泡沫でおきらくな日々

ホームページの運営や更新、ゲームやパソコン関連の話題が多くなると思いますが、基本的にはテキトーな時にテキトーな事を書くブログです。 ヒマなら見てね。

2009年06月

iPhone サイト正式公開

先日、ようやく iPhone のサイトを正式公開という事にいたしました。

iPhone AChttp://iphoneac.com/

iPhone AC

もちろん今後もどんどん更新してきますので、どうかよろしくお願いします。<(_ _)>

え? 正式公開になって何が変わったの買って?
特に何も変わってません。 (^^;
強いて言えば気分的なものでしょうか・・・

とりあえず、他サイトからのリンクは張りました。
今後はアクセスを増やすべく、検索エンジンへの登録や相互リンクなどを行っていきたいところですが、ボリューム点ではまだまだだと思うんだよなぁ・・・
まずはページを増やすのが先決ですね。

デザインもホントは仮のものだったんですが、もうこのままでいいやって感じです。
そこを軽視しちゃダメだとは思うんですけどね。
ただ、iPhone でも見れるレイアウトにする必要があって、コレが結構めんどいので・・・
(ちゃんとしたつもりでも iPhone で見ると崩れたりとか)

とりあえず時間だけはあるので、まずコーナーを増やしていかなければ。


後付けが前提となっているブログと違って、ホームページは公開した時点で相応にコンテンツがそろっていないと厳しいと考えています。

もちろん更新頻度も重要だと思いますが、ホームページの場合は更新頻度で勝負する情報サイトやニュースサイトでない限り、来てくれた人がブックマークしてくれるかどうかはコンテンツの質と量次第で、それらが少ないともう二度と見に来てくれないと思っているので。
初心者の方の場合はとりあえず公開して、まずスタートする事の方が重要だと思いますけどね。

あと、「アクセスを増やす」 と言うのを考える場合、すぐ 「SEO(検索エンジン最適化)だっ!」 と言う人もいますが、私は小手先の SEO で人が来ても、内容がないと人が来ても二度と来なくなるだけだと思っているので、そう言うのを考えるのは「まず Yahoo カテゴリに登録してくれるぐらいの中身を作ってから言え!」 と思っています。
無論、SEO はしないよりした方がいいのですが、それがメインになったんじゃ本末転倒ですからね。


しかし、今月に入って時間はたっぷり出来ると思っていたのですが、パソコン買ったりとか、それがトラブったりとかで、意外と時間が足りない毎日です。
もうちょっと文章を書くのが早ければ、サイト作成の効率も上がるんだけどな・・・

月曜日は大河ドラマ・天地人の歴史ブログの更新、火曜日〜水曜日は 信長の野望 Online のサイトの更新と、仕事みたいに定期更新しているサイトもあって、なんだか色々と追われています。


あと、最近1つピンチな事として・・・
太ってきてます!! ヤバーーーーイ!!

理由はわかる。
前の仕事は重いものを運んだりする重労働が結構あったし、そもそも立ち仕事だったので、相応に運動になっていたのですが、それを辞めたのだから当然・・・
運動量激減!

どうしよう、何かしなければ。
ジョーバとかって痩せれるのか?
いやいや、そう言うのに頼るんじゃなくて、ダイエットするとか何か運動するとかしなければ・・・

ちなみに「ビリーズブートキャンプ」は3日で除隊しました。
初日の分をやっただけで全身筋肉痛となり、数日空けてやった2回目と3回目は1巻の半分ぐらいしかやってなくて、4日目、やってない。
以上。

アレは相当キツイと思うんですけど、みんな軽々出来るものなんですかね?
1回45分って、ちょっと長いよ・・・

パソコンがおかしくなった日

先日買ったばかりのパソコンが・・・ さっそくおかしくなりました!!

デュアルディスプレイ環境にしようと、一方のディスプレイを DVI ケーブルで、もう一方のディスプレイを HDMI ケーブルで繋げたらパソコンが暴走
治る気配がなかったのでリセットかけたら USB や LAN ケーブルを認識しなくなってしまいました!!

