冬の木々昨夜は生温い風が吹いていましたが、未明から雨に。
お昼には上がったので、マリリンと公園をお散歩。昨夜とは一変、風は冷たいし寒い!
曇天を背に、木々も寒そうです。


木の実(種)何の木かは分りませんが、実(種)がたーっくさん成ってました。


赤穂城址地図相生からR250で約10km、赤穂へ。
一昨年も『赤穂義士祭』を見に来たのですが(2006年12月14日の日記参照)その時は歩きだったのでどこに停めるかうろ覚え…。城址公園の周囲で迷う。
『大石神社駐車場→』の案内板に沿って発見、ようやく停めたはいいものの、まったく明後日の方向に向かって歩いてた(爆) お散歩中のおじいさんに教えてもらった…。


大石神社寒さに凍えつつ『赤穂大石神社』(Wikipediaの解説)へお参り。
また水屋神社の宮司さんから大石神社の宮司さんへお塩を預かっていたのです。
こういうのって緊張するわ…。
お二人も奇妙なご縁で知り合ったらしいです。偶然、赤穂の飲み屋さんで(笑)

大石神社の宮司さんは熊本に縁があるらしく、なんと菊池神社の宮司さんともお知り合いらしい!!!
ぎゃー、ワタシ菊池神社への苦言をグログに書いた気がするわー(爆)

意外と世の中って狭いのか。それとも、呼ばれているのか…。


この時期になると思い出される『忠臣蔵』(Wikipediaの解説)。
ワタシ的には「どっちもどっち」的な気がしないでもないんですが(コラー/爆)、主君の仇討ちという大願を果たした祭神・大石内蔵助に大願成就を祈願して参りました。
でも祈願するだけじゃダメなのよね。信念がないとね。あと、努力もしないとね。


蛇足ですが、織田信長の小性として有名な森蘭丸の子孫(と呼んでいいのか?)が、浅野家の後に赤穂藩主になってたなんて、初めて知りました…。

志ほ万*番外編*
浅野内匠頭ゆかりの塩味饅頭『志ほ万』。
外側が落雁(らくがん)っぽかったので個人的に甘すぎるのは苦手だなと思ったんですが、赤穂の塩が効いてるからか、しつこくなかったです。
こし餡もさっぱりして、お茶請けに最適。




SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

↓クリックお願いします♪
人気ブログランキング