泡沫でおきらくな日々

ホームページの運営や更新、ゲームやパソコン関連の話題が多くなると思いますが、基本的にはテキトーな時にテキトーな事を書くブログです。 ヒマなら見てね。

2008年12月

良いお年を!

明日は大晦日。 今年も終わりですね。

私は今日が仕事納めでした。
例年だと年末年始は忙しいのですが、今年は忙しさもほどほどで、1日早く休みに入り、やっぱり世の中不況なのかな〜と感じてしまいます。

正月休みはやはり「寝正月」が過ごし方の王道だと思いますので、私もその本分を全うするべく、精一杯ダラダラしたいと思います。

と言う訳で、このブログはまだ始めたばかりですが、1年間サイトを見て下さった方々、ブログを覗いてくれた皆さん、本当にありがとうございました。

極限にありきたりな年末のご挨拶で恐縮ですが、来年もまた、どうかよろしくお願いいたします。
<(_ _)>

チョコフォンデュ

先日はクリスマスだった訳ですが・・・
ここをご覧の皆さんは、甘い夜を過ごされましたでしょうか?

え? 私ですか?
私が住んでいる地区には「クリスマス中止のお知らせ」が告知されていたので、今年はそんなものはなかったのですよ。

いや〜〜残念だな〜〜〜〜〜 アーハーハー


しかし甘い夜はなかったものの甘いものは頂きました!

とろ〜りとろける甘さの「チョコフォンデュ」です!

ヨーロッパはスイス、ジュネーヴの由緒正しい(らしい)チョコです!

14c033d2.jpg
チーズフォンデュは有名ですが、チョコフォンデュはあまり一般的ではありませんね。
チョコを溶かして、それにフルーツなどを付けて食べるものです。

チョコを溶かすとなると「すぐ冷えて固まりそう」とか、「鍋や皿が汚れて洗うのが大変そう」「調理がめんどくさそう」と思うかもしれませんが、チョコフォンデュに使うチョコは何か特別な製法がされており、冷えても長時間固まらなくなっています。

21世紀の最先端科学により、調理方法も非常に簡単になっており・・・

43f3dbc6.jpg
1・エレクトロン調理器に投入。
  (電子レンジとも言う)

5d93fb41.jpg
2・3000 30000 milli second 待機。
  (30秒とも言う。 3000 だと3秒だった ;;)

83e77a99.jpg
3・おもむろにスプーンを取り出しスクリュー。
  (かき混ぜる)

4・2〜3を何度かリピート

d7fe7c57.jpg
5・MISSION COMPLETE
  (チンとも言う)


とても簡単です!
容器のままレンジでチンできるのでお鍋やお皿も汚れません。

後はイチゴなどを付けて食べるのみですが、この辺はお好みなので、合えばバナナでもメロンでもマグロでも何でもいいです。
甘いけどほんのりビターな大人の味です。

57eb20c1.jpg

焼き芋とか意外といいらしい・・・? 文字通りのスイートポテト。
友人は「ワッフルに付けるといいよ!」とか言っていましたが、それならチョコ付きワッフルを買えという無粋な意見が頭をよぎります。

と言う訳で、あま〜いひとときを過ごしたい方や、お子様のいるご家族などにはオススメです

実はコレをくれた友人がヤフーオークションでこのチョコフォンデュを出品しているので、興味のある方はぜひチェックしてみて下さい。

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n71560900

ヤフオク「チョコフォンデュ こだわりの逸品」検索

・・・ええ、早い話が、「コレやるから宣伝してくれ」と言われた訳です。ハイ。

まあ実際、甘くて美味しかったです。
クリスマスとかバレンタインとかが中止でないハッピーな地区にお住まいの方は、このチョコフォンデュでアタックしてみるのは如何でしょうか?

イタズラ投稿で逮捕の巻

前回、「シムシティーフォース」の掲示板が荒らされた一件について書いた時、「警察が事件防止のために動いてくれて、あっという間に犯人を逮捕した話」を後日書くと記載しましたが・・・
今回はそのお話です。

インターネットというものが「実際には匿名ではない」「イタズラすれば捕まる事もある」という事を知るための警告になってくれればと思います。

d2890387.jpg

以前(2004年頃)、運営していた大きめのサイト(Britannia 観光案内所、現在は閉鎖)の掲示板に、こんな文章が投稿されていました。

監禁されてずっと閉じ込められています。誰か助けて下さい。電話番号:○○○−○○−○○○○

実際にはもう少し長い文章で、細かいところまではよく覚えていませんが、とにかく監禁されていて助けを求めている内容でした。

で、私が見た時にはすでに「ホントかコレ?」「管理人さん調べてみて下さい」というような返信もいくつか付いていて、私も少し気になりました。
と言うのも、当時はテレビのニュースなどで「監禁事件」が盛んに報道され、話題になっていた頃だったからです。

そこで、投稿者のホスト名から投稿された地区を割り出し、書かれている電話番号の市外局番と照らし合わせてみると・・・ 場所が一致。
そのため「イタズラだろうな〜」と思いつつ、その地区の警察に電話をして、こうした投稿があるという事をお話ししました。
すると警察の方から「イタズラだと思いますけど、一応調べてみます」というお返事が。

そしてそれから10分ほどたった後、その警察の方から・・・
万が一の事もありますので、捜査令状を取りました。 これから投稿者を特定して、確保に向かいます」というお電話が!!

