泡沫でおきらくな日々

ホームページの運営や更新、ゲームやパソコン関連の話題が多くなると思いますが、基本的にはテキトーな時にテキトーな事を書くブログです。 ヒマなら見てね。

2009年10月

最近の更新情報とか

とり立てて書くこともない今日この頃。
とりあえず通常営業です。

Windows 7 を導入して1週間ほど経ちましたが、特に何の問題もありません。
あまりにも問題がなさ過ぎて、ネタになりません。^^;;

まあ、Windows 7 については解ってない点も多いので、パソコン雑誌やマイコミジャーナルの特集記事なんかを読んで勉強中。
いずれ初心者向けにまとめたページでも作ろうかなぁ、なんて思ってますが、思うだけで終わるかも。

サイト更新の方は、iPhone の攻略サイト 「iPhone AC」 の方をメインに進めていました。
最近はコーエーの初代「三国志」が移植されたり、注目ゲーム目白押しです。

でもアプリが多くて紹介しきれないし、「攻略ページを作るほどでもないアプリの感想」を載せる場が欲しいので、近々そういうブログを新たに作るかもしれません。

ところで、iPhone 版の三国志ですが、チュートリアルが・・・

iPhone 三国志

いいですこの劉備。 チュートリアル必見です。
ちなみに信長の野望とかも、先日発売された 「天道」 はこんな感じの笑えるチュートリアルでした。
ゲーム内容がマジメなだけに、それとのギャップいいですね。

ちなみにゲームは「初代の三国志」なので、いま見ると色々と違和感を感じる部分もあるのですが、携帯用に綺麗にまとめられています。
手動でセーブしないと復帰できないなど、「携帯機器」に適応していない部分も見受けられますけどね。


また、今週は 「PC ハードウェア 初心者の館」 にサブページ用のメニューを作りました。
http://homepage2.nifty.com/kamurai/PCtenzikai/

実機レビューや展示会でお聞きした話のコーナーのリンクがゴチャゴチャになって解りにくかったので、ここにまとめました。

デザインをシンプルなモノトーン調にしてみたのですが、なんだか柄にもないデザインになってしまった・・・
メニューだけシックで中身はそうでもないので、各ページとのギャップが激しいですが、その辺はお気になさらず。
中身のコーナーも、新しい情報や最近お聞きした話などを追加して更新しています。

最近ダラダラしてたけど、やりたい作業はいっぱいあるので、がんばって更新していかないとなぁ。
 

windows 7 にアップグレード!

先日10月22日、ついに Windows 7 が一般販売され始めた訳ですが・・・

購入しました! そして導入しました! ウィンドウズ7!!

本当は周辺機器やソフトウェアの対応などを待った方がいいし、新登場したばかりのものは大抵「トラブルの固まり」なので、少し様子見した方がいいのですが・・・
私はサイトの運営をしている事もあり、Windows 7 での動作検証を早く行いたかったので、「人柱」になるつもりで速攻で購入しアップグレードしました。

Windows 7

私は以前から Windows Vista を使っていて、Vista から Windows 7 へは「アップグレード(上書きインストール)」が可能なので、導入しやすかったというのもあります。
まあ、上書きインストールはトラブルを併発する場合もあるので、諸手を挙げて勧められる訳ではないですけどね。

で、実際に導入してみての感想ですが・・・ 感動しました

何に感動したかと言うと、「そのまんまの状態でアップグレードされたから」。

通常 Windows を再インストールしたら、ドライバやソフトウェアを入れ直さなければなりません。
さらに使用環境を元の状態に戻すために、色々と設定作業を行わなければなりません。
それだけで丸一日が潰れたりする訳ですが・・・

Windows Vista から Windows 7 へのアップグレードインストールは、そんな作業はほとんどいりませんでした!
ディスクを入れて、開始ボタンをクリックして、アップグレードを選択し、あとは待つだけ。

完了した時に表示された画面は、ほとんど以前のまんま
デスクトップに置いていたガジェット(時計とかの飾り)は場所がちょっと変わっただけでそのまま置かれてるし、アイコンに至っては以前の状態のままです。
ブラウザを起動したら「お気に入り」の並び方までそのまま。
インストールしていた各種のソフトも普通に起動でき、特に再設定や再インストールをする事もありません。
まさに Windows がそのままで Vista から 7 になりました、という感じです。

