キャンピングカー放浪旅生活+SOTO+

[SOTO(そと)]とは、Small Office, Transfer Office という、わたしが勝手に考えた造語です。年間約8ヶ月を愛犬マリリンと共に旅し、冬の間は熊本の山小屋で田舎暮らししています。職業はグラフィック&ウェブデザイン、イラストレーター、ライターなど。趣味は写真と木の実装飾工芸、カラオケなど。

滋賀

カテゴリ『滋賀』の目次

2005~2006年のブログはケータイから更新することが多く、テキストも写真も少ないです。
(県を跨がっている記事は、カテゴリも重複しています)


2005年05月23日『道の駅[草津]

2005年05月24日『道の駅[びわ湖大橋米プラザ]

2005年05月24日『道の駅[しんあさひ風車村]

2005年05月24日『道の駅[湖北みずとりステーション]

2005年10月14日『西宮の友達に会いに行く
 道の駅『菰野』『関宿』『あいの土山』~西宮神社など

2006年04月17日『大阪~滋賀 桜まだまだ
 道の駅『針T.R.S』『あいとうマーガレットステーション』など

2006年11月30日『京都を通過~
 道の駅『ガレリアかめおか』~『やまとの湯』大津店

2006年12月01日『77777
 Rocky21、77777km到達(笑) 道の駅『びわ湖大橋米プラザ』~朽木『くつき温泉てんくう』など

2006年12月02日『朽木キャンプ(土)
 お蕎麦屋さん『山水』など

2006年12月03日『朽木キャンプ(日)
 お蕎麦屋さん『永昌庵』~小浜漁港の郷土料理屋『濱の四季』

2007年10月29日『竜王かがみの里
 道の駅『竜王かがみの里』の周辺・義経ゆかりの史跡~鏡池~鏡神社など

2007年10月30日『琵琶湖付近の道の駅情報(1)
 道の駅『びわ湖大橋米プラザ』『アグリの郷栗東』『湖北みずどりステーション』など

2007年11月01日『琵琶湖付近の道の駅情報(2)
 道の駅『マキノ追坂峠』『若狭熊川宿』『くつき新本陣』『しんあさひ風車村』『藤樹の里あどかわ』など

2007年11月02日『烏丸半島を散策

2007年11月03日『豊公園と長浜城

2007年11月04日『伊吹~大垣~海津~愛西
 道の駅『近江母の郷』『伊吹の里』~泉神社の湧水~道の駅『クレール平田』『月見の里南濃』

2009年06月25日『泉神社の湧水

2009年06月25日『ジョイいぶき(伊吹薬草の里文化センター)』道の駅『伊吹の里』から約4km

2009年06月27日『奥びわスポーツの森』道の駅『湖北みずどりステーション』から長浜方面に約4~5km

2010年07月12日『滋賀県高島の神社巡り
 白髭神社~波爾布(はにふ)神社~若宮八幡社~大國主神社など

2010年07月14日『朽木探訪
 大宮神社~市場区(城下町)~漆器『朽木盆』など

2010年07月15日『マキノ高原~湖西を散策
 マキノ高原~古道具『海津』~畑の棚田など


新ブログの『滋賀』カテゴリはこちら

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪

マキノ高原〜湖西を散策

マキノ高原(さらさ)今日もまこりんさんの案内でマキノ高原へ☆
道の駅『マキノ追坂峠』から約3kmくらい。メタセコイア並木が有名で、さながら『冬のソナタ』らしいのですが、冬ソナを見た事がないので判りません(爆)
写真は『マキノ高原温泉さらさ』です。


マキノ高原(案内板) マキノ高原

親水公園にキャンプ場、グランドゴルフなどレジャーも充実。夏はトレッキング、冬はスキー場もあります。
詳しくは『マキノ高原』公式サイトをご覧ください(笑)

ピックランドのジェラート ピックランド

マキノ農業公園ピックランド』で手作りジェラートに舌鼓(^m^)
2種類の味を堪能したかったのでダブルにしたのですが、すごいボリューム満点でハーフでも充分です。欲を言えばワッフルコーンだったら最高!
ピックランドで収穫したサクランボや栗、お茶、柚子などを利用していますので季節限定になります。

海津(1) 海津(2)

帰りには古道具『海津』さんに立ち寄り、コーヒーをいただきながらの談笑。
古道具屋さんなのに豆を挽いて煎れるという贅沢なコーヒーを味わえます!
こういう雰囲気は居心地よくて大好きです。
お天気が好かったら湖畔を一望できるテラスでいただきたかった。

海津(3)お2階にもところ狭しとたくさんの古道具・骨董品がずらり。
おとーさんも好きそうなものがいっぱいあるなぁ(笑)


海津(6) 海津(5)

火鉢とか井戸の滑車とか欲しいんじゃないかな〜?と電話で聞いてみたところ、「それはもうあるから、真ちゅうでできた自在鍵が欲しい」とのこと(´Д`lll)
ウチにも1つあるんですが、もう1つ土間に欲しいらしいです。(こちらの記事に写真が載ってます)

海津(4) 海津(7)

左の写真の左端に写っている、椅子にかかった古いランドセル? 小さくて可愛いのに丈夫そうで思わず「マリリン背負えないかな?」と思った(笑)
薬箱とか木棚とか、味わい深くていいですね。

畑の棚田夕方からは、またTさんが来てくださって『畑の棚田』に連れて行ってくれたのですが…生憎の豪雨Σ(´Д`lll)
二人とも傘を持って来なかったので、車の中から撮った写真がコチラ。
雰囲気が伝わるでしょうか…。

『男達の大和』のロケ地でもあります(たぶん「生き残ってすみません」っていうシーンだと思う)。
棚田オーナー制度もけっこう人気だそうです。
また秋〜冬あたりに写真が撮れたら載せますね!




SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪

朽木探訪

大宮神社(2) 大宮神社(1)

本日もまたまこりんさんと定住相談員のTさんの案内で朽木へ行ってきました☆
朽木へは何度か足を運んでいるのですが、まだまだ知らないことがいっぱいです。

まずは神社好き〜のワタシのためにと(笑)『大宮神社』(なのに何故、社号標は『日吉神社』…!?)へ。
山深い(『山神神社』を3つも通ったくらい)ブナ原生林が広がる針畑集落の中にあります。

大宮神社(3) 大宮神社(4)

苔好きーのワタシにはたまらん風景ですよ!!!
小雨で濡れそぼった苔の瑞々しさ、この翠の輝きといったらありません。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

大宮神社(5) 大宮神社(6)

杉林も石段も、苔の絨毯でフカフカです。うつくしすぎる。

大宮神社(8) 大宮神社(7)

創祀年代は不詳ですが、社殿は、元禄十二年、正徳・延享・宝暦年間に大修理された記録があるらしいです。
たぶん近年でも修復をしているようで、社殿が変わった形をしています。
また境内には砂利ではなく手のひらサイズくらいの石がゴロゴロと敷き詰められていたり。
冬にはかなりの積雪があるだろうから、そのために保護する目的もあるのかも知れません。

この大宮神社には、廃仏毀釈の難を逃れた『大般若経』も遺されていたそうです。
(現在は『朽木資料館』に保管されているようです)

まこりんさんのお友達のitiさんのブログに神事の様子が書かれていますので、そちらも是非ご覧ください。

合歓の花今の時期は、あちこちで合歓の花が満開ですね。


朽木の案内板(1) 朽木の案内板(2)

もう夕方になってしまいましたが、朽木・市場区を散策〜。
旧若狭国小浜と京を短絡する『鯖街道』が縦断しており、かつての宿場町の趣を遺しています。

朽木の案内板(3)熊本もそうですが、城下町と言えば『鍵曲がり』になっています。

朽木氏は小大名としては珍しく、明治まで残りました。
1570年、織田信長が朝倉攻めの際に浅井長政が裏切り、信長は浅井の領地である湖東を避けて朽木村経由で帰郷しようとしました。このとき朽木元綱は信長を助け、後に家臣に取り立てられることとなり、それが後々まで幸いしたのかも知れませんね。


丸八百貨店旧丸八百貨店には無料休憩所のほか特産品の販売や喫茶コーナーがあり、地元の方の手作り栃餅ぜんざいがオススメだったらしいのですが…残念ながら既に閉店してました(T_T)
鯖街道の資料展示や、3階は和室や展示用ギャラリーなどが設置されています。



旧商家・熊瀬家旧商家・熊瀬家。しかし綺麗に塗り替えられているように見える…。


石田氏蔵(1) 石田氏蔵(4)

Tさんの紹介のお陰で、石田氏の秘蔵品を見させていただくことができました。
朽木が誇る漆器『朽木盆』の数々。これほど集めるのには苦労も多かったと思われます。

朽木は『朽木の杣』と呼ばれ、京への木材の供給地でもありました。
木地山地区(麻生)に移り住んだ木地師たちにより産出された朽木盆は、江戸時代、大名から庶民まで愛用し非常に人気があり、松尾芭蕉も『盃の 下ゆく菊や 朽木盆』と詠んだ銘器。
『十六弁菊』をあしらうことを赦された唯一の“ブランド”。
…って、ワタシにその価値が判るかと言われると心もとない(^x^ゞ

石田氏蔵(2) 石田氏蔵(5)

朽木盆の卓越した技術の高さ、制作過程の繊細さなどを丁寧に教えていただきました。
盆の美しさもさることながら、この文化遺産を受け継ぐことも大切なのですね。
朽木盆のことは地元の方でもあまり知らなかったりするそうで、そのせいでほとんどの盆が流出し高値で取引されてしまっていることに石田氏は心を痛めています。
大切に使われている盆は幸せですが、ただお金のために右から左へ遣られていくのは寂しいですね。

石田氏蔵(3) 石田氏蔵(6)

資料室には、他にも面白い骨董品がずらり。
中には、琵琶湖のマス(巨大!)の魚拓まで(笑)

石田氏蔵(8) 石田氏蔵(7)

ファン垂涎!? 坂本龍馬も愛用したものと同じ型の拳銃。
意外にも触らせてくれました。


朽木についてもっと詳しく知りたい方は、朽木村史広報紙『くつきの歴史』のサイトをご覧ください。

※今日の写真はすべてFinePix S9000でお送りしました。


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪

滋賀県高島の神社巡り

白髭神社(11)3月に菊池に来てくださったまこりんさん宅にお世話になっております(^_^ゞ
軽バンで『白髭神社』に連れて行っていただきました!
以前ここを通ったとき、お参りしたかったんだけど通り過ぎちゃった(爆)
駐車場もちょっと狭かったので、そのままスルーしてしまったのです。


白鬚神社(1) 白鬚神社(2)

写真左の湖面に浮かぶ鳥居で知ったんですよね。
西近江七福神めぐり』の中の1社でもあります。(『白髭神社』は寿老神を祀っています)

白髭神社(4) 白髭神社(3)

由緒書きと、謡曲『白髭』について。

白髭神社(5) 白髭神社(7)

鳥居をくぐり、拝殿の裏手にある石段を登って『上の宮』へ。
伊勢両宮(天照皇大神宮・豊受大神宮)・八幡三社(加茂・八幡・高良)・天満神社・波除稲荷社・岩戸社と、寿老人社・弁財天社の10柱のお社があります。
(神様は1人2人ではなく、1柱2柱となります)

白髭神社(6)木の根元から竹がにょきーんと。
静かなる攻防か、はたまた共存か?


