泡沫でおきらくな日々

ホームページの運営や更新、ゲームやパソコン関連の話題が多くなると思いますが、基本的にはテキトーな時にテキトーな事を書くブログです。 ヒマなら見てね。

パソコン関連

「IEの脆弱性」騒動で思うこと

Internet Explorer(IE、インターネットエクスプローラー)に深刻な脆弱性が発見されたとニュースで報じられ、日本でも色々と騒動になっている昨今。
しかしパソコンの初心者にはその意味はよく解らない訳で、そこで初心者向けの今回の件に関する解説を以下のページに記載しました。

PC ハードウェア 初心者の館

これを書いたのは、「ねとらぼ」さんの以下の記事を見たから。

「IEの脆弱性」が騒がれてるけどどうしたらいいの?

「IE 使うな」→「使わないとシステム動かねーよ」
「IE 使うな」→「解った。ヤフーは使わない。グーグル使うね」→「えっ?」
「IE 使うな」→「インターネットなんとかかんとかが危険」→「インターネットが危険

いやー、笑い話だけど、そうなるよねー。 すごーくよく解ります
ニュースとか巷の解説を見ても、そこの説明に書かれている用語が、解らない人にとっては異世界の言葉にしか見えませんからね。

にしても今回の件で思ったのは、「IE = Yahoo」だと勘違いしている人の多さ
インターネットという存在に「ヤフー」と「グーグル」の2種類があると思っている人も多い。

これは言わずもがな、日本のメーカー品のパソコンに Yahoo のモロモロがプリインストールされていて、IE を起動したら Yahoo のトップページが出たり、上部メニューに最初から Yahoo の検索窓が付いてたりするためですが、それって(こういう言い方は良くないのを承知であえて言うと)「情弱商法」な訳で、それをやっている側はユーザーが情強になっては困る。

そんな状況だから、たまにこういうことが起こるとコンピューターに関するリテラシーの低さというか、むしろその低さをみんなして維持しようとしている世の中なのが露呈する訳で、なんだかなぁという感じです。
とは言え、最初から Yahoo の検索窓が付いていたり、Yahoo のトップページに案内された方が、本当の初心者にとって使いやすいのも確かなんですけどね・・・

私的に問題だと思うのは、アメリカは(少なくとも日本と比較すると)自己責任の国であり、解らない事があったらユーザーが自分で解決するのが基本になっていて、その点の日米のギャップが大きすぎること
この辺は Windows に限らず、Photoshop とか Dreamweaver とかの Web 関連の製品、他に Google Analytics とかのグーグル関連のサービスを使っていても痛感します。

何というか、向こうの PC 関連のシステムやソフトウェアは、天才の天才による天才のためのサービスを作っている印象がある
これが日本だと解り辛いシステムは凡人でも理解できるよう解りやすく改良されるのですが、向こうはそうじゃない。 「解らないなら自分で学べ」になっている。
だから私のような凡人がそれを利用しようとすると色々苦労することに。
そしてそこまでする必要がない人はもう最初から学ばない。

この辺、ゲームでもそうですよね。
欧米の RPG は最初からバカみたいに難しくて説明も不十分、でも理解できれば自由度が高く色々できるものが多い。
日本の RPG は最初から最後まで親切丁寧で、誰でもプレイ出来るけど、ずっと一本道で自由度はないものが一般的。
こういうのは何もゲームに限った話ではありません。

私はどちらかというと誰でも理解できるよう親切に作っている方が良いと思うから、日本の風潮を支持したいのですが、ただそれを悪い方に突き詰めていくと情弱商売になってしまう。
解りにくいものを解りやすく解説するのではなく、解りやすい使い方しか出来ない方に誘導されてしまう・・・

とは言え、「誰でも使えるシステムを作ると程度の低いクレームが来る」という残念な製品開発の常識もあって、解りやすくて万能なシステムはサポートが大変なことになるという・・・

ともあれ、今回のような騒動がたまにあった方が、こういうのを知るきっかけになるから良いのかな。
私も今回の件で Google Chrome 使ってみて、「思ったより違和感なくて軽いじゃん」と思うようになったし。

