泡沫でおきらくな日々

ホームページの運営や更新、ゲームやパソコン関連の話題が多くなると思いますが、基本的にはテキトーな時にテキトーな事を書くブログです。 ヒマなら見てね。

メッセージアプリの普及率について物申す

先日「iPhone ちゃんねる」さんの以下の記事を見て、その反応が気になりました。

・世界のLINE普及率、低すぎワロタw 一方日本は…(現在は記事削除)

globalreach

この表のデータについて、「日本だけ LINE が流行っててガラパゴス状態」とか、「世界標準の WhatsApp が使われてなくて情弱」とか言っているコメントが目立つのですが、それは各国の状況を理解していないお門違いな意見です。

そこでこの場にて、世界のメッセージアプリの普及の現状を解る範囲で述べてみたいと思います。

まず、世界の多くの国で普及している WhatsApp Messenger というアプリですが、これは SMS の機能を拡張するものです。
SMS は電話番号でも送信できるショートメールですが、絵文字が使えないなど機能が低く、もっと高度なメール機能が発達していた日本では普及しませんでした

しかし海外では SMS がすでにメジャーだったため、その機能を補完し、チャットのように利用できるこのアプリが普及した訳です。
でも SMS が機能不足で普及しなかった日本では、そんなものシェアが低いのは当たり前です。

Facebook の利用率が低いのは、Facebook は実名公開が基本であり、匿名でのメッセージ送信が一般的な日本には合っていなかったのが大きいのですが、すでに Twitter が普及していたことと、文字数制限の問題もあります。

海外では先に Twitter が普及していましたが、Twitter には 140 文字までという制限があります。
そしてアルファベットで 140 文字では、本当に「つぶやき」しか行えません。
よって「文章」を送りたい人は Facebook に移っていった訳です。

しかし日本には漢字があるため、140 文字あれば相応に文章が書けます
だから Twitter でも普通にメッセージの送信が可能であり、文字数制限を理由に Facebook に移行する必要があまりなかった訳です。

LINE については、その開発元を左翼の皆さんは意地でも韓国に、右翼の皆さんは意地でも日本にしたいようですが、LINE は韓国に本社がある NHN の日本法人 NHN Japan で、日本人が作成し、韓国のネットワーク技術も利用して運営されているものです。

韓国のソフトウェア開発は「ネットワーク関連の情報リテラシーが非常に高い。しかし新しいものを作るのはすごく苦手」らしいので、日本で作って韓国のネットワーク技術で運営している LINE は、確かに最強の布陣のように思えます。

ともかく、LINE が日本で作られたことは間違いないので、お膝元で普及するのは当たり前です。
しかし韓国ではカカオトークが普及していたため、LINE が入り込む余地はありませんでした。
機能的には似たようなものですから、ユーザーが移行することは考えられません。

中国と台湾で普及している WeChat は「微信」とも呼ばれる、中国製のアプリです。
中国では Twitter や Facebook は当局に規制されていましたから、中国製のものしか普及しないのは当然ですね。

という訳で、それぞれのメッセージアプリのシェアが国ごとに違うのは、普及に至るまでの経緯によるもので、それ以上の理由はありません。
何が便利かは環境によって違う訳で、それはハードだけでなく、ソフトウェアでも一緒ですね。

パソコンレビューとパソコン雑誌の休刊

もう先月になりますが、ドスパラのゲーミングパソコン「GALLERIA XG-A」を試用したので、そのレビューを書きました。
CPU は「Core i7-4770」、ビデオカードが「GeForce GTX 780」という現行最高クラスのモデルです。
ベンチマーク結果なども載せているので、興味のある方は見て頂ければと思います。

実機レビュー:ドスパラ GALLERIA XG-A

ゲーミングモデルのパソコンは、今でもマウスコンピューターの G-Tune とドスパラの Galleria が2強ですね。

もちろん他にも良いパソコンはあるのですが、「ゲーミングモデル」という時点でいわゆる家電メーカー品は論外だし、ショップモデルの中から選ぶと、やはり前述の2つが実績・売上・知名度、共に強いです。
最近はデルのエイリアンウェアも伸びているようですが、これはまあ「キワモノ」ですし、HPはいまいちが元気ないし。
いずれにせよ中小のショップよりも、大手で買うのが色々な意味でオススメです。

ゲーム用途のパソコンの選び方やビデオカード評価、メーカーの一覧などは こちら のページにまとめています。

「自作が一番だ」という人もまだいるかもしれませんが、それについて最近、ちょっとショックだった出来事がありました。
毎月買っていた自作ユーザー向けのパソコン雑誌「日経WinPC」が休刊しました

