2007年06月

2007年06月30日

高橋康之引退(2007.6.30)

栗東所属騎手、高橋康之が30日(土)付で引退する事になった。
今後は栗東・坪憲章厩舎で調教助手となる予定。

小池隆生騎手、高橋康之騎手が現役を引退 調教助手に(ラジオNIKKEI競馬実況ホームページ)

ミニニュース(サンスポ)より

高橋康之騎手が引退(netkeiba.com)

障害戦を中心に騎乗していたジョッキーですが、
昨年の12月24日(日)の阪神1R2歳未勝利戦で
イブキホークに騎乗(16着)して以来、
レースから遠ざかっていました。
詳しい事情は分かりませんが・・・。
その昨年も騎乗機会がこのイブキホークを含めて僅か5回。
この世界の厳しさを改めて感じます。
お疲れ様でした。

美浦トレセン発ファンが知るべき競馬の仕組み―非公式発言



kan16i at 06:59|PermalinkTrackBack(0)clip!中央競馬 

アメリカンオークス グリーンチャンネルで中継(2007.6.30)

ローブデコルテが出走を予定している
アメリカンオークス(米国G1・ハリウッドパーク・芝2000メートル)を
グリーンチャンネルが衛星中継することになった。
放送時間は7月8日(日)朝8:00〜9:00。
司会はグリーンチャンネルキャスターの坂田博昭さん、
解説はレーシングジャーナリストの合田直弘さん、
実況はラジオNIKKEIの舩山陽司アナウンサーとなっている。

尚、前日にコイウタ、キストゥへヴン、ディアデラノビアが出走する
キャッシュコールマイル(米国G2・ハリウッドパーク・芝1600メートル)についても、
グリーンチャンネルでは7日(土)の「中央競馬中継EAST・WEST」の中で、
衛星中継する。

2007 アメリカンオークス衛星中継(グリーンチャンネル)

いつもこの「競馬ニュース」では、
日本馬が出走する海外のレースをグリーンチャンネルが中継する場合、
グリーンチャンネルをご覧になれない方の為に「速報」を出しているのですが、
この日は福島に遠征中・・・。
情報が入った時点で結果はお伝えしますが、
「速報」と呼べるレベルにはならないと思います。
ご了承ください。
でもこの時間なら開門を少し早めてパブリックビューイングとか
やってもいいのではないでしょうか。
福島競馬場に限らず、他の競馬場・ウインズでも
検討されてもいいと思うのですが・・・。
JRAさん、何とか出来ないモンでしょうか?

シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説

 



大井競馬で「ワンツーナイト」 オリジナルクオカードが当たる(2007.6.30)

大井競馬では7月8日(日)、9日(月)、10日(火)、12日(木)、13日(金)に、
「ワンツーナイト」と題したキャンペーン企画を実施する。
各日の準メインレース、メインレースにおける
馬番号連勝単式(馬単)の勝馬投票券を購入、
その両方を的中すると大井所属騎手がデザインされた
クオカード(3000円分)がプレゼントされる。
クオカードのデザインとなっているのは
内田博幸、的場文男、御神本訓史の3騎手。
詳しくは以下のリンク先を参照の事。

『ワンツーナイト』〜馬単でオリジナルQUOカードをGET!〜(大井競馬公式サイト)

本当はもう少し前に発表されていたのですが、
こちらでのご紹介が遅くなってしまいました。
申し訳ありません。
3000円分のクオカードというのはなかなかいいですね。
参加する価値はあるのではないでしょうか。
尚、日程から11日(水)が抜けています。
ジャパンダートダービー当日で混雑が予想される為に、
実施しないのだと思います。
ご注意ください。

全国地方競馬ガイド



kan16i at 06:11|PermalinkTrackBack(0)clip!地方競馬 

2007年06月29日

塚田祥雄の病状 担当医がコメント(2007.6.29)

24日(日)の函館競馬で落馬負傷、
函館市内の病院で治療が続いている塚田祥雄について、
JRAは担当医の病状についてのコメントを発表した。
24日(日)に病院に搬送された直後、脳に出血が見られたため、
緊急手術を実施。
術後は脳の腫れを防ぐため低体温療法を行い、
腫れも落ち着きつつあり、体温も戻しているとのこと。
今後も集中治療室で経過観察の予定とのこと。

塚田 祥雄騎手の病状について(6月28日現在)(JRA公式サイト)

まだ安心してはいけないのかもしれませんが、
何とかいい方向に向かっているようですね。
この件につきましては、
病状について新たな情報が入りましたらお知らせします。



kan16i at 08:05|PermalinkTrackBack(0)clip!中央競馬 

小池隆生引退(2007.6.29)

タムロチェリーで2001年の小倉2歳Sを制すなど、
JRA重賞4勝をマークした小池隆生(栗東)が
今月一杯で騎手を引退する事になった。
今後は栗東・河内洋厩舎で調教助手となる。

穴党に愛された小池騎手今月で引退(スポニチ)

JRA重賞4勝小池騎手が引退(ニッカン)

小池隆生騎手が引退(netkeiba.com)

タムロチェリーで制した小倉2歳Sの他、
1991年の阪神牝馬特別(マチノコマチ)、
1997年の中日スポーツ賞4歳S(オープニングテーマ)、
2000年のマーチS(タマモストロング)
での重賞勝ちがあります。
また2001年にはタマモストロングでかしわ記念(船橋・当時は交流G3)勝ち
という記録も残っています。
個人的に印象に残っているのは、
オープニングテーマで挑んだ1996年の朝日杯3歳S。
途中からハナに立ち、直線でもギリギリまで粘り込んで
マイネルマックスの2着。
あと1歩でG1タイトルに手が・・・、というレースでした。
この朝日杯もそうでしたが、
思い切りの良い逃げの手で波乱を演出する騎手、
という点で個性的な乗り役だったように思えます。
お疲れ様でした。