USB マウスも動かなくなったので慌てて PS2 接続のマウスを買ってきてドライバを入れ直したり、Windows をアップデートしたり色々やりましたが治らず、せっかくセッティングやソフトのインストールが終わったところなのに、またWindows 再インストールかー! と絶望する事態に・・・

で、諦めて Windows の CD を探しますが、なかなか見つらない。
そんなとき、ふと思い出しました。
そう言えば『システムの復元』ってのがあったな・・・

で、さっそく試してみて2日前の状態に戻してみると・・・ 見事復活!!
あーよかった。 治って良かった。 CD 見つからなくて良かった。

「システムの復元」は前はかなりお世話になっていたのですが、最近は使っていませんでした。
(つまり以前はそれだけ余計な事して Windows をおかしくしてた)

で、久しぶりに使ったのですが、うまく回復してくれました。
やってみるものですねー。
みなさんもトラブった時は思い出してみて下さい。

ちなみに私は、新しいパソコンとかの大きな買い物をすると、必ず1度は何らかのトラブルを起こすんですよねぇ・・・

iPhone の絵文字

先日6月18日、iPhone の大規模なアップデートが行われました!
携帯電話なのに大規模アップデートが行われるのが、iPhone の凄いところ。

で、このアップデートによって、遂にというか、ようやくと言うか・・・
メールの受信をリアルタイムで行えるようになり、さらに着信音のお知らせも鳴るようになりました!!

こう言うと「え? iPhone ってメールをすぐ受信できなかったの?」「iPhone ってメール着信音鳴らなかったの!?」と思う人が多いと思いますが・・・ その通りです。
だから iPhone は日本じゃダメダメな携帯電話だった訳ですが、これでようやく日本でも普通にメールが使える携帯になりました!!

しかも単にメールがアップデートしただけではなく、「MMS」というチャット会話のようなシステムで対処したという見事な斜め上の対応!



この MMS、かなり使い勝手が良くて気に入ってます。
本当にチャットのように手軽にメールが出来ます。
もちろん相手が Docomo でも au でも OK です。
これでようやく iPhone は、日本でも「携帯電話」になったなぁ、という感じ。

と言う訳で、現在作成中の iPhone のページにもメールと MMS の説明ページを追加しようと現在作業中なのですが、メールで気になるのが「絵文字」。
iPhone の絵文字は・・・ 何というか・・・ 見た目がアレなのです。

iPhone の絵文字はソフトバンクがアップルに「日本じゃ絵文字のないメールはメールじゃねぇ!!」と強く訴えて作らせたものなのですが、作ったのが海外の人なので・・・
日本人とはセンスが違うのです。

カラーのアイコンで綺麗なのですが、なにかがちょっとズレてる言うか、解釈がどこか違うというか・・・

と言う訳で今回、Docomo の絵文字と iPhone の絵文字の対応表を作ってみました。



どうでしょうか?
iPhone の方はフルカラー絵文字で綺麗ですが、元の絵文字のデザインと大幅に変わっているものも多いです。

ゴルフやテニスの絵文字も元はラケットやクラブなのに、全部ボールになってる。
動物や建物もガラっと変わっています。



そして、顔文字が・・・ 全てスマイリーマーク系になっている。
このスマイリーマーク、海外じゃこれが一般的なのですが、コレのせいで「iPhone の絵文字は可愛くない!」と日本じゃもっぱら評判。
うーん、慣れれば問題ないんですが・・・ 元のものには「ドットの可愛さ」ってのもありますからねぇ。

また、なんだか表情の意味が違う。


一見合ってるんだけど・・・ でも何か違うような気がするものが・・・
特に違うのが  のマーク
なんと1つの絵文字が2つの絵文字に分割されてしまう!

