キャンピングカー放浪旅生活+SOTO+

[SOTO(そと)]とは、Small Office, Transfer Office という、わたしが勝手に考えた造語です。年間約8ヶ月を愛犬マリリンと共に旅し、冬の間は熊本の山小屋で田舎暮らししています。職業はグラフィック&ウェブデザイン、イラストレーター、ライターなど。趣味は写真と木の実装飾工芸、カラオケなど。

三重

カテゴリ『三重』の目次

2005~2006年のブログはケータイから更新することが多く、テキストも写真も少ないです。
(県を跨がっている記事は、カテゴリも重複しています)


2005年10月13日『浜名湖から愛知を抜けて菰野へ
 浜名湖・弁天島~道の駅『菰野』

2007年10月22日『伊良湖~鳥羽
 道の駅『伊良湖クリスタルポルト』万葉の歌碑~伊良湖岬灯台~恋路ケ浜~二見浦の夫婦岩~二見興玉神社など

2007年10月23日『横山園地と伊勢神宮

2007年10月24日『道の駅レポ
 道の駅『茶倉駅』『宇陀路大宇陀』など

2007年10月25日『水屋神社
 水屋神社~姿見の池~閼伽桶(あかおけ)の井戸など

2007年11月05日『関宿を散策

2007年11月06日『三重の道の駅~
 道の駅『関宿』『あやま』『伊勢本街道 御杖』『美杉』など

2007年11月07日『和歌山街道/飯高
 和歌山街道・珍布(めずらし)峠~礫(つぶて)石~道行橋など

2007年11月08日『奥伊勢から、ようやく海沿いへ。
 道の駅『奥伊勢おおだい』~瀧原宮~宮川温泉『奥伊勢フォレストピア』~道の駅『紀伊長島マンボウ』『海山』

2007年11月09日『紀北町~紀宝町
 道の駅『熊野きのくに』~獅子巌~花窟(はなのいわや)神社

2007年11月10日『水とガソリン
 道の駅『紀宝町ウミガメ公園』と、周辺の温泉情報

2007年11月11日『速玉神社~浮島の森~那智の大滝

2008年05月25日『三重・飯高にて
 水屋神社、飯高町のラーメン、蕎麦、ホテルスメールなど

2008年05月26日『虹の泉と植物園』飯高町の隠れスポット1“芸術空間”と『波瀬植物園』

2008年05月26日『洞窟美術館と織田家別邸』飯高町の隠れスポット2

2008年11月14日『多度大社

2008年11月15日『菰野とR306
 道の駅『菰野』~湯の山温泉『片岡温泉』

2008年11月15日『関宿2008』道の駅『関宿』から約1~2km、関宿の町並み。

2008年11月16日『関宿『萌へ井』』お蕎麦屋さん

2008年11月17日『神社参り~』結城神社、花岡神社、水屋神社

2008年11月18日『うなぎ』津名物/炭焼きうなぎ『大観亭』(津駅西口店)

2008年11月20日『水屋神社 写真館

2008年11月21日『歴史ロマン船形埴輪』in松阪市文化財センター

2008年11月23日『水屋神社 例大祭

2010年07月17日『1年ぶりの再会』水屋神社にて

2010年07月18日『飯高町にて
 道の駅『飯高駅』、『茶(ティー)工房・かはだ』『飯高グリーンランド こそめ亭』など

2010年12月01日『水屋神社『水廼舎文庫』

2010年12月02日『松阪グルメを満喫
 道の駅『飯高駅』のレストラン、松阪の『ビーフクラブノエル』『脇田屋』など


新ブログの『三重』カテゴリはこちら

SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪

松阪グルメを満喫

どっさり茸(こ)まずは着いた初日、道の駅『飯高駅』のレストランにて、季節限定の『どっさり茸(こ)』です。
ほっこりサツマイモごはん、椎茸の鶏ひき肉づめ、松阪牛と茸のしぐれ煮、枝豆豆腐、茸のあんかけ蕎麦、デザートにはそば粉のみたらし団子とボリューム満点。
食材はほとんど地元産。どれもみんな凝っていて、手間ひまかけてつくられたお料理はホっとしますね。
物産館でも、とっても立派な椎茸やなめこを販売してます。

Noel(1) Noel(2)