騎手の心理 勝負の一瞬



kan16i at 07:54|PermalinkTrackBack(0)clip!中央競馬 

メイショウサムソン 凱旋門賞出走が正式決定 鞍上は武豊(2007.6.29)

天皇賞・春優勝、宝塚記念2着のメイショウサムソンの
凱旋門賞出走が正式に決定した。
鞍上はこれまで手綱を取ってきた石橋守に代わり、
武豊が務める事になった。
出国日程、ステップレースの出走等、
詳細については未定とのこと。

サムソンが武で凱旋門賞挑戦正式決定!ディープの敵討つ!(サンスポ)

一部でウオッカと比較して、準備段階で遅れているという指摘がありますが、
海外遠征慣れしている角居厩舎との差は仕方がないかな、という気がします。
それでも昨年もロンシャンで乗っている
武豊のスケジュールを確保できたのですから、
その点では一歩前進かもしれません。
石橋守続投を望む声が強いのも理解できますが、
このところの海外遠征を見ていると、
「経験」の持つ意味の大きさが分かるだけに、
批判はしにくいような気がします。
今年の武豊には少々「不安」が残りますが・・・。
出来れば新コンビでステップレースを使って欲しい気がします。
それも「経験」につながる話ですし・・・。

武豊インタビュー集スペシャル (勝負篇)



アメリカンオークス出走のローブデコルテ 鞍上は岩田康誠(2007.6.29)

アメリカンオークス出走の為、
既に現地しているローブデコルテについて、
鞍上が岩田康誠に決定した。
主戦の福永祐一が23日(土)の阪神11RグリーンSで
走行妨害により降着、
8日(日)まで騎乗停止処分を受けた為の措置。
ほぼ毎日競馬開催が行われているアメリカで
この騎乗停止期間中の騎乗が認められるか、
注目されていたが、
アメリカの主催者側から騎乗は認められないという結論になったとのこと。

祐一米オークス騎乗は不可 ローブは岩田(ニッカン)

福永祐一の方がハリウッドパークの芝コースについては
よく知っているだけに、
この処分がどうなるのか、注目していましたが、
結局はダメだったようです。
ケント・デザーモが日本で受けた騎乗停止処分の期間中、
帰国したアメリカで騎乗していた事があった筈ですが、
この時とどう事情が違うのでしょうか?
別の機会にそのあたりのルールを調べてみようと思います。

シービスケット―あるアメリカ競走馬の伝説



ウオッカ 遠征帯同にボストンクーラー(2007.6.29)

凱旋門賞挑戦が決まったウオッカについて、
同じ栗東角居勝彦厩舎のボストンクーラー(牝4歳)が
調教パートナーとして帯同することになった。
現地でレース出走の予定はないとのこと。

渡仏ウオッカに頼もしい“おネエさま”(スポニチ)

ウオッカの凱旋門賞帯同馬にボストン(ニッカン)

海外遠征の際に調教パートナーとして
別の馬を帯同させる事の有効性が
昨年ぐらいから語られるようになりました。
でもこれは大変な事ではないでしょうか。
その帯同馬にもオーナーさんがいる訳で、
そのオーナーさんの了承も取らなければならないですし。
そしてその帯同馬が輸送に強くなければ、
何の意味もないですし・・・。
ボストンクーラーもウオッカと同じ谷水雄三オーナーの所有馬。
帯同馬を用意できるオーナーさんでないと、
所有馬を海外のレースに使うのは難しいのかもしれません。

ターフの女王―最強牝馬コレクション



「TCKアンバサダー」陣内孝則さんからのプレゼント(2007.6.29)

大井競馬では、27日(水)の帝王賞当日の予想イベントに出演した
「TCKアンバサダー」を務める俳優の陣内孝則さんからのプレゼントとして、
L−WING3階「当日指定席引換券ペアチケット」を抽選で20名にプレゼントする。
チケットの有効期間は7月29日(日)から11月2日(金)まで。
公式サイト内の専用フォームからの応募となる。
詳しくは以下のリンク先を参照とのこと。

TCKアンバサダー「陣内孝則」さんからプレゼント!(大井競馬公式サイト)

当日のイベント内での公約のようですね。
L−WINGですが、
JRAの施設と比較しても見劣りしないくらい綺麗ですよ。
まだ行った事のない方は、
是非一度中に入ってみてはいかがでしょうか?

競馬大再編!?地方騎手たちの逆襲―いまニッポン競馬の大再編が始っている!!



kan16i at 06:50|PermalinkTrackBack(0)clip!地方競馬 

田知弘久(金沢)、高知で期間限定騎乗(2007.6.29)

金沢競馬所属の田知弘久が、
高知競馬で期間限定騎乗する事になった。
騎乗期間は30日(土)から8月12日(日)まで。
高知での所属厩舎は雑賀正光厩舎。

金沢の田知弘久騎手、高知で期間限定騎乗(netkeiba.com)

2004年にデビューして、これまで525戦16勝。
本人には申し訳ないですが、
勝ち星に恵まれているとは言えない状況があります。
この高知での騎乗を飛躍のきっかけにして欲しいもの。
注目しましょう。

全国地方競馬ガイド



kan16i at 06:37|PermalinkTrackBack(0)clip!地方競馬