Windows XP の終了と中小企業

なにやら日々ノホホンとゲームをしている私らしくない、まるで売れないビジネス週刊誌の見出しのような記事ですが・・・
いよいよ4月9日、世界中でまだバリバリ現役の Windows XP のサポートが終了します

これに伴い、マイクロソフトが XP 起動時に「XP 終了のお知らせ」というお節介ウィンドウを表示するようにしたり、各企業が対応に追われていたり、そうかと思えば駆け込み需要で XP のシェアが伸びてたり、世界標準の OS の終了に向けた色々な動きが見られるようですね。

で、巷では Windows XP から最新 OS への移行が促されていて、実際に今後 XP はセキュリティの面で危険なものになっていくと思われますが・・・
ぶっちゃけ、そんなこと言ったって中小企業が OS を乗り換えることなんて出来ません

もちろん大企業も大量の PC を保有しているから、その OS を全部入れ替えたら大変な事になる訳ですが、「中小企業なら PC なんて少ししか持ってないから OS の入れ替えなんて簡単だろ」とか思うのは甘い。

なぜなら日本の企業のデータベースやら受注システムやらは OS とパソコンをセットにして開発・運用されている場合が多く、しかもそれが数千万、特には億単位の費用で作られている場合が多いからです。
だから小さな卸売店とかは取引先のシステムに合わせた OS やパソコンを使う必要があり、ヘタに変えることは出来ない

そのため Windows 95 とかも現場では普通に現役で、私から見ると処理が遅くて使ってられないようなパソコンも、ヘタにイジってはいけません。

そもそもこう言っては何だけど、中小企業や個人商店の経営者にはパソコンのパの字も知らない人が多いのです。
そういう人にシステム開発業者は OS・パソコン・回線などをセットで運用するシステムを勧めてくる
ちょっとパソコンに詳しい人なら「その OS もう古いけど乗り換えは可能?」「そのパソコンでないと動かないの? 旧式でしょそれ」なんてツッ込めると思いますが、PC に詳しくないおじちゃん方にはちょっと無理。

言われるがままにシステム開発を発注し、そこが腕の良いところならいいけど、そうでもなかったら汎用性に欠けるシステムを何千万も出して導入するハメになる訳です。
そういう例はもう、ゴマンとある。

エライ皆さんや知識人、天上界の人々は「さっさと XP やめろ」「セキュリティの危険性が云々」とか言いますが、下層の中小企業にそんなお金も知識も環境もなく、この状況で OS 乗り換えとかあり得ない。
上の会社や大手取引先が「うちは上から下まで全部面倒見てシステムを一新するぜー!」と言えば変えられる環境は整いそうですが、大企業でさえ半数は「XP を使い続ける」と回答しているようだし、まあほとんどないでしょう。

マイクロソフトは Window 8 への移行を推奨していて、Win8 無料配布の噂もあるようですが、問題は OS の価格じゃないし、評判のアレな Win8 でシステム開発って後で残念なことになりそうだし。

とは言え、セキュリティの問題は軽視しちゃいけないとも思うので、さて4月9日以降、いったいどうなってしまうのか・・・
寄生獣みたいに人知れず浸食されていくような、恐ろしいことにならなければ良いのですが。

パソコンレビューとパソコン雑誌の休刊

もう先月になりますが、ドスパラのゲーミングパソコン「GALLERIA XG-A」を試用したので、そのレビューを書きました。
CPU は「Core i7-4770」、ビデオカードが「GeForce GTX 780」という現行最高クラスのモデルです。
ベンチマーク結果なども載せているので、興味のある方は見て頂ければと思います。

実機レビュー:ドスパラ GALLERIA XG-A

ゲーミングモデルのパソコンは、今でもマウスコンピューターの G-Tune とドスパラの Galleria が2強ですね。

もちろん他にも良いパソコンはあるのですが、「ゲーミングモデル」という時点でいわゆる家電メーカー品は論外だし、ショップモデルの中から選ぶと、やはり前述の2つが実績・売上・知名度、共に強いです。
最近はデルのエイリアンウェアも伸びているようですが、これはまあ「キワモノ」ですし、HPはいまいちが元気ないし。
いずれにせよ中小のショップよりも、大手で買うのが色々な意味でオススメです。

