泡沫でおきらくな日々

ホームページの運営や更新、ゲームやパソコン関連の話題が多くなると思いますが、基本的にはテキトーな時にテキトーな事を書くブログです。 ヒマなら見てね。

2010年07月

iPhone 4 と iPad

先日、ようやくうちのような田舎町にも iPhone4 なる最先端マシーンが上陸、無事購入することが出来ました
予約の受け付けが開始された当日に予約して、実際に入手するまで約1ヶ月かかった訳ですが・・・ 田舎だとこんなもんかな。

と言う訳で、古くなった iPhone 3G は単なる iPod touch と化し、iPhone4 が活躍中です。

でも、iPhone4 と言えば今巷の話題なのが・・・ 電波問題
iPhone4 を握ったら電波が弱くなり、そのまま圏外になってしまうという携帯電話としては致命的な不具合です。

こう言うのって、ちょっとした不具合をギャーギャー騒ぎ立てるクレーマーじみたユーザーが、ネット上で大げさに騒いでいるだけの場合が多いのですが・・・
この件についてはマジでした。

実際に握ってみると・・・

iPhone4

なにこのショートコント。

握ると本当に、みるみるうちに電波が弱くなっていき、そのまま「圏外」と化してしまいます。
iPhone の右下、左下を握らないように持てば大丈夫なのですが、私の場合は普通の持ち方をするとこの症状になるので大問題
また、アプリをやっているときは iPhone をしっかり握っている場合が多いので、この場合は圏外化して電話がかかってきても出られなくなります。

先日、電波の表示を改善するアップデートが行われたのですが、うちの場合はアップデート後もこんな感じですね。
(先ほどの画像もアップデート後です)

電波が強い地域なら大丈夫らしいのですが、元々ソフトバンクは電波がそんなに強くありませんから、「ソフトバンクの電波の弱さをさらに深刻化させる仕様」となっております。
まあうちのような田舎だと、Docomo や au でも電波は強くないんですけどね・・・

と言う訳で iPhone4 、人には勧められません
先日、アメリカのどこかのメディアが「iPhone4 の購入は勧められない」と発表して話題になったようですが、実際にコレを見ちゃうと専門家でなくてもそう思います。

でも iPhone4 を買って後悔しているかというと、そう言うことはないですけどね。
私は iPhone 3GS 発売後も iPhone 3G のままで我慢して、iPhone4 を待ち続けた人間。
iPhone 3G から iPhone4 への移行だと動作速度は大幅にアップで、あらゆる動作がキビキビ動き、今まで使えなかったコンパスなどの 3GS 以降の機能も使用可能に。
容量も増えて動作が速くなったアプリも多く、非常に快適になりました

iPhone 3GS からの移行だとあまり違いがないかもしれないけど、3G からだと差は大きいですね。
ケースをはめれば電波問題は改善するようだし、無料ケース配布も始まったので、とりあえず電波問題はそれでなんとかしようと思っています。


一方、買って一ヶ月ほど経つ iPad
巷では、「iPad 使えない」「使い方が解らない」「電子書籍がない」などの不満が噴出していると報道されたりしていますが・・・
ぶっちゃけ、こういう意見が出ることは予想していた通りでした。
そしてこの状況は iPhone の時とまったく同じですね。

パソコンはよく「ソフトがなければただの箱」と言われますが、iPad も同様で、「アプリがなければただの箱」です。
iPhone だって「アプリがなければタッチパネルなだけの携帯電話」で、当初はどう使えばいいか解らない、使い辛いと批判されていました。

Windows も iPhone も、そして iPad も使う側に相応の知識と使い方が要求され、そして使いこなせれば非常に便利なのですが、それが出来ない人にとっては単に「ネットが見れるだけの機械」で終わります。
この辺はパソコンと変わりません。

私は元々 iPhone を使っていましたから iPad がどんなものか事前に解っていたし、「ボタン1つで即時起動してキーボードでメモできる」「ベッドで寝転がって気軽にホームページとか見れる」「アプリが大画面で出来る」というのを一番の魅力と考えていましたから、その点についての機能は十分で、とても満足しています。

ipad5

ただ iPad って、発売前からマスコミで「電子書籍だ!」「本や新聞が読めるんだ」「出版業界にとっての黒船だ」なんて騒がれましたから、「買ってすぐ自由に本や新聞が読めるんだ」なんて思っていた人が多かったようで、それで実際に使ってみて電子書籍が少ない実情を知り「ショボーン」ってなった人が多いようです。