パソコンのパーツ情報を知るための良い資料だったのですが・・・
これで残っている PC パーツを扱った雑誌は「DOS/V POWER REPORT」だけになってしまいましたね。
(もはや DOS/V って言葉が死語)

すでに「パソコンは自作の方が安い」なんて昔の話。
大量仕入れが出来るメーカーで、BTO(注文者がパーツを選択し、組立はメーカーが行う方式)で買った方が普通に安いし、相性などもチェックされるから中途半端な知識で自作するより安心。

今でも東京秋葉原や大阪日本橋に気軽に行ける人なら安く作れるかもしれませんが、地方在住者だと欲しいパーツをそろえる時点で高く付き、時間もかかります。
そもそもマウスコンピューターは秋葉原、パソコン工房は大阪日本橋だし。

パーツの情報もすでに雑誌に頼る時代は終わりを告げており、パソコンの関連情報はインターネットで調べた方が早い。
ぶっちゃけ 4Gamer.net を見てれば CPU やビデオカードの情報には困りませんしね。

こんなご時世じゃ、「パソコンパーツの雑誌」なんて消えていかざるを得ないですねぇ。
雑誌という形態がもう古いのかもしれませんが、とは言えウェブサイトで売上げを出すのは困難。

DOS/V POWER REPORT は紙書籍と電子書籍の二本立てでやって行くようですが・・・
ここが倒れたら全滅なので、頑張って欲しいところです。

韓国のゲーム業界がピンチらしい

先月の初めに上京した際、ゲーム開発に携わっている方から色々とお話を聞かせて貰うことが出来ました。
その時に興味深かったのは、韓国のゲーム産業が危機に陥っている話
この件、帰ってからさらに詳しく調べてみたのですが、確かに業界が大幅縮小、ヘタすると壊滅する可能性もあるようでした。

という訳で今回は、その話を書いてみようと思います。
なお、嫌韓とか親韓とかの話ではないので、右翼や左翼の皆さんは回れ右して下さい

昨今、日本でもマンガやゲームの表現に法的規制を加えようとする動きがあります。
例の「青少年健全育成条例」などがそうですが、韓国ではそういう動きがもっと強くあるようで、マンガや音楽などが様々な規制を受け、ゲームも昨年末からその対象になっていたようです。

それが反日外交でおなじみのパク大統領になって更に強化されており、ゲームは酒・ギャンブル・麻薬と並ぶ4大中毒原因に認定され、今後ゲームの売上金の1%を「中毒治癒負担金」として国に収めなければならなくなる法案も審議されています。

利益の1%ではありません。 売上の1%です。
これはメーカーにとってかなり死活問題で、こんなの施行されたらもうゲームなんて作ってられないとのこと。

今年、韓国のゲームメーカーは拠点を海外に移したり、合併や吸収などを行うケースが続いていましたが、それはこの辺の影響もあったようですね。
近年の韓国のコンテンツ産業の躍進は、政府の援助によるところも大きいのですが、現政権は「政権交代」によって与党になったので、前政権の政策をことごとく否定しており、ゲーム業界にとってはまさに手のひらを返された状態のようです。
日本でも民主党が政権を取った時に自民党の政策をことごとく否定しましたが、そういうのがもっと強く行われている模様。

また、家庭に関する法整備を行う「女性家族部」という行政機関の力が現政権で強化されたことも、大きく影響しているようです。
これによってマンガやゲームなどは道徳的に害悪とされ、目の敵にされているようです。
こんなことを言ったら批判されるかもしれませんが、ぶっちゃけ「女性家族部」なんて名前の組織が強権を奮い始めた時点で、末期感アリアリです

そういえば iPhone AC のブログでも、今年に入って韓国のアプリは2回ぐらいしか扱っていません。
レビューしたくなるようなゲームが急に減った印象は、言われてみれば確かにあります。

この様な状態ですから、韓国のゲームメーカーの多くが企業向けのシステムやソフトウェアの開発に転向しているそうです。
ただ、それで会社はどうにかなったとしても、ゲーム産業の衰退は免れない。
ゲーム関連職のリストラも進んでいるらしく、お話を聞いた方の会社には韓国人のプログラマーがいるそうですが、彼は「ゲームが作りたいから」という理由で韓国を出て日本で働いているそうです。
彼曰く「今の政権は一国の政府としておかしい」だそうで・・・

もちろんゲーム業界側も色々な対策は行ってはいるようですが、ちょっと今の政府は外交だけでなく、内政面でも極端かつ急進的なようですね。

まあゲームは日本でも偏見の目で見られやすく、常々叩かれているコンテンツです。
私もゲームのサイトを長年運営していますから、そういうのを肌で感じたケースは一度や二度ではありません。
こういう話も対岸の火事ではないのかもしれませんね。

