2006年09月

2006年09月30日

ディープインパクトは2番ゲート

29日(金)、10月1日(日)にフランス・ロンシャン競馬場で行なわれる、
凱旋門賞の枠順が発表になった。
日本から参戦のディープインパクトは2番ゲートからの発走となる。
尚、発走時刻が当初の発表よりも5分遅くなり、
24時35分となった。

(海外競馬情報)「凱旋門賞(G1)」出馬表、確定!!(JRA公式サイト)

この頭数なので心配は要らないとは思いますが、
どのタイミングで馬群の外に馬を出すか、
について、武豊がどう考えているのか、
少々気になる枠順です。
現地でも評判が上がっている分、
マークも厳しくなる筈ですので・・・。

ディープインパクト 2007年 カレンダー



kan16i at 09:07|PermalinkTrackBack(0)clip!海外競馬 

武豊 30日(土)は4鞍騎乗

凱旋門賞でディープインパクトに騎乗する武豊は、
前日の30日(土)にロンシャン競馬場で4つのレースに騎乗する。
騎乗するレースは次の通り。

1R:ホースレーシングアブロード賞(芝1600m・15頭)
出走馬:バルネエフ

3R:カジノバリエールドゥトゥルーヴィル賞(芝1600m・18頭)
出走馬:アパナージュ

4R:ラフォレ賞(G1)(芝1400m・14頭)
出走馬:リンガリ

6R:ダニエルウィルデンシュタイン賞(G2)(芝1600m・8頭)
出走馬:ピカレスクコート

武豊騎手、30日(土)にロンシャンで4クラ騎乗(ラジオNIKKEI競馬実況ホームページ)

(海外競馬情報)「ラフォレ賞(G1)」の出馬表について(JRA公式サイト)

(海外競馬情報)「ダニエルウィルデンシュタイン賞(G2)」の出馬表について(JRA公式サイト)

ピカレスクコートは当然騎乗すると思っていましたが、
ラフォレ賞でも乗る事が出来るというのはいいですね。
とにかく凱旋門賞までに1鞍でも多く乗って、
ロンシャン競馬場に体を慣らして欲しい。
そんな気がしています。



kan16i at 08:56|PermalinkTrackBack(0)clip!海外競馬 

岡部幸雄氏 JRAとアドバイザリー契約

昨年3月にジョッキーを引退した岡部幸雄氏が、
JRAとアドバイザリー契約を結ぶ事になった。
岡部氏の競馬に対する高い見識をJRAの競馬運営に活かす為、
フリーな立場で幅広く助言を受ける事を目的としたもの。
審判業務についての意見や助言、若手騎手への技術指導などが、
中心となるとの事。

JRAと元本会騎手 岡部幸雄氏との「アドバイザリー契約」の締結について(JRA公式サイト)

「審判業務についての意見や助言」というのが興味深いですね。
特に裁決に関する部分については、
騎手の側からも、ファンの側からも不満が多いだけに、
岡部さんの意見はかなり貴重なものとなりそうです。

ところでJRAによると、
この「アドバイザリー契約」は次のような内容になるとの事。

―中央競馬の安全かつ円滑な施行をはじめ競馬の健全な発展に資するため、
本会の求めに応じて、岡部氏からフリーな立場で幅広く意見や助言を
受けることを目的とした契約(上記リンク先より)―

恐らく、岡部さんが第1号だと思いますが、
引退後、「馬券を買う事が出来る」ようになった筈。
この契約後も馬券は買えるのでしょうか?
一見どうでもいい話に思えるでしょうが、
馬に乗る側の立場を経験された一方で、
馬券を買う側の立場も理解できる方が
こういう形でJRAと契約するようだと、
非常に大きな意味を持つ気がするのですが・・・。



kan16i at 08:43|PermalinkTrackBack(0)clip!中央競馬 

スプリンターズS特別限定レープロ発行

10月1日(日)のスプリンターズS当日、
全国の競馬場、ウインズで
特別限定レーシングプログラムを発行する事になった。
同レースについての情報はもちろん、
同日深夜に行なわれる凱旋門賞の特集ページも組まれるとの事。

スプリンターズステークス(GI)当日は特別限定レーシングプログラムを発行!(JRA公式サイト)

グローバルスプリントチャレンジの一戦として行なわれるG1ですからね。
それなりの装いがあって然るべきでしょう。
外国馬が参戦するようになってから、
このレースの実質的な格はどんどん上がっているように思えます。
今年やってくる外国馬の顔ぶれを見ていると、
「凱旋門賞もいいけど、スプリンターズSも!!」と個人的には言いたくなりますね。



kan16i at 08:24|PermalinkTrackBack(0)clip!中央競馬 

佐賀・荒尾で土曜日のJRA重賞も発売

佐賀競馬場、荒尾競馬場では、
現在発売されているJRAのレースについて、
これまでの全G1レースに加えて、
土曜日の重賞レースも発売する事になった。
荒尾では30日(土)より、佐賀では10月14日(土)より実施する。
発売レースについては以下のリンク先を参照の事。