宮司さんはいつもウチのブログを読みながら「美味しそうなのを食べてるなぁ」と羨ましがってくれているそうですが(^_^ゞ、「みんなを羨ましがらせたい!」と松阪牛を食べに連れて行ってくださいました!(≧∇≦)ノ←役得
松阪市内在住のご友人にエスコートしていただき、『ビーフクラブノエル』へ。
精肉店も直営なので、厳選された松阪牛を提供しているそうです。

ちなみに「ステーキとすき焼きとしゃぶしゃぶ、どれがいい?」と聞かれて、しゃぶしゃぶにさせていただきました(^人^)
見てください、このサシ。この大きさ。これで一人前です。
ポン酢もよし、胡麻タレもよし、お肉は柔らか~ 幸せ~~~(*´Д`*)

木調の店内の雰囲気もよくて、マスター夫妻も優しく朗らかでした。落ち着いて食事が楽しめるお店です。

脇田屋(1)続いて翌日、伊勢からIさんも交えて松阪肉ホルモン元祖の店『脇田屋』へ!
ホルモンと言うと最初に食べたもののイメージが強くて苦手だったのですが、新宿ホルモンとか美味しいお店を教えてもらって変わりました。
ホルモンは新鮮さが命! それから焼き加減が肝要! ワタシはどうも焼き過ぎるようです。Tさんが全員の分を懇切丁寧に焼いてくれるので間違いなし(笑)


脇田屋(2) 脇田屋(3)

炭火でじっくり、胃や腸のほか、タン、レバーなど堪能しました♪
味噌ダレも見た目ほど辛くも塩っぱくもクドくもなく、旨味が凝縮された感じのマイルドさです。
お肉だけでなく、野菜にもとっても合います。

難点はやはり、店内が煙で白く霞んでるところでしょうか(笑)
お出かけの際は、臭いが移ってもいい服装で!

2次会さて、ここから番外編。あんまりよく覚えていない2次会3次会の巻(爆)
和服が似合うママさんと、松阪のTさん。
お店の名前がわかりません…。


龍鳳(1) 龍鳳(2)

1日目の3次会と、2日目の2次会(2日連続!)に、スナック『水城』で飲んで唄ってチョーシこきました(爆)
何となく、このあたりの記憶が途切れ途切れです。高級なお酒もお茶もいただきました。
こちらは台湾のお酒。龍鳳合鳴と書いてあるのかな? 検索してもよくわからなかった…。
器がとっても可愛い!

ひまわりの種おつまみのヒマワリの種を殻ごとバリバリ食べてたら、みんなに「殻は出して!」とツッコまれました(爆)
いや、殻も味が付いててけっこうイケますよ?
見かねたのか、女の子が殻を割ってくれました。優しいわ~。


Tさんの富士宮焼きそばそんな2日間で、さすがにワタシの肝臓もギブ。ウコンの力も借りたんですけど(爆)
2日目はTさんの駐車場に停めさせていただいたのですが、ブログを読んでくださってて、お昼に『富士宮焼きそば』を作っていただきました!(^人^;)
それから、しじみの味噌汁まで(-.-;)

麺が独特ですね。モチモチしてるというかコシが強いというか。上にかかってるイワシの削り粉も珍しい。
あ、チクワが入っているのはTさんのオリジナルだそうです。

お風呂までいただき、至れり尽くせりでした…。すみません。ありがとうございましたm(_ _;)m

今回は短い滞在だったにもかかわらず、偶然?お会いできた方や、また新たなご縁に恵まれたり、とても印象的な3日間でした。
宮司さんはじめ、お会いできた皆様に感謝です。


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagram

人気ブログランキングへ align= ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪

水屋神社『水廼舎文庫』

水廼舎文庫(1) 水廼舎文庫(3)

いつもお世話になっている水屋神社へとお参りに来ました。
急いでる割に何故?と言われると、実は帰りに立ち寄ること前提で荷物を送ってあったのと、宮司さんのお母様に会いたかったのと、『水廼舎(みずのや)文庫』を見せていただくのと… 理由てんこ盛りだったのです(^_^ゞ

水廼舎文庫(2) 水廼舎文庫(4)

宮司さんのお父さん、お祖父さんが収集された書物を中心に、明治~大正~昭和初期の雑貨・日用品などが多いのですが、これだけの品々が、いちご家庭に保存されていたことも凄い!
ここに一日中いても飽きることがありません。書物も一生かかっても読み切れないくらいの所蔵量です。