アップグレードにかかる時間はけっこう長く、うちの環境では1時間20分ほどかかりました。
環境によっては数時間はかかるようです。
クリーンインストールだと30分前後で終わるらしいので、えらく時間が違いますが・・・
以前の環境がそのまま保持されていたことを考えると、ソフトウェアの更新やドライバのインストールもアップグレード時に行っているのかもしれません。

とにかく、時間はかかるけど、このアップグレードの手軽さは特筆できます
まあ Windows の上書きインストールは不具合やパフォーマンスの低下をもたらすことがあり、私も Windows 98 から XP にアップグレードした時に不具合が出まくり、時間を浪費しまくった挙げ句、結局再インストールした経験がありますから、人に勧められるかというと微妙ですが、私はこのアップグレードについてはかなり賞賛したいと思います。

信長の野望大航海時代 Onlineシムシティ4やその他の各種のゲーム、ホームページビルダーや Photoshop などの各種作業用ソフト、ATOK などのシステムソフト、その他のマイナーなフリーソフトなども含め、今の時点で試したものは全てそのまま使えています。
ちなみに、Windows 7 Ultimate 64bit 版です。

唯一、ウィルスバスターだけ最新版でないと対応してなかったので、これは再インストールしましたが、アンチウィルスソフトはシステムに深く食い込んでるから、仕方がないかな。
Windows の移行が可能どうか調べる Windows 7 Upgrade Advisor というソフトで調べた際には、マウスやビデオカードのドライバ、iTunes などを Windows 7 対応のものに入れ替える必要があると表示されたのですが、アップグレードしたら iTunes やマウスのドライバは勝手に対応版になってました。


で、使用しての感想ですが、とりあえず見た目や使用感は Vista からの移行だとほとんど変わりないです。
よって迷うことなく使えますが、逆に言うと「目新しさをあまり感じない」という事でもありますね・・・ ^^;
まあ中身は Vista ですからねぇ、Windows 7。
設計が「Windows Vista の再チューンを行ったもの」ですから。
ただ XP から移行する人だと、けっこう違和感あると思います

Vista の時に邪魔だった「管理者の許可を求める」ウィンドウは非表示にしてしまえます。
これだけでも個人的にありがたいです。 起動時に出まくってたので。

Windows の起動速度は、私的にはあまり早くなったように感じませんでした
っていうか、Vista は起動はそんなに遅くなかったので、それと同じぐらいと言う感じでしょうか。

一方、各種のソフトのウェアの起動は明らかに速くなっています
Photoshop や iTunes などの定番ソフトはもちろん、ゲームなどもかなり早くなりました。

ただ、うちのパソコンは今年の春に買ったけっこう新しいパソコンです。
性能が割と最新なので(CPU:Core i7 950、メモリ:DDR3 6G、VGA:GeForce GTX 295)、早くなった要因が最新のハードを効率よく使えるようになったからなのか、Windows 自体がチューンナップされているからなのかは解りません。
両者が要因だとは思いますが、前者の要因についてはパソコンの性能が低い場合は、あまり恩恵がないかも。

と言う訳で、まだインストールしてそんなに経ってないので、今後何か気付く点が出てくるかもしれませんが、今のところは普通に使えています。

1つだけ困ったのは、タスクバーの「クイック起動」がなくなったことでしたが・・・

Windows 7 でのクイック起動

ただ、これは対処法が下記のページに書かれていましたので、この方法で以前と同じ状態に戻すことが出来ました。
http://pasofaq.jp/windows/taskbar/7quicklaunch.htm
(上の画像は戻した後の状態です)

他にメールソフトやフォトギャラリーなどがなくなっているという違いがありますが、これらは個別に後でダウンロードするシステムに変わりました。
私的にはメッセンジャーが必要なかったので、これを入れなくて済むのはありがたいです。

Windows XP からだとクリーンインストールのみなのでけっこう大変かもしれませんが、Vista からだとアップグレードがかなりラクですよ
クリーンインストールの必要が出来るまでは、とりあえずアップグレードで試してみるのもいいかもです。

ちなみに私が購入したのはアップグレード版ではなく、Ultimate の通常版です。
通常版でも Vista からのアップグレードは可能です
何かあった時にクリーンインストールが出来ないと困りますからね。
(でも Vista からの移行だと Ultimate じゃなく、Home Premium で良かった気もしてます・・・ すでに Vista で動くソフトしか使ってなかった訳だから、上位版にしかない XP モードはほとんど必要ないので・・・)