ゲーム用途のパソコンの選び方やビデオカード評価、メーカーの一覧などは こちら のページにまとめています。

「自作が一番だ」という人もまだいるかもしれませんが、それについて最近、ちょっとショックだった出来事がありました。
毎月買っていた自作ユーザー向けのパソコン雑誌「日経WinPC」が休刊しました

パソコンのパーツ情報を知るための良い資料だったのですが・・・
これで残っている PC パーツを扱った雑誌は「DOS/V POWER REPORT」だけになってしまいましたね。
(もはや DOS/V って言葉が死語)

すでに「パソコンは自作の方が安い」なんて昔の話。
大量仕入れが出来るメーカーで、BTO(注文者がパーツを選択し、組立はメーカーが行う方式)で買った方が普通に安いし、相性などもチェックされるから中途半端な知識で自作するより安心。

今でも東京秋葉原や大阪日本橋に気軽に行ける人なら安く作れるかもしれませんが、地方在住者だと欲しいパーツをそろえる時点で高く付き、時間もかかります。
そもそもマウスコンピューターは秋葉原、パソコン工房は大阪日本橋だし。

パーツの情報もすでに雑誌に頼る時代は終わりを告げており、パソコンの関連情報はインターネットで調べた方が早い。
ぶっちゃけ 4Gamer.net を見てれば CPU やビデオカードの情報には困りませんしね。

こんなご時世じゃ、「パソコンパーツの雑誌」なんて消えていかざるを得ないですねぇ。
雑誌という形態がもう古いのかもしれませんが、とは言えウェブサイトで売上げを出すのは困難。

DOS/V POWER REPORT は紙書籍と電子書籍の二本立てでやって行くようですが・・・
ここが倒れたら全滅なので、頑張って欲しいところです。

久々の更新。パソコンの展示会とか。

久々の更新と言うか、再開一回目というか・・・
「こっちのブログも更新して!」と言ってくれる人がいたので、こちらもヒマがあったら、たまには書いていこうかなと思います。

こちらがおろそかになった理由は、iPhone アプリのレビューブログ「iPhone AC 番外レポート」の更新がメインになっているから。
そちらはほぼ毎日書いているので、流石にこちらまで手が回りません。

でも iPhone やアプリに関係ないことは、テキトーにこちらにつらつらと書いていこうかなぁと
まだ見て下さっていたエトジフさん、ありがとうございます。<(_ _)>
先日はお世話になりました。

さて最近の出来事ですが、先月(11月)の初め、久々に東京に遠征しました。
パソコンの展示会に出席し、各 PC メーカーの方から、最近の方針などをお聞きしています
その内容に関しては以下のページで簡単にまとめて公開しています。

PC ハードウェア 初心者の館 展示会・発表会でお聞きした話

ただ、今回はちょっと時期が悪かったです。
今年は第四世代 Core こと Haswell(ハスウェル)の CPU が夏前に公開されましたが、それ以後は特に大きな発表や動きはなく、ビデオカードも「RADEON R9 シリーズ」が公開されましたが、発売されて間がなかったのでフィードバックはまだ上がってきていない状態。
新型 GeForce の「GeForce GTX 780Ti」も公開されましたが、それが展示会の当日で、搭載した PC なんてまだどこも作っていない。

昨年は軽量薄型のノート PC「ウルトラブック」に注目が集まっていましたが、それも一通り出尽くして、今回はほとんど展示されていない状態でした。
NEC は 795g の超軽量ウルトラブック(LaVie G タイプZ)を公開していましたが、性能面は「それなり」という感じ。
そもそも11月は年末商戦前で、これから冬モデルを準備する段階ですしね。

そんな訳で、目立ったお話は聞けなかったのですが、個人的に注目していたのは Windows タブレット
ゲーマーである自分はゲームが出来る「ゲーミングモデル」に注目する訳ですが、昨今の PC ゲームで一番話題なのは言うまでもなく「艦これ」(艦隊コレクション)。