水廼舎文庫(5)こちらは神宮大宮司 徳川宗教氏の書。
「なんて書いてあるんですか?」って聞いてみたら…

己を慎みて怠ることなかれ

身に染みました。この写真を待ち受け画面にしようかと思ったくらい(爆)

宮司さんおよび水廼舎文庫は『みえの文化びと』で紹介されてますし、道の駅『飯高町』のウェブサイト内『飯高町のみどころ』にも載ってますので、興味のある方は是非。




SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪

飯高町にて

飯高駅(芝生公園) 飯高駅

全国道の駅情報+SOTO+』にも書いてますが、道の駅『飯高駅』のご紹介。
遊具つきの芝生公園があります。残念ながらペット禁止なのでマリリンは入れませんが…。
併設の『いいたかの湯』は広くて綺麗だし、貸しタオル付き、ボディソープ/シャンプー/リンスありと“手ぶらで入れる”入浴施設です。
シャワーは個別に仕切られてるし、薬湯、露天風呂、サウナ、樽風呂などなど楽しめますよー。休憩所もあります。

飯高駅(蕎麦1) 飯高駅(蕎麦2)
飯高駅(蕎麦1アップ) 飯高駅(蕎麦3)

『いいたかの湯』と物産館の間あたりにあるレストランのお蕎麦メニューの数々(笑)
左上の三段わんこは、おろし、なめこ、とろろ。左下は、そのお蕎麦のアップ。
右上はざるそば、右下はとろろそば。
コシがあって蕎麦の風味もちゃんと残っています。

茶工房かはだ(1) 茶工房かはだ(2)

道の駅から香肌方面に1kmくらいの左側にある『茶(ティー)工房・かはだ』。
一見、素通りしちゃいそうなくらい民家に溶け込んでます(^_^ゞ
店内の雰囲気がいい! こういうお部屋に住みたいくらい(笑)

茶工房かはだ(3) 茶工房かはだ(かき氷)

夏季限定のかき氷をいただきました。いつもこの時季は北海道にいるから知らなかった…。ある意味ラッキー。
ほうじ茶と緑茶があり、ワタシはほうじ茶にしてみました。
かき氷にかけても負けてないくらいに【お茶】の味が濃くて美味しい!
甘過ぎないし、氷も何だかフワフワしてる気がする。
ボリューム満点なのに、頭がキーンてしなかった(笑)
さすがお茶屋さんだけあって、緑茶も苦くなくてまろやかでした。

きりん屋(1) きりん屋(2)

そのお隣にあるナチュラルベーカリー『きりん屋』は行列ができるほど大人気。
開店10時で、お昼前には売り切れてしまうそうです。

きりん屋(4) きりん屋(3)

茶(ティー)工房・かはだ』さんのご親戚だそうですが、こちらはアメリカンカントリー調の内装。BGMも。
左の写真は、パンが売り切れて綺麗サッパリなくなっている様子を撮ってみました(笑)


飯高こそめ亭(1) 飯高こそめ亭(2)

こちらは後日ですが、お昼にいただいた『飯高グリーンランド こそめ亭』(リンク先は『マピオン電話帳』です)のお蕎麦。
外観を撮り忘れてしまったのですが、けっこう大きな別荘風の建物で、大工のご主人が建てたそうです。
内観もログハウス調でゆったり落ち着きます。

飯高こそめ亭(3) 飯高こそめ亭(4)

メニューはお蕎麦のみ!
コーヒーもホットのみ!(笑)


毎年訪れる飯高町ですが、まだまだ知らないところがいっぱいあります。
松阪 香肌〜古都と伊勢をむすぶ里』も参考になります。


SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪

1年ぶりの再会

水屋の井戸約1年ぶりに、三重県飯高町にある『水屋神社』へ!
駐車場がすっかり綺麗に整備され、水神様も嬉しそう。書庫も建ちました。

去年の七夕以来です。そう、ちょうど父が倒れた翌日。
ちなみに前日は大阪のSさん宅にいて、すぐに帰るべきだったんですけど水屋神社の宮司さんにパソコンの配達を頼まれていたので…(^_^ゞ

2008年11月23日『水屋神社 例大祭
2008年11月20日『水屋神社 写真館
ほか、2007年から毎年参拝させていただいております。


竣工祭本日は、その書庫(仮。展示館っぽくなる予定)の竣工祭です。
むっちゃ暑かった(爆)