白髭神社(8) 白髭神社(9)

更に上に登ると、石室(古墳)に社を建て天の岩戸として奉祀されている『岩戸社』(写真右)があります。
周囲は手つかずの自然そのままという雰囲気ですが綺麗に清掃されており、また苔が生き生きしていてとても居心地いいです。
眺めもいいし、森の中は涼しく深(しん)としています。

白髭神社(10)帰り際、ふと見上げた鳥居の注連縄から、なんと芽が出てる!!!
見えますかー?


波爾布神社(1) 波爾布神社(6)

続きまして、土生(はぶ)大明神・土生さんとも称される『波爾布(はにふ)神社』(Wikipediaの解説)。
周辺の道が狭く入り組んでいて、案内してもらえなかったら方向オンチのワタシは辿り着けないような奥まったところに鎮座しています。
周囲には猪除けの猪垣(ししがき)が遺っています。

波爾布神社(2) 波爾布神社(4)

本殿の左側にはご神木と思われる夫婦杉。
こちらも苔の絨毯が見事で足の踏み場に困るくらいです。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

波爾布神社(3)この日は小雨が降ったり止んだりだったのですが、ちょうど雲の切れ間から太陽が。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・


波爾布神社(5)創祀年代は不詳。社伝によると奈良時代だったようです。
空気がとても澄んでいて、ここもまた落ち着く場所です。


若宮八幡社 蝉の幼虫

お次はまこりんさんと親交のある『若宮八幡社』。
ちょうど若宮司さんがお子さんとお散歩中のところに出くわし、運良く御朱印をいただけました!
また、お参りしてたら拝殿前に蝉の幼虫がコンニチハ☆
久しぶりに見たよー! お子さんも宮司さんもビックリ(笑)

日爪古墳群案内板 日爪古墳群

『若宮八幡社』境内には、日爪古墳群もあります。
しかしネットで検索しても適切なサイトが出てこない…。残念。

大國主神社(1) 大國主神社(2)

ラストは、こちらもまこりんさんと親交のある『大國主神社』(Wikipediaの解説)。
保延4年(1139)、日吉大社から総鎮守として勧請、同荘内に鎮座する式内社 波爾布神社を『古宮』と称したことに対して『今宮』と呼ばれたそうです。
(明治維新までは『高嶋今宮』『今宮山王宮』と称した。通称『五十川神社(いかがわじんじゃ)』)

大國主神社(3)これは『神馬石』。
大正8年に北白川宮殿下よりの下賜金を元に、高さ2.5mの赤銅の神馬が建てられたのですが…太平洋戦争時の物資調達により陸軍に接収され、戦争に行ったまま帰って来ない。

境内には流鏑馬神事が行われていた馬場があり、両側は孟宗竹の竹藪でとても趣があります。
8月下旬あたりに、宮司さん手作りの灯籠でライトアップするそうですので、お近くの方は是非!

宮司さんはとてもバイタリティのある方で、また勉強熱心でもあり面白いお話がたくさん聞けました。
また時間を設けていろいろと聞きたい!


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪

奥びわスポーツの森

奥びわスポーツの森道の駅『湖北みずどりステーション』から長浜方面に約4〜5km南下すると、『奥びわスポーツの森』があります。
道の駅よりは木陰が多い分、涼しいんですが…Willcomが微妙〜〜〜。
今日は、ウィル友と電話する約束だったのに〜〜〜。
通話できないから、夕方まで延期(T_T)


奥びわスポーツの森(案内図)全体図はこんな。
湖(池?)を一周する遊歩道をマリリンとお散歩しました。


しずかの湖名前は『しずかの湖』というらしい。
月にある『静かの海』の真似?(笑)
蓮がたくさん植わっているのでこれから見頃なんじゃないでしょうか。


奥びわスポーツの森(3)今日は薄曇りで、日が射したり曇ったり…だったんですが、気温は30度を越えてるので暑い。
木陰はまだ風が通ると涼しいんだけど…。


ネジバナネジバナが咲いてました。夏だ…。
でもボケてしまってるので、この写真はクリックできません(爆)


アカシアの種アカシアがたくさんありました。
もう種になってますが、4〜5月あたりは綺麗でしょうね!