日本では電子書籍の普及は難しい、時間がかかるという事はこの手に詳しい人ならみんな知っていた訳ですが、テレビとかで散々「電子書籍リーダー」として騒がれてたから、それに釣られてしまった人が多いようですね・・・
ソフトウェアキーボードだって使い辛いことは見て予想できる訳ですが、これもテレビでいかにも快適に入力しているシーンが放映されたりしてたからなぁ・・・

また、メモやファイルの管理に行うにはそのためのアプリが必要で、「iPhone OS はアプリをそろえて活用する」というのは iPhone ユーザーなら常識な訳ですが、iPad を初めて手に取った人だとその辺も理解できていないから、「パソコン買ってソフトが解らなくて、インストールも出来なくて、途方に暮れている」というのと同じ状況になっているようです。

iPad の批判によく「ノートパソコンでいいじゃん」と言っているものもありますが、iPad は「手軽にボタン1つで即座に起動して使えるもの」であり、ノートパソコンとは全然違います
まあノートパソコンやネットブックが電源を入れて即座に使えるのならノートパソコンの方がいいと思うのですが、そんなのまだありませんからね・・・ 机の上に置かないといけないし。
iPad は軽さがウリなので、そこは用途が異なります。

ただ、iPad の「重い!」という批判は、私もその通りだと思います。
先日の記事でも書いたけど、iPad は見た目より重いです。 こりゃ持ち歩いて使うのはしんどいです・・・
これは家の中でイスやソファー、ベッドの上で使うもので、テレビとかでは iPad を外出中に片手で持って使うシーンとかが流れてたりしますが、そんなの1分で疲れますね。
まあ大抵のネットブックやノート PC よりは軽いのですが、これらはテーブルの上で使うもの。 iPad は手で持って使うのが前提ですからねぇ。
ぶっちゃけ外で使うなら、機能的にも重さ的にも iPhone で十分です。

まあ iPad は出始めたばかりの機器なので、新製品を使いこなせずに文句を言う人が出るのは仕方がないかな、とは思います。
日本では電子書籍が普及していませんから、ちゃんと買う前から使い方を考えていた人でないと、まだ活用は難しいかもしれませんね。
 

Android 携帯の私見

iPhone のサイトを運営しているためか・・・
最近、「Android(アンドロイド)携帯ってどう?」と聞かれることが度々あります。

そこで、ここで個人的な(あくまで個人的な)Android に対する意見や感想を述べてみようと思います。


まず、現時点の Android 携帯ではっきり言えるのは、「ゲームはダメです」。
私はゲーマーであり、iPhone でもゲームをやってる時間が一番長い訳ですが、Android はその点において現状「最悪」と言っても良い環境なので、この時点で私的な評価はダメダメですね。

その理由は「マルチタッチに対応していない」ため。
マルチタッチとはタッチパネルに指を複数置いても反応する機能で、2本の指や3本の指による操作が可能なことです。
マルチタッチに対応していないと、ゲームで一般的な「方向キーとボタン」という操作さえ出来ず、例えば方向キーを押しながらボタンを押すと、ボタンは反応しない訳です。
これじゃあゲームなんて無理。 いや、ゲーム以外のあらゆるアプリで操作性は激減です。

Android にもマルチタッチに対応している携帯はあるのですが、現在主力の Xperia(エクスペリア)がマルチタッチに非対応なので、アプリ開発者はどうしても「シングルタッチで使えるアプリ」にしなければ販売数を得られない。
そうなるとアプリをやる側にとっても開発する側にとっても、それが大きな足かせになってしまいます。

ちなみに Xperia でマルチタッチに対応していないのは、元となった Android OS がそれに対応していなかったためで、これは Google の開発部が悪いのですが、Google もマルチタッチ非対応の OS なんてダメだと解り、対応バージョンを公開しました。

しかし運が悪かったのかタイミングが最悪だったのか、担当者が重要性を理解していなかったのか・・・ 開発側はマルチタッチ非対応の頃の Android OS ですでに開発を始めていて、Google がマルチタッチ対応版の OS を公開したのが Xperia 発売の数ヶ月前。
もちろんこの頃には Xperia の製造準備は進んでいたでしょうから今更変更も利かなかったようで、こうしてタッチパネルなのにシングルタッチしか出来ない携帯が量産される結果になってしまったようです。
おまけに一度生産を始めてしまうと、かかったコストをペイできるまで販売は続けなければならない訳で・・・ 悲しい状態ですね。