ブラウザゲームである「艦これ」しか話題作がないのもちょっと悲しいのですが、新シムシティも新生 FF14 も思ったほど話題になってないし、PC 版ドラクエXは延期されたので、これしかない。
って言うか、艦これが話題になり過ぎて他が霞んでますね。
ただ艦これは Flash のゲームなので一般のパソコンならほぼどんなものでも動かせます。
ハードウェア云々言うような物ではありません。

ただし、タブレットだと話は別。
タブレットで手軽に「艦これ」したいと思っている提督の皆さんは多く、そのおかげで艦これが動くタブレットとして ASUS の製品(TransBook T100)が思わぬ人気になってたりします。

という訳で、そういうタブレットの新モデルがないかと探していたのですが・・・
タブレットってノート PC 以上にノウハウと技術力がいるので、意外と相応の性能を持つ製品は見つかりません。
まあ候補が少ないから、ASUS のものが注目されたりするんだろうな・・・

ただ、そんな中で目に止まったのは富士通の新型タブレット(Arrows Tab QH シリーズ WQ1/M)。
見た目・サイズ・重さは iPad なのですが、それで Windows タブレットで、新型 Atom (Bay Trail-T)の CPU を搭載し、しかも防水。
さらに筆圧センサーを搭載し、ペンも装着されていて、手軽にメモやお絵かきができる。

arrowstabwq1

昨年「絵かきに向いたタブレットがありませんか?」という質問を受けたことがあって、以来そちらの性能にも注目していたので、色々と条件がピッタリでした。
私自身には絵心はないですが。

という訳で、すでにこのマシンを個人的に発注しています。
届いたらレビューする予定なので、興味のある方はお楽しみに。

富士通は Core i5 搭載のキーボード着脱型タブレットも公開していましたが、今は Core i5 搭載タブレットなら、マイクロソフトの Surface Pro(サーフェスプロ)の方が良いかな・・・
しかし Core 搭載となると CPU ファンが必要になるので、そこがタブレットとしてはネックになります。
タブレットでファンの音が鳴るのは、すごーく気になるんですよね・・・

お絵かきタブレットについては DELL の「Latitude 10」という機種が話題になっていましたが、「テスト機に近いものだったので、後継機を作るかどうかは未定」とのこと。
DELL の場合は本社がアメリカなので、「日本でお絵かきタブレットが注目されてました」という話が開発部にどこまで参考にされるかは微妙です。

という訳で、こちらのブログもぼちぼち更新していこうと思いますので、ヒマな方はよろしくお願いいたします。<(_ _)>

自炊な日々(電子書籍的な意味で)

いよいよ年末です。 年末と言えば大掃除です!

と言う訳で、私も貯まっている雑誌などの処分を考えていたのですが・・・ パソコン雑誌の特集記事などはホームページの更新に使うことがあるので、安易に捨ててしまうと後で困ることがあります。
が、普段は見ないのでそのままにしているとどんどん邪魔なことに・・・

zisui3

と言う訳で、以前から欲しいと思っていたのが自炊用のスキャナー
知らない方のために説明しますと、ここでいう「自炊」というのは食事を作る事じゃなくて、本をスキャナーを使ってデータ化する作業のことです。
なぜそれを「自炊」と言うのかは私も知りませんが。

昨年 iPad を買って以来、電子書籍の便利さと手軽さを体験し、出来れば書籍はデータ化してしまいたいと常々思っていました。
もちろん一番良いのは出版社が紙の書籍と平行して電子書籍を発売してくれる事なのですが、日本の出版業界は印刷会社や書店などとの結びつきが強く、電子書籍化に反対している作家もいるので電子書籍にはとにかく消極的。
それでも電子書籍を普及させる取り組みは行われていましたが、各出版グループが派閥を作り、派閥ごとに都合の良いローカルなファイル形式を作ろうとして分裂する有様で、「電子書籍元年」などと煽っているのはメディアやマスコミだけで、実態はまるで進んでいません
角川グループなど目に見える活動を行っている出版社もありますが、実際にはほとんど進歩のないまま 2011 年の末まで来てしまいました。
先日 Amazon が日本の出版各社に対し非常に高圧的な条件で電子書籍化を迫る事件がありましたが、アレぐらいのヘビーパンチを食らわさないと日本の電子書籍事業が進むとはとても思えないので、私的には「Amazon グッジョブ」と思っています。