奥びわスポーツの森(2)草刈りをしてたんですが、この時季は刈っても刈ってもアハハハハ☆ですよね…。
あんまり草ボーボーなのは公園としてツライけど、こうして綿帽子がいっぱいなのは綺麗ですね。


奥びわスポーツの森(1)シロツメクサの花もいっぱい咲いてます。
草刈りは容赦なく花まで刈ってしまうので、この風景は来週には見られないかも。


ちょうちょチョウチョもせっせとお食事中。
蜜を吸いながら、花の周りをチョコチョコ歩いて一周してました。


とんぼトンボもいました。ハグロトンボで合ってるかな?
手前の羽がちょっと千切れてました。どーしたんだろ。

そう言えば山小屋の小川に放したヘビトンボのヤゴは無事に羽化したんだろうか?
もう確かめる術もありませんが(^_^ゞ




SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

↓クリックお願いします♪
人気ブログランキング

ジョイいぶき(伊吹薬草の里文化センター)

ジョイいぶき今日の入浴は『ジョイいぶき』。去年(一昨年?)道の駅で教えてもらった時は¥300だったんですが、¥400になってました。
しかもシャワー5口ととても狭くて外観とのギャップに驚いた! 備品はボディソープのみ。
でも浴槽は薬草風呂/ジェットバスなど4種類ありました。

お隣は『伊吹薬草の里文化センター』。薬草園や芝生広場などがあります。

泉神社湧水』から約2km、道の駅『伊吹の里』から約4kmです。

伊吹山観光案内板周辺の観光案内板です。





SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

↓クリックお願いします♪
人気ブログランキング

泉神社の湧水

泉神社の湧水(3)2007年11月4日のブログでも紹介しましたが、泉神社の湧水を汲みに立ち寄りました。ここに来るのは3度目かな?(MapFanWebの地図

SAで汲んだお水が予想以上に美味しくなくて(爆)、ここ2〜3日「美味しいお水が飲みたい!!!」と切望しておりました(^_^ゞ

泉神社の湧水(4)天智天皇(Wikipediaの解説)の頃に発見されたそうです。
あまりに清らかだったので、祠を建ててお祀りしたと伝えられてます。


泉神社の湧水(5)泉神社は急斜面の上に建っているのですが、今日は下からお参りさせていただきました。
お水を汲みに来る人はほとんど、ココ(↑の祠の前)でお参りしてます。
ちゃんと、お賽銭箱もココにあります(笑)


泉神社の湧水(2)水汲み場は人が絶えることがありません。
ちなみに一日の流水量は4500t! どうどうと流れてます。

あ、マリリンは入れませんよ。神社の敷地内にも入れません。


泉神社の湧水(1)周辺はとても狭いので車でお越しの際はR365から入ってください。
駐車場は普通車で3〜4台分くらいしかないので、大型車は手前〜の路肩(待避所?)に停めて、がんばって歩いてください。
個人的には、そうまでしても飲みたいお水です〜。




SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

↓クリックお願いします♪
人気ブログランキング

伊吹〜大垣〜海津〜愛西

道の駅『近江母の郷』昨日は道の駅『近江母の郷』に停泊させていただいたのですが、隣にトラックが停まってずーっとアイドリング。さすがに寝れないので午前2時に移動(爆)
で、道の駅の裏手にも駐車場があることを初めて知りました(笑)
トイレからはかなり遠くなってしまうけど、とっても静かでした♪


道の駅『伊吹の里』R8〜長浜〜県道37〜R365で、新しくできた道の駅『伊吹の里』へ。
お土産屋さん&お食事処といった感じで、道の駅というよりはドライブイン感覚。
駐車場が狭く、大型車も2台しか停められません。
足湯もありますが¥100。お隣には手作りアイス屋さんもありました。

ここから約2kmくらいR365方面に『米原市伊吹薬草の里文化センター』があり、その中の『薬草風呂』で日帰り入浴(¥300!この近郊では激安!)ができます。


泉神社の案内板道の駅から一旦R365に戻って2kmほど関ヶ原方面に行くと『泉神社』があり、そちらで『日本の名水100選』に選定された湧水を汲むことができます。
この神社の周辺は小さな集落があり、道がとても狭いので観光者は国道からしか入らないように呼びかけています。
国道からの曲がり角にラブホがあるから一瞬ビックリしますけど(笑;)


湧水汲み場駐車場もかなり狭く、普通車4〜5台が限度。
ウチはその手前の路肩にある避難帯に停めて、ペットボトルを持って歩くことほんの1分。
今日は日曜だからか、こんなひっそりした場所にも関わらずけっこう汲みに来てる人がいました。
でも、よく来る方の話だと少ない方らしい。
多い日は順番待ちで大変な混雑になるとかw


神社の鳥居水汲み場のお向かいにある泉神社。
社務所&お社(本殿)は閉まってました。
なので、みんな階段下から礼拝してました。お賽銭箱も下にあります。
湧水は無料なので、こちらにお志を。


水神さま小川の岩の上に祠が建ってます。
水神さまをお祀りしてあるんでしょうか。
お水がとっても澄んでいて綺麗です〜。



お水もいただいたところで、R365〜関ヶ原〜R21〜大垣〜R258大垣インターそばの宇佐美でセルフ給油。
そしたら、なんと中日優勝記念でレギュラー@¥135!!!(ワタシの見た限りでは、平均@¥142)
野球に感心のないワタシは中日が優勝したことすら知らなかったのに(爆)、こんな恩恵に預かれるなんて〜〜〜!!!
ありがとう中日!ありがとう岐阜!。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

道の駅『クレール平田』ホクホクっと県道30で木曽川沿いの道の駅『クレール平田』へ。
満車です。こりゃ困った。ここ、初だから写真だけでも撮りたいんだけど…と、駐車場内をぐるっと廻ったらちょうどよく車が出て行ったのでピットイ〜ン。
細長〜い敷地です。河川敷には公園もあります。
よもぎソフトクリーム(¥250)があったので久々に食べました(笑)


道の駅『月見の里南濃』木曽川沿いに南下して県道8〜またR258に戻ってお次は道の駅『月見の里南濃』。ここも初。今日はお初の道の駅ばっかり。
そしてここも大人気。無料の足湯もあり、近くに『水晶の湯』もあります。
散策路を徒歩5分、車で1分のところに専用駐車場があり、そこからシャトルバスに乗って行くのですが…。入る気満々だったのですが…。駐車場が満車だっただけでなく、まぁちょっと思うところがあって却下(爆)
何だかすっごく混んでる温泉に入るのも不安だったし…w
せっかく教えてくださったKさん、申し訳ないですm(_ _;;;)m


道の駅『立田ふれあいの里』…という訳で、日も暮れてきた17時に道の駅『立田ふれあいの里』到着。もうだいぶ駐車場も空いてきたようです。警備員さんがいたからかも?

