魔法のカムラック

『咬んで楽々!カムラック』を考案しました。 西春歯科にて、 咬み合わせと全身の関係を研究し続けてこの道、35年。 楽しく歯医者をやってます♪ http://www.nishiharudc.com/

頭痛と顎関節症

顎関節症と 全身症状と カムラック


   What is TMJ? Explained by Dr. Curtis Westersund
    http://youtu.be/xLaN3bFoL9I

  骨を支える筋肉はすべてつながりあっています
  
   顎関節は頭と体をつないでいて、

   直立する人類にとって最も重要な関節です。


   カムラックは、この顎関節のずれを治すための道具なのです


        顎につながる首の筋肉   

        アゴヤセ 

  
        頭蓋骨につながる鎖骨・肩甲骨・脊柱
      姿勢6

  
     頭蓋骨につながる鎖骨・肩甲骨・脊柱 
     
     姿勢7     
     脊柱起立筋と腹直筋のバランスが崩れると歩行困難
  
        歯のかみ合わせが体を支えている



            姿勢1     姿勢   


       顎関節症の人では、下あごが前後、左右にずれています。

           このため、つながりあった筋肉はどこかでねじられています。

           圧迫された、血管、神経、内臓などが機能障害をおこし、
 
            全身的なさまざまな症状につながります。
  
                    首、肩の凝り、偏頭痛などは、初期症状といってよいでしょう。
カムラック
      未病のうちに、改善しましょう。


カムラック
 をお勧めします       
                               

源流治療  その1 脳血流低下

       

  源流治療       血圧のセンサーは首にある   

                        血圧のセンサー

    動脈圧受容体      (頚動脈洞)

    頸動脈内にある圧受容体は、                                     

   血圧が上がりすぎた時に

 
   心臓の活動を抑えて血圧を下げるように、               

  
    血圧が下がりすぎた時に

   心臓を活性化させて血圧をあげるように仕向ける働きをします。

   

   例えば 寝ている状態から立ち上がった直後、

   心臓の位置より頭部は上に持ち上がるので脳血圧はさがります。

   この血圧の低下をすぐに検知して心臓を活性化し血圧を上昇させないと、

   脳貧血により倒れてしまします。


   この調節装置は、周りを筋肉で囲まれている首の血管にあるので

   起き上った時に貧血を起こす起立性低血圧と呼ばれる人は

   首の痛みや、こわばりが必ずあります。

   脳の血流が慢性的に低下すると、脳酸素不足で、

   昼間も眠く、頭痛や、記憶障害、不安からうつ病になります。

    首の歪みによる脳血流低下で 

           うつ病、パーキンソン、アルツハイマーへ

     

    不登校児、うつ病、認知症の方は、

    脳の血の巡りが低下していることが、解明されています。

    首が歪んでいたら脳へ行く血流量は低下します。

             https://www.youtube.com/watch?v=5_kaMpPB0Is&feature=player_embedded

              よい入れ歯は認知症を改善します…動画でご覧ください


    カムラックは、首のコリ肩のコリを取って

    短時間で脳に血液を送り、

    首にある圧受容体に正常な信号を伝えることができます。

    誰でも・いつでも・どこでも使えるカムラックで、

    一刻も早く病気の源流に気づいてください。.


  源流治療  元気になられた患者さんから、いただいた言葉です。
          情報過多、マスコミの誘導、製薬会社の利益などでほんろうされる人々。
          病気の根本原因は、血流の低下です。源流は毛細血管。末端の血流です。

  
  レオナルド・ダビンチの言葉に

      『血液の流れは、川の流れと同じ、下流が濁ると上流も濁る』 という一節があります。 

    自然を自分の目で観察し、未来の礎となった人の言葉です。

 