久々の更新。パソコンの展示会とか。

久々の更新と言うか、再開一回目というか・・・
「こっちのブログも更新して!」と言ってくれる人がいたので、こちらもヒマがあったら、たまには書いていこうかなと思います。

こちらがおろそかになった理由は、iPhone アプリのレビューブログ「iPhone AC 番外レポート」の更新がメインになっているから。
そちらはほぼ毎日書いているので、流石にこちらまで手が回りません。

でも iPhone やアプリに関係ないことは、テキトーにこちらにつらつらと書いていこうかなぁと
まだ見て下さっていたエトジフさん、ありがとうございます。<(_ _)>
先日はお世話になりました。

さて最近の出来事ですが、先月(11月)の初め、久々に東京に遠征しました。
パソコンの展示会に出席し、各 PC メーカーの方から、最近の方針などをお聞きしています
その内容に関しては以下のページで簡単にまとめて公開しています。

PC ハードウェア 初心者の館 展示会・発表会でお聞きした話

ただ、今回はちょっと時期が悪かったです。
今年は第四世代 Core こと Haswell(ハスウェル)の CPU が夏前に公開されましたが、それ以後は特に大きな発表や動きはなく、ビデオカードも「RADEON R9 シリーズ」が公開されましたが、発売されて間がなかったのでフィードバックはまだ上がってきていない状態。
新型 GeForce の「GeForce GTX 780Ti」も公開されましたが、それが展示会の当日で、搭載した PC なんてまだどこも作っていない。

昨年は軽量薄型のノート PC「ウルトラブック」に注目が集まっていましたが、それも一通り出尽くして、今回はほとんど展示されていない状態でした。
NEC は 795g の超軽量ウルトラブック(LaVie G タイプZ)を公開していましたが、性能面は「それなり」という感じ。
そもそも11月は年末商戦前で、これから冬モデルを準備する段階ですしね。

そんな訳で、目立ったお話は聞けなかったのですが、個人的に注目していたのは Windows タブレット
ゲーマーである自分はゲームが出来る「ゲーミングモデル」に注目する訳ですが、昨今の PC ゲームで一番話題なのは言うまでもなく「艦これ」(艦隊コレクション)。

ブラウザゲームである「艦これ」しか話題作がないのもちょっと悲しいのですが、新シムシティも新生 FF14 も思ったほど話題になってないし、PC 版ドラクエXは延期されたので、これしかない。
って言うか、艦これが話題になり過ぎて他が霞んでますね。
ただ艦これは Flash のゲームなので一般のパソコンならほぼどんなものでも動かせます。
ハードウェア云々言うような物ではありません。

ただし、タブレットだと話は別。
タブレットで手軽に「艦これ」したいと思っている提督の皆さんは多く、そのおかげで艦これが動くタブレットとして ASUS の製品(TransBook T100)が思わぬ人気になってたりします。

という訳で、そういうタブレットの新モデルがないかと探していたのですが・・・
タブレットってノート PC 以上にノウハウと技術力がいるので、意外と相応の性能を持つ製品は見つかりません。
まあ候補が少ないから、ASUS のものが注目されたりするんだろうな・・・

ただ、そんな中で目に止まったのは富士通の新型タブレット(Arrows Tab QH シリーズ WQ1/M)。
見た目・サイズ・重さは iPad なのですが、それで Windows タブレットで、新型 Atom (Bay Trail-T)の CPU を搭載し、しかも防水。
さらに筆圧センサーを搭載し、ペンも装着されていて、手軽にメモやお絵かきができる。

arrowstabwq1

昨年「絵かきに向いたタブレットがありませんか?」という質問を受けたことがあって、以来そちらの性能にも注目していたので、色々と条件がピッタリでした。
私自身には絵心はないですが。

という訳で、すでにこのマシンを個人的に発注しています。
届いたらレビューする予定なので、興味のある方はお楽しみに。

富士通は Core i5 搭載のキーボード着脱型タブレットも公開していましたが、今は Core i5 搭載タブレットなら、マイクロソフトの Surface Pro(サーフェスプロ)の方が良いかな・・・
しかし Core 搭載となると CPU ファンが必要になるので、そこがタブレットとしてはネックになります。
タブレットでファンの音が鳴るのは、すごーく気になるんですよね・・・

お絵かきタブレットについては DELL の「Latitude 10」という機種が話題になっていましたが、「テスト機に近いものだったので、後継機を作るかどうかは未定」とのこと。
DELL の場合は本社がアメリカなので、「日本でお絵かきタブレットが注目されてました」という話が開発部にどこまで参考にされるかは微妙です。

という訳で、こちらのブログもぼちぼち更新していこうと思いますので、ヒマな方はよろしくお願いいたします。<(_ _)>
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