なおらい(1) なおらい(2)

その後はお待ちかね? 『直会(なおらい)』です!
(『なおらい』って言うのを知らなかったんですが…(^_^; 直会 - Wikipediaの解説
建設に尽力した通称『木こり』さんほか、ご縁のある方のみ参加。
パソコンを譲ったご縁で、大阪のSさんも初対面です!
ご縁が広がります(*^_^*)

セーブアフガンチルドレンの会』のサーベさんはじめ、水屋神社にご縁のある方は高名な、そして個性的な方々が多いのでいつもちょっと気が退けるのですが…今日はお隣の『いまにし』さんや総代さん、キャンピングカーのオイル交換をしてくれたこともあるヤマシタさんなど懐かしい面々もあり、かなりざっくばらんな“飲み会”でした(笑)

水ナスビールに日本酒、焼酎、手こね寿司や地鶏、緋扇貝などなど参加者からのたくさんの持ち寄りでバーベキュー。
中でも、ワタクシ初めてナスを生で食べました!
水ナスらしいのですが、サクサクして甘みがあって、皮も丸ごと美味しくいただきました。お味噌もまた合う!
新しい発見でした。今の時季しか食べられないそうです。




SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

人気ブログランキングへ ←クリックしてもらえたら嬉しいです♪

水屋神社 例大祭

水屋神社 例祭1写真で綴る、水屋神社の例大祭。


水屋神社 例祭2


水屋神社 例祭3


水屋神社 例祭4


水屋神社 例祭5


水屋神社 例祭6今年はわけあって、とてもひそやかな例祭となりましたが、このように重要な、大切な日に参加させていただくことができ、心から感謝しています。
来年は、例年通り賑やかなお祭りが見られることでしょう。




SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

↓クリックお願いします♪
人気ブログランキング

歴史ロマン船形埴輪

埴輪(外観)伊勢の王墓、宝塚古墳の出土品を見に『松阪市文化財センター』に行ってきました。
(『はにわ館』の入館料は¥100)

ギャラリーでは陶芸や書道、また、松阪の茶王・大谷嘉兵衛翁展なども開催してました。


埴輪(模型)ワタクシ、埴輪って、┌|∵|┘こういうののことを言うんだと思ってたのですが、埴(はに)=赤土を陶芸のように縄を作って輪っかにしたものを積み重ねて作る事から『埴輪』って言うんだそうです。
こちらは『宝塚1号墳』の『まつりの場』(造り出し)復元ミニチュア。


埴輪(家)なので、これ(家)も埴輪。


埴輪(盾)これは盾なんだそうです。
他、たくさんの出土品が展示されてます。
すべて本物!


埴輪(舟)そしてこちらが最大の発見、宝塚1号墳出土『船形埴輪』。
これほどいい状態で出土したのは奇跡ですよ。1600年前ですよ!
天井は鏡になっているので、中まで見る事ができます。
展示品をより知ってもらうために、説明板の中にクイズが掲示されてます。なかなか面白いです。