実はこの「(^^;」って感じの絵文字、日本人特有の表情なのです。
笑ってるのに汗をかいているというこの微妙な表現は日本独特のもので、ネットゲームでも日本人が「(^^;;」とか使ってると、それを見た西欧の人は「それは笑ってるのか困ってるのかどっちだ!」と思うらしいです。
で、日本人が「中間ぐらいです」とか言うと「中間なんかねぇ!!」と思うらしいw

たぶんこの絵文字を作った人も、 を見てどういう表情かが理解できず、最後に行き着いたのが笑い顔と汗と両方を2つ表示するという最終手段だったんでしょうね ^^;
でもこの絵文字、よく使うと思うので、今のままではマズイ気もしないでもない。

(※後日訂正)
よく考えたら、iPhone の絵文字が作られるより Docomo の対応作業の方が後なのだから、 が笑い顔と汗の2つ表示ってのは Docomo 側がやった事ですね。
アップル側は汗をかいた顔2つは両方同じ にしてしまったようですが、多用される絵文字なのでそれじゃマズイと思った Docomo の人が、2つ表示する形で対応したのかもしれません。 いずれにせよ最終手段でしょうね。^^;


他にも複数のハートマークが同じとか、曲がった上向き矢印が単なる斜め矢印マークになってるとか、イベントやΣが出ないとか、涙と汗が一緒になってるなど、ちょっと困る人もいるだろうな、と思うところはあります。
でも「Σ」って日本だと「??(O_O;)」とかに使うけど、海外じゃ単なる「しぐま」だしなぁ。
こんな絵文字があること自体、理解できなかったに違いない。

他には、携帯マークが iPhone になってるとか、ヘッドホン  が iPod のイヤホン  になってるとか、故意と思われる変更もありますね。
笑えるのが、波と富士山の絵文字が、2つセットで富岳三十六景 になってること。
この辺はもうジョークとしか思えない。^^;

とまあ、色々と違いがあって面白いです。

ちなみに海外ではメールに絵文字を付けるという習慣はありませんでした。
が、iPhone に絵文字が導入されたおかげで、世界に爆発的に普及中。
本当は日本語環境でしか使えないものだったのですが、普段から使えるようになるアプリとかがどんどん出てきて、もはや普通のメモとかにも多用されています。

ワケ解らないところで絵文字がグローバルスタンダードになりつつあります。

ついに新パソコン購入!!

先日(6月2日)ブログで、パソコンの調子が悪くて買い換える話を書きましたが・・・
ついに実際に、新しいパソコンを購入してしまいました!!



で、ここ数日は使用環境の再構築やデータの移行作業などに追われていました。
一通りソフトなどもインストールし直し、ようやく一段落付いた感じです。

本当はもう少し待ちたかったのですが、先日オンラインゲーム(大航海時代 Online)を起動したら5分でエラー表示&再起動、これを3連続で繰り返してしまい、限界を感じてしまいました・・・
一応、中を掃除してビデオカードも付け直したりしたのですが・・・ 改善の様子なし。
このままでは諸々の作業にも支障が出るため、ついに決断です。


結局購入したのは「パソコン工房」さんのものです。
「GS9」 というモデルをベースに BTO(パーツの選択による受注生産)をしたパソコンで、この6月に「Core i7 950」という新型の CPU(と言ってもマイナーチェンジ)が登場したのですが、それを使ったモデルがさっそく並べられていたので、思わず購入してしまいました。

私の当初の希望は Core i7 で Windows 64bit 版
メモリは 6G 以上で VGA(ビデオカード)は GeForce GTX のいいやつ
HDD は RAID 0 というものでしたが・・・
パソコン工房さんは RAID が出来ないこと以外はすべて希望に沿っていたので、もともと第一候補でした。

ただ購入した翌日に、ドスパラRAID がスタートした事に気付いてちょっと後悔・・・
でもドスパラは 64bit OS は選べないからなぁ。 まあ、どこも一長一短ですね。

と言う訳で、やって来たのがこのパソコンなのですが・・・



買う前から「ケースのデザインが地味かなぁ」と思っていたのですが、
実物を見た瞬間、改めて思いました。

・・・ものすごく地味。

なんだろう、この「飾り」というものを一切廃した質実剛健な外観は。

ケース自体は決して悪くありません。
前面パネルが引っ張るだけで簡単に取り外せ、前面のファンをラクに掃除でき、ファンの速度の調整スイッチもあります。
後部のファンも大きくて取り外しがラク、内部もかなり広々で、「エアフロー」(通気性)については最高クラスと言っていいでしょう。