脳の血流障害

不登校児は脳の血流障害という研究がある  

不登校・ひきこもりの7割に脳血流低下が認められたというデータがあります。

脳血流の低下が認められると慢性疲労症候群という診断名がつきます


 カムラッククリアー0486db40.JPGい

頸椎  コピー (5) 〜 img029  img062
椎骨動脈      口の開閉の中心は     顎ねねじれ→首のねじれ
          首の第1・第2関節      →後頭骨のねじれ→
img047img045img048

頚動脈の圧迫都狭窄    椎骨動脈の圧迫都狭窄  脳低動脈の狭窄 

バイオフィードバックにより
 →心臓は高血圧にして
   脳血流を低下させないようにがんばる。 
 
   血圧のセンサー(頚静脈洞)は首にあり、
   副神経(第11脳神経)がコントロールしている。
  


  ● 椎骨・脳底動脈循環不全症                

 首の後ろから脳に入る(左右)のが椎骨動脈で

 脳の下部で1本になり、脳底動脈となります。


 この2つを合わせて、「椎骨脳底動脈」といいます。

 椎骨脳底動脈は

 脳や平衡感覚に関係する部位へ血液を提供する血管です。

 これらが、何らかの理由で血流障害をおこすと、

 脳に十分な血液がいかず、めまいが起こります。


 頭や首を回旋・伸展・屈曲などの動作によりめまいが起こりますが、

 安静状態でも起こる事があります。


 回転性めまいが多いですが、

 ふらふらとしためまいや、


 一瞬フラーっと目の前が暗くなるめまいが起こることもあります。

  また、頭痛・気が遠くなる・脱力感・しゃべりにくい・物が二重に見える


  などの症状も人によっては起こります。

  耳鳴り・難聴などは起こりません。


  めまい
はすぐおさまりますが、何度も繰り返す傾向があります。 


  
  ● 椎骨動脈の圧迫

  椎骨動脈は頚椎の横突孔を通っていますが(骨の中)、

  かみ合わせや顎のずれによって頚椎が慢性的にねじれたりすると    
                                                                                 椎骨動脈が圧迫され、血液の流れが悪くなります。


   
【カムラック】で首肩こり特に【ボンのクボのコリ】をとると、

    脳と全身の血流がよくなります。


    首筋、指先が温かくなったら、顎関節症を治して、

    咬みあわせを治療することが
回復への近道です。


 
  ● 脳血流低下が発生する部位と症状


  アルツハイマー病では頭の後方に当たる頭頂葉から後頭葉に、


  血管性痴呆では頭の前方に当たる前頭葉に


  てんかんの患者さんでは、側頭葉にしばしば観察されます。



  




  

抗うつ薬の長期使用に注意!

 
  向精神薬・心療内科・うつ病・自殺願望

    薬物

  薬物グラフ

      20102月の週刊誌から 




ようやく日本でも取り上げられるようになりました


薬物の長期使用による副作用に御注意ください。


依存症、攻撃性、厳格、自殺願望、
繊維筋痛症


パーキンソン病など(
37年連用の人に、よく見られる)


薬物を使わないで改善できる方法はあるのでしょうか?


 ・・・あります。魔法のカムラックをお試しください



2009.3.7 産経新聞


 鬱病(うつびょう)治療のため、「パキシル」といった

抗鬱薬を服用した患者の中に、服用後に暴力をふるうなど

人を傷つける恐れのある他害行為の症状が表れたという報告が

平成16〜20年にかけて計42件、厚生労働省に

寄せられていたことが6日、わかった。

殺人事件を起こしたケースもあり、投与にかかわった

医師らからは薬の副作用の可能性を指摘する声が出ている。

厚労省は近く、専門家から意見を求めるなど

因果関係の調査に乗り出す。


Dr.Kazuko

Dr. Kazuko

西春歯科・咬合医学研究所代表 平岩和子です

http://www.nishiharudc.com/

『咬んで楽々!カムラック』を考案しました。

『歯とからだの不思議な関係』をご覧ください

ここの道35年 楽しく歯医者をしてます♪

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
タグクラウド
  • ライブドアブログ