川湯温泉郷MAP 川湯エコミュージアム

さぁっ! いきなりですが、ワタシの大好きな川湯温泉郷にやって参りました!(≧∇≦)b
まずは久しぶり〜の訪問になる『川湯エコミュージアムセンター』を覗いてみました。ビジターセンターみたいなもので、入館無料です。

川湯エコミュージアム(2) 川湯エコミュージアム(5)

館内は相変わらず綺麗! 整然と展示物が並べられています。
右の写真は、暖炉のある休憩所。こんなお部屋に住んでみた〜い(笑)
子ども向けの自然に関する本や図鑑もたくさんあり、自由に読むことができるようです。
またお茶やコーヒーもセルフサービスで置いてありました(¥100)。

川湯エコミュージアム(7) 川湯エコミュージアム(3)

こちらの顕微鏡も自由に使えるみたいです。まさに夏休みの自由研究にうってつけ!って、北海道の夏休みはとっくに終わりましたが…。本州の夏休みも終わりましたが…。
ちなみにワタシは夏休みの宿題は7月までは真面目にやってましたが、あとは8月31日と9月1日に一気にやっつけるタイプでした(^_^ゞ

川湯エコミュージアム(6) 川湯エコミュージアム(4)

川湯温泉がある弟子屈一帯(屈斜路湖、摩周湖、硫黄山を含む)に関する情報満載です。
ロフト風の2階ギャラリーでは写真展もやってました。

今年、フクロウ小物を作っていたのでアカエゾマツの実(松ぼっくり)や小枝などを利用したクラフト体験が気になりました(笑)
松ぼっくりだけ売ってくれないかなぁ〜とか(笑)

川湯の森(1)受付の方が、すぐ裏手の森にいっぱい落ちてますよ〜と教えてくれたので、マリリンとお散歩がてら見に行くことに。
(犬も入っていいと許可をいただきました)
しかしココ、鹿がいっぱいいるんです。昼間はいいけど、夕方からゾロゾロ出てきます。


川湯の森(2) 川湯の森(3)

元気にさくさく歩くマリリンさん。
ゴゼンタチバナは、赤い実を付けています。

川湯の森(4) 川湯の森(5)

赤エゾマツの森! 昼間はいいけど、夜は真っ暗でマジで怖いです(^_^;
地面にはフワフワ・フカフカの苔の絨毯。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・
杉苔の上にはミズナラのどんぐりころりん。

川湯のクワガタちっちゃなクワガタもいましたよ〜。
川湯温泉街では、夏場の蛾の大発生を防ぐために街灯を一新したらしいのですが、それがアダとなってクワガタなどの昆虫採集が難しくなったらしいです。
あちらを立てればこちらが立たないのは自然の摂理か…!?



川湯温泉については、もう言わずもがなだとは思いますが…(^_^ゞ
2007年08月12日の日記2008年7月26日の日記もご参照いただけると嬉しいです♪


鮭のオブジェ*番外編1*
中標津から虹別に向かう途中の道道13号沿い、牧草地の隅っこに何故かいきなり鮭のオブジェ。
何のために? ビックリするっしょ。


夏の夕陽*番外編2*
こちらは道の駅『摩周温泉』近くの橋の欄干。
隣接する水郷公園でのP泊は禁止になったようです。
道の駅のトイレは狭くて暗くて利用しづらかったのですが、お向かいの廃業した『ヨーロッパ民芸館』跡地に来夏、道の駅の建物ができるみたいですよ!
敷地が広いから駐車場も広くなるだろうし、足湯も復活するかもです(^_^)




SOTO Home Page

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