温泉シールラリーゆらん』のパンフを見ると、近くに(と言っても5kmくらい?)『津島健康の里 湯楽』があったんですが、なんと入浴料が¥1680!
蟹江町まで行けば『尾張温泉』(15時以降¥600)とかもあったんですけど…もう、今日は入浴は諦めました(爆)
それにしても、近畿地方の温泉は高いわぁ…(;-д- )=3




SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

↓クリックお願いします♪
人気ブログランキング

豊公園と長浜城

豊公園周辺地図琵琶湖の東側、長浜市にある『豊公園』に行ってきました。
さすがに祝日、駐車場は満車だったのですが、ちょうど大型車レーンに停めてた乗用車が出たところで、運良く停めることができました!(^_^ゞ


豊公園の噴水と長浜城豊臣秀吉が築城した長浜城跡に造られた公園なのです。
『日本の桜名所100選』『日本の夕日100』にも選定されてます。
お城のように見えるのは『長浜城歴史博物館』。
ちなみに、この噴水の枠?壁?から音楽が流れています。


豊臣秀吉像実際にはお城はなくて、ここが城あと。
秀吉公の像がひっそりと佇んでいて、何とも栄枯衰退を物語っているようです…。
もっと目立たせてあげればいいのにw
この隣には神社と、人柱になったと謂われている『おかねさん』の石碑もあります。

長浜城について@ぶらり重兵衛の歴史探訪さん


逆さ瓢箪のマンホールこの周辺のマンホールも、秀吉公の旗印(馬印)であった『逆さ瓢箪』。
余談ですが、あの天草四郎の旗印も『逆さ瓢箪』だったため、豊臣秀頼の落胤・豊臣秀綱ではないかという説があります。
だから徳川家光があんな躍起になって根こそぎ虐殺したんだ、とか。
バチカンも『島原の乱』をキリシタンの殉教とは認めてないそうだ。

天草四郎島原の乱(Wikipediaの解説)


紅葉今日は快晴だったんだけど、風が冷たかった〜。
紅葉は、あんまり…です。イチョウの黄葉のほうが綺麗だったな。

今日は『黒壁スクエア』に行っても停められそうにないので止めましたw
ここから歩いて行けなくもないんですが、お店がいっぱいあってすっごい時間がかかりそうだし…。
ちなみに、1〜2kmくらいらしいです。



散策の後は『国民宿舎 豊公荘』で日帰り入浴(¥600)。
長浜太閤温泉は、秀吉が長浜城に移り男子が出生したことから“子宝の湯”と呼ばれるようになったと言われているそうな。
茶色く濁ってるけど湧出時には澄んでいるらしい。
温泉法規規格該当鉱泉 総鉄イオン(鉄泉)だそうですが、鉄くささはまったくなかったです。


SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

↓クリックお願いします♪
人気ブログランキング

烏丸半島を散策

また道の駅『びわ湖大橋米プラザ』〜『草津』に舞い戻りました(笑)
11/01の日記『琵琶湖付近の道の駅情報(1)』に加筆しましたので、よかったらご参照ください〜♪

烏丸半島の案内板せっかくの再訪問なので、烏丸半島をぐるっとお散歩してみました。
“半島”と言ってもちっちゃいもんで、歩いて1時間もかからないかな?
ワタシはマリリンとのんびりボチボチ歩いたんで、2時間くらいかけちゃいましたけど(^x^;)
水生植物公園みずの森』『琵琶湖博物館』『琵琶湖汽船(琵琶湖クルーズ)』『くさつ夢風車』などがあります。
水辺の風景って、大好きなんですよね〜。以前は水槽@アクアテラリウムも造ってたくらい(笑)
定住したら、また造りたいなぁ。


烏丸半島からの眺めこの辺りはまるまる保存地区で、ヨシや蓮が広がっています。
今は枯れてしまってるけど初夏〜夏には蓮が綺麗でしょうね!

烏丸半島のハス群生地

もちろん、野鳥天国(笑)
でも、広いと言っても野生の王国的には狭いので、こんなに多種類の野鳥が集中しちゃうと色々と大変なんじゃないかなぁ。
縄張り/エサの取り合いとか(爆)


ヤマハギ?何て言う木なのか解りませんが…実?がポップコーンみたい(笑)


烏丸半島の夕日今日は雲が多かったのですが、午後から晴れ間も見え、こんな夕日が見れました。



マリリン☆番外編☆

今日のマリリン(笑)




SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

↓クリックお願いします♪
人気ブログランキング

琵琶湖付近の道の駅情報(2)

琵琶湖周辺の道の駅めぐり2!
『伊吹の里』にも行けばよかった…(今頃になって気付く)
あと、『こんぜの里りっとう』にも行ってないんですけど、すっごい山道らしい…

道の駅『マキノ追坂峠』まずは道の駅『マキノ追坂峠』。それほど“峠!”って感じではないです。
トラックの利用が多いので停泊には不向き。
2Fレストランから琵琶湖が一望できます。

