2007年04月

2007年04月30日

メイショウサムソンが天皇賞・春を制す(2007.4.30)

天皇賞・春

 

 

 

 

 

 

 

 

29日(日・祝)の京都11R天皇賞・春(G1)はメイショウサムソンが優勝、
2着にエリモエクスパイア、3着にトウカイトリックが入った。
アイポッパーは4着、デルタブルースは12着にそれぞれ敗れた。

レース結果(netkeiba.comより)

最初の1000メートルの通過が60秒3。
この距離にしては速かったと思います。
この流れの中、馬群の中団でしっかりと折り合い、
2週目3コーナーの坂の下りで、
デルタブルース、トウショウナイトらが仕掛けるのを見ながら
自身も動き出し、4コーナーで先団に。
叩き合いになれば、なかなか抜かせない勝負根性の持ち主である
メイショウサムソンの特徴をよく理解している石橋守が
直線に入ってすぐに先頭に立って、
得意の叩き合いの展開に持ち込む・・・。
「距離不安」との前評判があったこの馬を、
鞍上が巧くリードして勝利に導いた結果ではないでしょうか。
石橋守の乗り方に、この馬の強さへの「自信」が感じられました。

2着、3着馬はダイヤモンドS上位組。
当時の着順が入れ替わった形ですが、
エリモエクスパイアはまだ4歳。
まだまだ強くなる器ではないでしょうか。
トウカイトリックも崩れることなく、
馬券圏内を確保するあたりはさすがです。

アイポッパーは多くの方が指摘するとおり、
道中の位置取りが後ろ過ぎました。
勿体無い結果だったと思います。
デルタブルースが直線で失速した点が気になります。
4コーナーでほぼ同じ位置にいたメイショウサムソンが勝ち、
トウショウナイトも5着に頑張っているのですが・・・。
まだ情報はありませんが、この失速ぶりは少し気になります。

※天皇賞・春の現地レポートは東京に帰ってからお送りします。
お楽しみに!!

名馬伝説 2007年 カレンダー



kan16i at 07:47|PermalinkTrackBack(0)clip!中央競馬 

スマートカスタムがスイートピーSを制す(2007.4.30)

29日(日・祝)の東京11Rオークストライアル・スイートピーSは
スマートカスタムが優勝、2着にラブカーナが入り、
この2頭がオークスへの優先出走権を獲得した。
ハロースピードは3着、レインダンスは5着、トウカイオスカーは6着に
それぞれ敗れた。

レース結果(netkeiba.comより)

大久保龍志厩舎は2日続けて、
クラシックレースへの切符を獲得した事になります。
100勝達成もあったりと、
今、非常に勢いのある厩舎と言えるのではないでしょうか。
この厩舎の出走馬にはしばらく注目すべきかもしれません。

夜の牝馬



kan16i at 07:14|PermalinkTrackBack(0)clip!中央競馬 

鮫島良太100勝(2007.4.30)

29日(日・祝)の東京7Rをトーセンアーチャーで制した鮫島良太は、
これがJRA通算100勝達成となった。

開催競馬場・今日の出来事(JRA公式サイト)より

レース結果(netkeiba.comより)

デビュー3年目のこの時期に100勝達成。
これは順調と言えるのではないでしょうか。
佐賀の名手のDNAをしっかりと受け継いでいる感があります。
夏になれば、また小倉で「親子対決」がやってきます。
楽しみにしている方も多いのでは?

ひと目でわかるJRA騎手166人来るパターン消えるパターン―当印



kan16i at 06:52|PermalinkTrackBack(0)clip!中央競馬 

2007年04月29日

(速報)ヴィヴァパタカがオーデマ・ピゲ・クイーン・エリザベスII世カップを制す アドマイヤムーンは3着(2007.4.29)

日本時間の29日(日・祝)に香港・シャティン競馬場で行われた
オーデマ・ピゲ・クイーン・エリザベスII世カップ(G1・芝2000メートル)は、
ヴィヴァパタカが優勝。
2着にヴェンジャンスオブレイン、日本のアドマイヤムーンは3着に敗れた。

(グリーンチャンネルより)

アドマイヤムーンはスローペースにハマってしまった模様です。
直線で伸び切れませんでした。
勝ったヴィヴァパタカの鞍上マイケルキネーンは
一つ前のレース、チャンピオンズマイルもエイブルワンで制しています。
この乗り役の勢いに、
「アジアの2強」ヴェンジャンスオブレイン、アドマイヤムーンが
敗れてしまったと見るべきかもしれません。



kan16i at 17:11|PermalinkTrackBack(0)clip!速報 

ヒラボクロイヤルが青葉賞を制す 大久保龍志調教師は100勝達成(2007.4.29)

28日(土)の東京11R青葉賞(Jpn2)はヒラボクロイヤルが優勝。
2着にトーセンマーチ、3着にフィニステールが入り、
この3頭が日本ダービーへの優先出走権を獲得した。
オーシャンエイプスは7着、
ナタラージャは左第1指節種子骨粉砕骨折を発症し、
向正面で競走中止、予後不良となった。

レース結果(netkeiba.comより)

またヒラボクロイヤルを管理する大久保龍志調教師は、
これがJRA通算100勝達成となった。

開催競馬場・今日の出来事、明日の取消・変更等(JRA公式サイト)より

ナタラージャの故障には驚きました。
期待の大きかった馬だけにこのアクシデントは残念でなりません。

1000メートル通過が60秒0というやや速い流れ、
そして良馬場だったとはいえ、
ヒラボクロイヤルの末脚は特筆すべきものがあったと思います。
ダービーで軽視する訳にはいかないでしょうね。
大久保龍志調教師も100勝の達成とともに、
ダービーへ向けて気合が入るのではないでしょうか。
厩舎開業から4年、大きなチャンスが巡ってきました。
果たして結果は?