ちなみに、このレプリカが熊本の八代に展示されてるそうです。




SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

↓クリックお願いします♪
人気ブログランキング

水屋神社 写真館

今日は『水屋神社』の写真館(笑)
ケータイで撮ったもの、デジイチで撮ったもの、過去のもの、現在のもの、ごっちゃです。

水屋神社(遠景)駐車場から見た水屋神社。


水屋(拝殿)拝殿。


水屋(遠景)拝殿その2。


水屋(ななめ)拝殿その3。


水屋(祖霊社)祖霊社。


水屋(さざれ石)さざれ石。


水屋(3)波動水。とっても甘くて美味しい。


水屋(1)欅(けやき)の巨大な根っこ。


水屋(2)樹齢千年のご神木。


水屋(ご神木)ご神木その2。


宙返り杉宙返り杉。
困難を乗り越えて尚、伸びやかです。


水屋(禊場1)神社の裏手にある禊場からの眺め1。


水屋(禊場2)同じく、2。


大文字草大文字草。リンドウもたくさん自生してます。


水屋(4)倭姫命伝説の鏡池。
※水屋神社からは1kmちょっと離れてます


水屋(5)鏡池周辺に現れた龍神様―――と云われている。


水屋(赤桶井戸)水屋神社のお水送り神事に使われる赤桶(あこう)の井戸。
水屋神社からは2kmちょっと離れてます



もうちょっと補足説明と写真が追加されるかも知れません。

水屋神社ゆかりの日記↓
2007年10月25日2008年05月25日2008年05月27日2008年11月23日


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

↓クリックお願いします♪
人気ブログランキング

その日、心に決めました。

かりん水屋神社の宮司さん宅に、かりんの実が生っていて、とってもいい香りがします。


露天風呂そのお庭の一角に、宮司さんご自慢の露天風呂が完成!
五右衛門風呂です。仕切りも何もない、完全に“露天”風呂(笑)
茶室に続き、ひとつひとつ夢を実現。


露天風呂で足湯毎日「露天風呂入らない?」と奨められたのですが…さすがにもう寒いし、足湯にさせていただきました(笑)
雪見風呂もまたオツらしいです。
南国育ちには想像もつきませんが(爆)


桜と紅葉近所をお散歩してたら桜が咲いてました。
そう言えば近年、秋に咲く桜が目立って来たように感じます。
遠くの山は紅葉し、先日は冠雪しました!


お茶の花と紅葉伊勢と言えばお茶。飯高町もお茶畑がたくさんあります。
ちょっとだけお茶の花が咲いてました。


水屋神社の大楠(ご神木)ところで、水屋神社の大楠(ご神木)をモデルに宮司さんの姪ごさんが描かれた絵本『その日心に決めました―大きなのっぽの木のおはなし』にちなんで、同タイトルで日記を書こうとしたのですが…これがなかなか荷が重い。

自分自身のあるがままを受け止め、素質を認め、活かしていく。
そして、それを周囲にもふるまう。
そんなことを伝えようとしている絵本だとワタシは感じています。

神様にはお願いするだけでなく、心に決めたことを報告することが大事なんだそうです。
そして、その目標に向かって一生懸命に努力することが肝要なのです。

その日、心に決めました。と、胸を張って言えるようになりたい。
それだけの信条と、情熱と、希望を持っていたい。
願(ねがい)を形にすることができたら、これ以上の幸せはない。




SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

↓クリックお願いします♪
人気ブログランキング

うなぎ

炭焼き鰻(1)津名物らしい炭焼きうなぎの『大観亭(津駅西口店)』に連れて行っていただきました!
店構えはちょっと古くてガード下的な雰囲気ですが(笑)、先々代から継ぎ足しを繰り返した秘伝のタレ(無添加)が決め手だそうです。
案内してくださった方が言うには、方々のうなぎ屋さんで食べたけど、結局はここに戻って来てしまうのだとか。


炭焼き鰻(2)温泉玉子好きのワタシは『温玉丼』をオーダー(笑)
うなぎに玉子は合うのか!?という方もいるかも知れませんが、まろやかで優しい味になります。
物足りなさを感じたら七味をふってもいいかも。


炭焼き鰻(3)鰻の身はとってもふっくらジューシー、タレは甘めですが香ばしく、焦げ特有のほんのりした苦みもいい。
『う巻き』(うなぎ入りの出し巻き玉子)も食べてみましたが、出汁が多めでゆったりふっくら、つまみにもいい感じでした。


自顕流*番外編*
お世話になっている方のお宅で見せていただいた焼酎『自顕流』。
残念ながら、中身は空っぽでした(笑)
ネットで検索してみたけど、同じラベルのものは見当たりませんでした。




SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

↓クリックお願いします♪
人気ブログランキング

神社参り〜

結城神社関宿から松阪に向かう途中、日曜だし夕刻近かったこともあって大渋滞。
暇つぶし?に地図を見てたら『結城神社』の文字を発見したので行ってみる事に。
もう16時を過ぎていたのですが17時くらいまでは空いてるだろうと思ったら、社務所に『16時で受付を終了しました』という看板が…。
仕方ない、15時以降は“逢魔刻(おうまがとき)”と言って、参拝には適さないって言うしなぁ、と半ば諦めてたら、何とこんな時間に七五三の参詣社が…!!!
「電話で17時までは開いてますよって言ってたのに」「呼び鈴押してみたら?」という会話を盗み聞きしつつ事の成り行きを見ていたら、開けてくれました。
で、ついでに御朱印もいただきました(爆) ありがとうございます(-人-;)


お地蔵様そんなこんなで道の駅『飯高駅』に到着したのはすっかり夜になっていたのですが、ここは温泉併設だし毎年のようにお世話になっております。
ちなみに、三重県内でナンバーワンの利用者数を誇る道の駅です。
是非、『FreeMobile』自販機を設置してほしいです!!!