約6〜7kmでマキノ高原温泉『さらさ』があります。


道の駅『若狭熊川宿』お次はちょっと逸れてR161〜R303に入って福井県になります、道の駅『若狭熊川宿』。
鯖街道 熊川宿の宿場町まで歩いて散策に行けます。レンタサイクルもあり。
このあたりは昨日の日記を参照ください(笑)


道の駅『くつき新本陣』滋賀県に戻ってR367〜ちょっと狭い道を通って『くつき新本陣』。
駐車場がちょっと狭いので大型車にはツライところ。
道向かいにローソンがあります。


てんくう道の駅『くつき新本陣』から約5km、『グリーンパーク想い出の森』内にある、くつき温泉『てんくう』で日帰り入浴できます。¥600。
なかなか綺麗で広い施設内ではお食事や休憩所もあり、ゆっくり寛げます。
お風呂場が男女2種類ずつあるのですが、平日は1種類しか入れないようです。


道の駅『しんあさひ風車村』朽木から県道23で高島市内R161を横切り、また琵琶湖沿いに出たところにある道の駅『しんあさひ風車村』は、観光施設!って感じなので散策にはもってこいなんですが、停泊には不向き。
満車になることも多く、大型車は専用駐車場に停めます。
ワタシはココから200mくらい湖側にある『源氏浜』の駐車場に停めました。ここにもトイレがあります。
琵琶湖沿いだからというのもありますが、公園内にも白鳥やアヒルなど野鳥がたくさん見られます。


道の駅『藤樹の里あどかわ』『しんあさひ風車村』から5kmもないくらいにある道の駅『藤樹の里あどかわ』は、R161沿いで賑やか。
トラックの利用が多いので大型車には厳しいですが、普通車駐車場は広いです。
24Hコンビニ(確か『サンクス』)併設、道の駅自体が新しいのでとっても綺麗だし物産館も充実してます。

約3kmほど湖岸方面に『宝船温泉 湯元ことぶき』(¥600+入湯税¥150)があります。
宿泊もできる施設の目の前は海水浴場で、オートキャンプ場もあります。



☆番外編☆

鯖寿司名産その2、『鯖寿司』。『焼き鯖寿司』もありますが、こっちにしました。
味が濃い!シメ鯖と酢飯の間にショウガが挟んであります。
柔らか〜い。




SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

↓クリックお願いします♪
人気ブログランキング

琵琶湖付近の道の駅情報(1)

道の駅『びわ湖大橋米プラザ』ここんとこ、抜けてた道の駅案内です〜。
琵琶湖大橋の袂にある道の駅『びわ湖大橋米プラザ』(写真は去年のものですが…)。
釣り客やボート・ウィンドサーフィンなども多いですが、トラックの利用も多いし放置駐車があったりして、あんまり静かではありませんw

ちなみに琵琶湖大橋から守山市を抜ける県道11沿いには『みずほの湯』(¥600)、LPG充填所(ロイヤルホームセンター隣)、コインランドリー(サークルK隣)がありました。


道の駅『びわ湖大橋米プラザ』2〜3日ぐるっと琵琶湖を廻って、この写真は舞い戻った後日(11/1)に撮りました(笑)

道の駅から約5km『スパリゾート雄琴あがりゃんせ』(平日¥1,350、土日祝¥1,550)、約13km『やまとの湯 大津店』(¥600)があります。



道の駅『草津』は、『ふれあい農園ロックベイガーデン』と隣接していて烏丸半島の散策にもいいのですが、駐車場がちょっと狭め。
特に大型車は停めにくいかも。

烏丸半島の散策日記はこちら

約12kmくらいの京滋バイパス沿いに『極楽湯 南草津店』(¥550)があります。

道の駅『アグリの郷栗東』『アグリの郷栗東』は、もう営業時間後に行ったのですが、駐車場がとても狭くて大型車は3〜4台が限界(爆)
それに、割と町中にあるので停泊には不向きです。

この写真も後日に撮ったものです。
『まるっぽ豆腐』という道の駅製造のお豆腐を買ったのですが、チーズのような口当たりでとても美味しかったです!
あと、米ぬかも無料で持ち帰れますし、お隣のコスモス畑でコスモスもお持ち帰り自由でした!


『竜王かがみの里』は駐車場も広いし道の駅自体も新しくて綺麗です。
R8沿いなので交通量が激しく、停泊には不向きかも。

道の駅『近江母の郷』道の駅『近江母の郷』は琵琶湖のほとりにあり静かで広いです。
長浜市の『豊公園』まで約5km、国民宿舎『豊公荘』で日帰り入浴(¥600)もできます。

11/3の日記参照


道の駅『湖北みずどりステーション』道の駅『湖北みずどりステーション』は湖岸道路『さざなみ街道』沿いなんですが、意外とトラックの利用が多いです。

約6kmほどR8方面に行くと北近江リゾート『北近江の湯』(平日¥900、土日祝¥1200)があります。


みずどりステーション前道の駅の前は、ちょうどイイ湿地帯になっていて、正に水鳥のオアシス!
鷺に白鳥に鴨に、いるわいるわ…野鳥ウォッチングには最適です!
隣の『琵琶湖水鳥湿地センター』で観察もできます。



☆番外編☆

鮒ずし琵琶湖の名産と言えば…『鮒ずし』。
むかし、『野猿』ってグループが歌ってたね。
♪鮒は生じゃ喰えないの〜さ
 泥臭い 生臭い Fish Fish Fish!(だったよね?)
その泥臭さを消す為の努力の結晶。でも、臭いのは否めない…。
お酒のアテにチビチビ食べるのはイケるかも知れない。



助手席のマリリン番外編2、今日のマリリン(笑)
可愛えかろ? 可愛えかろ?




SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

↓クリックお願いします♪
人気ブログランキング

竜王かがみの里

道の駅『竜王かがみの里』今日はピンポイント日記(笑)
道の駅『竜王かがみの里』の周辺は義経ゆかりの史跡があります。
国内放浪してると、義経ゆかりの地ってホント多い事に驚きます。
まぁ、弘法大師には敵いませんが(笑)


義経ゆかりの池道の駅からスグ道向かいにある『鏡池』。
義経が元服(今で言う成人式。15歳で行う、前髪を落としたりする儀式)をこの池で行ったらしい。
すっごく小さくてビックリしたんですけど…w
R8沿いで、お世辞にも“風情がある”とは言い難いしさ…w


池のアップ池の透明度は今イチですが、ザリガニがたくさん生息してました(笑)
当時は姿が映るほどだったようです。


鏡神社の説明板鏡神社の説明板。


烏帽子掛け松義経が参拝したときに松の枝に鳥帽子をかけたとされる鳥帽子掛けの松。
明治6年(!)台風で倒れたので、株上2.7mを残して石垣上に仮屋根を作って保存されています。


鏡神社義経が源氏の再興と武運長久を祈願したらしい。
義経が元服する時に使ったといわれる盥(たらい)の底板が現在もあるらしいですよ!
残念ながら、今日は社務所も閉まってて誰〜もいませんでした…。


石碑神社の境内。


八幡宮源義経公と応神天皇を合祀した『八幡神社』。とっても小さくて、ひっとりと佇んでいます。



あと、義経が宿泊したとされる『鏡の宿』(白木屋)、御幸山(みゆきやま)なども見所です。

鏡の宿 義経元服ものがたり:滋賀県竜王町観光協会



SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

↓クリックお願いします♪
人気ブログランキング

朽木キャンプ(日)

朽木の紅葉河川敷の周辺をお散歩していたらちらほら紅葉が綺麗な場所が。
この辺りの民家もいい雰囲気の建物がちらほら。

しかし今日も曇り空で寒いのなんのって…(爆)


市杵嶋神社マリリンと適当にてくてく歩いてたら神社を発見!
たぶん『市杵嶋神社』と書いてあった…はず。


市杵嶋神社アップ説明書きとかなかったので解らないのですが、こちらは弁天様?
神社の梁の彫刻とか、細かいディティールが好き。


永昌庵 外観その道向かいにあるお蕎麦屋さん『永昌庵』。
実はここも河川敷からスグ。昨日のお蕎麦屋さんとは200mも離れてません。


永昌庵 店内店内の様子。やっぱ木造っていいねぇ〜。


永昌庵 盛りつけ今日も『ざるそば』を注文。
値段を忘れてしまった…(爆) たぶん、¥700くらい。
そば湯がついてるのは嬉しい!(けど、できれば食後に持って来てほしかった…)


永昌庵 そばのアップ今日のお蕎麦は蕎麦の味がしっかりしてて、もちもちした歯ごたえもありワタシ好み++
こんなに至近距離にあるのに、お蕎麦の味がまったく違いました。
蕎麦好きの方は食べ比べてみてはどうでしょう〜



さて、お名残惜しいですが明日は皆様お仕事なので、午後には1台また1台と帰路につかれて行きます。
ありがとうございました〜お気をつけて〜〜〜(ToT)/

最後のお片づけをして、ほぼ最後にキャンプ場を出発。
…が、Sさんにくっついて小浜へ(笑) わーい☆

焼き鯖のへしこ国道367→国道303→国道162、途中から雨が降ったけど割とスムーズに到着。
川崎にある小浜漁港の『濱の四季』にて夕食。
小浜の郷土料理、家庭の田舎料理を提供するこちらのお店は、定食も豪華☆
ワタシは浜鍋と写真の『鯖の焼きへしこ』をいただきました。
『へしこ』って味噌漬けなんですね。
味噌漬けと言っても西京焼きみないな白みそじゃなくて赤みそぽかった。味が濃い!ご飯に合う!(笑)
それにしても、名産の『鯖寿司』と言い、海沿いなのにどうして魚の保存食が多いんだろう?

そして見つけてしまった『わかめソフトクリーム』(¥280)!
食べずにはいられません(笑)
こちらはSOTO本サイトソフトクリームのページ』にて☆

食事の後はお隣にある『濱の湯』(¥600)で入浴。
こちらは人工温泉で、週代わりで名湯を味わえます。今日は『龍神の湯』。
他にも海草風呂(大人気で入っていけなかった…)、薬草風呂などもありました。
お風呂上がりには健康的にアロエジュースを(笑)

あぁしかし今回も、お食事も入浴もまたまたSさんにご馳走になってしまいました…!!!(T_T)
申し訳ないです…。もう、ホントにお気遣いなく〜〜〜(ToT)/
一緒にお食事に行きにくくなっちゃうじゃないですかぁ〜〜〜!!!(>_<)

Sさんはそのまま大阪へ帰路につかれました。
ありがとうございました。ご馳走さまでしたm(_ _;;;)m

こちらの漁港はP泊可能で、近くに足湯や公園もあるらしいのですが…
誰〜〜〜もいない!!!(爆)
温泉施設の周囲には車が停まってるけど、たぶん営業時間を過ぎたらいなくなっちゃうんだろうな。
風も強いし…どうしようかな…と、カーナビに相談してみたら「道の駅『シーサイド高浜』が近いよ」って言うから、移動開始(爆)

国道27を約15km。けっこう広い駐車場だし、ここにも温泉施設があります。
不思議な事に、ここの方がちょっと暖かかったです。


↓参加してます♪
人気ブログランキング この記事をクリップ!