現在はマルチタッチに対応した Android 携帯も登場し始めていますが、Xperia のようなマルチタッチ非対応の携帯が主力になっている以上、「それを切り捨てるアプリ」はしばらく登場しないと思います
海外でもこの状況は同様で、マルチタッチに対応していない頃の Android OS の携帯が他にも出回っていますから、マルチタッチのみの操作を考慮したアプリは作れません。
あと1年はこの状態が続くような気がしますね。


また、iPhone みたいにハードと OS に一貫性がないので、それが Android の良い点でもあるのですが、開発する側にとってはあらゆる状況に対応できる形でアプリを作らなければならず、むしろ開発が難しい状況のようです。
徐々に改善されていくとは思いますが、今の時点では Google の理想とはかけ離れています。
ちょっとしたアプリならともかく、大きな有料アプリになると簡単ではないうえに、動かない環境の人に対する保証や対応も必要になりますからね。
よく「Android は開発の敷居が低い」と言われていますが、現時点では有料アプリに関して言えば、むしろ敷居は高いです


加えて個人的に今後暗い影を落とす事になるだろうと思うのは・・・ エロアプリが許可されていること
一般に「グラビア系アプリ」とか呼ばれていますが、実際のところ「グラビア」と「エロ」は異なり、明らかに「エロのみが目的」であるアプリも多いので、忌憚なくエロアプリと呼ばせて貰います。

ゲーム機においても過去、エロを許可したハードはことごとく衰退しています。
エロがあるハードウェアは、そう言う目でしか見られないからです。
多くのブログや情報サイトで、iPhone 市場からエロ系アプリが一掃されたことについて「閉鎖的だ」と不満や批判が述べられていますが、私は Apple の判断は正しいと思っており、それは現在の任天堂のようなメーカーを見ても明らかです。
確かにエロは儲かります。 でもそれは一時的なもので、その後はレッテルを貼られて内容が偏り、衰退する事にしかならないと考えています。


全体として Android は、今後良くなるかもしれませんが、今は全然良くなく、Google の理想とする状況になるにはあと2〜3年はかかるんじゃないかなと思います
iPhone だって日本でまともに使えるようになるまで、1年ぐらいかかりましたしね。

なお、「Docomo の携帯で、ソニーの開発なのに、どうしてエクスペリアは i-Mode に対応してないんだ!」と言う意見がよく見られますが、Xperia はイギリスのソニー・エリクソンという会社の開発です。
iPhone と同じように外国の携帯です。 i-Mode やおサイフ携帯などの日本独自の機能に適応していないのは、実は当たり前です。
まあ、それでも日本のソニーががんばって対応させれば、日本での状況は一変するかもしれませんが。


今後、Android も改善して行くと思いますが、ただ iPhone 市場が先行している事と、現在の Android のやり方を見ていると、良くなってきても「永遠の2番手」で終わる気がします。
そう、かつてのセガみたいに・・・

Android にも多くのアプリが登場していますが、大半が実用系かちょっとしたユーティリティー(活用ソフト)で、規模の大きいものは少なく、ゲームもあまりありません。
iPod という娯楽機器から発達した iPhone とは違い、Android はユーザーも社会人やビジネスマンがメインだろうと考えられているみたいですね。
でも日本では携帯は子供から大人、女性まで使うものですから、Android アプリの傾向もまだ日本の環境に合っていません。

日本の携帯はよく「独自進化をしたガラパゴス携帯」などと言われますが、私はこの独自進化は決して悪くないと思います。
少なくとも大半の日本人が使うには、日本の携帯の方が合っています。
でもだからこそ、現状は「Android を買うぐらいなら、普通の携帯の方が活用できる」と思います。

「Android にも面白いゲームや実用アプリがあるよ!」という情報もネット上では見受けられますが、「そのぐらいのアプリだったら iPhone にはゴマンとあるよ」と言う感じですね。
汎用性の高さを利用し、「Android のガラパゴス化」でも行われない限り、劣化 iPhone のままで終わりそうです。
ただ、日本仕様の Android が登場していくと、アプリはさらに作りにくくなっていきそうだな・・・