「佐賀・荒尾競馬場における発売レース」のお知らせ(JRA公式サイト)

佐賀は自場の開催日とダブる日がかなり出てくる筈。
JRAの馬券を買いに来たファンに、
佐賀のレースにもお金を落としてもらうにはどうすればいいのか?
という課題に是非とも取り組んで頂きたいと思います。
佐賀競馬場はJRAのウインズではないのですから。



境共同トレーニングセンターで新たに6馬房認定

大井競馬を主催する特別区競馬組合は29日(金)、
所属の山田秀太郎調教師の認定厩舎(外厩)を
境共同トレーニングセンター内に6馬房認めた、と発表した。

認定きゅう舎(外きゅう)の認定について(vol.2)(大井競馬公式サイト)

山田師は現在、小林分場で厩舎を開業中。
小林と境共同トレセンにどれだけ施設面での差があるのか、分かりませんが、
事実上、「大井競馬境分場」になりそうな気がします。
境共同トレセン以外の場所に認定厩舎ができそうな雰囲気は
今のところないし・・・。



kan16i at 08:01|PermalinkTrackBack(0)clip!地方競馬 

M&Kジョッキーカップ 出場騎手決まる

盛岡競馬場では10月7日(土)〜9日(月・祝)の3日間、
岩手競馬と佐賀・荒尾競馬にそれぞれ所属する騎手による交流戦、
M&Kジョッキーカップが行なわれる。
29日(金)、出場騎手が以下のとおり、発表になった。

(佐賀競馬代表)

山口 勲

川野 幸治

石川 浩文

(荒尾競馬代表)

吉田 隆二

松島 慧

田中 純

(岩手競馬代表)

菅原 勲
 
小林 俊彦

村上 忍

板垣 吉則

沢田盛夫利

阿部 英俊

M&Kジョッキーズカップ 代表騎手決まる!(岩手競馬公式サイト)

今年も恒例の騎手交流戦が始まります。
岩手と佐賀・荒尾、縁がなさそうにも、
岩手のファンも九州の騎手など知らなさそうにも思えますが、
場外発売などで意外によく知られている存在だったりもします。
岩手のオフシーズンには佐賀でも開催されるこのシリーズ、
是非ともご注目を!!



kan16i at 07:46|PermalinkTrackBack(0)clip!地方競馬 

岩手県競馬組合 事務局長に宮一夫氏

岩手県競馬組合は28日(木)、空席になっていた事務局長を、
10月11日(水)付で
県農林水産部農林水産企画室特命参事に異動する
宮一夫久慈地方振興局企画総務部長(53)が兼務する方針を固めた。
組合の財務、職員体制の見直しに当たる。

県、事務局長に宮氏 県競馬組合(岩手日報)

あまり競馬とは関係のない所から来られる方の模様。
競馬に理解のある方でありつつ、
組合の運営に厳しい目を光らせる事の出来る方である事を願っています。



kan16i at 07:29|PermalinkTrackBack(0)clip!地方競馬 

2006年09月29日

ダーレー・ジャパン JRAに異議申し立て

JRAの馬主登録審査を却下されたダーレー・ジャパン・ファームが、
今月4日(月)付でJRAに異議申し立てをしている事が明らかとなった。
7月の馬主登録審査で拒否理由の1つ、
「日本での生産事業が2年に満たない」については、
「2004年9月の同ファーム設立から2会計年度を終了している」と主張。
もう1つの理由である「直近2期の決算で経常利益が赤字」についても、
「軽種馬生産者法人の馬主登録の審査基準として、
債務超過や経常利益の赤字が拒否事由となっていない」と反論している。

ダーレーが馬主登録却下に異議(ニッカン)

ダーレーは、これまでは他の生産者などへの配慮なのか、
自ら申請を取り下げるなど、
波風を立てない態度を取り続けてきたのですが、
ニッカンスポーツの記事によると今回は、
「異議申し立てが認められない場合は訴訟も辞さない構え」
との事。
方針が転換した事は間違いないでしょう。
今後の動向が非常に気になるニュースです。

海外競馬完全読本〈2006‐2007〉



kan16i at 07:21|PermalinkTrackBack(0)clip!中央競馬 | その他

凱旋門賞は8頭立てに

ディープインパクトが出走する10月1日(日)の凱旋門賞の出走馬が確定、
8頭立てで行なわれる事になった。

(海外競馬情報)「凱旋門賞(G1)」出走馬確定のお知らせ(JRA公式サイト)

この頭数ならディープインパクトは「馬群に包まれて」「前が壁になって」
という心配はなさそうです。
ただ考えなければならないのは、
他の馬も同じ事が言える、という事。
ハリケーンランも、シロッコも、もちろんその他の馬も、
不利を受ける可能性が少なくなった、という点では一緒です。
厳しい戦いとなる事に変わりはありません。



kan16i at 07:06|PermalinkTrackBack(0)clip!海外競馬