※Amazon 、Windows 7 一覧ページ
 

ガンダム戦記と信長の野望・天道、その2

最近、ゲームはプレステ3の「ガンダム戦記」をやっている時間が一番長いです。
先月のブログで 「一緒にプレイできる知人がいれば、もっと楽しめるのですが・・・」 と書きましたが、最近は 「大航海時代 Online」 の商会メンバーと一緒にプレイしていることが多く、おかげでキャラクターもアイテム&装備もだいぶ強化されました。

ガンダム戦記

やっぱりこの手のオンラインプレイが可能なゲームは、知人がいた方がいいですね。
モンスターハンターに比べると、「やり込み」 に関する 「奥深さ」 が浅い気もしますが、多人数で同時にリアルタイムの戦闘が気軽に行えるのはいいです
モンスターハンターよりもサクサク戦える内容ですしね。 対戦もあるし。
もうちょっと巨大なボスキャラとの戦闘や、高難易度のようなものがあればなぁ、とも思いますが。

一方、「信長の野望・天道」 も進めていました。
とりあえず 「宇喜多直家」 で天下統一しています。
シナリオ2で、ゲーム開始直後は 「浦上家」 でのスタートですが、イベントで自動的に宇喜多家に移行できます。

信長の野望 天道

どうして宇喜多直家なのかというと、単に地元だから。
本当は広島県在住なので地元は毛利元就になるのですが、毛利家は最初から強く、強いところではやらないというポリシーがあるので、宇喜多です。

ちなみにプレイ過程は、中国地方を統一するまでが全所要時間の半分。
中国地方を統一したら一気に楽になり、九州を制覇。
その後、前作「革新」にもあった「包囲網」を展開され、周辺の大名家に一斉に攻め込まれましたが、そこを切り抜けたら相手は弱体化し、こちらは物資も兵力も十分な状態になったので、あとは「軍団」を編成して委任
配下におまかせしました。

このゲームは「軍団」を編成し、委任状態にすれば、物資や兵力が十分なら勝手にどんどん攻めてくれます。
主力武将を集めた軍団を作れば自分でやらなくても十分強いので、主力軍団を2つほど編成して、後は最高速にして観戦モード。

このゲームはリアルタイムで全国マップ上を様々な部隊が動き回るゲームなので、観戦してても面白いです。
前作の「革新」も、後半は軍団におまかせしてました。
大名は本拠地の城で技術開発と賞罰のみを実行。
手間がかからないし、その方が「宇喜多直家」らしいし。 ^^;

「信長の野望」シリーズって、どうしても後半はダレて来るのですが、そこを軍団に委任できるのは、実は画期的なんじゃないかと思います。

ちなみにこの天道、amazon とかではすこぶる評判が悪いです
でも「革新」の時もそうだったんだけど、「信長の野望」シリーズのファンの評価は決して悪くないんですよね。
つまり「マニア受け」なゲームと言うことなんだろうか・・・ ゲームバランスは今作も前作もすごくいいと思います。
ただ、簡単なゲームではなく、戦闘シーンとかの見た目も地味なので、ライトゲーマーからの支持はあまり受けられないのかもしれないなぁ・・・
私は決して嫌いではないし、悪くはないと思います。

と言う訳で、信長の野望・天道 も一段落付いたし、時間がなくて中断状態だった ANNO 1404 を再開する予定。

サイトの更新も色々としないといけないんですけどね・・・
明日は Windows 7 の発売日だし。
 

「ドスパラ」のパソコンをお借りして

先月、ドスパラ様よりこの秋の最新型モデル「Prime Galleria XF(ガレリアXF)」というパソコンをお借りしました!