かつて Windows が Mac を追い越したように、Android も iPhone を追い越す日が来るかもしれません。
ただ、そのためにはユーザーが付いて来れないといけない訳で、その日が来るのはまだまだ先だろうなぁ、という印象です。

将来性が期待されていても、その「将来」になってから買うべきでしょうね。
 

ネスカフェ バリスタ(買っちゃった)

先日(?)発売された、ネスカフェのニューマシーン・・・
ついにそれを手に入れてしまいました。
バリスタ」です! とうとう買ってしまいました

え? 「iPhone 4」じゃないのかって? そんなのうちのような田舎には(以下略)

まあ「バリスタ」と言っても「なにそれ?」って人が多いと思いますが・・・
これはネスカフェが開発した、インスタントコーヒーが使用できるコーヒーメーカーです。
http://jp.nescafe.com/barista/

コーヒーメーカーと言えば高くて高級で専用のカップか豆が必要なセレブ用マシーンで、私のような庶民にはとても手が出ないものだと思っていたのですが、これは価格が1万円以下で、スーパーで売ってるインスタントコーヒーを使用できるため(ただし指定のもののみ)、非常にリーズナブルです。
しかも美味しいコーヒーが作れる! ・・・らしい。

と言うのを、今年の3月頃にやってたテレビ「アメトーーク」の「家電芸人スペシャル」でやってて・・・
えぇ、見事に影響されました。^^;
毎日2〜3杯ぐらいコーヒー飲んでるし。

しかしこのバリスタ、大人気で簡単には手に入りませんでした・・・
ネスカフェのオンライン販売サイトでは予約さえできない状況で、Amazon や Yahoo などではボッタクリ価格で販売されてる有様。
仕方ないので近くの電気店で入荷待ちの予約をして、ノンビリ待つことにしていました。
それが先日ようやく届き、入手できた次第です。
これで私も、「違いがわかる男」になれるに違いない!

と言う訳で、これがバリスタ本体です。

barista1

上部のフタを開けて指定のインスタントコーヒー(ゴールドブレンドか香味焙煎)を入れ、後部のタンクに水を入れておきます。
後はコンセントを繋げておけば、いつでもスタンバイ状態。

後はボタン1つでコーヒーが「ガァァーーーズザザザズァーーウィーン」と作られます。
(音は結構大きい。 中ですり潰したりとかしてるぽい)

スイッチを切ったりコンセントを抜いていても、スイッチを入れて短時間でスタンバイ状態になり、熱いコーヒーが出て来ます
最近のマシンは沸かすのも早いですね。

barista2

コーヒーは普通のやつ、エスプレッソ、カプチーノ、カフェラテが選べます。
まあ私は「かぷちいのって何だっけ?」という人でしたが。

カプチーノとカフェラテは事前に牛乳をカップの中に入れておく必要があります
スイッチを入れると水鉄砲のような水流が何度も噴射されて牛乳が泡立てられ、それからコーヒーが入り、独特な泡のあるコーヒーが出来上がります。
エスプレッソの場合はコーヒーの泡(クレマ)が作られます。

barista3

肝心の味の方は・・・ まあ、私はそんな高級なコーヒーなんて飲んだことないので、ぶっちゃけよく解りません。
(近所にスタバのようなハイカラなものはないし)
私的には美味しいと思います。 たぶん。 違いがわかる男なので。
カフェラテを選ぶと確かにキャラメルっぽい味になりますし、エスプレッソは苦みの強い味になりますね。

ネット上では「カプチーノとカフェラテは事前に牛乳を入れるのでコーヒーがぬるくなってしまう」という意見が多いようですが、私は元々コーヒーに牛乳を入れてた人なので、この点は気になりません。

欠点は入れ終わった後、ポタポタとコーヒーのしずくが長時間たれ続けること。
中で抽出してるからしょうがないのだと思いますが、このためなかなかカップを取り出すタイミングが計れません・・・w
カップを取り出した後も下の受け皿にコーヒーがしばらくポタポタ落ち続けるので、受け皿を頻繁に洗うか、別の受け皿を置いておく必要がありますね。


と言う訳でバリスタ、気軽にちょっと違った種類のコーヒーが飲めるので、なかなか気に入っています。
ただ、一時期ほどではないけど、相変わらず品薄状態が続いているようで・・・
うーん、家電芸人おそるべし。
 
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