そこからの警察の動きは速かった!
1時間も経たないうちに再び電話がかかってきて、「今犯人を署で取り調べているのですが、どうやらただのイタズラだったようです」という連絡が。
つまりその1時間も経たない時間で、警察はホスト名からあっという間に投稿元を割り出し、現場に急行し、犯人を拘束し、署へ連行して、取り調べまで進んでいたのです!

投稿者は単なるイタズラのつもりで投稿したようですが、2時間後には警察署の取調室にいるハメになった訳ですね。

その後、警察の担当者の方が「この人は精神状態がおかしいようです」と言うような事を話し始めます。
どうやら精神異常によるイタズラだと罪には問われないので、それを理由にこのまま示談にして欲しいという事のようでした。
こちらとしても何事もないならそれで良かったので、「捜査ありがとうございます。事件でないならもう構いませんので、あとはよろしくお願いします」とお伝えして電話を切りました。


よくネット上では「日本の警察はネット犯罪者がいても簡単には相手を特定できない」とか、「NTTやプロバイダには守秘義務があるから、警察に言われても個人情報は教えない」とか言われたりしますが、そんな事はありません。
警察が必要な手続きを取って要請すれば、NTTもプロバイダも事故防止のため要求された情報は教えますし、投稿者の身元なんてあっという間に特定されるようです。

昨今、某大型掲示板に犯罪予告やら殺人予告やらをして捕まった人の話がニュースになっていますが、そんなのは捕まって当たり前であり、投稿者が無謀としか思えません
犯罪に関わるような投稿をした人間の身元は、たとえ匿名世界と言われるインターネット上においても、すぐに判明します。
(前述のイタズラ投稿の話も、当時はまだハイテク犯罪に対する法整備が十分でなかったから罪に問われなかったのであって、これが今だとどうなってたか解りませんね)

一昔前と違って、ハイテク犯罪に関する法律の改訂もさらに進んでいます。
もちろん警視庁のハイテク犯罪対策室の設備や捜査力も、年々強化されていると思います。

こういう話をすると「管理社会」だの「言論の自由」だのと言う人もいますが、インターネット上はそれを隠れ蓑にして、好き勝手したり好きな事を言って良い場所ではありません。
著しいマナー違反行為は犯罪に問われる事もあり、捕まる事もあるというのを、広く知っておいて欲しいですね。

「掲示板荒らし」のこと

運営している「シムシティ4」のファンサイト「シムシティーフォース」の掲示板が再度荒れてしまい、収拾が付かなくなって「書き込み停止」の処置に発展してしまいました・・・

元々は掲示板のマナーに関する言い争いが元で、一度対処・沈静化したのでもう安心だと思っていたのですが、いつの間にやら再発し、気付いた時には危険な状態になっていました。
ちょっと考えが甘かったかな・・・?
でも私も掲示板を24時間監視している訳ではないし、平日昼間に炎上すると対処は難しいよなぁ。

私は掲示板管理の経歴が長く、過去の事例と比較すると今回はそれほど大きな荒れ方ではなかったので、それほど深刻に考えていませんでした。
しかしそのために強硬な対処を行わず、結果として荒れていた期間が長くなってしまったのが問題だったかもしれません。
ただ強硬な対処を行い、特定の人を BAN(アクセス禁止処理)すると、その人が怒り爆発して完全な「荒らし」になってしまう例も多々ある訳で、この辺は難しいところです。

そして最終的に、画像掲示板に「わいせつ画像」を貼られまくるという悪質な行為まで起こってしまいました。
これは完全に予想外で、ゲームのファンサイトであり低年齢の方のアクセスも多い(ついでに言うと海外からのアクセスも多い)掲示板である事を考えると、もう当面「書き込み禁止」にするしかなかったという状況です。

26d9a35d.jpg

今回の「わいせつ画像」を貼りまくるという行為は非常に悪質であるため、私も証拠の画像や投稿ログを保存し、さらに相手のアクセス情報を調べ、それを証拠として警察(ハイテク犯罪対策室)への通報、もっと悪化した場合は「被害届」の提出も行おうと考えたのですが・・・
その後の悪質な投稿がなかった事と、謝罪文のような投稿があったために、結果として通報までは(現時点では)していません。

警察は通常、掲示板荒らし程度では動いてくれないのですが、しかし「事件」になれば警察も対処してくれます。
警察の言う「事件」とは「法律に反する行為」であり、今回は「わいせつ図画公然陳列罪」にあたりますが、他にも「ストーカー被害」や「名誉毀損」、「不特定多数へのコンピューターへの損傷」などを名目に掲示板荒らしの被害が訴えられるケースもあります。
ただこの辺は関連する法律について調べ、事前に知っておく必要があるので、掲示板やブログへの被害を受けた事のある人は覚えておくと良いかもしれません。
法律に絡めずに単に通報しただけだと、大抵あしらわれます。
(ただ、それでもアドバイスは貰えたりするので、無駄にはならないと思いますが)