写真は、R166を渡って郵便局を通り過ぎて右折、『花岡神社』に向かう途中にあるお地蔵様。
ワタクシ、お地蔵様=道祖神みたいな、道行く人を見守ってるというイメージでいましたが、正式には『地蔵菩薩(Wikipediaの解説)』、つまり仏教に属するんだって初めて知りました。
『道祖神』はWikipediaの解説によると神仏混合で、地蔵信仰とも習合したりと古代から近世に至るまで時代によって様々な信仰、宗教と融合しているらしい。
うーん、ますます好きになりそうだ(笑)


花岡神社で、『花岡神社』にもお参りしてきました。
2007年11月07日の日記でもチラリと紹介しています。


花岡神社とマリリンとても立派なイチョウの大樹があり、銀杏がたくさん落ちています。
拾いたいけど、とっても美味しいんだけど、あの臭いはどうにも苦手です(^_^;;;)

お留守番マリリンも写ってますよ〜


水屋神社ここまで来たら、ウチのブログを熟読してくれている方には想像に易い『水屋神社』(笑)
またまたやって参りました(-人-)
11月23日は秋季例大祭ですよ〜♪


幼虫*番外編*

道端で見つけた幼虫。
頭をぶんぶん振って威嚇してきました(笑)




SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

↓クリックお願いします♪
人気ブログランキング

関宿『萌へ井』

萌へ井(1)関宿(関駅の方)にあるお蕎麦屋さん『萌へ井』で昼食♪
マリリンは玄関先でお留守番させていただきました。
快く受け入れていただき感謝。


萌へ井(2)民家を改造したと思われるお店は、お部屋によってはお庭も楽しめます。
ワタシが通された部屋は窓がなく、扉を閉めてしまうと閉塞感でかなり居心地がよくなくなってしまうので、開けっ放しで。


萌へ井(3)看板メニューと思われる『萌へ井』(¥1,100)をオーダー。
したら、店員さんがつゆをこぼしちゃって服にかかってしまったぁ…Σ(´Д`lll)
でも、とても教育が行き届いているというか、対応が丁寧だった。


萌へ井(4)そば粉は信州・戸隠から仕入れているらしいです。
十割そばですがつるつるっとして、蕎麦の風味は少なめだった気がします。更科とまではいかないけど。
辛味大根は辛すぎず、わざびもツンとし過ぎず、つゆも甘すぎず、とても上品な味わいでした。


萌へ井(5)「粗相をして申し訳ありません」と、おぜんざいとコーヒーをサービスしていただきました!
大した服でもないのに…(^_^;;;)
そば湯もとろっとしてて美味しかったです。
ここは、また来たいな〜と思わせるお店でした!




SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

↓クリックお願いします♪
人気ブログランキング

関宿2008

関宿(3)道の駅『関宿』から約1〜2km、関宿の町並みを散策しました。
去年もこんな曇り空だったなぁ。
道の駅でレンタサイクル(¥300)も借りられます。

亀山市/関宿まちなみ館


関宿(2)一応、2007年11月05日の日記とかぶらないように写真を選んでみました(笑)



志ら玉江戸時代から続く関宿名物『志ら玉
写真を撮るために割ろうとしたら、すっごく柔らかくてビニョ〜〜〜ンってなった(爆)
お砂糖や水飴、トレハロースなど甘味料が入っている割に甘すぎず、上品な味わいです。


関宿(1)なんとドッグカフェもありました!



関宿(権現柿)徳川家康が関宿に立ち寄った時、賞味したと伝えられている権現柿(写真左)で有名な瑞光寺。



関の戸こちらも江戸時代から続く銘菓『関の戸』。
おみやとして購入したので味はわかりません…(>_<)


関宿(マリリン)マリリン「おねーちゃんは知らないところを適当に歩いてると帰り道が分らなくなるのよね」

「あれっ? なんでそっち行くの?
 あっ…こっちから来たんだっけ」

「ほらね」


関宿(自販機)*番外編*
道の駅には自動販売機型の公衆無線LAN『FreeMobile』が設置されてます!
駐車場までカバーしてるのでとっても快適〜♪


松坂牛ふりかけそして見つけてしまった『松坂牛ふりかけ』。
いや、あるとは思ったけど(笑)
きっと、どこかに『伊勢エビふりかけ』もあるに違いない!




SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

↓クリックお願いします♪
人気ブログランキング

菰野とR306

道の駅『菰野』道の駅『菰野』、けっこう狭いんですが“2時間以上の長時間駐車厳禁”はなくなったんでしょうか。
看板の文字はテープが貼られた跡が残ってたんだけど、結局はバッチリ見えてるんですが。はがしたんですか? 復活?

快適車中泊スポットガイド 全国版』にも載ってるくらいだから、撤回したんだろうけど…。うーん、謎だ。
住宅街の中にあるし、駐車場の隣がアパートなので停泊にはちょっと不向きなんだけど、『御在所山』『湯の山温泉』観光の拠点としては最適なのよねぇ。


踏切道の駅からたった2kmということで、『自遊人 2008年 11月号』に載ってた湯の山温泉『片岡温泉』に行こうと思ったら…手前にある近鉄湯の山線の踏切がちょー狭い!
ここは渡らずに手前にあった『片岡温泉 足湯の茶屋』に停めました。
キャブコンだったら大丈夫だと思うのですが…。


片岡温泉片岡温泉』は100%源泉掛け流しらしい!
入浴料は¥600ですが、『自遊人』温泉パスポートで無料に(-人-)
備品完備でシャンプーとリンス別でした。


周辺案内図ドッグラン、ドッグスパ、グランドゴルフなど、全貌はこんな感じらしい。
片岡温泉』のウェブサイトに載ってます(笑)



さて、入浴後はもうすっかり夕暮れ。
日が沈んだ後はあんまり運転したくないんだけど…『菰野』に停泊するのは気が退けるので、移動する事に。
運転席に座りながら「夜に知らない道を走るのはイヤなんだけどねぇ〜」なんてマリリン相手に独りごちたのは何の前触れか。

R306を右折しようとしたら『大型車通行禁止』の看板が。
もう右折レーンに入ってたし、同じくらいのトラックが向こうから来たので「まぁ大丈夫だろ」と思ったら…2kmくらい走ったところで中央線がなくなり、すっかり住宅街に!
おー、のー!!!!!
Uターンもできないし…時間的に帰宅ラッシュ?だから、対向車も断続的にやってくる。
わーん、すみません、すみません…Σ(TДTlll)
乗用車同士でも離合が難しいところ、大変ご迷惑をおかけしましたm(_ _;;;;;)m

つか、前にも通った事なかったっけ?@R306
…と、後になって自分のブログを検索してみたら、2005年10月14日の日記に『R306は途中で大型車の通行不能になるので、この広域道路?が迂回路になってます。』って書いてた…(爆)

自分でっ 自分で書いておいてぇぇ〜〜〜〜〜(ノT皿T)ノ ┫:・'.::・┻┻:・'.::・


冬道楽(発泡酒)*番外編*
コンビニに行ったら見た事ない発泡酒があったので買ってみた。
今日はもう飲まずにいらいでか。

味は可もなく不可もなく…なんだけど…。
しかし、もう季節は晩秋…350ml1缶でもけっこうキツイ(爆)



どぉなっちゃってんだよ - 岡村靖幸


SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

↓クリックお願いします♪
人気ブログランキング

多度大社

昨日の日記は楽しんでいただけたでしょうか(笑)
いきなり『拍手』の数が激増してますけど、1回でいいんですからね。何度もポチポチしなくてもいいんですからね。

さて今日は『多度大社』にお参りしてきました。
多度大社 - Wikipedia の解説Map Fan Web の地図

道の駅旅案内全国地図(2008)』を見てたら載ってたので(笑)
土日は駐車場有料らしいですが、お参りすると返却してくれるみたいです。

多度のマンホール何て美しいマンホール…!!! ←そこかよ


多度大社(1)写真は上げ馬神事が行われる坂。
人馬一体となり、この急な絶壁を一気に駆け登るらしい!