でも今時のショップブランドのパソコンで、ここまで飾り気のないケースって珍しい。
海外製のケースを取り寄せて使っているようですが、何かもうちょっとこう、色が付いてるとか、なんか書いてるとか、どっか凸凹してるとか、そう言うのはないのでしょうか?
え? 自分で塗れ? そう言うのはできないのでパス・・・


で、パーツですが、CPU は前述したように Core i7 950
先日まで発売されていた Core i7 940 の新設計型で、性能的にはほとんど同じようですが、若干クロック数(基本性能)が上がっていて消費電力が軽減されている模様です。

Windows は 64bit 版の Vista です。
現時点で、今まで使っていたソフトを新旧合わせて一通りインストールして使っていますが、64 bit だから動かなかったというものは存在していません

私的には、「64bit は動かないソフトがあるかもしれないから」という言う理由で 32bit OS を選ぶのは、今はもう性能を無駄にしているだけではないかと思います。

まあ、今後なにかの問題が出るかもしれないけど・・・
でももう必要なものは一通りインストールしたし、動かなかった周辺機器もないので、おそらく問題は出なさそう。

メモリは 64bit 版だから、当然のように 4G を突破! 6G 積みました。
っていうか、「メモリ 6G キャンペーン」みたいなのをしてて割引になってたので、それを選びました。 もちろん DDR3 です。

ビデオカードGeForce GTX 275 か 285 にするつもりだったのですが、選ぼうとした瞬間に気を失ってしまい、気が付いたらなぜかパソコンに 295 が付いていました。
なぜだか解りません。
どこかで何かが暴走した模様です。皆さんもお気を付けください。
ちなみに GTX 295 はデュアルGPU(ビデオカード用CPUが2個)です。
そこまでいらないんだが・・・ うーむ。


パソコン工房さんは HDD の RAID ができないので、SSD を搭載することも考えたのですが・・・ 80GB で約5万円はさすがに高い
しかも 80GB で Windows をそこに入れても、他の部分が普通の HDD では速度向上はあまり見込めない気がする・・・
それでもちょっと悩んだのですが、この時は気を失ったり何かが暴走したりしなかったので、そのままスルーしました。

まあ SSD は開発途上のパーツなのでどんどん性能のいいものが出てるし、Windows 7 が登場したら OS 入れ替えるだろうから、その時に追加する形でいいかな、というのもあります。
ちなみに Windows 7 が出たら HDD も自分で RAID にする予定。
その時のために 1TB が2つの構成にしています。

なおパソコン工房さんの SSD は「X25-M mainstream」という製品で、性能的には結構いいものでした。(だから高いんだろうけど・・・)
また、高性能な HDD を RAID 0 にしても、やっぱり読み書きの速度は SSD には敵わないようですね。

電源は最近話題(?)の「80 PLUS」のやつにしました。
80PLUS だと電気効率がよく、低電力で大出力になるそうです。

と言うわけで、性能測定ソフト(ベンチマークソフト)「CrystalMark 2004R3」で計った結果は以下の通りです。



いきなりこんなの見せられても解らないと思いますが、こちらのページ(HP m9690 実記レビュー)にも測定結果があるので見比べてみてください。
ちなみに、前の私のパソコンはコレ。
(Pentium D 830 (3Ghz)、メモリ DDR2-5300、VGA RADEON X1950)



さすがに違います。時代は進歩してますね。

Windows が XP から Vista になったのもありますが、前から Vista のパソコンも触っていたので、あまり違和感はありません。
あと個人的に、Vista のガジェットって好きなんだよねぇ。



Windows XP でもこういうのが欲しくて、以前導入した事があるのですが、それが原因で XP がおかしくなって再インストールするハメになったので、Vista をうらやましく思っていました。
あと、Vista のデカいアイコンや文字も、私的には好みです。


まあ実際の活用はこれからですが、とりあえず現時点では快適ですね。
さすがに高かったし!!

