R5沿いの奇岩(鳥居がある)今日もHさん夫妻を乗せてプチ旅行に出発です☆
R5をまずは余市方面へ走りつつ、小樽に産まれ育って70余年のHさんのガイドに耳を傾けつつ(笑)
このあたりはHさんの庭のようなものです。

写真はR5沿いの奇岩。てっぺんに鳥居があります。
こういう岩がたくさん点在しています。


神威岬への道(1)余市〜出足平峠〜古平〜積丹からR229ときて極地的な土砂降りを通過、2年ぶりに神威岬に来ました〜。
Hさん夫妻は岬まで歩くのは遠慮するということで(笑;)、マリリンとお留守番してもらってワタシだけいざ出発。
あの土砂降りはなんだったんだというくらいの快晴。
日陰もなく、もちろん暑いです…。


神威岬への道(全体像)これを歩いて行きますよ。
大昔は『女人禁制』だったそうです。それくらい、キツい道のりだったってことなんでしょう。
これでも歩きやすく整備してくれたってことなんでしょう。
だいたい往復で40分くらいです。


念仏トンネルの由来こちらは読みづらいけど『念仏トンネルの由来』。
ほんまかいな〜。


神威岬(岩肌)神威岬にはこんな風景もあるんです。
ごく一部ですが(爆)


神威岬の蒼い海この蒼色は別に画像処理してる訳じゃないんですよ!
まぁ、携帯カメラなんで、日差しの明るさで手前の草の色が飛んじゃってますけど(笑)


神威岬の先端(座標?)はーい、岬の先端に到着ぅ〜 。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・
一昨年はマリリンもここまで歩いて来たんですよ。
たぶん、ツライ思い出ベスト3に入ってると思うけど…(^x^;)

ちなみにHさんは昔、この辺りの海で釣りをしていたそうです。


神威岬への道(帰り道)またこの道を戻りま〜す…
もう汗だくで〜〜〜す…orz


神恵内『プチ・ダイヴ』ワタシがえっちら歩いている間に、Hさんがバスガイドさんや郵便物の集配の方とかに聞き込みしてくださって(笑)、生うに丼を目指して神恵内の『プチ・ダイヴ』というお店へ。
ここは、現在は台風の被害により営業中止している道の駅『オスコイ!かもえない』の隣でも営業していたお店だそうです。
(ちなみに道の駅はまだ工事中でした)


うに丼女将さん?のお父様が漁師さんなので、その日に取れなかったら出ないと言う正真正銘の『生うに丼』(¥2,000)!
ワタシ、一般的にはウニを消毒してるって知らなかったよ…(爆)
新鮮な非消毒のウニしか『海水うに』とか『生うに』って言っちゃダメなのね。
だからこその、このツブツブなのね!うま〜〜〜〜〜(≧艸≦)

あと、お味噌汁に入ってる岩のりも美味しかった〜。
Hさんが食べてたラーメンのスープを一口いただいたのですが、これがまたすっごい美味しかった!
お持ち帰りしたいくらいだった…(爆)

R229美味しいご飯に大満足し、お腹いっぱいの幸せ状態でR229を快適ドライブ。
この辺りもトンネルだらけで景観が楽しめないのが寂しいところですが、新しく橋が架かってる場所もあります。
海が綺麗〜〜〜! 。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・



盃〜泊と走り、道の駅『いわない』でHさん夫妻とはお別れです。
ここからバスで小樽に帰られます。
ウチのクルマに誰かを乗せるってあんまりないので、何だか寂しくなっちゃいます…。

Hさんには2泊もお世話になったのに、たくさんお土産をいただいたりご馳走になったり、お風呂もお洗濯もさせていただきおんぶに抱っこでした…(>_<)
たいへんお世話になりました!ありがとうございました(-人-)
来年は、ニセコで山菜採りに行きましょう〜〜〜 。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

道道?のすすきいつもに戻ってマリリンと二人旅。
道の駅『シェルプラザ・港』をスルーして道道?町道?を左折、蘭越方面へ。
途中の山と言うか高原と言うか、ほとんど車が通りません(^x^;)


道の駅『らんこし・ふるさとの丘』R5にぶつかったら右折、道の駅『らんこし・ふるさとの丘』に到着。
ここには何度も来てますけど(笑)

裏手に広場(パークゴルフ場)があります。


道の駅『くろまつない』そのままR5を南下すれば道の駅『くろまつない』。
ここも何度も来てますけど(笑)

ここにも裏手にパークゴルフ場があります。
個人的にはチーズアイスクリームがオススメです。


島牧あたりの海岸黒松内町の『ぶなの森』で入浴しようかなと思ったけど、どうせなら新しい場所を開拓しようと足を延ばす。

道道?町道?で寿都を横切る感じでふたたび日本海側R229に出ます。
道の駅『よってけ!島牧』を一旦スルーして、そこから約10km先にある『モッタ海岸温泉』へ。


モッタ海岸温泉『モッタ海岸温泉』は旅館です。
想像してたよりも、ずっとひっそりとしてたのでうっかりスルーするとこでした(爆)
ちょっと奥まった高台にありますが、ちゃんと道沿いに看板があります。


モッタ海岸温泉(内部)こちらが日帰り入浴の施設内部。
シャワー2口しかなくてちょっと狭くて浴槽も小さいけど、貸し切りだ〜〜〜!!!


モッタ海岸温泉からの眺め(夕陽)露天風呂からは、ちょうど時間的に夕陽が見れました。
綺麗じゃ〜〜〜 。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

露天風呂のお湯は熱いけど、内風呂はぬる湯でした。
硫黄の匂いがして、ちょっと塩っぱくて、なのに甘みがある不思議な温泉でした。




SOTO Home Page

↓クリックお願いします♪
人気ブログランキング