ちなみに警察が一度動き始めると、その動きは速いし強力です。
投稿者の身元なんてすぐ割り出されます。
以前、監禁事件に関わってそうな「いたずら投稿」があった時、心配になって通報した事があるのですが、その時は警察が事件防止のために動いてくれて、あっという間に犯人を逮捕してしまいました。
その時の話はまた後日書こうと思います。


しかし今回、「わいせつ画像」による荒らし行為にまで発展したのは、正直言って意外でした・・・
と言うのも、掲示板が荒れるような投稿をする人は自分が「悪い事」をしているのは承知しているので、通報されると本当に捕まってしまうような「明らかにヤバイ行為」は避けるのが普通なのです。
ところが今回、平気で「ヤバイ事」をしてきた訳で・・・

これもネットの低年齢化やマナーの悪化が進んでいるためなのか、それとも今回が特別だったのか・・・
とにかく、今までにない展開でした。

年々状況が悪化している」というのを加味して考えないといけないのかもしれませんね。

信On アップデートとオンラインゲームの対人コンテンツ

本日、オンラインゲーム「信長の野望 Online」に大型アップデートが導入されました!

信On のファンサイトを運営している者としてはもちろん注目しています!


今回のアップデート「覚醒の刻」では、レベル上限が上げられました

信長の野望 Online は昨今のアップデートで、新しく始めた人でも高レベルまでかなり速く育てられるようになっています。
また、1日1時間に満たない時間のプレイでも十分な経験値が稼げるシステムが導入されるなど、カジュアル化(軽くプレイ出来るようにする変更)が進んでいます。
これらの変更で最高レベルに達した人が増えているので、今回ついに上限が上げられる事になったようですね。

信長の野望 Online(以下 信On)は ファイナルファンタジーXI(以下 FFXI)に比べると、レベル上限を上げる事を拒み続けてきました。
過去5年以上に渡る運営の中で、上限が上げられたのは1度だけです。

FFXI はかつて大型アップデートの度にレベル上限を上げていましたが、それはレベル上限の上昇とプレイヤーの経験値稼ぎの「いたちごっこ」を生み、プレイヤーをうんざりさせていたため、信On がむやみに上限を上げなかったのは私は正解だったと思っています。
がんばって経験値を稼いでやっと上限に達したところで、「上限を増やしました。またがんばってね」と言われ、それが何度も続いていると、さすがに嫌になってきますからねぇ・・・ ^^;

またオンラインゲームというものは、プレイヤーを強くする変更は簡単なのですが、プレイヤーを弱くする変更は多くのプレイヤーからの反発を招くため、難しいのが現実です。
レベル上限を上げるなどした影響でゲームバランスが崩れても、それを調整するためにプレイヤーを弱くしたり元に戻したりしようとすると、反対意見が続発します。

かつて「ウルティマオンライン」というゲームでも、特定の攻撃方法が強くなりすぎたので運営側がそれを修正しようとしたのですが、その攻撃方法を使っているプレイヤーからの反発が大きく、結局大幅な修正は見送られる事となり、バランスを取るために別の攻撃方法も強くなったりして、結果としてプレイヤーの「強さのインフレ」が進み続ける事となりました。


まあ 信On も新技能や装備の強化などで「強さのインフレ」は進んでいる訳ですが、信On というゲームにはもう一つ、それらを解消できる有利な点があります。
合戦」です。

「信長の野望 Online」は戦国時代のゲームなので、この合戦が大きなコンテンツとなっています。
プレイヤー同士が一兵士となって戦い合ったり競い合ったりする「合戦」は、たとえプレイヤーの強さのインフレが進んでも、ゲームバランスが一方に偏ってしまう事がありません。
自分達が強くなったら、相手のプレイヤー達も強くなっている訳ですからね

また、合戦は高レベルプレイヤー同士の争いであるため、信On がカジュアル化し、簡単に高レベルまで育てられるようになっても、「レベルが最高になったのでやる事がなくなった」という事になりません。
むしろそこからが本番と言えます。

この 信On のシステムのカジュアル化と、合戦というメインコンテンツが存在する事は、狙っていた訳ではないと思いますが、非常に合理的・理想的に作用しているように思います


「大航海時代 Online」を見ていても思うのですが、オンラインゲームにおいてプレイヤー同士が競い合うシステムが大きなコンテンツとして存在する事は、ゲームバランスの維持に非常に有効なように思います
大航海時代 Online では町に資金を「投資」することで、その町の支配力を争うシステムになっています。 このシステムのおかげで 大航海時代 Online ではそこに資金が費やされるため、経済のインフレの問題が他のゲームほど進行していません

PC(プレイヤー)VS NPC(モンスターなど)のみだと、プレイヤーだけが強くなったら途端にバランスが崩れますが、プレイヤー同士が戦う場合はそうなりませんから、「煽り合い」「プレイヤー同士の対立」と言った問題が発生する可能性もあるにせよ、やはりこうした対戦型のコンテンツも必要なように思います。

それに単純に、コンピューターと競うよりも人と競った方が面白いですしね!
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