と言うわけでパソコン工房さんの「GS9」、後日パソコンのサイト(PCハードウェア 初心者の館)にもレビューなども記載してみたいと思います。
とりあえずやっと買い換えられて、性能などにも満足しています。
・・・地味なこと以外。

地味なのは・・・ うーん・・・ ステッカーでも貼るか?

おくりびと

遅ればせながら、話題になっている「おくりびと」を DVD で見ました。
前から見たいと思ってたんですよね。
お葬式に物を運んだり、後片付けを手伝ったりする仕事を以前やっていましたから。

映画は非常に良かったです!
チェロの音楽と、全編を通して流れる静かな雰囲気が非常にマッチしていました。
生死をテーマにしたお話ですが、ヘンに説明的や宗教的ではなく、淡々とシーンが過ぎていくところが逆に良かったです。


ただ、私が実際に見てた葬式の裏方とかと、この映画の雰囲気は、やっぱり違うんですよねー。
まあ「おくりびと」は納棺の話であり、葬儀の前の事なので、そもそもお葬式とは別なのですが、お葬式というのは言わば「タイムスケジュールがキッチリ決められたイベント」なので、裏方はかなりドタバタです!
忙しい時はお坊さんや火葬場の予定、さらに式場や別の葬儀の予定などが分刻みのスケジュールで動いてたりするので、それにキッチリ進行を合わせないといけない。
数分遅れただけでもヤバイ事になる。

特に、お葬式が終わって、棺が火葬場に出棺し、そしてお骨と遺族が戻ってくるまでの間に、葬式場となった部屋の後片付けを全部済ませておかなければならない。
(その後も仏壇にお経を挙げるなどのスケジュールがあるため)
これが式場ならまだいいのですが、自宅葬だとここが時間との勝負になり、葬式が終わった直後に現場は後片付けで大変な事になります。

静かに、厳かに進行している「お葬式」が終わり、参列者がいなくなった直後に・・・
周囲から「ワーーッ!」と一斉に人が出てきて、指示の声が飛び交い、みんなが凄い勢いで後片付けを始めるのです!!
そのギャップは初めて見たら笑います(w
ドリフの大道具さんがセットを片づける、あの BGM がピッタリ合う感じです。(古い・・・

お葬式の祭壇なんかも簡単に設置・撤去できるよう分割式になっており、祭壇上部にある「観音様の像」なんかも手早くパーツを外され、無造作に木箱に入れられ、軽トラの荷台に放り込まれ、そのまま車でブーンと運ばれていきます。
もはやありがた味も何もあった物ではございません。^^;


まあ葬式に限らず、結婚式とかコンサート、式典など、タイムスケジュールのあるイベントはみんな裏方はドタバタしてると思いますが、葬式もやっぱりその例に漏れないという事ですね。

ただ、それらよりも大変なのは、葬式は「いつ来るか解らない」と言うこと。
死ぬ人が事前に「あ、○月○日の○時ごろ死にますのでよろしくお願いします〜」「はーい、解りました〜」みたいな連絡を入れてくれればいいのですが、普通そんなのありません。
休日だろうが早朝だろうが、人の迷惑を考えずに死にます。

しかも人が死ぬ日ってのは季節や天候が急に変わった時などに集中するため、仕事がない時はずっとヒマなのに、仕事が入るとたいてい重なりまくります。
もちろん葬儀屋の人も事前にそうなってもいいよう準備しておく訳ですが、たまにキャパシティーを越えます。
しかし「あ、すいません、今いっぱいなんですよ〜。また今度でお願いします〜」とは言えないので、修羅場が訪れます。

私は葬儀屋ではなく、単にそこに果物などを持って行く仕事で、その際に後片付けも手伝う程度だったのですが、それでも休日に「今日どうしても手が回らない! 手伝ってくれ〜!」みたいなヘルプが飛んで来たりもしました。
そう言う時は葬儀屋の人は、複数の会場の準備を平行してやってて、徹夜で各会場を飛び回ってたりしています。 結構ハードな仕事です。
なので片付けの段階で、余計に時間に追われてドタバタしたりする訳ですね・・・

でも「おくりびと」、良かったですよ。
おくりびとの雰囲気をぶちこわしにするような事をさんざん言っといて何ですが。
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