいや、ふざけてないで、とても良い本ですよ。

読むと、世界観が覆されます。
それがめちゃくちゃ爽快です。


この本は、
ノンフィクション作家である高野秀行氏と、
日本中世史を研究している清水克行氏の、
ジャンルと時空を超えた対談なのです!


きっかけは、
「室町時代の日本人と、現代ソマリ人はカブっている!」と気づいたこと。
すでに紡がれた歴史ではわからない、室町時代日本人の深層心理に迫ります。


目からウロコな話は盛りだくさんなのですが、
ぐっと来たのは未来に向かってバックする話ですね。


私たちは「さき」と言われると、前の方を指さしますよね?
逆に「あと」と言われると、後ろを指したくなる。

これが、室町時代は逆だったようなんです。
つまり、前が「あと」で、後ろが「さき」。

昔は、未来というものは予測がつかず、目に見えない、よくわからないものでした。
だから後ろに(つまり目に見えないところ)にある。
そして、過去になれば目に見えるわけだから、過去は目の前にある……!

昔の人は、後ろ向きに生きていたんですね笑

時代は流れ、技術が発展して、
ある程度未来をコントロールできるようになってきます。
例えば農業でも、こういうふうに種をまけばよく育つ、この時期にはこういうことに気をつける…というノウハウが出来てきます。

そうなると、未来と過去が逆転して、
「さき」「あと」が入れ替わってくる、というわけ。

この現象は日本だけでなく、世界各地で見られる現象で、
なんとソマリの言葉でも「さき」「あと」の言葉の区別がないのです。
文脈で判断するしかない笑


映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」なんてのは、
教養ある人が見たら思わずニヤリとするタイトルっていうわけ。
昔の人は、未来に向かってバックしてたんです。


同じ日本人でも、
時代が変われば考え方も全然違いますね。


また、歴史を学ぶ意義についても語られています。
それはやはり、私たちの尺度はわりとつい最近になって作られたもので、普遍じゃない。
昔な尺度を知ることによって、私たちの尺度の意味がわかるし、他人のこともわかる……。

その意義は、本書を読むと痛感すると思います。
だって、目からウロコ落ちまくりですし!

案外、これは伝統だ文化だ、なんて言っていても、
明治時代以降になってできたものだったりするんですよね。
あるいは、高度経済成長期かもしれない。

昔の生活環境を考えると、
「あれ、おかしい…」と気づくことができる。
その気づきによって、人は冷静になり、自分を見つめなおせる、と私は思います。


まあそんな深いことは考えなくても、
世界観が覆される感覚が爽快です。
この爽快感、味わってくださいね。



↑このページのトップヘ