朽木キャンプ(土)

Rocky21と軽四トレーラー朽木の河川敷にて、の〜んびりしてます。
河川敷にはテントキャンパーもちらほら来てました。
こんなに寒いのに!(爆)

写真はウチのRocky21&大阪のSさんの軽四(テリオスキッド)+トレーラー!
軽自動車でもトレーラーを引っ張れるんですよ。凄い。
興味のある方は、Sさんブログにて軽四トレーラー日記公開中〜!


山水 店内みんながまだ集まってない午前中、11時開店を見計らって『山水』というお蕎麦屋さんへ。
河川敷(キャンプ場)への入り口にあるので、このお店の看板を目印にしてるくらい(笑)

外観を撮り忘れたので店内の写真です(^x^;)


山水 盛りつけ『もりそば』¥680と『とち餅の揚げ出し』¥500を注文しました。
お茶はほうじ茶。お蕎麦屋さんって蕎麦茶意外ではほうじ茶を出されるところが多い気がします。


山水 とちもちの揚げ出しこちらが『とち餅の揚げ出し』。
外はパリッと、中はもちっと(笑)
あんも美味しかった。


山水 ざるそばのアップお蕎麦は、う〜ん、あんまり蕎麦の味がしなかったw
というか、甘いのはどうして?
おツユも甘かったけど、蕎麦だけを食べても甘みがあった。
小麦粉2:お蕎麦8らしいんだけど、他に何か隠し味が!? 不思議…。



今日は1台また1台と、続々キャンカー集結。
最終的には10台くらいになりました!特に『オフ会』と銘打った訳でもないのに…さすがSさん繋がり(?)。
みんな、楽しい事には敏感なのね!(笑)

テントの中には20人くらいがひしめきあっての宴会となりました〜
いや〜、意外とストーブひとつで暖かいものです。
あの、正式名称は解らないのですが(爆)、灯油を気化させるヤツ。ウチの山小屋でも使ってるんだけど…なんて説明したらいいんだろう…w

今度は東北チームを見習って、電気ストーブ+テーブル+こたつ布団だな!(笑)


↓参加してます♪
人気ブログランキング この記事をクリップ!

『77777』

道の駅『びわ湖大橋米プラザ』道の駅『びわ湖大橋米プラザ』です。
今日から12月ですね。今年もあと1ヶ月かぁ〜。早いなぁ〜。
寒いなぁ〜〜〜(爆)
琵琶湖はまだ暖かい方ですね。今日はそんなに風もないし。
この道の駅はトラックに大人気で、大型車レーンは満車状態。もちろん観光バスも来るし。
あと、マリンスポーツ? ボートを積んでる車も何台か見ました。
釣り客も多いみたいだし、賑わってます。


琵琶湖大橋こちらは琵琶湖大橋。去年も撮った(笑)
このラインがいいねぇ。


琵琶湖2カモさんがいっぱいいます。
芦原を保存するために地域の方が植えたりしてるらしいです。


琵琶湖の空空には2種類の雲。
刷毛で描いたみたい。



…と、琵琶湖を満喫したところで出発。
今日は、クルマの走行距離メーターが『77777』を突破しましたー☆
記念に写真を撮るつもりだったのに、気付いたらすっかり過ぎてましたー(爆)
去年、父にクルマを借りた時は4万km弱だったので、帰る頃にはほぼ倍になるんです。うーん、けっこう走ってるなぁ。
ちなみにウチのRocky21は購入9年目です。マリリンと同い年(笑)
父が日本一周×2回、ワタシも今回で2回目なので、だいたい日本一周2万kmくらいってこと?
来年の今頃は『88888』だなー。
今度こそ撮るぞ!(笑)

で、国道367を延々走って朽木に到着。
今週末は大阪のSさんたちと河川敷のキャンプ場(正式には“公園”らしい)でキャンプなのです〜。
でも早く着き過ぎたので道の駅『くつき新本陣』に行ってみたんですが、もう閉店でした(爆)
なのでスルーして『くつき温泉てんくう』へ。
地理的に、河川敷〜3km〜道の駅〜3km〜温泉、という感じ。
温泉への県道は工事中でちょっと狭くなってます。そして、けっこうな勾配の坂道。
河川敷よりも確実に寒いよ!標高何メートル?

『てんくう』は『グリーンパーク想い出の森』内にあって、お食事処『山女魚』と併設。
露天風呂付きと、内風呂のみの2種類あります。今日は露天風呂付きの方へ。
広いとは言い難いけど、露天&サウナ&ジェットバスとかもありました。源泉風呂は冷たくて入れなかった(>_<)

ゆっくりのんびりして、AirH"は道の駅近辺ならOKなんですが3km離れた河川敷だと圏外なので、目の前のローソンでお弁当を買ってここでしばらく夕食&ネット。
20時くらいに河川敷に行ったんですがまだ誰〜も来てない(T_T)
寂しいよ〜
寒いよ〜

けっきょく、到着されたのは22時過ぎでした…。
(でも、そこからでもテントを張ってプチ宴会/笑)


↓参加してます♪
人気ブログランキング この記事をクリップ!
Sponsored Link




いつでも里親募集中
Blog Parts
Free Area


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