「優駿」観戦記で甦る 日本ダービー十番勝負



kan16i at 06:21|PermalinkTrackBack(0)clip!中央競馬 

崎山博樹調教師300勝(2007.4.29)

28日(土)の新潟1Rをウエスタンダンサーで制した崎山博樹調教師は
JRA通算300勝を達成した。

レース結果(netkeiba.comより)

開催競馬場・今日の出来事、明日の取消・変更等(JRA公式サイト)より

2003年にファルコンS、スワンSをギャラントアローで制するなど、
重賞10勝をマークしています。
一時期、オーストラリア・ニュージーランドなどから、
短期免許で外国人騎手を呼んでくる調教師さん、
というイメージを抱いていた時期があったのですが、
最近はあまり見かけなくなりましたね。
そのあたりの事情はよく分かりませんが・・・。

勝ち続ける秘訣―最強の調教師が教える「負けないための法則」



kan16i at 06:03|PermalinkTrackBack(0)clip!中央競馬 

兵庫県尼崎市に「関西国際競馬場(仮称)」案(2007.4.29)

関西の民間企業などで組織されている「大阪科学技術センター」が
兵庫県競馬(園田、姫路)の再建策として、
兵庫県尼崎市に「関西国際競馬場(仮称)」という新競馬場を建設する計画を
3月下旬に兵庫県などに提案している事が明らかになった。
計画案では、関西国際空港や神戸空港などの臨海部にある尼崎市なら
三木ホースランドパークの検疫施設を利用すれば、
国際レースも可能との事で、
総投資額は100億円以上と見積もられ、6年で回収できると試算しているとのこと。

「関西国際競馬場」計画を提案(netkeiba.com)

どこまで実現性のある話なのでしょうか?
確かに園田などは手狭でしょうから、
新たに競馬場を作った方が、
Jpn1レースの新設も期待できるとは思いますが、
果たしてそんな予算は・・・?
国際レースの話ですが、
三木ホースランドパークは検疫施設はありますが、
調教コースはなかった筈。
千葉県白井市のJRA競馬学校のように、
調教コースがないと外国馬を呼ぶのは難しいのでは?

神戸学



kan16i at 05:53|PermalinkTrackBack(0)clip!地方競馬 

2007年04月28日

ローブデコルテが英国・コロネーションSに登録(2007.4.28)

6月22日(金)に英国・アスコット競馬場で行われる
コロネーションS(G1・芝1600メートル)に、
桜花賞4着のローブデコルテの陣営が
第1回登録を済ませた事が明らかとなった。

コロネーション・ステークス(G1)の第1回登録馬(JRA公式サイト)

桜花賞の上がり3ハロン33秒5は特筆すべきものがあると思います。
でも海外G1で通用するのか?という話になると、
どうなのでしょうか?
面白いとは思いますが・・・。

世界に挑んだ日本馬109頭―史上初の海外遠征馬パーフェクト事典



コスモバルク・シャドウゲイト 出発は5月10日(木)(2007.4.28)

5月20日(日)にシンガポール・クランジ競馬場で行われる
シンガポール航空国際カップに出走する
コスモバルク(北海道)、シャドウゲイト(JRA・美浦)の2頭は、
1日(火)より美浦トレセンの検疫厩舎輸出検疫に入り、
10日(木)に成田空港より出国する。
帰国は24日(木)の予定。

ミニニュース(サンスポ)より

今回は中央馬と地方馬が一緒に遠征となる模様です。
2頭ともある程度は期待していい馬だ、
と私自身は思っています。
非公式情報ですが、
今年は日本で生中継する放送局があるそうです。
お楽しみに!!

D20 シンガポール―2007~2008



日本ダービー当日のウインズ後楽園9階エクセルフロアは事前抽選(2007.4.28)

5月27日(日)の日本ダービー当日、
ウインズ後楽園9階のエクセルフロアは
事前に指定した4日間に
エクセルフロアを利用した人のみを対象にした抽選発売となり、
当日発売は行なわないとのこと。
指定日は5月12日(土)・13日(日)・19日(土)・20日(日)で
それぞれの日から15席ずつ抽選で決定する。
各席に用意されている抽選申込用紙に必要事項を記入の上、
11時30分までに9階受付に申し込む。
結果発表は12時で、当選者には予約券が渡されるとの事。

日本ダービー当日(5月27日)のウインズ後楽園9階エクセルフロアの発売方法のお知らせ(JRA公式サイト)

例の「5000円」のエクセルフロアですね。
出来た時はこんな席を利用する人がいるのだろうか?
と思ったのですが、
そんな私の予想に反して、競争率が高いのだとか。
ダービー当日はこのような形を取らないと
徹夜組が出てしまうのかもしれませんね(笑)。
これは一度行ってみないといけませんね。
本当はその「5000円」は馬券代にしたいところなのですが・・・(苦笑)。

JRAディープ・インサイド―知られざる「競馬主催者」の素顔



kan16i at 07:15|PermalinkTrackBack(1)clip!中央競馬