ドスパラと言えば「ゲーム用パソコンに力を入れている」と公言しているメーカー。
最新パーツへの対応が非常に早く、それでいてコストパフォーマンスに優れるので、ゲーム用パソコンの販売分野ではトップを走り続けています。

しかも今回の貸し出しでは「どんなモデルが良いですか?」と聞かれたので、「SSD 使ってみたいです」とワガママ言って、SSD 搭載型を貸して頂きました。
SSD は HDD(ハードディスク)に変わる新型のデータ記録装置なのですが、予想以上に良かったですよ!
まあそのぶん、お値段は張るんですけどね。

実際に使ってみての詳細については、以下のページに実機レビューを書きましたので、詳しくはそちらをご覧下さい。

・ドスパラ Galleria XF 実機レビュー
http://homepage2.nifty.com/kamurai/review_GalleriaXF.html


まあこの Galleria XF は使用されているビデオカード「GeForce GTX 285」が品薄になってるおかげで、すでに販売されてなかったりするのですが・・・
ビデオカードが違うだけの Galleria XB とか XG というタイプはまだ販売されています。

ただ GeForce GTX 285 が深刻な品薄のためか、今度は GeForce GTX 295 が品薄になり始めているそうで・・・
GeForce GTX 285 は実売4万円前後、GeForce GTX 295 は実売5万円前後の、かなり高価格なビデオカード。
それがこれだけ品薄になるというのは、世の中だんだん高級志向・高性能志向になっているのでしょうか?
パソコンの世界は、昨今の不況もどこ吹く風のようです・・・

さて、このドスパラさんのパソコンを試用して、1つ思ったことがありました。
以下の画像を見てみて下さい。

ドスパラ

これはケースの内部なのですが、マザーボードのサイズに対して、ケースが大きめなのです。
このマザーボードなら、もう一回り小さいケースでも入るはず。

これは「拡張性」や「通気性」、同じケースを流用しての「コストダウン」などを考えているのかな? と思ったのですが・・・
先日東京に行った際にドスパラさんにご挨拶できる機会があったので、担当者の方にこの事について直接聞いてみました
これについては、以下の「メーカーの方にお聞きしたお話」をまとめたページに記載しています。

・展示会/発表会でメーカーの方からお聞きした話
http://homepage2.nifty.com/kamurai/tenzikai.html

話のやり取りについては上記ページに書いているので、ここでは省きます。
ここではもうちょっと、立ち入った感想を


私はドスパラさんのパソコンを借りる前に、日本HP(ヒューレットパッカード)さんのパソコンを貸してもらっていました。
HPさんのパソコンはケースがすごく凝っていて、パーツに合わせたケースを作り、さらに様々なアイデアを盛り込んで、小型で多機能なものを完成させていました。

HP(ヒューレットパッカード)という会社は外資系のメーカーなのですが、こうした「状況に合わせて製品を作り込んで売る」というのは日本的な作り方の気がします。
日本人は凝り性で、色々と工夫してものを作ろうとしますからね。

一方、ドスパラさんのパソコンは・・・ その真逆の印象を受けました。
ケースが大きめのもの1つしかなく、ほとんどのパソコンでそれを流用しています。
だからパソコン自体はすごくオーソドックスな作りで、中のスペースもかなり空いています。

しかし使われているパーツは最先端で、かつスペースに余裕があってオーソドックスであるため、様々な追加パーツや拡張/増設に対応できます
スペースが大きいので、大型で高性能なビデオカードなんかも入ります。
つまりユーザーが望むカスタマイズをしやすい訳で、実際にドスパラのパーツの選択肢はかなり広めです。
しかしパーツを選んだり拡張したりするには、ユーザーにも相応の知識が求められます
この辺りの作り方はどちらかと言うと、欧米的な気がします。

別に HP さんのパソコンに拡張性がないと言っている訳ではなく、むしろ NEC や富士通のものに比べればよっぽど拡張性があるので、日本の老舗メーカーに多い「拡張性を無視して独自開発した完成品を売る」というのを基本とした、俗に言う「メーカー品」とは異なります。
ただドスパラさんのパソコンは大手のパソコンショップとしては、日本の老舗会社の「メーカー品」とは一番対極に位置しているかなぁ、という印象を受けましたね。

しいて言えば、HPさんのものが拡張よりも機能性を重視する初心者向け、ドスパラさんのものが拡張やパーツ性能を考慮する中級者向け、NEC や富士通などのメーカー品はパソコンの事をあまり知らない超初心者向け、という感じでしょうか。
ちなみに上級者向けは自作ですw
まあ今の時代、自作の方が高く付く上に、メーカーの BTO(受注生産)が進んでいるため、すでに自作のアドバンテージはなくなっていると思いますけどね。
好きなケースやマザーボードを使える、とかの点はありますが。