・・・と、前置きが長くなりましたが、要するに「本を電子書籍にしたいけど電子書籍の販売が進むのは期待できないので、自炊するしかない」と決意した訳です。
それにいま自宅にある本を電子書籍にするには、どっちみちスキャナーが必要ですしね。

と言う訳で買ったのが・・・ コレ!!

zisui1

本を容赦なくバラバラにする恐るべき裁断機「Carl DC-210N」、バラバラになった書籍を次々と電子書籍化する全国の書店の天敵「ScanSnap S1500」、週刊誌などのホッチキス止めのホッチキスを手軽に取り除ける「はりトル PRO」。
全部 Amazon で購入、約 43,000 円ぐらい。 思いきって購入しました。

これらを選んだ理由は、自炊解説ブログ「おまえは今までスキャンした本の冊数をおぼえているのか?」の以下のページの説明を見て。

本の電子化(自炊)ならこの記事だけみればOK!なまとめ

自炊に関する知識は全くなかったので、上記ページでオススメされてるものをそのまんま購入しました。
自炊の方法は簡単に言うと、本の表紙と裏表紙をビリっと破り取って、裁断機やスキャナーに入る量にバリっと引きちぎって、のり付けされてる部分を裁断機がガーっとカット。
あとは 50 枚ずつぐらいに小分けしてスキャナーに放り込めば OK。
1冊分のスキャンが終わったら出力された PDF ファイルを付属されている Acrobat Reader で1つに結合すれば完了です。

まあ詳しくは前述のページで解説されています。 本をバラさないとこのマシンでは電子書籍化できませんので、作業が終わったらもれなく本は廃品回収行きです。 念のため。

自炊

ScanSnapS1500

何度か「上下が逆さまになってる!」「ページの順番が逆!」というお約束をやりましたが、解ってしまえばサクサクと作業は進みます。

まあ雑誌の場合、広告ページや興味のない特集なんかが多いので、そう言うのは取り除いてスキャンしていたため、その選別やら思わず読みふけったりやらで、結果的には相応の時間がかかっていますが。

zisui6

PDF ファイルにしてしまえば、あとは iPad などのタブレットを持っていれば紙書籍よりも手軽に読むことが出来ますね。
ただ、上記の Win PC という A4 サイズのカラー雑誌 150 ページほどで、ファイルサイズは 150 MB 前後。
10 冊入れると 1.5 GB。 iPad の 64 GB でも入れられるのは 400 冊ほどで・・・ 多いように見えて、どんどん入れてると意外と早く飽和するかも。
私の場合、iPad にはゲームアプリとかも満載されてるので、電子書籍用のタブレットが別に欲しくなりますね。

「電子書籍化しても、そんなに読むことあるの?」と言われそうですが、なんと言っても心置きなく本をポイっと捨てられるのがいいです。
また本を買う時に「邪魔になるからなぁ・・・」とか思わなくて良くなります。 作業の手間はかかるけど。

電子書籍化したファイルはアレとかでネット上に無差別に配布され、アレな事になって著作権的にアレになったりするのでグレーゾーンな行為だと言われていて、出版社業界はこうした自炊を代行する「自炊業者」にかなり圧力をかけているようですが・・・
私的には「お前らがチンタラしてるからこうなったんだろ」と言いたくなります。

ともかく、自分で買った本は個人で使用する範囲である限りどうしようと問題ないはずなので、私みたいに本が捨てられない方には自炊オススメです。
Amazon とかが新書や雑誌の電子書籍販売を本格的にやってくれれば、こんな作業も必要なくなりますけどね・・・

zisui7
記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