『お伊勢参らばお多度もかけよ、お多度かけねば片参り』と詠われるほど伊勢神宮との関わりが深いらしいです。
もともとは、社殿の背後にそびえる多度山を神体山としていたそうですが、5世紀の後半に現在地に建立されたんだとか。5世紀って…!
元亀2年(1571年)には、長島一向一揆平定の際に兵火により焼失(信長のせい・爆)。
でも慶長10年(1605年)、桑名藩主本多忠勝により再建。
とにかく、歴史が長い。←おい


多度大社(さざれ石)さざれ石から木が育ってます!
“苔の生すまで”どころじゃないです!(笑)


多度大社(於葺門)現在、参道を工事中ですが、於葺門をくぐって両社を参拝。


多度大社(別宮)向かって右側、別宮『一目連神社(いちもくれんじんじゃ)』。
祭神:天目一箇命(あめのまひとつのみこと/天津彦根命の子)

御社殿に正面扉がないのは、一大事に神様が御神意を発する際、龍に姿を変えて天高く駆け上り、いち早く出向かれるためらしい!
なんかカッコいい!(笑) ←ミーハーか


多度大社(本宮)左側に本宮、多度神社。
祭神:天津彦根命(あまつひこねのみこと/天照大神の第三子)

産業開発・商工業繁栄の神様でもあります。


多度大社(本宮の脇の滝)本宮の脇には川が流れているのですが、小さい滝も見えます。


多度大社(神馬舎)多度大社には、神の使者である白馬が人々に幸せを運んでくるという『白馬伝説』があるそうです。
そんなご神馬から一言。

「そっ… そこに人参があるのに… 届かん!!!」

すみません…m(_ _;;;)m


多度十一面観世音菩薩堂多度大社のお隣には、十一面観世音菩薩、千手観世音菩薩を祀っている観音堂がありました。
残念ながら扉が閉まっているのでご尊顔を拝見する事はできませんでした。
多度観音堂『北伊勢の道標』より)


多度稲荷神社多度稲荷神社』も鎮座しております。
お稲荷さんと言えば、商売繁盛の神様!
商売はしてないけど、お仕事が好い方向に向かいますように〜




SOTO Home Pageコメントはこちらの掲示板へ

↓クリックお願いします♪
人気ブログランキング

癒しと修行?

茶室(1)水屋神社の宮司さんご自慢の茶室で一服いただきました。
ちょうど、名張から巨木好きの旅好き女性Nさんが水屋神社の大楠に惹かれてやってきたのでご一緒に。
ちなみに初対面ですよ(笑)
宮司さんのお人柄が伺えます。


茶室(2)ワタシはお茶の作法も何も解っちゃいないんですが、一切構わず好きに寛いで飲んでくれればいいというおおらかなお茶会で助かりました(笑)
水屋神社にはとても甘くて美味しいお水があって、もちろんそのお水でたてていただきます。
窓から見える境内の緑も鮮やか、風は心地好くてのんびりしました。


茶室(3)宮司さんの句です。
風流かな。



―――と、ここまでは実は一昨日の話で(爆)
すみません、時間軸がめちゃめちゃですw

今日はお名残惜しかったのですが北へ向けて出発しました。
宮司さん、お母さん、色々とお世話になりました!!!m(_ _)m
また秋に遊びに来ま〜〜〜す 。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・

おねんねマリリンお二人に見送られ、松坂〜R23〜津〜四日市〜と激走。
今日も晴天で暑いのなんの…。
更にこの辺りダラダラ渋滞が続き、マリリンもバテ気味なのでクーラーON。

そして…今朝からLPGが空っぽになっておりまして(爆)
この暑いのに冷蔵庫が使えないのはヤバい。
とりあえずDC稼働させて、LPG充填所を探すも…右側ばっかり。
GSでもそうだけど、探してる時っていっつもそうね。ご丁寧に中央分離帯まであってさ。

ダラダラ渋滞だけどLPG充填所に行きたいから自動車道にも乗らず地道にR1を進むも…
やっぱ、道すがらに充填しようという魂胆がいかんかったね。
そうそう見つかるもんじゃないね。

ひたすら走り続けて道の駅『潮見坂』。
時間的にも体力的にももう限界です(爆)

陽が落ちてからPCするんで冷蔵庫はスイッチオフ。
寝る前にまたDCでスイッチオン。

冷凍庫の中身が溶けなきゃいいや(´・ω・`)

―――それにしてもソーラーって素晴らしい 。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・


SOTO Home PageTwitterFacebookYouTubeInstagramフォトライブラリー

↓参加しています
人気ブログランキング
Sponsored Link




いつでも里親募集中
Blog Parts
Free Area


にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