こうした各メーカーの特色は、HP はビジネス用パソコンがメインだった大手の開発力がある外資系メーカー、ドスパラはパーツショップを発端とするパーツの扱いから始まったメーカー、NEC や富士通などは自作なんて存在しなかった時代からパソコンを作っていたメーカー、というそれぞれの経歴から来ているのだと思います。

だからどれが良いとかではないのですが、パソコンのメーカーにもそれぞれ違いがあるなぁ、と言うのを色々とパソコンを試用させて貰い、お話もうかがって、さらに深く感じました。


これから Windows 7 も登場しますし、買い換えとかを考えている方も多いと思います。
メーカー選びも自分に合ったものを選択したいですね。
まあ初心者の方で、近くにそのメーカーの直販店とかがあるなら、アドバイスを受けられるのでそこで買った方が良いというのもありますが。

しかしすでに GeForce GTX が品薄になってるし、Windows 7 で一気に需要がアップして、そのまま年末商戦に突入することを考えると・・・
これから深刻なパーツ不足が発生する気もしないでもなかったり。
 

東京2日目

先週末に一泊二日で東京に行った際の、2日目の模様を書こうと思うのですが・・・
ホテルから展示会に向かい、終了後はすぐ新幹線で帰ったので、特に書くようなことは何もなかったり。

ホテルは駅のすぐ前にある「品川プリンスホテル」の一番安い部屋に宿泊。
前にも泊まったことがあるので、勝手が解っててラクでした。
朝はモーニングを食べて、11時にチェックアウト。
荷物は全部ホテルに預けて、展示会が始まるまで手ぶらで適当に散策します。

去年はこの時間を使って魔界アキハバラーとかに行ってみたのですが、今回は朝から雨が降ってるし、足を痛めたのが治ってないしで、品川の駅ビルを適当にブラブラしただけです。

品川は雨・・・

しかも足をかばいながら歩いてたので途中で疲れてしまい、カフェに逃げ込んで1時間ぐらいそのまま iPhone いじって時間を潰していました。

展示会では、実機の貸し出しなどで今年すごくお世話になっていた日本ヒューレットパッカード(HP)様ドスパラ様などにご挨拶ができ、さらにパソコンの開発や今後の予定などについても色々とお話をお聞きすることが出来ました。

他にもいくつかのパソコンメーカーの方からもお話をお聞きしたので、これらについては後日記事にまとめて、「PCハードウェア 初心者の館」などに追記する予定です。

ドスパラ様からは先日実機の貸し出しをして貰っており、レビュー記事を書いたばかりだったので、その時に思ったことなども質問してみました。
それについてはこのブログでも後日書こうかなーと思います。

展示会の模様

あと、展示会で見かけたもので一番欲しかったのは、パソコンではなく・・・
ソフトバンクの携帯を新規契約しないと貰えない、コレ。

お父さんストラップ

これは「ぬいぐるみ」ではありません。 携帯ストラップです!
そしてこれを「ストラップ」と言い張っているところが好きです。^^;

という訳で、展示会は終了。 その後は新幹線ですぐ帰郷しました。
広島に向かう最終の新幹線だったため車内は空いていて、大阪を過ぎたら車輌内に自分だけが1人でポツーンと・・・

新幹線に誰もいない図

誰もいない夜の新幹線は哀愁が漂います。
到着が夜11時半でしたからねぇ。
まあそのおかげで、おもいっきりシートを倒すことが出来ましたが。

帰りは半分以上寝てたので、酔うこともなかったし、到着が早かったです。


今回の東京行きでは、ネットブックなどのパソコンは持って行きませんでした。
なぜなら iPhone があったから

これ1つで iPod になるし、ゲームも出来るし、インターネットも出来るし、パソコンのメールチェックもできるし、もちろんアプリを使えば乗る電車の検索や確認なども可能です。
なんだかアップルの回し者みたいですが、やはりすごーく便利でした。

また、イベント会場ではメモ代わりにも使いました。
画面に直接、指で文字が書ける FastFinga というアプリを使用しています。

FastFinga

綺麗な文字は書けないのですが、どうせペンで書いても字はヘタだし、走り書きをする時はこれでも十分ですね。

という訳で、田舎者で旅慣れていないので、結構疲れました。
どうせ東京に行くのなら、もうちょっとノンビリした日程にした方が良かったかな・・・
 

記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